【5倍速】スカイトラベラープレミアと新幹線で爆発的にANAマイルが貯まる3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

この記事では、

  • アメックス スカイトラベラー プレミア カードと新幹線の乗車で、爆発的に世界中の航空会社のマイルを貯める方法を知りたい
  • アメックス スカイトラベラー プレミア カードと新幹線の乗車で、どれくらいのANAマイルが貯まるのかを知りたい

と疑問を抱える方の悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら、当サイトはアメックス公認の「アンバサダー」に認定されており、当サイトを通じて毎月多くの方がアメックス スカイトラベラー プレミア カードにお得に入会されているからです。

記事前半では、スカイトラベラー プレミア カードと新幹線の乗車で5倍速でマイルが貯まる理由を紹介します。

記事後半では、スカイトラベラー プレミア カードと新幹線の乗車で、具体的にどれくらいのANAマイルが貯まるかをシミュレーションしています。

この記事を読み終えることで、アメックス スカイトラベラー プレミア カードと新幹線チケット購入で5倍速でマイルを貯められる状態になります。

>>「アメックス スカイトラベラー プレミアカードの最もお得な入会キャンペーン」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

目次

【5倍速】新幹線乗車でANAマイルを貯める方法!それはアメックス スカイトラベラー プレミアカードでチケットを購入すること

アメックススカイトラベラー プレミアカードは、新幹線に乗って世界中の航空会社のマイルを貯めるのに最も適したクレジットカードです。

アメックス スカイトラベラー プレミアカードが新幹線の乗車で爆発的にANAマイルを貯めることができる理由は、

  • 新幹線・特急等のJRの切符購入(日本旅行経由)で5%のポイント還元率(国内最高還元率)
  • 貯めたポイントを1,000ポイント=1,000マイル(1ポイント=1マイル)の高交換率
  • 提携する15社の航空会社のマイルを選ぶことができる(ANAマイル含む)

だからです。

>>「アメックス スカイトラベラー プレミアカードの特徴と魅力的な特典」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

しかも、ポイントを無期限に貯めることができるで、航空会社のマイルも「実質無期限」で貯めることができます。

じっくりとマイルを貯めることができるので、「新幹線に乗り続けてファーストクラスを無料にする」ことも夢ではありません。

アメックス スカイトラベラー プレミア カードの入会は、既存アメックス会員からの「紹介プログラム」経由での入会で21,500ポイントもらえて最もお得です。

 

スカイトラベラー プレミア入会前に知っておきたい!新幹線の乗車で爆発的にマイルが貯まるクレジットカード選びの3つの条件

新幹線の乗車チケットをクレジットカードで購入してマイルを貯めようとする場合、いくつかの方法があります。

例えば、

  • ポイントサイト経由で、宿泊付きのパックツアーを予約する
  • エクスプレス予約、プラスEXなどのサービスでオンライン予約する
  • マイル還元率が高いクレジットカードを使い自動販売機などで購入する

などの方法です。

上記のような方法で、マイルやマイルに交換できるポイントが貯まるクレジットカードで新幹線の切符を購入することで、マイルを貯めることができます。

ただし、一度の新幹線のチケットの購入でできるだけたくさんのマイルを貯めたい場合、利用するクレジットカードの選び方には意識したい点があります。

以下の3つの条件を意識すると、最もお得なカード選びをすることができます。

条件1.新幹線でマイルを貯める場合、クレジットカード決済で貯めたポイントをマイルに交換するのが主流

まず1つ目の条件は、新幹線の乗車でマイルを貯めたい場合、クレジットカードのポイントを一度経由しなければならないことです。

例えば「ANA VISA Suicaカード(還元率0.5%)」の場合、SuicayチャージやJR東日本の切符・定期券などの購入で1,000円=10ANAマイル(10マイルコース)でANAマイルを貯めることができます。

上記の場合、「ワールドプレゼントポイント」を経由してANAマイルに交換することができます。

また、例えば「JALカード Suica(普通:還元率1.5%)」の場合、SuicayチャージやJR東日本の切符・定期券などの購入で1,000円=10JALマイル(ショッピングマイル・プレミアム)でJALマイルを貯めることができます。

