激安で欧州ビジネスクラス!ルフトハンザ航空6つのマイルの貯め方と爆発的にマイルが貯まるオススメのクレジットカード3選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ルフトハンザ航空のマイルを使った特典航空券を利用することで、激安でヨーロッパの往復旅行が実現できてしまいます。

この記事では、ルフトハンザ航空のMiles & More (マイルズ & モア)のマイルを貯める6つの方法と、爆発的にマイルが貯まるオススメのクレジットカード3つを紹介しています。

目次

マイルでヨーロッパビジネスクラス往復がたったの7万マイルから!ルフトハンザ航空を利用する最大のメリットとは?

マイルを使ってヨーロッパへのビジネスクラス往復の旅は、陸マイラーの一つの夢でもあります。

そのために必要なマイル数は通常の場合、少なくとも、8〜9万マイルになります。

マイレージによっては、アジア方面への必要マイル数が少なくても、ヨーロッパへのビジネスクラス必要マイル数は、10〜12万マイル以上する場合もあります。

そんな中、マイルを使ってヨーロッパへ行きたい場合に、おすすめの特典航空券があります。

それは、「ルフトハンザ航空のマイルを使った、ヨーロッパ行きのビジネスクラス・特典航空券」です。

通年ではなく、期間限定にはなりますが、ルフトハンザ航空のマイレージを利用することで、日本~ヨーロッパ間のビジネスクラスを、たったの7万マイルで往復することが可能になります。(通常は135,000マイル必要)。

一部航空会社のマイレージでは、エコノミークラスでヨーロッパへ飛ぶだけで7万マイル以上必要になるので、7万マイルでビジネスクラスに乗れるのは大変お得であることがわかります。

ANAマイルでなくルフトハンザ航空のマイルを貯める理由とは?

マイルを使って、ビジネスクラスでヨーロッパへ飛ぶ場合、少ない必要マイル数で知られているのがANAマイルです。

<ANAマイルの特徴>

自社便利用でローシーズンの場合、ビジネスクラスの必要マイル数が、他社マイルと比べて少ない

ANAマイルを使って、ANA路線のビジネスクラスで、ヨーロッパへ行く場合の必要マイル数

シーズン 必要マイル数
ローシーズン 80,000
レギュラーシーズン 90,000
ハイシーズン 95,000

ローシーズンに限ると、日本~ヨーロッパ間のビジネスクラス往復が、8万マイルで実現できます。

しかし、ANAマイルにも欠点があります。

<ANAマイルのデメリット>

ANAの路線に限定されるので、ANAが就航している都市にしか飛べない

ANAの就航都市:パリ、ロンドン、フランクフルト、ブリュッセルなどに限定

ということがあります。

ところが、ルフトハンザ航空のマイレージで、7万マイルで日本~ヨーロッパ間をビジネスクラスで飛ぶ場合、基本的には、ヨーロッパ内の60以上の都市が対象になります。

<ルフトハンザ航空のメリット>

ヨーロッパ60都市以上で7万マイルのビジネスクラス往復が可能

ビジネスクラス往復が7万マイルになるの期間と予約方法

ルフトハンザ航空のマイレージ「マイルズ&モア」で、7万マイルだけのビジネスクラス往復が可能になるのは、通年ではなく、1年間のうち、決められた数か月間(合計すると約半年間)になります。

<7万マイルのビジネスクラス往復が可能な期間>

・2~3月
・5~6月
・9~10月
・11~12月 など

※年に3~4回実施されることが多いです。

※期間は毎年変わります。

7万マイルでビジネスクラスの特典航空券を予約する方法は、オンライン限定となり、専用のキャンペーンページ経由で予約する必要があります。

マイルズ&モアのコールセンターに電話して予約すると、通常の多めの必要マイル数が適用されてしまいます。

<予約方法>

オンライン限定。専用のキャンペーンページ経由で予約。

マイレージ・バーゲン

エコノミークラス往復が4万マイルで予約できる期間もあり、

・エコノミークラスの4万マイルだけが対象の期間

・ビジネスクラスの7万マイルだけが対象の期間

・両方が対象の期間

と、3つのパターンがあります。

ルフトハンザ航空とは

ルフトハンザ航空はフランクフルトとミュンヘンを拠点とするドイツのフラッグキャリアです。

世界79カ国、194都市あまりのネットワークを持ち、乗り継ぎの便利さをはじめとして、世界で最も人気の高いエアラインです。

コーポレートカラーの紺を基調とし、グレーと黄色しか使わないシックなデザインの機内はまるでインテリアのよう。

また、ルフトハンザ航空は日本では東京(羽田・成田)、大阪、名古屋に就航しています。

日本を発着する全ての路線において日本人CAが搭乗しているので安心感もあり、そのサービスの質の高さから、欧州への渡航エアラインとして利用する人も多いでしょう。

本拠地のフランクフルトやミュンヘンのルフトハンザ航空のラウンジは、日本のANAラウンジと比べても規模が大きく、まるで高級ホテルのラウンジのよう。

提供される食事も豪華なものが多くなっています。

ルフトハンザ航空のマイレージ「Miles & More(マイルズ・アンド・モア)」の特徴

ルフトハンザ航空のマイレージプログラムは「Miles & More (マイルズ & モア)」です。

搭乗ごとにマイルが加算され、一定のマイルに達すると無料航空券などのアワード(特典)を受けられるシステムです。

このマイレージプログラムは、パートナー(提携の航空会社やホテル、レンタカー会社など)会社を利用してもマイルを加算できることになっています。

会員になれるのは2歳以上の方で、入会金・年会費は不要です。

オンライン入会のほか、空港カウンターや機内でも申し込み可能で、書類郵送での入会も可能となっています。

マイルの加算方法は原則として、エコノミークラスは飛行距離および予約クラスに応じて50~150%または最低125マイル、ビジネスクラスは200%、ファーストクラスは300%となっています。

