【2018年6月最新】ANA アメックスの入会キャンペーンとポイントサイトの比較 家族カード初年度年会費無料と最大マイル貯める方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

この記事を読めば、あなたがANA アメックス カードに新規入会キャンペーン特典で最大マイルを獲得する一番お得な申し込み方法がわかります。

また、入会後に最大限にマイルを貯める方法やカード入会のメリットについても紹介しています。

 

さて、この記事を読んでくださっているあなたは、こう思って検索をしているのではないでしょうか。

ANA アメックス カードのカード発行は、どこから申し込みしたら一番得するの?」と。

 

そうなんです。

ANA アメックス カードの入会キャンペーンを利用して、少しでも多くのポイントやマイルを貯めたいと思って調べてみると、

実は、ANA・アメリカン・エキスプレス・カードに入会するには、たくさんの方法(入会ルート)があるんですよね。

で、たくさんありすぎて、「結局、どこから申し込めばポイントが一番もらえるのか」と比較に困ってしまいます。

そこでこれから、「入会ルート」ごとの「もらえるポイント数」を比較しながら、少しでも多くのポイントやマイルが貯まる、一番お得な入会申し込み方法を見つけていきたいと思います。

 

ANA アメックス カードは、アメリカン・エキスプレス・カードに付帯しているサービスをほとんど利用することができる上に、なおかつ、ANAカードの付帯サービスも利用できるという、大変お得なカードです。

また、ANA アメックス カードは、ANA航空便に登場してANAマイラーを貯めるスタイルの空マイラーにとっては是非とも持っておきたいカードです。

なぜなら、ANA アメックス カードで決済すると、通常のANAカードよりもお得にボーナスマイルをもらえるという特典がついているからなんです。

通常の100円で1マイルにプラスしてボーナスマイル1.5マイルをもらうことができます。つまり、100円あたり2.5マイルも貯めることができるんです。

そんな、メリットが満載のANA アメックス カードの、入会キャンペーン特典を理解して、マイル活動を最大限に加速させましょう。

目次

ANA アメックス カードの新規入会申し込みは、どこが一番お得なの?

さて、あなたはANA アメックス カードへの新規入会申し込み手続きをするときに、どこから入会申し込みをしようと思っていますか?

実は、このカードへの入会ルートはたくさんあり、どのルートで申し込むかで獲得できるポイントやマイル数が違ってきます。

ですので、損をしない申し込み方法で入会されることをオススメします。

 

結論から言うと、あなたが「ANA アメックス カードに入会後、どれだけの金額をカード決済するか」によって、一番お得な申し込み方法が変わってきます。

この、入会後の「決済金額」によってお得な申し込み方法が変わってくる、ということになります。

入会後3ヶ月以内に、それぞれ

●20万円未満の利用予定の方:2,500ボーナスマイル+1,000円獲得可能:ポイントサイト経由からの入会申し込みが一番お得

●20万円以上~30万円未満利用する予定のある方:6,500ボーナスマイル獲得可能→本サイトからの紹介申し込みが一番お得

●20万円以上~50万円未満利用する予定のある方:7,500ボーナスマイル+1,000円獲得可能:ポイントサイト経由からの入会申し込みが一番お得

●50万円以上~利用する予定のある方:30,500ボーナスマイル+1,000円獲得可能:ポイントサイト経由からの入会申し込みが一番お得

というようになっています。

つまり、一部を除いてほとんどの場合、ポイントサイト経由で入会申し込みをした方がお得ということになります。

少しややこしいですね。

どういうことなのか、これから詳細に確認していきましょう。

 

ANA アメックス カードの入会キャンペーンで最も多くボーナスマイル特典を貯めるために確認すべき点があります。

以下の4つの点に関して確認していけば、どの入会ルートがお得なのかがわかってきます。

それは、

【1】マイ友プログラム登録によるボーナスマイル(ANA主催)

【2】ポイントサイト報酬

【3】入会ボーナスマイル(ANA主催)

【4】新規入会キャンペーンによるリワードポイント

この4つの特典に関して、どの入会キャンペーンでどれくらいもらえるのか?について確認していけば、申し込みするのが一番お得な方法がわかります。

それでは、ここからはANA アメックス カードに入会したときの、キャンペーンごとのポイント数を比較していきましょう。

ANA アメックス カード新規入会キャンペーン比較

実は、ANA アメックス カードに入会するには様々なキャンペーンがあって、全てを把握するのはとても難しいです。

そして、「いつ、どこから入会するかで、得られる特典に差がある」ということを覚えておきましょう。

どのキャンペーンがお得なのかを知ってから申し込みをしないと、大損することがありますので、注意してください。

ANA アメックス カードに新規入会申し込みするパターンは、以下の3つあります。

パターン1:マイ友プログラム(ANA主催)+公式サイトから入会する

パターン2:マイ友プログラム(ANA主催)+ポイントサイトを経由して入会する

パターン3:マイ友プログラム(ANA主催)+友達紹介キャンペーンを利用して入会する(本サイトからの申し込み)