上記の場合、「JRE POINT」を経由してJALマイルに交換することができます。

条件2.「ポイント還元率」「マイル交換率」「年間交換上限」がキモ

上記でお伝えしたように、新幹線の乗車でマイルを貯めたい場合、クレジットカードのポイントを一度経由しなければなりません。

ですので、以下の2点を重視する必要があります。

  1. クレジットカードのポイント還元率(できるだけ高還元率のもの)
  2. ポイントからマイルへ移行する時のマイル交換率(できるだけ高交換率のもの)
  3. ポイントからマイルへの交換上限および手数料がないもの

いくら高額の新幹線チケットを購入しようとも、ポイント還元率が低いクレジットカードならばポイントは貯まりません。

また、いくらポイントをたくさん貯めようとも、マイル交換率が低ければマイルは貯まりません。

さらに、マイル交換の手数料が無料のクレジットカードもあれば、有料のクレジットカードもあります。

マイル交換率の高いコースに加入しようとすると高額の年間手数料が必要な場合もあります。

上記のような制約のないクレジットカードを選びたいものです。

条件3.複数の航空会社のマイルに交換できること

新幹線乗車で貯めたポイントの交換先である交換可能マイル(提携エアライン)の数も重要な点です。

ANA提携カードやJAL提携カードの場合、ANAマイルやJALマイルの1社しか交換することができません。

しかし、アメックスなどのクレジットカードは複数の航空会社と提携しているので、ポイントの交換先として好きなマイルを選ぶことができます。

新幹線乗車で貯めたクレジットカードのポイントを複数の航空会社のマイルに交換可能であるメリットは、「自分の行きたい旅先に合わせて、その時に一番有利なマイル数の航空会社を利用できる」ということにあります。

スカイトラベラー プレミアカードと新幹線乗車で5倍速で世界中の航空会社のマイルが貯まる3つの理由

新幹線の乗車でマイルを貯めるのにアメックス スカイトラベラー プレミアカードが最もおすすめなクレジットカードである3つの理由があります。

理由1.新幹線チケット購入でポイント5倍!スカイトラベラー プレミアカードの最大の特徴は国内No.1のポイント還元率

まず1つめは、新幹線のチケットを購入することで、「ポイント5倍=5%の還元率」でマイルを貯めることができるからです。

新幹線のチケット購入でマイルを貯めることができるクレジットカードとしては、国内最高の還元率です。

日本旅行、アップルワールドの旅行代金支払いでポイント5倍

スカイトラベラー プレミアカードのポイントプログラムは、通常であれば100円=1ポイントの還元率です。

しかし、

  • 日本旅行
  • アップルワールド

での旅行代金の支払いでは、ポイントが5倍

にアップする仕組みになっています。

スカイトラベラー プレミアなら新幹線利用でも5%のマイル還元率

日本旅行(Web、全店舗含む)でスカイトラベラープレミアカードを利用することで、なんと新幹線・特急等のJRの切符購入でも5%でマイルが貯まります。

日本旅行はJR新幹線切符+宿泊のセット販売が主流ですが、日本旅行の店舗でJR・私鉄券・国内航空券を単品で取り扱っています。

つまり、JR・バス・高速バスのチケットを単独で購入することが可能なんです。

JRのチケットはWebでは購入することができないので、日本旅行の店舗に行って窓口で購入する必要があります。

また、JRのチケットについては、何も新幹線に限った話ではありません。

普通の特急列車や、山手線の1駅分のチケットだって購入することができます。

さらに、JRの切符以外でも、パッケージツアー、前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金も対象です。

例えば、新幹線+宿泊パッケージや飛行機+宿泊パッケージ で出張できる場合には、ザクザクととポイントが貯まることになります。

スカイ・トラベラー5倍ボーナスは、通常ポイントと合わせて年間(1月~12月)100,000ポイントが上限となります。

200万円カード利用までが対象です。

理由2.貯めたポイントは「1,000ポイント=1,000マイル」でANAを含む15の航空会社のマイルと交換可能

スカイトラベラー カードからマイル交換できるエアライン

2つめの理由は、新幹線の乗車で貯めたポイントを高還元率でかつたくさんの航空会社のマイルに交換することができるからです。

スカイトラベラー プレミアカードで貯めたポイントは、「メンバーシップリワード・プラス(登録無料)」に登録することで

  • 1,000ポイント=1,000マイル
  • 15の航空会社のマイルに交換可能(ANA含む)