オンライン入会ページはこちら

Miles & More の4つのメリット

このマイレージプログラムは、ルフトハンザドイツ航空の他、オーストリア航空、LOTポーランド航空、アドリア航空、スイスインターナショナルエアラインズも採用していて、以下のような4つのメリットがあります。

1.ANA便でマイル加算・使用ができる

2.ファースト300%・ビジネス200%と加算率がかなり高め

3.対象のクレジットカードを毎月使えば、マイルの有効期限なし

4.ヨーロッパ系中規模エアラインとの提携が多い

※「3.対象のクレジットカードを毎月使えば、マイルの有効期限なし」に関しては、通常の有効期限は3年ですがMiles & More MUFGカードを持っている場合になります。

また、Miles & Moreの上級会員になることでも、マイルを無期限にできます。

マイレージ提携エアライン一覧

マイルズ&モアの会員は、以下の航空会社便でマイルを獲得・使用できます。

1.スターアライアンス加盟の提携航空会社
航空会社名 マイル獲得 マイル使用 上級会員資格用のマイル
ルフトハンザ航空
ANA
アドリア航空
エーゲ航空
エアカナダ
中国国際航空
エアインディア
ニュージーランド航空
アシアナ航空
オーストリア航空
アビアンカ航空
ブリュッセル航空
コパ航空
クロアチア航空
エジプト航空
エチオピア航空
エバー航空
LOTポーランド航空
スカンジナビア航空
深セン航空
シンガポール航空
南アフリカ航空
スイス航空
TAPポルトガル航空
タイ国際航空
トルコ航空
ユナイテッド航空
2.ワンワールド加盟の提携航空会社
TAMブラジル航空 ×
3.その他提携航空会社
エアーアスタナ ×
エアドロミティ
マルタ航空 ×
コンドール航空 ×
ユーロウイングス ×
ジェットエアウェイズ ×
ルクスエア ×

提携ホテル一覧

・ベストウエスタン ホテルズ
・ヒルトン
・ハイアット ホテルズ&リゾーツ
・インサイドプレミアムホテルズ
・インターコンチネンタル ホテルズ グループ
・ジュメイラ、ケンピンスキー ホテルズ
・マンダリンオリエンタル ホテルグループ
・マリオット インターナショナル
・モーベンピック ホテルズ、NHホテルズ
・オービス ホテルグループ
・ラマダワールドワイド
・シャングリラ ホテル ホテルズ&リゾーツ
・ソフィテル ラグジュアリーホテルズ
・スターウッド
・スイソテル ホテルズ&リゾーツ
・ザ・リーディングホテルズ オブ ザ ワールド
・ワールドホテルズ

各航空会社のマイルを貯める前に抑えておくべき3つの前提とは

マイルを貯める主な目的は、おそらく特典航空券で無料で空の旅を楽しむことでしょう。

確かに、大量のマイルがあった方が快適で優雅な空の移動を早く実現することができますね。

でも、一概に「マイルを貯めるならどこでもなんでもいい」というわけではありません。

気をつけないと、せっかく貯めたマイルも役に立たなかった、なんてこともありえます。

時間と労力をかけて貯めたマイルを確実に、しかもお得に使いこなすためにも、以下の3つの点に留意してマイルを貯め始めましょう。

1.分散させずに同じ航空会社のマイルに集中して貯める

世界には数え切れないくらいのエアラインがあり、それぞれが独自のマイレージプログラムを運営しています。

各エアラインのマイレージプログラムによって、マイルの積算率・有効期限・特典航空券への必要マイル数などが異なります。

あまりにたくさんの航空会社のマイルに分散し過ぎるとなかなか貯まらないことになります。

そのため、特典航空券の交換に必要なだけの十分なマイル数がたまらずに結局使えない、などという本末転倒なことが起こってしまいます。

また、そうこうしているうちに有効期限が切れてしまうことにも繋がりかねません。

できるだけ、同じエアラインのマイルに集中して貯める方が効率的です。

2.頻繁に利用する航空会社、もしくはそれと提携しているマイレージプログラムを選んでマイルを貯める

フィライト便に搭乗してマイルを貯める場合に気をつけたいのが、フライトマイルをどの航空会社に貯めるのか、という点です。

この時マイルを貯めるのは、必ずしも搭乗するフライト便を運行するエアラインである必要はなく、できるだけ頻繁に利用する提携航空会社のマイルを選んで貯めるのがオススメです。

そうすることでマイルを貯める航空会社が分散されずに済みます。

3.特典航空券の交換までに必要なマイル数が少ない航空会社を選んでマイルを貯める

特に海外旅行をする時に気をつけたいのが、同じ出発地と目的地の空港への路線でも、複数のエアラインによるフライト便が運行されている場合があります。

また、コードシェア便の場合、同じ出発地と目的地であったとしても、その区間の特典航空券に必要なマイル数は航空会社によって異なるものです。

さらには、ファーストクラス・ビジネスクラスに乗るために必要なマイル数も、どの航空会社のマイレージを選ぶかによっては数万マイルもの差がある場合もあります。

この時に、できるだけ少ないマイル数で乗れる航空会社を選ぶことが重要です。

そうすれば、常に少ないマイル数で済み、マイルを効率よく使うことができるということになるからです。

この違いを事前にリサーチしておくことで、あなたの夢の実現が早まります。

陸マイラーにとっての選考ポイント

陸マイラーがマイレージプログラムを選ぶ上で重視すべき、3つのポイントを紹介します。

1.期限が無期限であるか?

