MileagePlusセゾンカードはシークレットキャンペーンを使わなきゃ損!

クレジットカード

この記事では、

  • MileagePlusセゾンカードのシークレットキャンペーンについて知りたい
  • 少ない年会費でお得にユナイテッド航空のマイルを貯められるカードを選びたい

と考える方の悩みを解決できる記事になっています。

実は、MileagePlusセゾンカードで貯まるユナイテッド航空のマイルは、国内旅行中心のコロナ時代の現在では非常に価値が高まっています。

なぜなら、ユナイテッド航空のマイルはANA国内線の特典航空券を、本家ANAマイルよりもお得に発券できるからです。

MileagePlusセゾンカードにはシークレットキャンペーンがあり、利用することで通常よりもお得に入会することができます。

  1. MileagePlusセゾンカードのシークレットキャンペーンとは
    1. 【現在終了】MileagePlusセゾンカードの過去のシークレットキャンペーン
      1. 〜2017年3月31日まで開催のキャンペーン
      2. 2017年10月31日まで開催のキャンペーン
      3. 〜2018年5月15日開催のキャンペーン
    2. 初年度年会費無料のキャンペーンを待つ方がいいのか?
  2. 【2020年10月最新】MileagePlusセゾンカードの入会キャンペーン内容
    1. 各カードの入会キャンペーン詳細
    2. 入会後もお得なキャンペーン
      1. 参加条件
  3. 【現在終了】MileagePlusセゾンカードの過去のキャンペーン
    1. 2017年10月1日~2018年3月31日開催のキャンペーン
  4. MileagePlusセゾンカードとは
    1. MileagePlusセゾンカードの特徴
    2. MileagePlusセゾンカードの種類
    3. MileagePlusセゾンカードのオススメは一般カード
    4. MileagePlusセゾンカードで貯めたマイルはANA国内線特典航空券の利用がお得
    5. MileagePlusセゾンカードは海外旅行保険が高額
  5. ユナイテッド航空のマイルを貯める9つのメリット
      1. 1.特典航空券は国内線・国際線ともに片道から交換可能
      2. 2.ANAマイルよりもお得に国内線特典航空券に交換できる
      3. 3.選択できる航空会社が多い
      4. 4.北米旅行に有利!少ないマイルで特典航空券の交換が可能
      5. 5.提携航空会社利用時の加算率が高い
      6. 6.特典航空券で予約した場合の燃油サーチャージがない
      7. 7.マイルの有効期限がない
      8. 8.特典航空券は誰でも利用できる
      9. 9.マイルが購入できる
      10. デメリットもある
  6. まとめ

MileagePlusセゾンカードのシークレットキャンペーンとは

MileagePlusセゾンカードには、

  • 一般に公開されている入会キャンペーン
  • ユナイテッド航空のMileagePlus会員にだけ公開される入会キャンペーン(シークレットキャンペーン)

があります。

「シークレットキャンペーン」はユナイテッド航空のMileagePlus会員に配布されるDMに記載されているキャンペーンです。

ただし、常時開催されているとは限らず一般(公式サイトで確認可能)の入会キャンペーンだけのことがほとんどです。

※現在、MileagePlusセゾンカードのシークレットキャンペーンは開催されていません。

【現在終了】MileagePlusセゾンカードの過去のシークレットキャンペーン

クリックで開く

以下では、過去に開催されたMileagePlusセゾンカードのシークレットキャンペーンを紹介します。

※現在、開催されていません。

〜2017年3月31日まで開催のキャンペーン

~2017年3月31日開催のVISAブランド限定のキャンペーンです。

最大で3,1000マイルがもらえるキャンペーンが行われていました。

MileagePlusセゾンカード VISA MileagePlusセゾンゴールドカード VISA MileagePlusセゾンプラチナカード VISA
キャンペーン期間 ~2017年3月31日まで
特典1 初年度年会費無料