となっています。

また、マイル移行手数料も無料でかつ、無制限に移行できます。

ただし、

  • JALマイルには交換できない
  • ANAマイルは年間上限40,000マイル、5,400円(税込)の手数料が必要

というデメリットがあります。

アメックス スカイトラベラー プレミアカードのポイントをマイルへ交換できる航空会社一覧は以下の通りです。

アライアンス 航空会社名 マイレージ
スターアライアンス ANA ANAマイレージクラブ
シンガポール航空 クリスフライヤー
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス
スカンジナビア航空 SAS ユーロボーナス
ワンワールド キャセイパシフィック航空 アジアマイル
ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ
カタール航空 プリビレッジクラブ
フィンランド航空 フィンエアー・プラス
スカイチーム デルタ航空 スカイマイル
エールフランス航空 フライングブルー
チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー・プログラム
アリタリア‐イタリア航空 クラブ・ミッレミリア
アライアンス非加入 エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ
エティハド航空 エティハドゲスト
ヴァージンアトランティック航空 フライングクラブ

上記のように、アメックス スカイトラベラー プレミア カードなら、世界中の15社のマイレージプログラムの中から、特典航空券で行きたいところへの必要マイル数が最も少ないところを選んでポイント交換することで、マイル数を毎回節約することができることになります

つまり、アメックス スカイトラベラー プレミア カードでポイントを貯めることで、特典航空券の行き先によって、必要マイル数が一番少ないマイレージを選べるからなのです。

行き先により、航空会社によって必要マイル数が異なるので、一番少ないマイレージプログラムを選べばいいわけです

そうすれば、常に少ないマイル数で済み、マイルを効率よく使うことができるということになるからです。

新幹線乗車で貯めたポイントを世界中の航空会社のマイルに交換できるメリット

新幹線の乗車や交通機関の利用ででマイルを貯めることのできるクレジットカードの代表例としては、

  • ANA VISA Suicaカード
  • JALカードSuica

などが挙げられます。

しかし、上記の両者ともANAだけ、JALだけしかマイルを貯めることができないクレジットカードです。

その点、スカイトラベラー プレミアカードは多くのエアラインのマイルを選択可能です。

新幹線乗車で貯めたクレジットカードのポイントを複数の航空会社のマイルに交換可能であるメリットは、「自分の行きたい旅先に合わせて、その時に一番有利な航空会社を利用できる」ということにあります。

もし1社のマイルしか貯まらないクレジットカードの場合には、その航空会社のマイレージプログラムで、必要マイル数が高めに設定されても、その高い必要マイル数を使うしかありません

しかし、同じ場所へ飛ぶ場合も、どの航空会社のマイレージを使うかによって、必要マイル数に2~3万マイル以上の差が生じるケースがたくさんあります

航空会社ごとに、行き先ごとに必要なマイル数が違いますので、使い分けができるのはいいですね。

スカイ・トラベラー・プレミア・カードで航空券・日本旅行の支払いを行った場合、マイルの価値は

  • 1マイル1.5円と考えると還元率7.5%
  • 1マイル2円と考えると還元率10%

です。

  • 国際線のビジネスクラスで利用:1マイルの価値は2.5~5円程度
  • 国際線ファーストクラスで利用:1マイルの価値は7~16円程度

に跳ね上がります。

貯めたポイントをANAマイルに移行して、国際線のビジネスクラス・ファーストクラスでマイルを利用すると、驚異的な高還元に昇華します。

注意:JALマイルへの交換はできない

ただし、スカイトラベラー プレミアカードのデメリットがあります。

それは、貯めたポイントをJALマイルに移行できないということです。

「使うのはJALマイルのみ」という方には、スカイトラベラーカードは向きません。

ブリティッシュ・エアウェイズのマイル(Avios)に交換することで少ないマイルでJALに搭乗可能

スカイトラベラー プレミアカードのポイントはJALマイルに交換することはできません。

しかし、同じワンワールドの仲間であるブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のマイル(Avios)のマイルに交換することで、JALのフライト便に乗ることができます。

BAのマイルはJALにも乗れる特典航空券に交換することができるからです。

上記方法を使うメリットは、BAのWebサイトから、BAのマイルを使って、JALの特典航空券を予約できることです。

【注意】ブリティッシュ・エアウェイズは、ロイヤリティプログラム「エグゼクティブ・クラブ」の提携航空会社特典航空券の交換に必要なマイル数を、2019年5月30日新規発券・予約変更分より変更します。