2.貯まったマイルが簡単に無料航空券に交換できるか?

3.クレジットカードのポイントが効率良く貯まるか?

これらのポイントを意識するのとしないのとでは、マイルの貯まるスピードに大きな差が生じることになります。

一見すると些細なことに思えますが、効率よくマイルを貯めるためにはぜひ確認しておきたいものですね。

1.期限が無期限であるか?

通常、マイレージプログラムには有効期限があります。

例えば、日本人に人気のANAマイレージクラブ、JALマイレージバンクは有効期限が3年となっています。

その間に、必要数のマイルを貯めて、特典航空券に交換しなければなりません。

そうでなければ、せっかく貯めたマイルも期限が切れると無効になります。

その一方で、条件付きで無期限にできるマイレージプログラムもあります。

マイルの期限が無期限になれば、自分のペースで貯めて、好きな時に特典航空券に交換できるので、マイルを使うときの自由度がアップします。

陸マイラーにとって有効期限なしは大事なポイントです。

2.貯まったマイルが簡単に無料航空券に交換できるか?

せっかく貯めたマイルも、特典航空券に交換できなければ意味がありません。

航空会社や時期によっては、お目当の特典航空券に交換できないこともあります。

マイルを特典航空券に交換しやすいかどうかも大事な選考ポイントです。

3.クレジットカードのポイントが効率良く貯まるか?

陸マイラーがマイルを貯める方法の一つとして、クレジットカードのポイント還元率があります。

日々の生活でよく利用する分野なので、できるだけお得な還元率や交換率のクレジットカードを利用したいものです。

クレジットカードのポイントの貯まりやすさは、特典航空券を獲得できるスピードにも大きく影響する部分です。

空・陸マイラー別!ルフトハンザ航空のマイルを貯める6つの方法とは?

ここからはいよいよ、ルフトハンザ航空のマイルを貯める6つの方法を紹介していきます。

空マイラー・陸マイラーでオススメの方法が違いますので、あなたに合った方法でマイルを貯めて、快適なシートでのヨーロッパ旅行を実現できたらいいですね。

1.ルフトハンザドイツ航空のフライト便に搭乗してMiles & Moreにマイルを貯める方法(空マイラー)

まずは、ルフトハンザドイツ航空のフライト便に搭乗してMiles & Moreにマイルを貯める方法です。

これは、度々飛行機に乗る機会がある空マイラーにオススメの方法です。

ただし、自社のマイルにも関わらずマイルの積算率は比較的小さめです。

ルフトハンザドイツ航空のフライトマイル加算率

ルフトハンザ航空のフライトマイル加算率は少し複雑です。

アワードマイル

アワードマイルの加算については予約チャネルが基準となります。

<航空運賃を基準にした加算方法>

アワードマイル = 航空運賃 x 4(マイレージプログラムのステータス所有者は x 6)

ステータスマイル/予約クラスに基づいたシステム

ヨーロッパ以外の世界各地のフライトでは、区間マイル数(飛行距離)に対して予約クラスに応じた加算率が設定されています。

ドイツ国内線 / ヨーロッパ内国内線

搭乗クラス 予約クラス マイル
ビジネスクラス C、D、J 1,500
ビジネスクラス Z 1,000
ビジネスクラス P 500
エコノミークラス B、Y 1,000
エコノミークラス H、M、U 500
エコノミークラス Q、S、V、W 250
エコノミークラス K、L、T 125

ヨーロッパ内国際線

搭乗クラス 予約クラス マイル
ビジネスクラス C、D、J 2,000
ビジネスクラス Z 1,250
ビジネスクラス P 750
エコノミークラス B、M、Y 1,250
エコノミークラス H、Q、U、V 750
エコノミークラス S、W 500
エコノミークラス K、L、T 125

ヨーロッパ外の地域発着便ならびにヨーロッパ外の地域間を結ぶフライト

搭乗クラス 予約クラス マイル
ファーストクラス A、F 3.0 x 飛行距離。最低獲得1,500マイル
ビジネスクラス C、D、J 2.0 x 飛行距離。最低獲得1,000マイル
ビジネスクラス Z 1.5 x 飛行距離。最低獲得750マイル
ビジネスクラス P 1.0 x 飛行距離。最低獲得500マイル
プレミアムエコノミークラス E、G 1.5 x 飛行距離。最低獲得750マイル
プレミアムエコノミークラス N 1.0 x 飛行距離。最低獲得500マイル
エコノミークラス B、Y 1.5 x 飛行距離。最低獲得750マイル
エコノミークラス H、M、U 1.0 x 飛行距離。最低獲得500マイル
エコノミークラス Q、S、V、W 0.5 x 飛行距離。最低獲得250マイル
エコノミークラス K, L, T 0.25 x飛行距離。最低獲得250マイル

Miles & More – Lufthansa: フライトでマイルを獲得

以上のように紹介してきましたが、正直言って、何度もルフトハンザ航空に乗らない場合にはANAを貯めることをおすすめします。

2.ルフトハンザドイツ航空のフライト便に搭乗して提携航空会社のマイレージにマイルを貯める(空マイラー)

次は、ルフトハンザドイツ航空のフライト便に搭乗して提携航空会社のマイレージにマイルを貯める方法を紹介します。

こちらの方法も空マイラー向けの方法となります

ルフトハンザ航空に搭乗してANAマイルを貯める(オススメ!)