特典2
入会でもれなく
2,000マイル
入会でもれなく
5,000マイル
入会でもれなく
10,000マイル
特別ボーナスマイル

1,000マイル

新規利用ボーナスマイル

通常1,000円=15マイルのところ、1,000円=15マイル×2=30マイル

カードご利用でもらえるショッピングマイルが上限まで2倍

特典3 抽選ボーナスマイル

抽選で5名様に10,000マイル

上記特典最大獲得マイル 16,000マイル 22,000マイル 約31,000マイル

2017年10月31日まで開催のキャンペーン

~2017年10月31日開催のアメリカン・エキスプレスブランド限定のキャンペーンです。

最大で1,2000マイルがもらえるキャンペーンが行われていました。

MileagePlusアメリカン・エキスプレスカード MileagePlusセゾンゴールドアメリカン・エキスプレスカード
キャンペーン期間 ~2017年10月31日まで
特典1 初年度年会費無料

特典2
入会でもれなく
2,000マイル
入会でもれなく
5,000マイル
紹介キャンペーン

1,000マイル

新規利用ボーナスマイル

通常1,000円=15マイルのところ、1,000円=15マイル×2=30マイル

カードご利用でもらえるショッピングマイルが上限まで2倍

上記特典最大獲得マイル 5,000マイル 12,000マイル

〜2018年5月15日開催のキャンペーン

~2018年5月15日開催のアメリカン・エキスプレスブランド限定のキャンペーンです。

最大で5,5000マイルがもらえるキャンペーンが行われていました。

MileagePlusアメリカン・エキスプレスカード MileagePlusセゾンゴールドアメリカン・エキスプレスカード MileagePlusセゾンプラチナカード VISA
キャンペーン期間 ~2018年5月15日まで
特典1 初年度年会費無料

特典2
入会でもれなく
2,000マイル
入会でもれなく
5,000マイル
入会でもれなく
10,000マイル
特典3

新規利用ボーナスマイル

通常1,000円=15マイルのところ、1,000円=15マイル×2=30マイル

カードご利用でもらえるショッピングマイルが上限まで2倍

最大1,500マイル 最大3,000マイル 最大5,500マイル
特典4 抽選ボーナスマイル

抽選で25名様に40,000マイル、100名様に5,000マイル

上記特典最大獲得マイル 43,500マイル 48,000マイル 約55,000マイル

初年度年会費無料のキャンペーンを待つ方がいいのか?

MileagePlusセゾンカードには、不定期で初年度年会費無料のシークレットキャンペーンがあります。

しかし、初年度年会費無料のシークレットキャンペーンが無い場合に次の初年度年会費無料のキャンペーンを待つのは、あまり得策ではないかもしれません。

なぜなら、待っている間の「機会損失」を考える必要があるからです。

キャンペーンを待っている間にも、本来ならば貰えていたかもしれないショッピングマイルがムダになってしまう可能性があるからです。
また、最近の初年度年会費無料のキャンペーンは、アメックスブランドだけが対象のことが多いので、VISAブランドやMastercardブランドで作りたい人はあまり期待できないのが現状だからです。

【2020年10月最新】MileagePlusセゾンカードの入会キャンペーン内容

以下では、ユナイテッド航空のMileagePlusセゾンカードの最新の新規入会キャンペーンを紹介します。

2020年8月3日(月)〜10月31日(土)の期間中に申し込んだ方が対象になります。

なお、以下の点にも注意する必要があります。

  • すでにMileagePlusセゾンカードに入会済みの方は対象外
  • グレードダウンの切り替えは対象外(※現在より上位グレードへの申し込みは対象)
  • 入会キャンペーンの特典で加算されたマイルは、マイレージプラス上級会員の資格要件には含まれない

各カードの入会キャンペーン詳細

以下で、MileagePlusセゾンカード各種の入会キャンペーン詳細について紹介します。

  • 入会でもれなくもらえるマイル
  • カード利用でもらえるボーナスマイル

があることに注意が必要です。

一般カード ゴールドカード プラチナカード
新規入会 1,000マイル 8,000マイル 10,000マイル
利用ボーナスマイル 3万円(税込)利で2,000マイル 40万円(税込)利用で11,000マイル 60万円(税込)利用で15,000マイル
条件達成時の通常マイル 3万円利用時
450マイル (※)
40万円利用時
6,000マイル
60万円利用時
9,000マイル
マイル還元率UP 9,000マイル
家族カード入会&発行月の翌月末までに30万円以上(税込) 5,000マイル 5,000マイル
~11/30まで
マイル合計 3,450マイル 30,000マイル 48,000マイル