これに伴い、BAのマイルAviosでJAL国内線特典航空券を予約するのに必要なマイル数も変更になります。

具体的には、国内の大部分の片道の特典航空券の発券に必要なAviosは、

  • 片道4,500Avios→6,000Avios(距離1-650マイル区間)
  • 片道7,500Avios→9,000Avios(距離1150マイル区間)

となります。

JALよりも必要マイル数は少ないですが、その差が小さくなってしまいました。

>>「アメックスポイントをBAのマイルに移行してJAL国内特典航空券をお得に発券する方法」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【超お得】アメックスポイントをBAのマイルに移行!JAL国内特典航空券をお得に発券する3つのメリットと2つの手順

理由3.スカイトラベラー プレミアなら実質無期限でマイルを貯めることができる

3つめの理由は、スカイトラベラー プレミアカードでは実質無期限でマイルをためられることがあります。

スカイトラベラー プレミアカードで貯めたポイントは、通常3年間の有効期限となっています。

しかし、1度でもアイテムと交換すると無期限になります。

また、ANAをはじめとするほとんどの航空会社のマイルにも3年などの有効期限があります。

ですので、普段はスカイトラベラー プレミアカードでポイントを貯めておいて、使う直前に航空会社のマイルに交換することで、実質無期限で利用することができます。

ビジネスクラスやファーストクラスに向けて大量のマイルが必要な時にもじっくりと貯めることができますね。

この点も、マイラーにとっては嬉しい点です。

アメックス スカイトラベラー プレミアカードと新幹線乗車で5倍速でマイルを貯める方法

スカイトラベラー プレミアカードで新幹線の乗車で5%のマイルを貯める手順は以下のようになります。

日本旅行でチケットを購入する

27社の対象航空会社の航空券、パッケージツアー、前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金、JR・バスのチケットの購入で5%(100円=5ポイント)のポイントを貯めることができます。

例として、新幹線の乗車券特急券を日本旅行のWEBサイトから購入することで、5%のマイルが貯まります。

日本旅行公式サイト

日本旅行でツアー予約はしないけど、最寄り駅から羽田や成田行きのリムジンバス予約をする場合。

上記のような場合も、日本旅行経由で予約を行えば、100円につき5マイル獲得できます。

日本旅行関連の予約はポイントサイトを経由することでポイントの二重取りも可能

また、日本旅行関連の予約は、ポイントサイトを経由することでポイントの二重取りも可能になります。

以下に、日本旅行を利用する場合の、各ポイントサイトからもらえるポイントを調べてみました。

主なポイントサイトの比較表

ポイント還元率でポイントの計算をしているポイントサイトは以下の通りです。

ポイントサイト 還元率 条件
ECナビ   1.8% 日本旅行
ポイントタウン   1.5% 日本旅行「ビジネスプラン&出張パック
ちょびリッチ   1% 日本旅行
すぐたま   0.95% 日本旅行バスぷらざ
Gポイント   0.5% 日本旅行「海外」

ポイント数でポイントの計算をしているポイントサイトは以下の通りです。

ポイントサイト 還元率 条件
ハピタス   600円 日本旅行(海外ツアー・国内宿泊・国内ツアー)
ポイントタウン   570円 日本旅行(海外ツアー・国内宿泊・国内ツアー)
colleee   500円 日本旅行
モッピー   400円 日本旅行赤い風船」
Gポイント   200円 日本旅行「国内」

スカイトラベラー プレミアと新幹線乗車でマイルを貯める2つのメリット

スカイトラベラー プレミアカードと新幹線乗車で航空会社のマイルを貯めることができるのは、陸マイラーだけではなく空マイラーにとっても嬉しいことがあります。

具体的には、以下の2つのメリットです。

フライトだけでマイルを貯めにくい航空会社のマイルを簡単に貯めることができる

海外旅行の際に何かと便利な国際線路線を運行しているエアラインのマイルを、簡単に貯めることができます。

上記でも紹介したように、スカイトラベラー プレミアカードのマイル交換先は

アライアンス 航空会社名 マイレージ
スターアライアンス ANA ANAマイレージクラブ
シンガポール航空 クリスフライヤー
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス
スカンジナビア航空 SAS ユーロボーナス
ワンワールド キャセイパシフィック航空 アジアマイル
ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ
カタール航空 プリビレッジクラブ
フィンランド航空 フィンエアー・プラス
スカイチーム デルタ航空 スカイマイル
エールフランス航空 フライングブルー
チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー・プログラム
アリタリア‐イタリア航空 クラブ・ミッレミリア
アライアンス非加入 エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ
エティハド航空 エティハドゲスト
ヴァージンアトランティック航空 フライングクラブ