ルフトハンザ航空はスターアライアンスに加盟している航空会社です。

ですので、ルフトハンザ航空のマイレージプログラム マイルズ&モア(Miles & More)にマイルを貯めることができるのは当然ですが、ANAやマイレージプラスのマイルや上級会員のポイントを貯めることもできます。

毎回、ルフトハンザ航空に乗る予定がなく、他にスターアライアンスで貯めているマイレージプログラムがないのであれば、日系のANAのマイルを貯めることをおすすめします。

ルフトハンザ航空とANAマイルの積算率は購入した航空券のクラスによって変わってきます。

ファーストクラス
普通運賃
予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
F, A 150%
ビジネスクラス

普通運賃

予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
J 150%

普通運賃、割引運賃

予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
C, D, Z 125%

割引運賃

予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
P 70%
プレミアムエコノミー

普通運賃

予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
G, E 100%

割引運賃

予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
N 100%
エコノミークラス

普通運賃

予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
Y, B, M 100%

キャリアペックス運賃

予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
U, H, Q 70%

割引運賃

予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
V, W, S 50%
L, K, T 30%

積算率は予約クラスによって細かく異なります。

詳細はANA公式ページのルフトハンザドイツ航空で確認するのが良いでしょう。

3.ルフトハンザドイツ航空のフライト便に搭乗して提携航空会社のマイレージプラスを貯める(空マイラー)

ルフトハンザドイツ航空のフライト便に搭乗して提携航空会社のマイレージプラスを貯める方法です。

united.com、ユナイテッドお客様相談センター(ユナイテッド・グループ、ユナイテッド・ミーティング、プレミアデスクなどのユナイテッド航空の専門デスクを含む)へのお電話、空港のユナイテッド航空係員、またはユナイテッド航空発券カウンターを通じて、ユナイテッド航空から直接購入した航空券をお持ちの場合は、運賃およびお客様のマイレージプラスステータスに応じてマイルを進呈いたします。

マイレージプラス加算率

「016」で始まる航空券番号

マイレージプラスステータス 特典マイル
(運賃に基づいて計算)
会員 5 x 運賃
プレミアシルバー 7 x 運賃
プレミアゴールド 8 x 運賃
プレミアプラチナ 9 x 運賃
プレミア1K 11 x 運賃

「016」以外で始まる航空券番号

ご利用クラス ご購入のルフトハンザ航空運賃クラス 特典マイル
(運賃クラスボーナスを含む)
ファースト F、A 200%
ビジネス J、C、D 200%
ビジネスクラス割引運賃 Z 150%
ビジネスクラス大幅割引運賃 P 100%
プレミアムエコノミークラス G、E 150%
プレミアムエコノミー割引運賃 N 100%
エコノミー正規普通運賃 Y、B 150%
エコノミー M、H、U 100%
エコノミークラス割引運賃 Q、V、W、 75%
エコノミークラス大幅割引運賃 S, T, L 50%
エコノミークラス最大割引運賃 K 25%
マイル加算なし I、O、R、X 0%

詳しくは、こちらをご確認ください

4.Miles & Moreを購入する(空・陸マイラー)

実は、マイルズモアではマイルを購入することが可能です。

「あと少しでで特典航空券と交換できるのに」「あと100マイルで、ヨーロッパ旅行にいけるのに」。そんなときには、マイルの購入が非常に便利です。

・最小購入可能マイル数:1,000マイル

・1,000マイル単位での価格設定

・最大購入可能マイル数:年間12,000マイルまで

・マイルはプレゼントすることも可能

購入したアワードマイルは特典航空券や予約クラスのアップグレードに利用できます。

5.提携航空会社のフライト便に搭乗してMiles & Moreにマイルを貯める(空マイラー)

ルフトハンザ航空ででは、スターアライアンス加盟航空会社およびその他の提携航空会社で貯めたフライトマイルをマイルズ & モアに貯めることが可能だ。

ただし、各航空会社を利用した場合の積算率は、

・積算されるマイルの種類
・積算されるマイル数

など、航空会社によってバラバラです。

詳細は、Miles & Moreの公式サイトでフライトで確認しておくのがオススメです。

また、Miles & Moreは、ANAに搭乗すことでもマイルを貯めることができます

ANAでヨーロッパに渡航する場合は全日空フライトマイルを獲得のページの詳細を確認しておくのがよいでしょう。

日本国内線でも、区間マイル数が加算されます。

6.ポイントを提携航空会社のマイルに交換してMiles & Moreで使う(陸マイラー)

飛行機に乗る機会がそれほど多くない陸マイラーにとっては、この方法が一番オススメになります。

例えば、ポイントサイトなどで貯めたポイントをANAマイルなどに交換しておき、ルフトハンザ航空の特典航空券を発券する方法です。

発券ルールの詳細はANA公式サイト参照

ANA:提携航空会社特典航空券

 

【関連記事】

※「ポイントからANAマイルを大量に貯める方法」の詳細に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

>>初心者陸マイラーが知っておきたいポイントサイトからANAマイルへの交換ルートまとめ一覧

初心者陸マイラーが知っておきたいポイントサイトからANAマイルへの交換ルートまとめ一覧(2019年保存版)

 

爆発的にMiles & Moreのマイルが貯まるオススメのクレジットカード3選!