※マイルアップメンバーズ(年会費別途5,500円/税込)登録の場合

なお、プラチナカードの場合、上限なしでマイル還元率が3.0%になります。

<プラチナカードのマイル還元率3.0%の条件>

VISAブランド

  • カード申込期間:2020年8月25日(火)~2020年10月31日(土)
  • カード利用期間:カードがお手元に届いてから、2020年12月31日(木)までの利用分

アメックスブランド

  • カード申込期間:2020年8月25日(火)~2020年11月30日(月)
  • カード利用期間:カードがお手元に届いてから、2020年1月31日(日)までの利用分

入会後もお得なキャンペーン

MileagePlusセゾンカード各種は入会後もお得なキャンペーンを利用することができます。

セゾンカード・UCカードは「セゾンのお月玉」キャンペーンを開催しており、MileagePlusセゾンカードも対象です。

セゾンカード・UCカードのご利用金額500円(税込)ごとに、“現金1万円が当たる抽選券1枚(毎日最大3枚)”がプレゼントされます。

1ヵ月の抽選券をもとに当社で抽選を実施し、毎月1万人に現金1万円が当たります。
※別途抽選のお申込みをいただく必要はございません。

参加条件

参加条件は、以下の全ての条件を満たすことです。

  1. 当月中に1回のセゾンカード・UCカードでのショッピングご利用金額が500円(税込)以上の方
    ※前月のカード売上情報が、今月の対象期間内に当社に連携された場合も対象になります。
  2. 当月セゾンPortal・UC Portalアプリに一回以上ログインした方

▼「セゾンのお月玉」について詳しくはこちら

【現在終了】MileagePlusセゾンカードの過去のキャンペーン

クリックで開く

以下は、過去に行われたMileagePlusセゾンカードの入会キャンペーンについて紹介します。

2017年10月1日~2018年3月31日開催のキャンペーン

2017年10月1日~2018年3月31日開催のアメックスブランド限定のキャンペーンです。

最大で2万マイルがもらえるキャンペーンが行われていました。

MileagePlusセゾンアメリカンエキスプレスカード MileagePlusセゾンアメリカンエキスプレスカード MileagePlusセゾンVISAプラチナカード
キャンペーン期間 2017年10月1日~2018年3月31日
特典1:新規入会特典 Aコース:年会費初年度無料

or

Bコース:2,000マイル

Aコース:年会費初年度無料

or

Bコース:5,000マイル

入会で10,000マイル
特典2:新規利用ボーナスマイル 通常1,000円=15マイルのところ、1,000円=15マイル×2=30マイル

カードご利用でもらえるショッピングマイルが上限まで2倍

ブランド限定上記特典最大獲得マイル 5,000マイル 11,000マイル 約20,000マイル

MileagePlusセゾンカードとは

以下では、MileagePlusセゾンカードについて紹介します。

MileagePlusセゾンカードは、ユナイテッド航空(UA)のマイルを貯めることに特化したクレジットカードです。

「MileagePlus(マイレージプラス)」は、ユナイテッド航空(UA)のマイレージプログラムの名称です。

クリックで開く
MileagePlusセゾンカード MileagePlusセゾンゴールドカード MileagePlusセゾンプラチナカード
国際ブランド VISA/Mastercard/
American Exispress
VISA/Mastercard/
American Exispress
VISA/American Exispress
年会費 1,500円(税抜) 20,000円(税抜) 50,000円(税抜)
家族会員年会費 なし 5,000円(税抜) 9,000円(税抜)
ショッピングマイル 100円につき5マイル 100円につき15マイル 100円につき15マイル
年間上限 30,000マイル
(それ以降は1,000円につき5マイル)
75,000マイル
(それ以降は1,000円につき5マイル)
上限なし
マイルアップメンバーズ ※追加年会費5,000円(税抜)のオプションサービス
※利用時1,000円につき15マイル
※年度(毎年3月4日〜翌年2月4日引き落とし分)30,000マイルを超えた場合、超えた分のご利用は1,000円につき5マイルとなります。
なし なし
サンクスマイル 500マイル
※毎年年会費請求時に付与
1500マイル
※毎年年会費請求時に付与
5000マイル
※毎年年会費請求時に付与
海外旅行保険 死亡3,000万円
治療300万円
死亡5,000万円
治療300万円
死亡1億円
治療300万円
特典 空港ラウンジ利用可能
(国内33、海外2)
空港ラウンジ利用可能
(国内33、海外2)
プラチナサービスの利用