となっています。

上記の中には、ANAをはじめ、タイ国際航空、シンガポール航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、デルタ航空などの人気航空会社も含まれています。

また、カタール航空、エミレーツ航空など、持っていると便利だけど純粋なフライトマイルだけではなかなか貯めにくい航空会社のマイルも含まれています。

上記のようなマイルを、普通の特急列車や、山手線の1駅分のチケットからでも簡単に貯めることができるのは大きな魅力です。

スカイトラベラー プレミアはマイル交換比率の改悪の影響なし

ポイントからマイルへの高い交換比率もメリットの一つです。

アメックスのプロパーカードは、スカイトラベラー プレミアカードと同じように15社のマイルに交換可能です。

しかし、マイルの交換比率が改悪され1,250ポイント=1,000マイル(メンバシップ・リワード・プラス登録時)となりました。

※ANAマイルのみ、1ポイント=1マイル(参加登録費5,000円/年)

一方で、スカイトラベラー プレミアカードは、ポイント交換比率の改悪の影響を受けないため、高い交換比率を保っています。

1,000ポイント=1,000マイル(1ポイント=1マイル)となっています。

せっかく効率よく新幹線でポイントを貯めたわけですから、できるだけお得な交換比率でマイルに換えたいですよね。

スカイトラベラー プレミアと新幹線乗車でどれくらいのANAマイルが貯まるのか

以下では、新幹線のチケットをスカイトラベラー プレミアカードで決済した時にどれくらいのANAマイルが貯まるかをシミュレーションしてみます。

東京ー大阪間の新幹線のチケットは普通車指定席で片道13,620円。

※日本旅行経由で予約。

往復をスカイトラベラー プレミアカードで決済した場合、5%の還元率なので1,362ポイント貯まります。

ANAマイルに交換すると1,362マイル。

仮に、1週間に1回の出張だったとすると、1ヶ月で1,362×4=5,448ANAマイルとなります。

  • 1ヶ月目:5,448ANAマイル
  • 2ヶ月目:10,896ANAマイル
  • 3ヶ月目:16,344ANAマイル
  • 4ヶ月目:21,792ANAマイル
  • 5ヶ月目:27,240ANAマイル
  • 6ヶ月目:32,688ANAマイル

となります。

上記ANAマイルで特典航空券を発券しようとすると、

  • 1ヶ月目:東京ー大阪の片道(ローシーズン)
  • 2ヶ月目:東京ー大阪の往復(ローシーズン)、東京ー沖縄の片道(ハイシーズン、)、東京ー石垣の片道(レギュラーシーズン)
  • 3ヶ月目:東京ー沖縄の往復(ローシーズン)、東京ー韓国の往復(レギュラーシーズン:エコノミークラス)
  • 4ヶ月目:東京ー沖縄の往復(ハイシーズン)、東京ー香港の往復(レギュラーシーズン:エコノミークラス)
  • 5ヶ月目:東京ー石垣の往復(ハイシーズン)、東京ー韓国の往復(ローシーズン:ビジネスクラス)
  • 6ヶ月目:東京ーバンコクの往復(ローシーズン:エコノミークラス)、東京ー韓国の往復(レギュラーシーズン:ビジネスクラス)