効率的にルフトハンザ航空のマイルを貯めて欧州への旅行を実現するためには、やはりクレジットカードの使いこなしがポイントになります。

1.ルフトハンザドイツ航空・マイルズ&モア会員におすすめのクレジットカード

まずは、ルフトハンザ航空のMiles & More会員にオススメのクレジットカードです。

1-1.スターウッド プリファードゲスト アメリカン エキスプレス カード(SPGアメックス)

ルフトハンザドイツ航空のマイレージプログラム「マイルズ&モア」会員に最もおすすめなのが、アメックスが発行する年会費31,000円(税別)のSPGアメックスです。

その理由は、航空券購入や日常のカード利用において、最も高いレートで「Miles & More」が貯まるカードだからです。

直接ルフトハンザ航空のマイルを貯めるのではなく、SPGのアメックスカードでスターポイントを貯めそれをマイルに移行する方法です。

SPGアメックスのマイルの通常の積算率と交換レートは、

・100円の利用でスターポイント1ポイント

・1ポイント=1マイル(100円=1マイル)

となりますが、SPGアメックスの素晴らしい点は、

・20,000ポイントまとめて交換=25,000マイル分の「マイルズ&モア」に交換可能(20000スターポイント交換時にボーナスで25000マイル)

つまり100円→1.25マイル貯まる計算になります。

これほど高レートで例外なくマイルが貯まるのはこのカードしかありません。

また、スターポイントは「マイルズ&モア」以外にも40社以上の航空会社のマイルに移行できるのも魅力です。

日本航空のJALマイレージバンクと全日空ANAマイレージクラブにも同じく100円=最大1.25マイルの高レートで移行できます。

渡航先や予約状況に応じて「マイルズ&モア」以外のマイレージに交換する予定のある場合には、非常に使い勝手の良いポイントプログラムですね。

もうひとつの魅力が、カードに入会すると全世界に5,000軒以上のホテルを展開するスターウッドグループのゴールド会員資格が与えられ、空室状況に応じた無料アップグレードやレイトチェックアウト、宿泊時のボーナスポイントなど様々な豪華特典が利用できることです。

もちろん、ドイツにもウェスティンやル・メリディアン、シェラトンなど30軒のスターウッドグループホテルがあります。

このように、日本国内のスターウッドを含む世界中のホテルで様々な特典を受けられます。

さらには、ゴールド会員になると宿泊時は1米ドル=3ポイントのスターポイントが貯まるので、(1米ドル=100円と仮定すると)宿泊料金をカード払いすれば100円で最大5マイル貯まります。

ショッピングに使うカードも宿泊も、このSPGアメックスを利用することで今まで以上にマイルが貯められます。

ルフトハンザドイツ航空を利用した際は渡航先でスターウッドグループに宿泊し、宿泊で貯めたポイントを「マイルズ&モア」に移行すればたくさん貯まるでしょう。

また、年に1度、無料宿泊券(1部屋2名1泊分)がもらえます。

ドイツや日本国内では宿泊料金が1泊31,000円以上もするホテルが多く、年会費がネックという方でも高級ホテルに泊まる習慣があれば、年会費以上に価値を発揮するカードです。

SPGアメックスの入会は、既存アメックス会員からの紹介プログラム経由での入会が最もお得です。

 

【関連記事】

※「SPGアメックスカードの一番オススメな入会方法とキャンペーン」に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

>>SPGアメックスカードの一番オススメな入会方法とキャンペーン

【2019年4月最新】SPGアメックス入会キャンペーンは紹介で最大8.9万ポイント!審査優遇になる5つの手順

SPGアメックスカードがオススメな理由で重要な点は、貯めたポイントを世界中の航空会社のマイルに交換できる点です。

もし1社のマイルしか貯まらないクレジットカードの場合には、その航空会社のマイレージプログラムで、必要マイル数が高めに設定されても、その高い必要マイル数を使うしかありません

しかし、同じ場所へ飛ぶ場合も、どの航空会社のマイレージを使うかによって、必要マイル数に2~3万マイル以上の差が生じるケースがたくさんあります

SPGアメックスカードのポイントをマイルへ交換できる航空会社一覧

日本の航空会社
ANAマイレージクラブ
JALマイレージバンク
スターアライアンス系
ユナイテッド航空
アシアナ航空
ルフトハンザドイツ航空
トルコ航空
シンガポール航空
タイ国際航空
エアカナダ
中国国際航空
ニュージーランド航空
エーゲ航空
コパ航空
南アフリカ航空
TAPポルトガル航空
ワンワールド系
キャセイパシフィック航空
アメリカン航空
ブリティッシュエアウェイズ
カンタス航空
カタール航空
イベリア航空
LATAM航空
スカイチーム系
デルタ航空
アエロフロートロシア航空
エールフランス航空/KLM
アリタリア航空
大韓航空
中国東方航空
中国南方航空
アエロメヒコ航空
サウジアラビア航空
航空連合に加盟していない航空会社
エミレーツ航空
エティハド航空
ハワイアン航空
海南航空
アラスカ航空
アビアンカ航空
フロンティア航空
ゴル航空
ジェットエアウェイズ
ジェットブルー航空
サウスウエスト航空
ヴァージンアトランティック航空
ヴァージンオーストラリア航空

このように、SPGアメックスカードなら、世界中の30社以上のマイレージプログラムの中から、特典航空券で行きたいところへの必要マイル数が最も少ないところを選んでポイント交換することで、マイル数を毎回節約することができることになります