MileagePlusセゾンカードの特徴

MileagePlusセゾンカードの最大の特徴は、クレジットカードの決済で、ユナイテッド航空(UA)のマイルを直接貯められるところにあります。

ユナイテッド航空(UA)のマイルの有効期限は「無期限」です。

MileagePlusセゾンカードの種類

MileagePlusセゾンカードには

  • 3つのグレード
  • 3つの国際ブランド

があります。

カードを選ぶ上で一番気をつけなければならないのは、

  • マイル還元率
  • 獲得マイルの上限

に違いがあることです。

MileagePlusセゾンカード MileagePlusセゾンゴールドカード MileagePlusセゾンプラチナカード
国際ブランド VISA/Mastercard/
American Exispress
VISA/Mastercard/
American Exispress
VISA/American Exispress
年会費 1,500円(税抜) 20,000円(税抜) 50,000円(税抜)
家族会員年会費 なし 5,000円(税抜) 9,000円(税抜)
ショッピングマイル 100円につき5マイル 100円につき15マイル 100円につき15マイル
マイルアップメンバーズ ※追加年会費5,000円(税抜)のオプションサービス
※利用時1,000円につき15マイル
※年度(毎年3月4日〜翌年2月4日引き落とし分)30,000マイルを超えた場合、超えた分のご利用は1,000円につき5マイルとなります。
なし なし

「プラチナ」と「ゴールド」の場合、1,000円のクレジットカード決済ごとに15マイルを貯めることができます。

つまり、マイル還元率1.5%で、数あるマイル系のクレジットカードの中でも高還元率のカードです。

MileagePlusセゾンカードのオススメは一般カード

一方で、「一般カード」だけは、通常のマイル還元率が0.5%と大きく劣ります。

ただし、「一般カード」限定のオプションプラン「マイルアップメンバーズ(年会費5,000円)」登録でマイル還元率1.5%になり、ゴールドカード、プラチナカードと同等の還元率にすることができます。

年会費+マイルアップメンバーズ登録の費用を合計しても6,500円(税抜)なので、コストを抑えて効率よくユナイテッド航空のマイルを貯めたい場合にはオススメです。

>>「MileagePlusセゾンのマイルアップ上限(3万マイル)がカード選びの基準になる理由」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

MileagePlusセゾンのマイルアップ上限(3万マイル)がカード選びの基準になる理由
この記事では、MileagePlusセゾンカード(一般カード)のマイルアップメンバーズの年間獲得上限とプラン詳細について解説しています。

なお、マイルアップメンバーズは年間登録期間が区切られているため、コストを抑えながら最大限にマイルを貯めたい場合には、「いつ登録すれば損しないのか」を考える必要があります。

>>「マイルアップメンバーズ適用開始はいつから?損しない登録タイミングがあった!」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

404 NOT FOUND | マイルの教室

MileagePlusセゾンカードで貯めたマイルはANA国内線特典航空券の利用がお得

MileagePlusセゾンカードで貯めたマイルは、ユナイテッド航空(UA)の特典航空券はもちろん、同じスターアライアンス所属のANAの特典航空券にも利用できます。

特に、ANA国内線特典航空券での利用は、本家ANAマイルで発券するよりもお得なので、オススメです。

コロナ時代で海外旅行がしにくい現在の状況では、ユナイテッド航空の国際線よりも、ANA国内線の方が利用頻度が高まっているのでなおさら価値が高くなります。

東京発の特典航空券に必要なマイル数を、ANAの特典航空券と比べてみると以下のようになります。

航空会社

目的地:福岡

目的地:札幌

目的地:沖縄

ユナイテッド(シーズン関係なし)

5,500マイル

5,500マイル

9,000マイル

ANA(ローシーズン)

6,000マイル

6,000マイル

7,000マイル

ANA(レギュラーシーズン)

7,500マイル

7,500マイル

9,000マイル

ANA(ハイシーズン)