そして結論から言えば、

ほとんどの場合が、ポイントサイト経由でANA アメックス カードに入会申し込みをした方がお得になります。

※注意:入会後3ヶ月以内に、カード利用額が20万円以上~30万円未満の利用予定がある場合には、本サイトからの「友達紹介キャンペーン」経由の申し込みが一番お得になります。

 

それではここから、どのキャンペーンから申し込むのが一番お得になるのかを詳細に比較していきましょう。

パターン1:マイ友プログラム(ANA主催)+公式サイトから入会する(~4/2申し込み分まで)

1つ目のパターンは、マイ友プログラム(ANA主催)と公式サイトから申し込む方法です。この場合にもらえる特典は以下のようになっています。

マイ友プログラム(ANA主催)で500マイル

入会ボーナスマイル(ANA主催)で1,000マイル

入会後3ヶ月以内に、5回以上のカード利用でリワード1,000ポイント

入会後3ヶ月以内に、30万円以上の利用でリワード5,000ポイント

入会後3ヶ月以内に、50万円以上の利用でリワード18,000ポイント

50万円以上の利用でリワード5,000ポイント(通常ポイント)

つまり、入会後3ヶ月以内に50万円以上利用すると最大で30,500マイル相当貯めることができます。

パターン2:マイ友プログラム(ANA主催)+ポイントサイトを経由して入会する(1/26現在)

2つ目のパターンは、マイ友プログラム(ANA主催)とポイントサイトから申し込む方法です。この場合にもらえる特典は以下のようになっています。

 

通常、クレジットカードはポイントサイト経由で発行するのをおススメします。

実際に、ANA アメックス カードを発行することでもらえる、ポイントサイトのポイントを調べてみました。

ポイントサイトは多数あり、ポイントサイトごとに、ANA アメックス カード発行でもらえるポイント数が異なっています。

現在の、ANA アメックス カード発行でもらえるポイント数は以下のようになっています。

主なポイントサイトのポイント数比較(2018/1/26現在)

ポイントサイト 還元率
ハピタス   1,000円相当
げん玉  1,000円相当
モッピー  1,000円相当
GetMoney!  1,000円相当
ちょびリッチ  1,000円相当
ポイントタウン  1,000円相当

 

現在は、どのポイントサイトでも同じ金額になっていますね。

マイ友プログラム(ANA主催)で500マイル

入会ボーナスマイル(ANA主催)で1,000マイル

入会後3ヶ月以内に、5回以上のカード利用でリワード1,000ポイント

入会後3ヶ月以内に、30万円以上の利用でリワード5,000ポイント

入会後3ヶ月以内に、50万円以上の利用でリワード18,000ポイント

50万円以上の利用でリワード5,000ポイント(通常ポイント)

 

つまり、入会後3ヶ月以内に50万円以上利用すると最大で30,500マイル+1,000円相当貯めることができます。

ほとんどの場合、この入会パターンが一番お得になります。

ただし、

入会後3ヶ月以内に20万円以上~30万円未満の利用予定の場合は、以下で説明する「友達紹介キャンペーン」が一番お得になるので注意してください。

パターン3:マイ友プログラム(ANA主催)+友達紹介キャンペーンを利用して入会する(本サイトからの申し込み)

3つ目のパターンは、マイ友プログラム(ANA主催)と友達紹介キャンペーンを利用して申し込む方法です。

友達紹介キャンペーンとは?

ANA アメックス カードの既存の会員は、知人にANA アメックス カードを紹介できる「紹介専用URL」というものを発行できます。

この「紹介専用URL」を経由してANAアメックス カードのサイトにアクセスすると、以下のような条件で入会キャンペーンが行われています

マイ友プログラム(ANA主催)で500マイル

入会ボーナスマイル(ANA主催)で1,000マイル

入会後3ヶ月以内に、20万円以上の利用でリワード5,000ポイント

入会後3ヶ月以内に、50万円以上の利用でリワード10,000ポイント

つまり入会後3ヶ月以内に50万円以上利用すると最大で16,500マイル相当貯めることができます。

ANAアメックスカードのキャンペーン比較まとめ(〜4/2申し込み分まで)

ここまでは、入会パターンごとに、獲得できるポイント(マイル)数を確認してきました。

 

ここからは、3つの入会申込みパターンごとにもらえるポイント(マイル)数を、表にまとめて比較してみます。

公式サイト ポイントサイト 紹介キャンペーン
マイ友プログラム(ANA主催) 500マイル 500マイル 500マイル
ポイントサイト報酬 1,000円相当
入会ボーナス
(ANA主催)
1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル
新規入会キャンペーン  

入会後3ヶ月以内に、

・5回のカード利用で「1,000」ポイント

・30万円以上のカード利用で「5,000」ポイント

・50万円以上のカード利用で「18,000」ポイント

・50万円以上のカード利用で「5,000」ポイント(通常ポイント)