つまり、SPGアメックスカードでポイントを貯めることで、特典航空券の行き先によって、必要マイル数が一番少ないマイレージを選べるからなのです。

行き先により、航空会社によって必要マイル数が異なるので、一番少ないマイレージプログラムを選べばいいわけです

そうすれば、常に少ないマイル数で済み、マイルを効率よく使うことができるということになるからです。

爆発的にマリオットボンヴォイのポイントを貯める8つの方法とクレジットカード

マリオットボンヴォイのポイントを貯めることのできる方法は数多く存在します。

中でも重要な部分を占めるのは

  • マリオットボンヴォイへの宿泊・利用
  • SPGアメックスの利用

となります。

上記2つの方法を中心として、自身のライフスタイルに合った複数の方法を組み合わせることで、より早く、よりたくさんのポイントを獲得することが可能になります。

重要なのは、「一つの方法に依存しない」ということです。

以下では、爆発的にマリオットボンヴォイのポイント貯める8つの方法とクレジットカードについて紹介しています。

  1. マリオットボンヴォイ参加ホテルの利用でポイントを貯める方法
  2. SPGアメックスのクレジットカードカード利用でポイントを貯める方法
  3. マリオットボンヴォイのポイント購入で貯める方法
  4. マリオットボンヴォイポイント共有(譲渡・受け取り)でポイントを貯める方法
  5. マリオットボンヴォイのお友達紹介でポイントを貯める方法
  6. マリオットボンヴォイに移行可能なクレジットカードのポイント移行で貯める方法
  7. ユナイテッド航空のマイレージプラスからの移行で貯める方法
  8. 国際レンタカーなどの利用でポイントを貯める方法

【関連記事】

※「爆発的にマリオットボンヴォイのポイントを貯める8つの方法とクレジットカード」の詳細に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

>>【保存版】爆発的にマリオットボンヴォイのポイントを貯める8つの方法とクレジットカードまとめ。

【保存版】爆発的にマリオットボンヴォイのポイントを貯める8つの方法とクレジットカードまとめ。

1-2.Miles & More MUFG カード(陸マイラー)

上記で紹介したSPGカードはたくさんマイルが貯まる一方で、31,000円(税抜)とかなり高額な年会費がきになるところです。

そこで、手軽にショッピングでマイルを貯めたい人には、三菱UFJニコスが発行する提携カード、Miles & More MUFG カードがおすすめです。

理由は、

・年会費が5,000円(税別)と比較的安い

・ショッピング100円=1マイルが貯まる

からです。

年会費を考慮すると、カード利用金額や渡航料金が安い人にとってはMiles & More MUFG カードの方がお得な場合もあります。

ライトユーザーはご検討ください。

>>Miles & More MUFG カードの申し込み公式ページ

2.提携航空会社のマイレージ会員におすすめのクレジットカード

次に、ルフトハンザドイツ航空でのフライト機会はあるけど定型航空会社のプログラムに優先してマイルを貯めたい人にオススメのカードです。

2-1.アメリカン エキスプレス スカイトラベラー プレミア カード(空マイラー)

ルフトハンザドイツ航空でのフライト機会はあるけど、以下の提携航空会社15社のプログラムに優先してマイレージ加算したい人におすすめなのが、年会費35,000円(税別)のアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードです。

その理由は、このカードでルフトハンザドイツ航空の航空券を購入すると、最も高いレートで提携航空会社15社のマイルを貯められるからです。

<ルフトハンザ航空の15の提携航空会社一覧>

・ANA
・チャイナエアライン
・デルタ航空
・ヴァージン アトランティック航空
・タイ国際航空
・キャセイパシフィック航空
・シンガポール航空
・ブリティッシュエアウェイズ
・スカンジナビア航空
・アリタリア-イタリア航空
・フィンランド航空
・エティハド航空
・エミレーツ航空

ルフトハンザドイツ航空を含む提携27社の航空会社の航空券を、アメックス スカイトラベラー プレミアカードで購入した場合、

・100円=5ポイント

が貯まります。(その他の一般加盟店でのカード利用は100=1ポイント)

貯めたポイントは提携航空会社15社のマイレージに1ポイント=1マイルのレートで移行できます。

つまり、以下の通り、フライトで他のカードよりも高いレートでマイルが貯められます。

・アメックス スカイトラベラー プレミアカード提携27社の航空券購入:100円=5マイル

対象航空会社28社>

スターアライアンス:ANA、アシアナ航空、エバー航空、オーストリア航空、シンガポール航空。スイスインターナショナルエアラインズ、スカンジナビア航空、タイ国際航空、ルフトハンザドイツ航空

ワンワールド:JAL、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ

スカイチーム:デルタ航空、アリタリア-イタリア航空、エールフランス航空、エアタヒチ ヌイ、ガルーダ・インドネシア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、チャイナエアライン

なし:ヴァージン・アトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空、スターフライヤー、フィリピン航空、エア タヒチ ヌイ、バニラエア

2015年6月からは、フライング・ブルー(エールフランス航空・KLMオランダ航空)、カタール航空プリヴィレッジクラブが追加されました。

アメックス スカイトラベラー プレミアカードの入会は、既存アメックス会員からの紹介プログラム経由での入会が最もお得です。

 

【関連記事】

※「アメックス スカイトラベラー プレミアカードの一番オススメな入会方法とキャンペーン」に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

>>アメックス スカイトラベラー プレミアカードの一番オススメな入会方法とキャンペーン

【2019年4月最新】アメックス スカイトラベラー プレミアの入会キャンペーンは紹介プログラムが一番お得!一撃で最大21,500ポイント貯める2つの手順

 

【関連記事】

※「アメックス スカイトラベラー プレミアカードの申し込み方法と手順」に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

