【最強】たった1枚でJAL/ANA両方のマイルが貯まるクレジットカード6選!

ANAマイル

この記事では、

  • JALマイルもANAマイルも両方同時に貯める方法を知りたい
  • JALマイルもANAマイルもどっちも貯まる陸マイラー向けのクレジットカードが知りたい

と疑問を抱える方の悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら、筆者も当記事に掲載されているカードで毎月たくさんJALマイルやANAマイルを貯めているからです。

記事前半では、クレジットカードでJAL/ANA両方のマイルを貯める際に注意すべき5つの点と、クレジットカードを具体的に6つ紹介しています。

記事後半では、JAL/ANA両方のマイルを貯めるメリットや、高還元率でJAL/ANA両方のマイルを貯められるポイントサイトも紹介しています。

この記事を読み終えることで、JAL/ANA両方のマイルを効率的に貯めるために必要な知識が身につきます。

 

実は、JAL/ANA両方のマイルがどちらも直接貯まるクレジットカードは存在しません。

ですので、1枚のクレジットカードでJAL/ANA両方のマイルを貯めたい場合には

  1. クレジットカードのポイントを貯める
  2. クレジットカードのポイントをJAL/ANAのマイルに交換する

という2つのステップを踏むことになります。

また、「2.クレジットカードのポイントをJAL/ANAのマイルに交換する」ときに気をつけたい点として、

  • 交換レートの違い
  • 交換上限の有無
  • 交換手数料の有無
  • ポイント有効期限の有無

を比較しながら、ご自身に合ったものを見つけることが、JAL/ANA両方のマイルを貯めるクレジットカード選びの肝となります。

  1. JAL/ANA両方のマイルをクレジットカードで貯める2つのパターン
    1. JAL/ANA両方のマイルを貯めるにはクレジットカード1枚あれば十分である3つの理由
      1. 1.年会費の増額
      2. 2.管理が面倒
      3. 3.盗難や紛失の恐れ
    2. もちろんJAL/ANA両方のカード2枚持ちでマイルを貯めてもOK
      1. JALカードの特徴
      2. ANAカードの特徴
  2. たった1枚でJAL/ANAどっちもマイルが貯まるクレジットカード選びの5つの注意点
    1. 1.クレジットカードのポイントから航空会社のマイルに交換する貯め方が基本
      1. クレジットカードのポイントを航空会社のマイルに交換する方法の2つのメリット
        1. 1.JAL/ANA以外のマイルの選択肢も選べる
        2. 2.有効期限を最大化できる
    2. 2.交換レートの違い
    3. 3.交換上限の有無
    4. 4.交換手数料の有無
    5. 5.ポイント有効期限の有無
  3. たった1枚でJAL/ANA両方のマイルが貯まる陸マイラー向けクレジットカード6選
    1. 1.SPGアメックス(年会費:31,000+税)
    2. 2.エムアイカード プラス(年会費:初年度無料、2年目以降2,000円+税)
    3. 3.オリコカード・ザ・ポイント(年会費:無料)
    4. 4.JCB CARD W(年会費:無料)
    5. 5.ラグジュアリーカード(年会費:50,000円+税)
    6. 6.セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費:初年度無料、2年目以降1,000円+税)
    7. 番外編:DCカード Jizile(年会費:無料)
  4. 還元率1.25%!SPGアメックスがJAL/ANA両方のマイルが貯まる最もおすすめのクレジットカードである4つの理由
    1. 理由1.JAL/ANAマイル交換レート125%
    2. 理由2.マイル交換可能40社以上!提携航空会社が圧倒的である
    3. 理由3.ポイント購入可能!マイル不足時の救世主に!
    4. 理由4.高額な年会費も初年度から実質無料にできる
  5. SPGアメックス入会は「紹介プログラム」経由が最もお得
    1. アメックスの紹介プログラムとは?
    2. SPGアメックスの「紹介プログラム」経由での申し込み方法の2つの手順
      1. 手順1:メール登録して「紹介専用URL」を獲得する
      2. 手順2:SPGアメックスを紹介プログラム経由で申し込む
  6. 番外編:JAL/ANA両方の航空券購入で5倍マイルが貯まるクレジットカード
    1. アメックス スカイトラベラー プレミアカードならJAL/ANA両方の航空券の購入で5倍ポイントが貯まる
    2. ポイント5倍の対象外について
    3. アメックス スカイトラベラー プレミアカードでJAL/ANAの航空券の購入で5倍速でマイルを貯める方法
      1. 日本旅行でチケットを購入する
      2. 日本旅行関連の予約はポイントサイトを経由することでポイントの二重取りも可能
        1. 主なポイントサイトの比較表
    4. 貯めたポイントは「1,000ポイント=1,000マイル」でANAを含む15の航空会社のマイルと交換可能
      1. ブリティッシュ・エアウェイズのマイル(Avios)に交換することで少ないマイルでJALに搭乗可能
  7. 1枚のクレジットカードでJAL/ANA両方のマイルを貯める3つのメリット
    1. より多くの就航路線を網羅できる
    2. 2つの異なるアラインスを利用できる
    3. 必要マイル数の少ないマイルを選べる
  8. JAL/ANA両方の必要マイル数を比較!どれくらいのマイルが貯まれば飛行機に無料で乗れる?
    1. JAL/ANAの特典航空券の必要マイル数(往復、エコノミークラス)
    2. ハイシーズンでも交換に必要なマイル数の変化が少ないのはJAL
    3. マイルを余すことなく使いやすいのはANA
  9. 参考:クレジットカード発行でJAL/ANA両方のマイルが貯まるおすすめのポイントサイト
    1. クレジットカード案件でJAL/ANA両方のマイルを貯めるためには、マイルへの交換レートの良いポイントサイト選びが重要
    2. 「モッピー」経由でJAL/ANA両方のマイルが高交換レートで貯まるクレジットカード案件(2019年12月時点)
    3. ダイナースクラブカードを発行して20,000ポイント獲得
    4. エムアイカード ゴールドを発行して11,000ポイント獲得
    5. セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを発行して10,000ポイント獲得
    6. 楽天カードを発行して8,000ポイント獲得
  10. たった1枚でJAL/ANA両方のマイルが貯まるクレジットカード選びのまとめ