 

 

入会後3ヶ月以内に、

・5回のカード利用で「1,000」ポイント

・30万円以上のカード利用で「5,000」ポイント

・50万円以上のカード利用で「18,000」ポイント

・50万円以上のカード利用で「5,000」ポイント(通常ポイント)

入会後3ヶ月以内に、

・20万円以上のカード利用で「5,000」ポイント

・50万円以上のカード利用で「10,000」ポイント

合計 ・3ヶ月以内に最大30,500マイル相当

・50万円以上利用

・1,000円

・3ヶ月以内に最大30,500マイル相当

・50万円以上利用

・3ヶ月以内に最大16,500ポイント 

・50万円以上利用

この表からわかることは、以下のようになります。

つまり、冒頭でお伝えしたように、

入会後3ヶ月以内に、それぞれ

●20万円未満の利用予定の方:2,500ボーナスマイル+1,000円獲得可能:ポイントサイト経由からの入会申し込みが一番お得

●20万円以上~30万円未満利用する予定のある方:6,500ボーナスマイル獲得可能→本サイトからの紹介申し込みが一番お得

●30万円以上~50万円未満利用する予定のある方:7,500ボーナスマイル+1,000円獲得可能:ポイントサイト経由からの入会申し込みが一番お得

●50万円以上~利用する予定のある方:30,500ボーナスマイル+1,000円獲得可能:ポイントサイト経由からの入会申し込みが一番お得

というようになっています。

ANA アメックス カードの入会キャンペーン比較

以下に、ANA アメックス カードの入会パターンごとに獲得できるマイル数の比較シミュレーションをしてみます。(ボーナスマイルのみの計算)

カード利用金額によって、獲得できるポイント(マイル数)が違ってくるので、注意が必要です。

利用額 10万円 20万円 30万円 40万円 50万円 60万円
ポイントサイト+新規入会キャンペーン 2,500マイル相当

+

1,000円相当

2,500マイル相当

+

1,000円相当

7,500マイル相当

+

1,000円相当

7,500マイル相当

+

1,000円相当

30,500マイル相当

+

1,000円相当

30,500マイル相当

+

1,000円相当

友達紹介キャンペーン 1,500マイル相当 6,500マイル相当 6,500マイル相当 6,500マイル相当 16,500マイル相当 16,500マイル相当

以上からわかることは、ANA アメックス カードの場合、ほとんどのケースで「ポイントサイト経由での申し込み」が有利であるということです。

ANA アメックス カードは、「ポイントサイト」を利用して入会するのがオススメです。

ポイントサイトからの入会なら、最大30,500マイル+1,000円相当もらえる!

これまで見てきたように、ポイントサイト経由で アメックス カードに入会すると、

マイ友プログラム(ANA主催)で500マイル

入会ボーナスマイル(ANA主催)で1,000マイル

入会後3ヶ月以内に、5回以上のカード利用でリワード1,000ポイント

入会後3ヶ月以内に、30万円以上の利用でリワード5,000ポイント

入会後3ヶ月以内に、50万円以上の利用でリワード18,000ポイント

50万円以上の利用でリワード5,000ポイント(通常ポイント)

つまり、ほとんどの場合は、入会後3ヶ月以内に50万円以上利用すると最大で30,500マイル+1,000円相当貯めることができるので、一番お得なんです。

※ただし、入会後3ヶ月以内にカードの利用額が20万円以上~30万円未満の場合は、「友達紹介キャンペーンを利用しての申し込みの方がお得になります。

ANA アメックス カードに入会後、3ヶ月以内の利用予定額が合計20万円未満または、合計30万円以上の場合の入会申し込み手順

3ヶ月以内の利用額が合計20万円未満または、合計30万円以上の予定の場合の入会手順は以下のようになります。

これからその具体的な方法を解説していきますね。

順番通りの申し込みをして、最大マイルを貯められるようにしましょう。

Step1:マイ友プログラム(ANA主催)に登録する

ANA アメックス カードは、あなたが「初めて作るANAカード」ですか?

もしそうならば、一番最初に「マイ友プログラム」に登録してから、ANA アメックス カードの入会手続きを行なってください。

なぜなら、こんな簡単な登録をするだけで、あなたはANA アメックス カードに新規入会後、「マイ友プログラム入会ボーナスマイル」としてもれなく「500マイル」をもらうことができるからです。

「マイ友プログラムとは?」

マイ友プログラムとは、既にANAカードに入会している会員から紹介を受ける形で、ANAカードに初めて入会すると、「マイ友プログラム入会ボーナスマイル」がプレゼントされる仕組みです。

 

【関連記事】

※「マイ友プログラム」の詳細に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

>>知らずに大損!マイ友プログラムを使い倒してANAカードのボーナスマイルを二重取りする方法

 