なんと、5ヶ月目以降は国際線のビジネスクラスを狙えるレベルのマイルが貯まっていきます。

新幹線のチケットを決済するカードをスカイトラベラー プレミアカードに変えるだけで、労せずして海外旅行もできてしまうのですね。

新幹線だけではない!スカイトラベラー プレミアなら航空券購入でも5倍速でマイルが貯められる

アメックス スカイトラベラー プレミア カードの最大の魅力の一つが、ANA、JAL含む提携航空会社28社の航空券購入でポイント5倍になることです。

新幹線以外のクレジットカード利用でも5%のマイルを貯めることができるカードなのです。

スカイトラベラー・プレミア・カードの5%のマイル付与率は日本最高です。

JALカード プラチナやANA プレミアムカードをも凌駕しています。

カード名 マイル付与率
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード 1.5%
MileagePlusセゾンカード/ゴールド/プラチナ 1.5%
MileagePlus JCBゴールドカード 1.5%
MileagePlusダイナースクラブ ファースト 1.5%
ANA一般カード(JCB/VISA/Mastercard)
ANAワイドカード(JCB/VISA/Mastercard)
ANAワイドゴールドカード(JCB/VISA/Mastercard)
2.0%
JALカード 普通カード(JCB/VISA/Mastercard)
JAL CLUB-Aカード(JCB/VISA/Mastercard)
JAL CLUB-Aゴールドカード(JCB/VISA/Mastercard)
2.0%
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード 2.0%
ANAダイナースカード 2.0%
JALダイナースカード 2.0%
ANA VISAカード / ANA Mastercard(マイ・ペイすリボ) 2.3%
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 2.5%
デルタ スカイマイル JCB一般カード 2.6%
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 3.0%
JAL アメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールド 3.0%
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 3.0%
デルタ スカイマイルJCBゴールドカード 3.0%
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 3.0%
ANA JCBカード プレミアム 3.3%
ANA VISAプラチナ プレミアムカード 3.5-3.8%
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ 4.0%
JAL・JCBカード プラチナ 4.0%
ANAダイナース プレミアムカード 4.0%
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 4.5%
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 5.0%

※この表は、提携航空会社の航空券を公式サイト等で購入した場合のマイル付与率です。

いずれもマイル付与率が上がるプランの場合です。

ただし、航空券を購入して5%のポイントを貯めるのには条件があります。

  • ANAやJALを含む28社の航空券を航空会社の公式サイトから直接購入すること
  • スカイトラベラー5倍ボーナスは、通常ポイントと合わせて年間(1月~12月)100,000ポイントが上限
  • 200万円カード利用までが対象

JALはマイルに交換はできませんが、航空券購入時のボーナスは対象です。

他のクレジットカードに比べても、ここまで高還元率なカードは稀です。100円=5ポイント(5マイル相当)となります。

これが、スカイトラベラー カードの最大のメリットでしょう。

かつては5倍となるのは、事前登録した希望の航空会社1社のみでしたが、現在は1社に限らず以下の28の対象航空会社が全てボーナスポイントの対象となっています。

特典航空券利用時の、燃油サーチャージ、空港施設使用料、旅客保安サービス料なども5倍の対象です。

購入で5%対象の航空会社28社

以下の航空券などを購入するとポイントが5倍になります。

スターアライアンス:ANA、アシアナ航空、エバー航空、オーストリア航空、シンガポール航空、スイスインターナショナルエアラインズ、スカンジナビア航空、タイ国際航空、ルフトハンザドイツ航空

ワンワールド:JAL、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ

スカイチーム:デルタ航空、アリタリア-イタリア航空、エールフランス航空、エアタヒチ ヌイ、ガルーダ・インドネシア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、チャイナエアライン

なし:ヴァージン・アトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空、スターフライヤー、フィリピン航空、エア タヒチ ヌイ、バニラエア

2015年6月からは、フライング・ブルー(エールフランス航空・KLMオランダ航空)、カタール航空プリヴィレッジクラブが追加されました。

日系のANAやJALも5%対象に含まれているのが嬉しいですね。

ポイント5倍の対象外について

よく間違われやすいのことなのですが、以下の場合は「5倍ボーナス」の対象外となります。

  • パッケージツアー、機内販売、通信販売、空港売店、貨物などのでの購入の場合。
    ※仮に航空会社から直接購入した場合であっても対象外となります。
  • 他の航空会社に空港カウンター業務が委託されている航空券の購入の場合。
  • 楽天トラベル、Yahoo!トラベル、じゃらんなど、代理業・特約店経由での宿泊代金の支払いの場合。
  • 宿泊料金の現地決済の場合。
  • Paypalなどの決済代行会社を通した購入の場合。