JAL/ANA両方のマイルをクレジットカードで貯める2つのパターン

JAL/ANA両方のマイルをクレジットカードで貯めようとする場合には、以下の2つのパターンがあります。

  1. クレジットカード1枚でJALマイルもANAマイルも両方貯める
  2. クレジットカード2枚持ちを組み合わせてJALマイルもANAマイルも貯める

つまり、利用するクレジットカードが「1枚か、2枚以上か」ということになります。

当記事では、「たった1枚のクレジットカードでJALマイルもANAマイルもどっちも貯める方法」をおすすめしています。

そのメリットと理由は以下で順番に紹介していきます。

JAL/ANA両方のマイルを貯めるにはクレジットカード1枚あれば十分である3つの理由

複数のカードを所有することになれば、デメリットが増えます。

なるべく少ない枚数でJAL/ANA両方のマイルを貯めたい理由を以下に紹介します。

1.年会費の増額

複数のカードを所有すれば、当然ながら、カードの枚数分だけ年会費がかさむことになります。

カードの特典内容も増えますが、使いこなせない場合には、割に合わない金額になります。

自身のライフスタイルに合ったカード選びを行わないと、コストばかりが増えることになります。

2.管理が面倒

複数のカードを管理する場合、それぞれのカードでいくら使ったかを把握する必要があります。

無計画に使うと、いつしか返済が追い付かないほど利用額が増えてしまう可能性もないとは言えません。

3.盗難や紛失の恐れ

複数のカードを管理するのは大変です。

複数のカードをお財布に入れて置くと、盗難や紛失の被害にあった場合に気付くのが遅れてしまうケースもあります。

もちろんJAL/ANA両方のカード2枚持ちでマイルを貯めてもOK

もちろん、1枚のカードにこだわらず、JALカードとANAカードを2枚持ちしてそれぞれ使い分けてマイルを貯めてもOKです。

なぜなら、

  • JALカード:JAL搭乗時などでボーナスマイルが貯まる
  • ANAカードなら毎年のカード継続時やANA搭乗時などにマイルが貯まる

などのメリットがあるからです。

以下は、JALカード、ANAカードの特徴の簡単な紹介です。

JALカードの特徴

  • JALマイルの貯まり方:200円=1マイル
  • レート:100円=0.5マイル
  • ボーナスマイル(毎年初回のJAL便搭乗時):1,000マイル
  • フライトでのボーナスマイル(JAL便搭乗時):区間マイル+10%のマイル