どれくらい「マイ友プログラム入会ボーナスマイル」がもらえるかというと、以下のようになります。

ANA アメックス カードは「ANA一般カード」にあたるので、「500マイル」になります。

1分もかからない登録手続きでこんなにもたくさんのマイルを獲得できますので、使わない手はありません。

私も最初にANAカードを作成したときには、ANAカードを持っている友人から紹介を受けてカード作成しました。

登録するだけでたくさんのマイルをゲットすることができたので、とても嬉しかったのを覚えています。

ですので、あなたも最初に「マイ友プログラム」に登録して500マイルGETしてくださいね。

「マイ友プログラム」で500マイル獲得のボーナスを受け取るには、ANA アメックス カードの入会ページに行く前に登録が必要です。

Step1-1.マイ友プログラムへの登録:画像をクリックする

「マイ友プログラム」のページに移動するには、コチラをクリックしてください。↓

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/anacard/mgm/regist/

※上の画像をクリックすると、以下のようなANAのページに飛びます。↓

Step1-2.マイ友プログラムへの登録:登録用ページをクリックする

ページを下にスクロールすると、「登録用ページ」のボタンがありますので、そちらをクリックします。

Step1-3.マイ友プログラムへの登録:紹介者と申し込み者の情報を記入する

紹介者(私)と申込者(あなた)の情報を登録する画面になりますので、

紹介者氏名:サイトウ ジユンジ
紹介番号:00027014

を必ず入力してください。

その次は、あなたのお名前と生年月日を入力して、「次へ」をクリックします。

Step1-4.マイ友プログラムへの登録:登録する

最後に、入力内容が間違っていないか確認してから、「登録する」をクリックします。

これで、「マイ友プログラム」への登録は完了です!

これで、ANA アメックス カードに申し込みをするだけで、あなたはもれなく500マイルを獲得することができます。

マイ友プログラムでボーナスマイルを確実にもらうための注意点

マイ友プログラムでボーナスマイルをもらうために注意しなければならないことは2点あります。

 

1つ目は、カードの申し込みをする前に、マイ友プログラム登録を済ませておくことです。先にマイ友プログラムに登録しておかないと、ボーナスマイルをもらうことはできませんので、気をつけてください。

2つ目は、すでに対象カードを持っている場合には、マイ友プログラムの対象外になっってしまいます。ただし、過去に対象のANAのカードを持っていて解約後6ヶ月以上経っている場合には、マイ友プログラムの対象になります。

 

ぜひ、マイ友プログラムを上手に活用して、最大限のボーナスマイルをもらいましょう。

注意:既にANAカードをお持ちの方へ。

※ここで一つ、注意してほしいのが、既にANAカードをお持ちの方は、「マイ友プログラム」の対象外となってしまいます。

また、ソラチカカードを持っている方も対象外になってしまいます。

ただし、以下の場合だけは対象になるので確認してみてください。

ANAカード会員が、ANAプリペイドカードまたはANAマイレージクラブ Financial Pass Visa デビットカードに入会した場合

ANAプリペイドカード会員がANAカードまたはANAマイレージクラブFinancial Pass Visa デビットカードに入会した場合

ANAマイレージクラブFinancial Pass Visa デビットカード会員がANAカードまたはANAプリペイドカードに入会した場合

(ANA一般カード会員が、紹介によりANAゴールド会員に入会しても、同じ「ANAカード」への入会のため、対象外となります)

もしあなたが「マイ友プログラム」の対象外となっても、以下のキャンペーンに参加することでたくさんのマイルを獲得することができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

Step2.ポイントサイトに登録する

ここで重要なのは、「マイ友プログラム」に登録後、そのままANA アメックス カードの入会申し込みをしないことです。

一度、そのページから離れて、「ポイントサイト」に登録後、ポイントサイト内でANA アメックス カードを検索して、ポイントサイト内から入会申し込みをしてください。

 

事前に、「マイ友プログラム」に登録さえしていれば、その後、どのようなルートでANA アメックス カードに入会したとしても、「マイ友プログラム」の入会ボーナスをもらうことができます。

「マイ友プログラム」と「ポイントサイト」は併用できるのです。

ポイントサイトは多数あり、ポイントサイト毎に、ANA アメックス カード発行でもらえるポイント数が異なっています。

現在の、ANA アメックス カード発行でもらえるポイント数は以下のようになっています。

ポイントサイト 還元率
ハピタス   1,000円相当
げん玉  1,000円相当
モッピー  1,000円相当
GetMoney!  1,000円相当
ちょびリッチ  1,000円相当
ポイントタウン  1,000円相当

今回は、どのポイントサイトも同じ金額ですので、とりあえず、ハピタス経由で申し込みすることにします。

ハピタスへの登録はコチラから

ポイントサイト経由でANA アメックス カードに入会するだけで、1,000円相当のポイントがもらえます。

報酬額は随時変更されるので、申し込み時点で最も報酬額が高いポイントサイトから入会手続きをするのがいいですね。

また、他にも登録しておくと便利なサイトをいくつかご紹介しておきますので、下記リンクからご登録いただければと思います。

げん玉への登録はコチラから

GetMoney!への登録はコチラから

ちょびリッチへの登録はコチラから

これらのポイントサイトは、マイルを貯める上でもとてもオススメなサイトですので、登録だけでもしておくとあとあと便利です!