9,000マイル

9,000マイル

10,500マイル

上記以外にも、

<5,000マイルから発行可能な路線の例>

  • 羽田-福岡
  • 羽田-新千歳
  • 伊丹-那覇
  • 福岡-那覇
  • 名古屋-新千歳

MileagePlusセゾンカードは海外旅行保険が高額

MileagePlusセゾンカードは、海外旅行保険が高額です。

担保内容 最高補償金額
死亡・後遺障害 3,000万円
傷害治療 300万円
疾病治療 300万円
携行品損害 年間30万円限度(1品あたり10万円限度)
賠償責任 2,000万円
救援者費用 300万円

一番年会費の安い「一般カード」で、国際ブランドとして「アメリカン・エキスレス」を選んだ場合でも、最も重要な最も重要な「傷害治療300万円」「疾病治療300万円」が自動付帯してきます。

たったの年会費1,500円(税抜)で、安心を買うことができます。

さらに海外旅行保険をさらに強化したい場合には、エポスカードがオススメです。

エポスカードなら、

  1. 年会費が永年無料であること
  2. 海外旅行保険に「傷害治療200万円」「疾病治療270万円」を無料・自動で上乗せできること
  3. 年間に50万円以上の利用で、年会費無料のままエ「ポスゴールド」を保有できる(自動の海外旅行保険が「傷害治療300万円」「疾病治療300万円」にアップグレード)

というメリットがあります。

>>「旅行好きがエポスカードを持たないと損する3つの理由」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

旅行好きがエポスカードを持たないと損する3つの理由
この記事では、旅行好きがエポスカードを持たないと損する3つの理由について紹介しています。

ユナイテッド航空のマイルを貯める9つのメリット

MileagePlusセゾンカードはユナイテッド航空のマイレージプログラム「MileagePlus」のマイルが貯まります。

ユナイテッド航空のマイレージプログラムには、日系のANAやJALにはないメリットが数多くあります。

ユナイテッド航空は世界有数の就航路線を持ち、ANAを含む様々な航空会社の海外便をよく利用する方におすすめの航空会社です。

利用する航空会社を一本化することでマイルが貯めやすくなるため、「次回のフライトは憧れのファーストクラスで」ということも夢ではなくなります。

また、ユナイテッド航空は日本からのアメリカ便の中では、搭乗料金が最安値になることが少なくありません。

日本の航空会社と比べると、数万円もの料金差になることが多々あり、リーズナブルな料金でアメリカに行きたい人にはうってつけの航空会社です。

なお、サービスのレベルは全般的に高くありませんが、安全性においては非常に厳しいルールが設けられています。

ただし、特典航空券の取得争いが熾烈な上に変更に対するペナルティも厳しいので、早めに計画を立ててその通りに動ける方向けの航空会社です。

ユナイテッド航空のマイルを貯めるメリットは以下の9つです。

1.特典航空券は国内線・国際線ともに片道から交換可能

片道ずつの予約が可能で、かつ「搭乗クラス」が自由に選べるため、往路と復路で別のクラスを予約するという楽しみ方ができ、非常に使い勝手が良いという特徴があります。

ANAマイルの場合、「国際線の特典航空券」は片道だけの予約ができません。

往路と復路で別の航空会社を使ったり、片道だけを有償航空券にしたりと、自由度が低いのが難点です。

一方、MileagePlusの場合、ANA国際線特典航空券の「片道予約」にも対応しています。

さらに、ANAだけでなくスターアライアンスに加盟の提携航空会社すべてに当てはまり、3区間以上の周遊旅行をお考えの方はマイレージプラスを上手く活用すると最高の旅行を実現できます。

なお、提携航空会社の特典航空券に必要なマイル数の一覧表は公開されていません。

シーズンや空席状況などさまざまな要因によって変動します。

2.ANAマイルよりもお得に国内線特典航空券に交換できる

ANA国内線、つまりはスターアライアンスで提携するANAの提携国内便をANAマイルよりも安く利用することができます。

ですので、ANAの国内線の利用頻度が高い方にもおすすめです。

  • ユナイテッド航空の必要マイル数:日本国内線の場合、概ね片道5,500マイル・往復11,000マイルから交換可能(時期やフライトの混雑状況により変動あり)
  • 国内の航空会社の必要マイル数:6,000マイル〜特典航空券の交換可能な場合が多い