ANAカードの特徴

  • ANAマイルの貯まり方:1,000円=10マイル
  • レート:100円=1マイル
  • ボーナスマイル(毎年):1,000マイル
  • フライトでのボーナスマイル(ANA便搭乗時):区間マイル+10%のマイル

たった1枚でJAL/ANAどっちもマイルが貯まるクレジットカード選びの5つの注意点

当記事では、「たった1枚のクレジットカードでJALマイルもANAマイルも両方貯める方法」をおすすめしています。

しかし、クレジットカードのポイントをマイルに交換する際には、様々な制限がある場合があります。

JAL/ANA両方のマイルを貯められるクレジットカードを選ぶ際には、以下の5つの注意点に気をつけましょう。

  1. ポイントからマイルに交換する貯め方が基本
  2. 交換レートの違い
  3. 交換上限の有無
  4. 交換手数料の有無
  5. ポイント有効期限の有無

結論からいえば、ポイントをマイルに交換する際に、なるべく「高交換レート」かつ「年間の交換上限がなく」かつ「手数料無料」のクレジットカードを選ぶことです。

1.クレジットカードのポイントから航空会社のマイルに交換する貯め方が基本

クレジットカードでマイルを貯める場合、マイルの貯まり方は以下の2パターンあります。

  1. 航空会社のマイルが直接貯まる
  2. クレジットカードのポイントが貯まってそれを航空会社のマイルに交換する

ただし、直接貯めるパターンで、JAL/ANA両方のマイルを同時に貯められるクレジットカードは存在しません。

ですので、必然的に「2.クレジットカードのポイントが貯まってそれを航空会社のマイルに交換する」というパターンを考えることになります。

クレジットカードのポイントを航空会社のマイルに交換する方法の2つのメリット

クレジットカードのポイントを航空会社のマイルに交換する方法には、以下の2つのメリットがあります。

1.JAL/ANA以外のマイルの選択肢も選べる

クレジットカードがJALやANA以外の航空会社のマイルと提携している場合、マイルの選択肢が広がります。

もしJAL/ANAのマイルしか貯まらないクレジットカードの場合には、その航空会社のマイレージプログラムで、必要マイル数が高めに設定されても、その高い必要マイル数を使うしかありません

しかし、同じ場所へ飛ぶ場合も、どの航空会社のマイレージを使うかによって、必要マイル数に2~3万マイル以上の差が生じるケースがたくさんあります

複数のマイレージプログラムと提携している場合、その中から、特典航空券で行きたいところへの必要マイル数が最も少ないところを選んでポイント交換することで、マイル数を毎回節約することができることになります

2.有効期限を最大化できる

JALマイル、ANAマイル共に有効期限が3年となっており、貯まったマイルから3年経つと順次失効していきます。

そのため、目標マイル数に到達する前に失効してしまうことも珍しくありません。

もしマイルが直接貯まるパターンの場合だと、有効期限は3年が最長になります。

しかしポイントを交換するパターンの場合、まずはポイントの有効期限を最大限に利用してからマイルに交換することで、そこからさらに3年分の期限を延ばすことができます。

2.交換レートの違い

クレジットカードのポイントからJAL/ANAマイルに交換する際の、交換レートが各クレジットカードごとに異なります。

せっかく貯めたポイントは、なるべく無駄にせずに効率よくJAL/ANAマイルに交換したいものです。

ですので、ポイント→JAL/ANAマイルへの交換レートがなるべく高いクレジットカードを選ぶ必要があります。

また、同じクレジットカードでも、JALマイルANAマイルとで交換レートが違う場合もあります。

同じクレジットカードでも

  • ANAマイル:1,000P→600マイル(還元率0.6%)
  • JALマイル:1,000P→500マイル(還元率0.5%)