Step3.ポイントサイト経由でANA アメックス カードの入会申し込みをする

上記のリンクからポイントサイトのハピタスに登録したら、ログインします。

ポイントサイト経由でカードを申し込みするときの注意点は、必ずログインすることです。

そして、カードの入会申し込み手続きが完了するまで、ブラウザのページを閉じないようにすることです。

ANA アメックス カードが発行されて、ポイントが承認されればポイントがもらえます。

なお、ポイントサイトで獲得したポイントはマイルに交換することが可能です。

 

【関連記事】

※「ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する方法」の詳細に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

>>初心者陸マイラーが知っておきたいポイントサイトからANAマイルへの交換ルートまとめ一覧(2018年保存版)

 

 

 

Step4.ANA アメックス カードの入会ボーナス1,000マイルを自動的に獲得する

マイ友プログラムに登録後、ポイントサイト経由でANA アメックス カードを申し込むと、入会手続きは完了です。

ここまでの手続きを完了させると、残りの入会ボーナス1,000マイルは自動で付与されます。

Step5.新規入会キャンペーンを利用する

最後に、ANA アメックス カードのキャンペーンを利用します。

ANA アメックス カードをポイントサイト経由で入会申し込みをした場合には、ボーナスポイント(リワードポイント)をもらうチャンスが3回あります。

それは、

入会後3ヶ月以内に、30万円以上の利用でリワード5,000ポイント

さらに、

入会後3ヶ月以内に、50万円以上の利用でリワード18,000ポイント

50万円以上の利用でリワード5,000ポイント(通常ポイント)

この3回です。

いずれも「入会後3ヶ月以内」という条件がありますので、入会したらできるだけ早く条件を達成できるよう、カードの利用金額を意識したいですね。

【ご注意】

ここまでご紹介してきた最大で30,500マイル+1,000円相当がもらえる入会キャンペーンは、入会後3ヶ月以内に20万円未満または、30万円以上の決済をする予定の方になります。

20万円以上~30万円未満の決済をする予定の方は、マイ友プログラム(ANA主催)+「友達紹介キャンペーン」を経由して入会するのが一番お得になります。

 

ANA アメックス カードの既存の会員は、知人にANA アメックス カードを紹介できる「紹介専用URL」というものを発行できます。

上記のボタンをクリックして、ANA アメックス カードの紹介URLを手に入れ、そこから入会手続きをしてください。

家族カード初年度年会費無料

Step1~Step5までのキャンペーンに加えて、さらに、入会時の家族カード同時申し込みで通常2,500円(税抜)の年会費が初年度年会費無料になります。

ANA アメックス カードの入会メリット、入会特典と活用方法

ANA アメックス カードには、通常のクレジットカードにはない魅力的な特典がたくさん付いています。せっかく会員になるんだから、上手に使いこなしていきたいですよね。

ここからは、ANA アメックス カードを持つメリットと、その特典内容や活用方法を紹介していきます。

ANA アメックス カードの特徴

ANA アメックス カードは、ANAカードに、伝統のステータス「アメリカン・エキスプレス」ならではのエグゼクティブなサービスがセットになったカードです。

使うことで、旅行やハイクラスなサービスを享受できたり、通常のクレジットカードよりも手厚い補償が得られること、また、マイラーにとって嬉しいマイルを貯めやすいポイント制度が付属してきます。

ANA アメックス カードの年会費

年会費は7,000円(税別)です。一般的なカードの年会費を比べれば、正直のところ高額です。

しかし、これからお伝えするポイント還元率やその他特典を考慮すれば、高額な年会費の元を取ることができます。

・家族カードの年会費:2,500円(税別)
・ETCカードの年会費:500円(税別)+初年度年会費無料

また、ETCカードは年1回以上のカード利用で年会費無料になります。

ANA アメックス カード利用時のポイント還元率

ポイントプログラムは、アメックスの「メンバーシップ・リワード」と、ANAマイルの2種類貯めていくことができます。

アメックスの「メンバーシップ・リワード」は100円ごとに1ポイント(還元率1%)たまり、1,000ポイントからANAマイルに交換できます。

ANAグループでのカード利用で通常ポイント1.5倍!

ANA アメックス カードのカード利用100円で1ポイント(メンバーシップリワードポイント)が貯まります。

なのですが、ANAグループでのANAの航空券、旅行商品の購入や機内販売などでカード利用すると通常ポイントの1.5倍になります。

通常ポイント(100円利用で1ポイント)+200円利用ごとに1ポイントとなり、マイル移行に換算するとマイル還元率はこの時点で1.5%になります。

ANAカードマイルプラス加盟店でポイントとマイルの二重取りができる!