MileagePlusをANA国内線の搭乗に使う場合、

  • 800マイル以下の路線:片道5,500マイル
  • 800マイル以上の路線:片道9,000マイル

で発券可能です。

ちなみに、東京発着路線では、800マイルを超えるのは沖縄(那覇・宮古・石垣)だけです。

東京発の特典航空券に必要なマイル数を、ANAの特典航空券と比べてみると以下のようになります。

航空会社

目的地:福岡

目的地:札幌

目的地:沖縄

ユナイテッド(シーズン関係なし)

5,500マイル

5,500マイル

9,000マイル

ANA(ローシーズン)

6000マイル

6000マイル

7000マイル

ANA(レギュラーシーズン)

7500マイル

7500マイル

9000マイル

ANA(ハイシーズン)

9000マイル

9000マイル

10500マイル

上記以外にも、

<5,000マイルから発行可能な路線の例>

  • 羽田-福岡
  • 羽田-新千歳
  • 伊丹-那覇
  • 福岡-那覇
  • 名古屋-新千歳

また、MileagePlusでは、ANA国内線の繁忙期の人気路線を予約するのに非常に有利です。

なぜなら、特典航空券の予約にブラックアウト期間がなく、搭乗日の337日前から可能だからです。

ANAの国内線特典航空券を予約する場合、MileagePlus会員はANAマイレージクラブの予約開始時期(搭乗日の2ヶ月前)に先駆けて、337日前から予約することができるのです。

国内旅行が好きな方だけでなく、お盆やお正月に実家に帰省する際に飛行機を使われる方などには非常に魅力的なプログラムです。

3.選択できる航空会社が多い

ユニテッド航空は、スターアライアンスの航空会社をよく利用するという方にメリットがあります。

スターアライアンスのメリットは、なんと言ってもその規模で、日本発着路線も豊富に利用することが可能です。

<スターアライアンスのメリット>

  • 地方空港出発の人へのサポートがある
  • アジア(シンガポール航空・中国国際航空など)・欧州の就航路線が多くある

また、自分の貯めているマイレージプログラムの航空会社と提携する航空会社を利用すると、提携航空会社のフライトでも、自分が貯めているマイルを貯めることができます

<同一の航空アライアンスを利用することの最大のメリット>

  • 普段と違う航空会社を利用する際にも、マイルを分散させることなくひとつのマイルに集中してマイルを貯めることができるという効率性

ユナイテッド航空の運航便利用はもちろん、ANAなどのスターアライアンス加盟航空会社の利用でもユナイテッド航空のマイレージプラスのマイルを貯めることができます。

また、貯めたマイルを使う場合にも、

  • ANA便の国内線
  • ユナイテッド航空便の国際線
  • スターアライアンス便の国際線

と幅広い選択肢があります。

全般的に国内線はユナイテッド航空、国際線はANAの方が必要マイル数は少ない傾向にあります。

4.北米旅行に有利!少ないマイルで特典航空券の交換が可能

マイルを航空券に交換する場合、同じ行き先でも航空会社によって必要なマイル数が異なります。

スターアライアンス加盟の大手航空会社と比較すると、ユナイテッド航空の場合、特典航空券との交換に必要マイル数が比較的少なく、特に北米路線は非常に有利になっています。

東南アジア

オセアニア

北米

ヨーロッパ

マイレージプラス
(ユナイテッド航空)

20,000

30,000

35,000

45,000

ANAマイレージクラブ

30,000
~35,000

37,000
~50,000

40,000
~55,000

45,000
~60,000

Miles & More
(ルフトハンザ航空)

20,000

30,000

40,000

40,000

クリスフライヤー
(シンガポール航空)