事前に決済方法を確認して、「5倍ボーナス」が確実に適用される方法でカードを使用したいですね。

飛行機代だけではない!スカイトラベラープレミアなら新幹線乗車でホテル代も無料になる

新幹線の乗車の際に、スカイトラベラー プレミアカードで決済することで飛行機代が雨量になることは上記でお伝えしました。

そしてさらに、スカイトラベラー プレミアカードなら、新幹線の乗車でホテル代も無料にすることができます。

なぜなら、スカイトラベラープレミアカードで貯めたポイントは、航空会社のマイルだけではなく、高級ホテルチェーンのポイントにも交換できるからです。

スカイトラベラー プレミアカードで貯めたポイントは、ヒルトン・オナーズポイントと、マリオットボンヴォイのポイントの2つに交換することができます。

  • ヒルトン ホテルズ&リゾート:1,000ポイント=1,250Hオナーズ・ポイント
  • マリオットボンヴォイ:1,000ポイント=990ポイント

マイルへの交換に比べると交換比率が落ちますが、各ホテルプログラムのポイントに交換することで、無料宿泊が可能になります。

>>「爆発的にヒルトン・オナーズポイントを貯める9つの方法とクレジットカード」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【保存版】爆発的にヒルトン・オナーズポイントを貯める9つの方法とクレジットカードまとめ。

>>「爆発的にマリオットボンヴォイのポイントを貯める8つの方法とクレジットカード」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【保存版】爆発的にマリオットボンヴォイのポイントを貯める8つの方法とクレジットカードまとめ。

アメックス スカイトラベラー プレミアカードの入会は「紹介プログラム」経由が最もお得!

アメックス スカイトラベラー プレミアカードの入会はアメックス既存会員からの「紹介プログラム」経由が最もお得になっています。

アメックスの紹介プログラムとは?

アメックス スカイトラベラー プレミア カードの既存の会員は、知人にアメックス スカイトラベラー プレミア カードを紹介できる「紹介専用URL」というものを発行できます。

 

【当サイトはアメックス公認の「アンバサダー」です

当サイトはアメックス社より招待を受けて「アンバサダー・プログラム」に登録しております。

「アンバサダー・プログラム」とは、アメリカン・エキスプレス・カードの紹介数において一定以上の実績のある既存のアメックス会員のみが招待される特別なプログラムです。

ですので、安心してお申し込みいただければ、と思います。

>>「アメックス スカイトラベラー プレミアカードの最もお得な入会キャンペーン」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【2019年8月最新】アメックス スカイトラベラー プレミアの入会キャンペーンは紹介プログラムが一番お得!一撃で最大21,500ポイント貯める2つの手順

 

上記「紹介専用URL」を経由してアメックス スカイトラベラー プレミア カードのサイトにアクセスすると、以下のような条件で入会キャンペーンが行われています。

具体的には、「紹介専用URL」を経由してアメックス スカイトラベラー プレミア カードに入会した場合、

  • アメックス スカイトラベラー プレミア カード入会後、年会費を指定の期日までに支払うと、入会ボーナスとして5,000ボーナスポイント(メンバーシップ リワード ポイント)
  • 入会後3ヶ月以内に合計15万円以上のカード利用で、紹介プログラム限定入会ボーナスとして15,000ボーナスポイント(メンバーシップ リワード ポイント)
  • 15万円の利用で15,00ポイント(通常獲得ポイント)

合計、入会後3ヶ月以内に15万円の利用で、合計21,500ポイントを獲得できます。

もし、あなたが「入会後3ヶ月以内に合計15万円以上のカード利用」ができるならば、「公式サイトからの入会」よりも「紹介専用URL」を経由して入会した方が、16,500ポイント(約165万円決済分相当)もお得になるんですね。

入会後3ヶ月以内に合計15万円以上のカード利用」という条件は、それほどハードルが高くはないのではないでしょうか。

毎月の公共料金や食費などをこのカードで決済するようにすれば、簡単にクリアできると思います。

周囲に、アメックス スカイトラベラー プレミア カードを紹介してくれる知人がおられない場合は、以下のボタンをクリックして私からの「紹介専用URL」経由でご入会ください。

 