また、ANAマイルプラス提携店でのカード利用なら、100円~200円で1マイルもポイントとは別で付与されるので、還元率が1.5%~2.0%になります。

つまり、ポイント(マイル)を二重取りできるということですね。

ANAマイルプラス提携店にはセブンイレブンやスターバックス、マツモトキヨシ、ENEOS、大手百貨店なども含まれますので、普段使いで利用することでマイルを貯めることもできますね。

100円=合計2マイル貯まる特約店

・ANA/ANAグループ
・style
・マツモトキヨシ
・スターバックスWebサイト
・アート引越しセンター
・紳士服コナカ
・紳士服のフタタ
・ENEOS
・グリーンキャブ
・東京MKタクシー
・中央無線タクシー
・東京無線タクシー
・日比谷花壇
・インターネット花キューピット
・てもみん
・たかの友梨
・エルセーヌ
・コンタクトのアイシティ

など

100円=合計1,5マイル貯まる特約店

・セブンイレブン
・ココストア
・スターバックス国内店舗
・紳士服のはるやま
・高島屋
・松坂屋
・大丸
・阪急百貨店
・阪神百貨店
・出光
・ソニーストア

など

旅行によく行く人で、ANAグループを利用すればするほどマイルはどんどん貯まっていきますね。

ANAマイルへのポイント移行上限・有効期限・移行手数料について

年間6,480円(税込)の「ポイント移行コース」への登録をすることで、ANA アメックス カードで貯まるポイント(メンバーシップ・リワードポイント)には、2つのメリットがあります。

・有効期限が無期限
・ANAマイルへの年間移行ポイント無制限

年間年間6,480円(税込)しますがその後のマイル移行手数料は一切かかりません。

メンバーシップ・リワードポイントが無期限になるだけでなく、年間移行ポイント数が無制限になります。これならば、じっくりマイルを貯めることができそうですね。

飛行機の搭乗(フライトボーナスマイル)でマイルが貯まる!

ANA アメックス カードは、ANAカードの一つということもあり、ANA便を利用する毎に、フライトでもらえるマイルに加えてボーナスマイルが加算されます。その加算率はなんと10%です。

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

カードの入会・継続でマイルが貯まる

ANA アメックス カード入会時にもれなく1,000マイルを獲得できます。

また、毎年の継続時にも1,000マイルを獲得することができます。

主要空港ラウンジが無料で使える!

ANA アメックス カードは、国内28空港、海外2空港の空港ラウンジを無料で利用することができます。しかも、同伴者1名無料になるのが嬉しいところです。

飛行機に乗るときには、保安検査やチェックインなどのために早めに空港へ行かれることと思います。

その後フライトまでの間のちょっとした空き時間にラウンジが利用できれば、余った時間をストレスなく快適に過ごすことができますよね。

国内でラウンジ利用できる空港

北海道:新千歳、函館
東北:青森、秋田、仙台
関東:成田、羽田
中部:新潟、富山、小松、中部
近畿:伊丹、関西、神戸
中国:岡山、広島、米子、山口宇部
四国:徳島、高松、松山
九州:福岡、北九州、長崎、大分、熊本、鹿児島
沖縄:那覇

国外で利用できる空港

ハワイ:ホノルル国際空港
韓国:仁川国際空港

ANA アメックス カードでANAラウンジは利用できません。

ANAでは空港内に、ANA航空を利用する人のために独自にANAラウンジを持っています。

ANAアメックスカードでもそれらを利用できそうな気がするのですが、実は、ANAアメックスゴールドであっても使うことができないのです。

ANAラウンジには独自に利用条件があり、登場クラスのランクやANAマイレージクラブのマイルの実績などが必要になります。

ANA アメックス カードの補償サービス一覧

補償サービスについても非常に優れています。

旅行代金をANA アメックス カードで決済した場合、海外旅行保険・国内旅行保険がつきます。

海外旅行保険

ANA アメックス カードの海外旅行保険は非常に優れていて、特に優れている点がカードを持っていない家族も保険の対象になることです。

障害死亡・後遺障害:最高3,000万円(利用付帯)
障害・疾病治療:200万円(利用付帯)
賠償責任:3,000万円(利用付帯)
携行品損害:30万円(利用付帯)
救援者支援:200万円(利用付帯)

国内旅行保険

障害死亡・後遺障害:最高2,000万円(利用付帯)