25,000

45,000

54,000

50,000

※ANAは時期により必要マイル数が異なります。

5.提携航空会社利用時の加算率が高い

提携航空会社利用時のマイル加算率 (積算率) も、マイレージプログラムを選ぶ上で重要な要素です。

ユナイテッド航空のマイレージプラスは、提携航空会社利用時の加算率が高いので、毎回異なる航空会社を利用する場合も、効率よくマイルを貯めることができます。

マイル加算率は予約クラスによって異なりますが、マイレージプラスのアドバンテージが大きくなっています。

6.特典航空券で予約した場合の燃油サーチャージがない

マイレージプラスでの特典航空券の交換では、燃油サーチャージの費用がかからないため、ANAマイルで特典航空券を交換するよりもお得になるケースがあります。

7.マイルの有効期限がない

ユナイテッド航空のMileagePlusは、マイルに有効期限がありません。

日本在住者は日系航空会社のマイレージを選択しがちですが、自由度の高さからあえてユナイテッド航空を選択するマイラーも少なくありません。

8.特典航空券は誰でも利用できる

特典航空券を利用する人についても自由度が高いのが魅力です。

  • 自分以外の名義で特典航空券の予約が可能
  • 特典航空券は二親等以上の家族以外にも予約が可能

特に家族や友人と一緒に旅行する機会が多い場合には、クレジットカードの年会費の元はすぐにペイできるほど航空券を節約できます。

9.マイルが購入できる

特典航空券の交換に足りない分のマイルを購入することができます。

あともうちょっとで発券できるのに、という悩みを解決できます。

ANAやJALにはない使い勝手の良さです。

デメリットもある

マイレージプラスには以下のようなデメリットもあります。

  • 特典航空券が少なく、ライバルも多い
  • 特典航空券の取得が場合によって必要なマイル数が増える

マイレージプラスでは、特典航空券に割り当てられる座席数が少ない上、世界的に人気の高い航空会社のプログラムだけに、特典航空券の競争率が非常に高くなっています。

日本人同士だけの戦いではないため、特典航空券の入手が困難になることがあります。

まとめ

MileagePlusセゾンカードには、不定期で初年度年会費無料のシークレットキャンペーンがあります。

しかし現在、MileagePlusセゾンカードのシークレットキャンペーンは開催されていません。

また、初年度年会費無料のシークレットキャンペーンが無い場合に次の初年度年会費無料のキャンペーンを待つのは、あまり得策ではないかもしれません。

なぜなら、待っている間の「機会損失」を考える必要があるからです。

キャンペーンを待っている間にも、本来ならば貰えていたかもしれないショッピングマイルがムダになってしまう可能性があるからです。
メール講座:飛行機代が一生無料になるブログ運営方法

「飛行機代が一生無料になる」
そう聞いてどんなイメージを持つでしょうか?
 
・家族みんなをハワイ旅行に連れて行きたい

LCCではなく一流の航空会社でラグジュアリーな移動時間を楽しみたい

・憧れのヨーロッパへ一人旅をしてみたい

・ビジネスクラスで世界一周をしてみたい

・出張で月に何度も乗るエコノミークラスをビジネスクラスに変えたい

そう考えた時にまず第一に思い浮かぶのが、
「飛行機代」「ホテル代」「レストラン代」の、
いわゆる「旅の三大費用」をどう捻出するか、です。
 
ただ、
旅の予算は決まっています。
おおよそ、限られた予算の中で
この三大費用をやりくりしながら、
なんとか目的地へたどり着き、
返ってくるというのが
いつものパターンかと思います。
 
しかし、
節約を前提に計画された旅行は、
果たして心から満足できるものなのでしょうか。
果たして遠足前夜のように
心からワクワクできるものなのでしょうか。
いつもの日常から離れて、
普段とは違ったや空間や時間や体験で心を満たすのが、
本来の旅行の目的なのだと思います。
それを、
節約を前提に計画してしまってはもったいない。
 
そんな時に、マイルがあれば
節約どころか、今までよりもワンランク上の
上質な旅を無料で楽しむことが可能になります。

エコノミーからビジネスクラスに。

国内から海外旅行に。

ビジネスホテルからラグジュアリーなホテルに。
 
爆発的にマイルを貯める方法は無限にあります。

・クレジットカードの入会キャンペーンや決済で貯める方法

・飛行機に乗って貯める方法
・ポイントサイトから交換する方法

などが代表的な方法として思い浮かぶかもしれません。
しかし、さらにその中でも
「無料で」「継続的に」貯められる方法となると、
ごく限られています。
 
当サイトが採用している方法は、
一時的でなく年間を通じて安定的に、
しかも日常生活の中でほとんど出費をすることなく、
ほぼほったらかしで
たくさんのマイルを獲得する方法です。
これにより、年に数回、
ヨーロッパや北米などの長距離路線を
ビジネスやファーストクラスで移動することが
視野に入ってきます。
 
当メール講座では、ブログ運営を通じて
長期的・安定的にたくさんのマイルを獲得するための、
いわゆる“勘所”をお伝えしています。

クレジットカード
samiritireをフォローする
マイルの教室
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
タイトルとURLをコピーしました