>>【完全図解】最短アメックス スカイトラベラー プレミアの最もお得な申し込み方法と審査落ちしない作り方/審査日数・基準〜発行まで

【完全図解】最短アメックス スカイトラベラー プレミアの最もお得な申し込み方法と審査落ちしない作り方/審査日数・基準〜発行まで

「マイルズ&モア」会員でない人や、他のマイレージを貯めたい人には、ルフトハンザドイツ航空のフライトをうまく利用してたくさんマイルを貯められます。

2-2.ANA VISA ワイドゴールドカード

3つ目は、提携航空会社のマイレージが貯まるクレジットカードです。

「マイルズ&モア」会員でなくても、ルフトハンザドイツ航空でのフライトマイルはANAを含むスターアライアンス加盟会社をはじめ、提携航空会社のプログラムでマイレージ加算することができます。

加算されたマイレージは、ルフトハンザドイツ航空を含む提携航空会社の特典航空券やアップグレード特典に交換できます。

つまり、「マイルズ&モア」会員でなくとも、すでに登録している提携航空会社のマイレージに加算すればフライトマイルを無駄にしません。

提携航空会社中ですでにマイレージ会員だったり、入会予定の航空会社があればマイレージ加算を検討してみましょう。

スターアライアンスとANA

スターアライアンスの中でも、ANAは、海外と国内の両方の航空路線を利用でき、クレジットカードのボーナスマイルや入会キャンペーン、電子マネー利用でのマイル付与等、提携サービスも多いことから、スターアライアンス・マイラーにおすすめの航空会社です。

特に、特典航空券の必要マイル数は、日本国内から出発する場合、ANA便でもスターアライアンスの他の航空会社の便であっても、有利なレートで交換できる場合が多くなります。

成田~ニューヨーク間の特典航空券必要マイル数(往復)

ANA 60,000マイル(ANA便は55,000マイル)
エア カナダ 75,000マイル
ルフトハンザ航空 80,000マイル
ユナイテッド航空 65,000~130,000マイル

また、座席のアップグレードについては、ANA便・スターアライアンス他社便を問わず12,000マイルから利用可能。

さらに、スターアライアンス加盟航空会社の便を利用したときにANAのマイルカードを提示し忘れた場合でも、搭乗から6か月以内であれば、郵送で事後登録が可能となっており、利便性の高さはトップクラスです。

海外へのフライトだけでなく、国内でのフライト利用が多いという方は、ANAマイレージが第一の選択肢と言えるでしょう。

【関連記事】

※「ANA VISA ワイドゴールドカードの一番オススメな入会方法とキャンペーン」に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

>>ANA VISA ワイドゴールドカードの一番オススメな入会方法とキャンペーン

【2019年4月最新】ANA VISA ワイドゴールドカードの新規入会キャンペーンで最大37,000マイルが貯まる9つの手順

Miles & Moreの4つの会員制度と上級(エリート)会員の特典

ルフトハンザ航空の会員プログラムには、4つのランクがあります。

1.Miles & More会員
2.Frequent traveler会員
3.Senator会員
4.HON Circle 会員

このランクによって、フライトマイルの積算率や受けられるサービスの質が変わってきます。

どうせなら、条件の良いサービスで欧州までの移動を楽しみたいものです。

マイルズ&モア > 上級会員(エリート会員)制度

1.Miles & More会員

Miles & Moreプログラムに入会後、1アワードマイル以上が加算された時点で郵送されます。

入会金・年会費無料。

特典

Miles & Moreパートナーエアラインのフライトを利用する際にマイルが加算。

フライト利用の有無に関わらず、多数のパートナーホテルやレンタカー、その他のパートナーの利用でマイルが加算。

ルフトハンザ、またはスイス便のファーストクラス航空券をお持ちの方のみ、ファーストクラスターミナルの利用。

2.Frequent traveler会員

Miles & Moreの上級会員。

Miles & More会員としてマイルを貯めて、最初に到達するのがフリークエント トラベラー。

条件

1暦年内に35,000ステータスマイル以上を獲得または30区間以上に搭乗

特典

・Businessクラスチェックイン

・世界各地の空港でご搭乗前にBusinessクラスラウンジのご利用

・機内持ち込み手荷物許容量の上乗せ

・特別サービスホットラインのご利用

・獲得したアワードマイルに有効期限なし

・25%のボーナスマイル

3.Senator会員

Miles & Moreの上級会員。

条件

1暦年内に100,000ステータスマイル以上を獲得

特典(フリークエントフライヤーの特典に加えて)

・出発48時間前までにご予約の場合、最上位の予約クラスであれば満席便でも予約を保証。

・キャンセル待ちリストで2番目の優先扱い

・FirstクラスチェックインまたはPremiumチェックイン

・出発前にセネターおよびスターアライアンスゴールドラウンジのご利用

・アップグレードクーポン2枚

・お預け入れ手荷物の優先取り扱い

4.HON Circle 会員

Miles & Moreの最上級会員。

条件

連続する2暦年内に600,000 HON Circleマイルを獲得。

特典(セネターの特典に加えて)

・出発24時間前までにご予約の場合、最上位の予約クラスであれば満席便でも予約を保証

・キャンセル待ちリストで1番目の優先扱い

・HON Circleラウンジ、Firstクラスラウンジ、またはFirstクラスターミナルのご利用

・配偶者・パートナーの方にセネターパートナーカード

・アップグレードクーポン6枚

貯めたMiles & Moreのマイルを使う

ルフトハンザ航空が加盟するスターアライアンスは加盟航空会社数、年間搭乗数で世界最大を誇るグループです。

その就航都市数は1,300以上で、世界中の主要な都市は網羅しているといっていいほど。

そして、Miles & Moreで貯めたマイルは、ルフトハンザ航空およびその傘下の航空会社やスターアライアンス加盟エアラインの特典航空券、予約クラスのアップグレードなどに利用することが可能です