充実のプロテクション

多数のプロテクションが付帯しているので、旅行もショッピングも万全のガードで安心です。

ショッピング・プロテクション

ANA アメックス カードを利用して購入した商品が破損、もしくは盗難にあった場合に購入日から90日間、年間最高200万円まで補償してくれるサービスです。

通常のカードなら最高100万円まで、ということが多い中、最高200万円までというのはさすがですね。

オンライン・プロテクション

ネットショッピングなどで不正が発覚した場合、その損害額を補償してくれるサービスです。

不正利用を恐れてネットショッピングをためらってしまう人にとっても、とても安心のサービスです。

私も、何度か不正使用の被害にあいましたが、この補償のおかげで被害を最小限に止めることができています。

ANA アメックス カードの付帯サービス一覧

その他の、お得な付帯サービスです。

手荷物無料宅配サービス

帰国時に、重たいスーツケースを1つ無料で自宅まで配送してくれます。

疲れた体でスーツケースを引きながら帰るのは大変なので、それから解放されるのはとても楽になります。

※成田空港、中部国際空港、関西国際空港利用で、国際線利用時に限ります。

空港クロークサービス

空港での航空機の待ち時間などに空港手荷物預かり所で荷物を2個まで無料で預けることができます。

アメリカン・エキスプレス・セレクト

ショッピング、旅行、食事など、国内外の優待・特典があります。

もっと大量に、もっと楽に、もっと簡単にANAマイルを貯めたいあなたへ

この記事を読んでくださったあなたは、きっと「ANAマイルを貯めたい」「ANAマイルをたくさん貯めたい」「普段のクレジット決済をお得に活用してANAマイルを貯めたい」「効率的にANAマイルを貯めたい」「なるべくお金をかけずに無駄な支出をせずにANAマイルを貯めたい」「飛行機に乗らなくてもANAマイルを貯めたい」「もっと楽にANAマイルを貯めたい」など、そんなことを考えて読んでくださっていることと思います。

そして、「どうやったら、最小の労力と時間で、最小の出費で、最大のマイルを貯めることができるのだろうか」「マイルを貯めて、早く旅行に行きたい」と、常に考えているのではないでしょうか。

もちろん、私もその一人です。

マイルを貯めて、ビジネスクラスやファーストクラスに乗ることを考えたり、次の旅行のことを考えてりして、わくわくしています。

ANAマイルを貯める方法は一つではない

私がマイルを貯めたい理由は、「上質な旅を格安で実現するため」です。

マイルがたくさんあれば、それが実現できるので、日々マイルを貯める方法を模索しています。

実は、マイルを貯める方法は一つではないのです。

もちろん、陸マイラーにとって、ポイントサイト経由でANAマイルを貯める方法は王道です。

しかし、その方法一つだけに依存するべきでないのは、先にお伝えした通りです。

では、「マイルを貯める方法」とは、いったいどれほどあるのでしょうか?

ANAマイルを貯める6つの方法とは?

マイルを貯める方法はたくさんありますが、基本はそのどれもが「ポイントからの交換」で貯めることになります。

マイルを貯める方法は大きく分けて2通りです。

1、直接マイルを貯める方法
2、間接的にマイルを貯める方法

この2通りです。

1、直接ANAマイルを貯める方法

直接ANAマイルを貯める方法です。

この方法には、

1、搭乗ボーナスマイルで貯める方法
2、ANAカードの入会・継続ボーナスマイルで貯める方法

があります。

このうち、「1、搭乗ボーナスマイルで貯める方法」は、陸マイラーにとって現実的ではありません。出張などで日頃からたくさん飛行機に乗る「空マイラー」向けの方法です。

また、「2、ANAカードの入会・継続ボーナスマイルで貯める方法」についても、一時的なボーナスマイルなので、この方法をメインにマイルを貯めようとするのも現実的ではありません。

2、間接的にANAマイルを貯める

間接的にANAマイルを貯める方法です。

間接的にANAマイルを貯める方法には、

3、クレジットカード決済のポイントを交換して貯める
4、ポイントサイトで貯めたポイントを交換して貯める

の2つの方法があります。

この2つが、陸マイラーにとってマイルを貯めるメインの方法になっています。

陸マイラーが陸マイラーである理由とは?

ここで、陸マイラーが「陸マイラー」と呼ばれている理由を考えて見ます。

本来、マイルとは飛行機に乗るためのポイントプログラムなので、飛行機に乗って貯めるのが本来のやり方なはずです。

ところが、「陸マイラー」は、陸にいながらにしてマイルを貯めるスタイルの人のことを言います。

その基本スタイルは、普段は飛行機に乗らない、できるだけお金をかけない、日常決済の範囲で工夫してマイルを貯めるというものです。

これは、非常に合理的なスタイルだと思います。

日常の無理のない範囲で工夫して最大限のマイルを貯めるやり方は、私も日々勉強させてもらっています。

しかし、よりたくさんのマイルを貯めてビジネスクラスやファーストクラスを狙いたいと考えた時に、この陸マイラーの基本スタイルには、やはり限界があると感じざるを得ません。

なぜなら、いくらクレジットカード決済でのマイル還元率を工夫したところで、工夫できる範囲はせいぜい1%〜2%程度。

また、ポイントサイトの案件をたくさんこなしてマイルに交換しようと思っても、案件の数には限りがあるし、案件をこなす労力もバカにならないものです。

こうして、時間と労力を切り詰めてANAマイルを貯めていてはもやがて疲弊していく可能性があります。

そこで私は考えました。

もっと楽に、お得に、たくさんのマイルを貯める方法はないものか、と。

陸マイラーが一番楽にANAマイルを貯められるオススメの方法とは?