入会後3ヶ月以内に15万円の利用で、合計21,500ポイントを獲得できます。

アメックス スカイトラベラー プレミア カードの「紹介プログラム」経由での申し込み方法の2つの手順

以下では、アメックス スカイトラベラー プレミア カードの友達紹介キャンペーンを利用して最大ボーナスポイントを獲得できる申し込み手順を解説していきます。

順番に手続きをして確実に入会申し込みを行いましょう。

>>「アメックス スカイトラベラー プレミアカードの作り方と申込み手順」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【完全図解】最短アメックス スカイトラベラー プレミアの最もお得な申し込み方法と審査落ちしない作り方

手順1:メール登録して「紹介専用URL」を獲得する

以下のボタンからお名前とメールアドレスを登録してください。

 

登録後すぐに、お友達紹介専用のURLが記載されたメールが届きます。

手順2:アメックス スカイトラベラー プレミア カードを紹介プログラム経由で申し込む

次に、アメックス スカイトラベラー プレミア カードをお友達紹介キャンペーンを利用して申し込みます。

メール内の紹介用URLをクリックすると、下記のようなアメックス スカイトラベラー プレミア カードの新規入会ページに切り替わります。

「お申し込みはこちら」のボタンをクリックしてアメックス スカイトラベラー プレミア カードの新規入会手続きを開始してください。

スカイトラベラー プレミアカードの紹介でもらえるボーナスポイント

スカイトラベラー プレミアカードと新幹線乗車で5倍速でANAマイルが貯まる3つの理由まとめ

アメックススカイトラベラー プレミアカードは、新幹線に乗って世界中の航空会社のマイルを貯めるのに最も適したクレジットカードです。

なぜなら、

  • 新幹線・特急等のJRの切符購入(日本旅行経由)で5%のポイント還元率(国内最高還元率)
  • 貯めたポイントを1,000ポイント=1,000マイル(1ポイント=1マイル)の高交換率
  • 提携する15社の航空会社のマイルを選ぶことができる(ANAマイル含む)

だからです。

新幹線のチケット購入で貯めたポイントを高い交換率でANAマイルに交換することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料PDF:マイルが気になりだしたらいちばん最初に読む本

Pocket

飛行機代が一生無料になる

そう聞いてどんなイメージを持つでしょうか?

 

・家族みんなをハワイ旅行に連れて行きたい
・LCCではなく一流の航空会社でラグジュアリーな移動時間を楽しみたい
・憧れのヨーロッパへ一人旅をしてみたい
・ビジネスクラスで世界一周をしてみたい
・出張で月に何度も乗るエコノミークラスをビジネスクラスに変えたい

そう考えた時にまず第一に思い浮かぶのが、
「飛行機代」「ホテル代」「レストラン代」の、
いわゆる「旅の三大費用」をどう捻出するか、です。

 

ただ、
旅の予算は決まっています。

おおよそ、限られた予算の中で
この三大費用をやりくりしながら、
なんとか目的地へたどり着き、
返ってくるというのが
いつものパターンかと思います。

 

しかし、
節約を前提に計画された旅行は、
果たして心から満足できるものなのでしょうか。

果たして遠足前夜のように
心からワクワクできるものなのでしょうか。

いつもの日常から離れて、
普段とは違ったや空間や時間や体験で心を満たすのが、
本来の旅行の目的なのだと思います。

それを、
節約を前提に計画してしまってはもったいない。

 

そんな時に、マイルがあれば
節約どころか、今までよりもワンランク上の
上質な旅を無料で楽しむことが可能になります。

エコノミーからビジネスクラスに。
国内から海外旅行に。
ビジネスホテルからラグジュアリーなホテルに。

 

爆発的にマイルを貯める方法は無限にあります。

・クレジットカードの入会キャンペーンや決済で貯める方法
・飛行機に乗って貯める方法
・ポイントサイトから交換する方法

などが代表的な方法として思い浮かぶかもしれません。

しかし、さらにその中でも
「無料で」「継続的に」貯められる方法となると、
ごく限られています。

 

当サイトが採用している方法は、

一時的でなく年間を通じて安定的に、
しかも日常生活の中でほとんど出費をすることなく、
ほぼほったらかしで
たくさんのマイルを獲得する方法です。

これにより、年に数回、
ヨーロッパや北米などの長距離路線を
ビジネスやファーストクラスで移動することが
視野に入ってきます。

 

当メール講座では、ブログ運営を通じて
長期的・安定的にたくさんのマイルを獲得するための、
いわゆる“勘所”をお伝えしています。


PDFダウンロードはコチラ

SNSでもご購読できます。

飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座