特典航空券に必要なマイル数:フライトアワードの予約に関する全てのインフォメーション

アップグレード:スターアライアンスアップグレードアワード

貯めたマイルをお得に使って、快適な欧州の旅を楽しみましょう。

フライ スマート フライトアワード

出発日の2週間~2営業日前(紙の航空券が必要な場合は4営業日前)までに、オンラインで予約すると、最大50%少ないアワードマイル数で特典航空券を利用できるサービスです。

例えば、ヨーロッパ内路線の往復では、通常30,000マイル必要ですが、この特典を利用することで15,000マイルで交換することができます。

特典航空券は、エコノミークラス(ヨーロッパ内はビジネスクラスも)で利用できることになっています

フライト以外の特典に使う:ホテル、レンタカー、ショッピング

貯めたマイルはフライト特典以外にも利用することができます。

そのカテゴリーは、ホテル、レンタカー、ショッピング&ライフスタイルの分野に渡っています。

Hotel & Car Awards でお目当てのホテルを検索することができます。

利用可能なホテルの中には、ヒルトン、マリオット、ラディソン、ベストウエスタンをはじめ多くの有力ホテルがパートナーとして提携しています。

また、レンタカーも同様に目的地と日付から検索することができます。

エイビス、バジェット、ヨーロッパカー、シクストなどのパートナーが提携しています。

フランクフルト空港でスパを楽しむ

ファーストクラス、HON Circle会員限定となりますが、「SPA around the World」を楽しむことができます。

バボールとの協力で実現した、この「ファーストクラス・スパ」は、フランクフルト空港搭乗エリアBのファーストクラスラウンジで7,500マイルから利用できます。

ミュンヘン空港でショッピングを楽しむ

ミュンヘン空港ターミナル2のeurotradeショップにおいて、化粧品、ファッション、高級商品を購入する際にマイルを利用することができます。

このeurotradeショップには、バーバリー、エルメス、ヒューゴ・ボス、などのショップが出店していルノで、オシャレなお土産を買う場合に最適です

ミュンヘン空港でアワードマイルを利用

このサービスは7,500アワードマイルより利用可能となっています。

オンラインチェックインも可能!エコノミーでも楽々チェックイン

ルフトハンザ航空は出発の23時間以内からオンラインチェックインが可能です。

このオンラインチェックインのメリットは、上級会員になっていないもない場合やエコノミークラスの場合でも利用することができることです。

これを利用することで、当日空港でのチェックイン(荷物預け)のときに長蛇の列に並ぶ必要はなくなります。

さらに、オンラインチェックインを利用することで、座席指定を無料にすることができます。(通常、航空券購入時は座席指定は有料)

マイルが家族で合算可能に

ルフトハンザドイツ航空は、家族(大人2名と子供5名まで)でマイルを合算できるようになりました。

家族でヨーロッパに旅行に行った際など、全員分のマイルを合算することができれば、1度の旅行で、特典航空券を発券することもできるようになりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料PDF:マイルが気になりだしたらいちばん最初に読む本

Pocket

飛行機代が一生無料になる

そう聞いてどんなイメージを持つでしょうか?

 

・家族みんなをハワイ旅行に連れて行きたい
・LCCではなく一流の航空会社でラグジュアリーな移動時間を楽しみたい
・憧れのヨーロッパへ一人旅をしてみたい
・ビジネスクラスで世界一周をしてみたい
・出張で月に何度も乗るエコノミークラスをビジネスクラスに変えたい

そう考えた時にまず第一に思い浮かぶのが、
「飛行機代」「ホテル代」「レストラン代」の、
いわゆる「旅の三大費用」をどう捻出するか、です。

 

ただ、
旅の予算は決まっています。

おおよそ、限られた予算の中で
この三大費用をやりくりしながら、
なんとか目的地へたどり着き、
返ってくるというのが
いつものパターンかと思います。

 

しかし、
節約を前提に計画された旅行は、
果たして心から満足できるものなのでしょうか。

果たして遠足前夜のように
心からワクワクできるものなのでしょうか。

いつもの日常から離れて、
普段とは違ったや空間や時間や体験で心を満たすのが、
本来の旅行の目的なのだと思います。

それを、
節約を前提に計画してしまってはもったいない。

 

そんな時に、マイルがあれば
節約どころか、今までよりもワンランク上の
上質な旅を無料で楽しむことが可能になります。

エコノミーからビジネスクラスに。
国内から海外旅行に。
ビジネスホテルからラグジュアリーなホテルに。

 

爆発的にマイルを貯める方法は無限にあります。

・クレジットカードの入会キャンペーンや決済で貯める方法
・飛行機に乗って貯める方法
・ポイントサイトから交換する方法

などが代表的な方法として思い浮かぶかもしれません。

しかし、さらにその中でも
「無料で」「継続的に」貯められる方法となると、
ごく限られています。

 

当サイトが採用している方法は、

一時的でなく年間を通じて安定的に、
しかも日常生活の中でほとんど出費をすることなく、
ほぼほったらかしで
たくさんのマイルを獲得する方法です。

これにより、年に数回、
ヨーロッパや北米などの長距離路線を
ビジネスやファーストクラスで移動することが
視野に入ってきます。

 

当メール講座では、ブログ運営を通じて
長期的・安定的にたくさんのマイルを獲得するための、
いわゆる“勘所”をお伝えしています。


PDFダウンロードはコチラ

SNSでもご購読できます。

飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座