いろいろと遠回りした結果、私がたどり着いたのはこれから紹介する2つの方法でした。

これなら、案件申し込みで労力を使わなくてもしいし、たかだか数%のマイル還元率で頭を悩ませなくてもいい、より楽にマイラー活動を継続できる方法だと。

その方法が、

5、ポイントサイトを紹介してANAマイルを貯める方法
6、ANAカードを紹介してANAマイルを貯める方法

この2つです。

ポイントサイトを紹介してANAマイルを貯める!

この方法は、「ポイントサイトで貯めたポイントを交換して貯める」方法と似ています。間接的にマイルを貯める方法です。

ポイントサイトには「お友達紹介制度」というものがあります。

このお友達紹介制度を通してポイントサイトに登録してもらい、その人が貯めたポイントの何割かを、自分のポイントとして貯めることができるというものです。

例えば、上の図はポイントサイトのハピタスのお友達紹介制度の画面です。

ポイントサイトを紹介すると、その紹介人数に応じた割合で、友達が貯めたポイントの何割かが自動的に自分のポイントになります。

私の場合は、2018年3月6日時点で203人紹介していることになります。

例えば、2017年7月5日に紹介ポイントが「ハピ友ポイント」として49,920ポイント入ってきています。

これを90%の交換レートで交換すれば44,928ANAマイルに、81%の交換レートで交換すれば40,435ANAマイルになります。

同じように、2018年1月5日に紹介ポイントが「ハピ友ポイント」として17,759ポイント入ってきています。

これを90%の交換レートで交換すれば15,983ANAマイルに、81%の交換レートで交換すれば14,384ANAマイルになります。

このように、「ポイントサイト紹介」でのポイントが毎月のように入ってくるので、このポイントをANAマイルに交換しています。

このポイントのいいところは、自分で案件探しや案件申し込みなどの労力をを使わなくても、毎月のようにポイントが入ってくることです。

もちろん、飛行機に乗る必要もないし、クレジットカード決済も必要ないので、完全無料で手に入るマイルです。

陸マイラー向けのマイルの貯め方と言えるのではないでしょうか。

ANAのクレジットカードを紹介してマイルを貯める!

もっと楽な方法に、「ANAのクレジットカードを紹介してマイルを貯める」という方法があります。

この方法は、直接ANAマイルが貯まるので最も手間が少ない方法です。

ANAカードには「マイ友プログラム」という紹介プログラムがあります。

この制度を活用してマイルを貯めることができます。

2018年2月14日〜2018年3月2日までの約半月の間に、6,000ANAマイルが貯まっています。

ANAのゴールドカーを3枚紹介しただけで、6,000マイルもらうことができました。

また、2018年5月15〜2018年5月16日の間に、ANAプリペイドカードとANAプラチナカードをそれぞれ1枚ずつ紹介して5,600のボーナスマイルをもらうことができました。

プラチナカードの紹介にあたっては、なんと1枚紹介しただけで5,500マイルものボーナスマイルをもらうことができるのです。

ANAマイルに直接貯まるので、交換や登録などの手間がなく、ましてや案件申し込みなどの煩わしい作業も必要ないので、最もオススメできる方法です。

知り合いや周りの人にANAカードをオススメするだけで、こんなに簡単にマイルを貯めることができてしまいます。

「マイ友プログラム」は、ANAカードを持っていれば、誰でも利用できる制度です。

ANAカードの年会費はかかるものの、飛行機に乗って貯める方法やクレジットカード決済で貯める方法に比べたら、その費用は微々たるものだと考えることができるでしょう。

これらのことから、陸マイラーがもっと楽に、もっと早く、もっとたくさんのにオススメしたいのは、

5、ポイントサイトを紹介してANAマイルを貯める方法
6、ANAカードを紹介してANAマイルを貯める方法

となります。

ぜひあなたも、このやり方でたくさんのマイルを楽に貯めてください。

まとめ

ANA アメックス カードは、ANAマイルを貯めて旅行に出かけたい人にメリットがたくさんあるカードです。

特に旅行を充実させて楽しむための優待が多いので、旅行をより楽しいものにすることができるのは間違い無いですね。

カード発行の際は、新規入会キャンペーンを利用して申し込みするのがお得です。獲得ポイントとマイルが最大限になるようにキャンペーンを上手に活用しましょう。

また、高いマイル還元率や空港サービスなど、空マイラーには非常に嬉しいカードと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ほったらかし」で1ヶ月で10万マイル貯めるマイルの教室のノウハウが無料で読める

Pocket

下記のボタンからメール講座にご登録いただくと、
「ほったらかしで1ヶ月で10万マイル貯める」
マイルの教室のノウハウが無料で読めます。


お申し込みはコチラ

SNSでもご購読できます。