などのような感じです。

3.交換上限の有無

クレジットカードのポイントをJAL/ANAマイルに交換する際に交換マイル数に年間上限が設けられている場合があります。

ビジネスクラスやファーストクラスなどに必要な大量のマイルを貯めたい場合、交換の年間上限がネックになる場合もあるので、事前に把握しておく必要があります。

できれば、交換の年間上限がないクレジットカードを選びたいものです。

4.交換手数料の有無

クレジットカードのポイントをマイルに交換する場合、年間3,000~5,000円程度の交換手数料が必要になる場合があります。

当然ながら、マイル移行手数料がなるべく少額であるクレジットカードを選びたいものです。

5.ポイント有効期限の有無

上記でもお伝えしましたが、クレジットカードのポイントには有効期限がある場合がほとんどです。

ただ、使い方次第によってはポイントの有効期限が実質無期限になる場合もあります。

なるべくポイントの有効期限が無期限であるクレジットカードを選びたいものです。

たった1枚でJAL/ANA両方のマイルが貯まる陸マイラー向けクレジットカード6選

以下では、1枚でJAL/ANA両方のマイルを貯められるクレジットカードを6つ紹介しています。

上記でお伝えした

  • 交換レートの違い
  • 交換上限の有無
  • 交換手数料の有無
  • ポイント有効期限の有無

を比較しながら、ご自身に合ったクレジットカードを選んでみてください。

1.SPGアメックス(年会費:31,000+税)

SPGアメックスのポイント還元率は1%です。

100円=3ポイントが貯まります。(3ポイントで1円相当)

ポイント有効期限:実質無期限

JAL ANA
交換レート 3ポイント=1マイル(1%)
最大1.25%
3ポイント=1マイル(1%)
最大1.25%
交換手数料 無料 無料
交換可能数上限 実質無制限 実質無制限

SPGアメックスのマイル還元率が最大1.25%である理由は、

  • 通常は60,000ポイント=20,000マイル(還元率1%)
  • 1度に60,000ポイント以上をマイルと交換すると、ボーナスとして5,000マイルがプラスでもらえる(60,000ポイント=25,000マイル=還元率1.25%)

からです。

>>「爆発的にアメックスのポイントを貯める4つの方法」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【2020最新版】爆発的にアメックスのポイントを貯める4つの方法まとめ。
この記事では、効率的にアメックスのポイントを貯める方法として具体的に4つの方法を紹介しています。

さらに、マイル交換手数料が無料です。

また、SPGアメックスはマイル数ではなく、ポイントの交換数に上限があり、1日あたりの上限が3,000~24万ポイントとなっています。

ただ、翌日にはリセットされますので実質無制限といえます。

また、ポイント有効期限は2年間ですが、カードを使ったりして1度でもポイントの増減があると、期限が延長されますので、実質無期限といえます。

 

周囲に、SPGアメックスを紹介してくれる知人がおられない場合は、以下のボタンをクリックして私からの「紹介専用URL」経由でご入会ください。

 

入会後3ヶ月以内に10万円の利用で、合計39,000ポイントを獲得できます。

>>「SPGアメックスの最もお得な入会キャンペーン」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

2.エムアイカード プラス(年会費:初年度無料、2年目以降2,000円+税)

エムアイカードプラスのポイント還元率は1%です。

100円=3ポイントが貯まります。(3ポイントで1円相当)

ポイント有効期限:最長25ヶ月

JAL ANA
交換レート 3,000ポイント=1,500マイル(0.5%)) 2,000ポイント=500マイル(0.25%
交換手数料 無料 無料
交換可能数上限 なし なし

ANAマイル還元率がは0.25%とかなり低い設定になっています。

エムアイカード プラス公式サイト

3.オリコカード・ザ・ポイント(年会費:無料)

オリコカード・ザ・ポイントのポイント還元率は1%です。

100円=1ポイントが貯まります。(1ポイント1円相当)

ポイント有効期限:1年間

JAL ANA
交換レート 1,000ポイント=500マイル(0.5%) 1,000ポイント=600マイル(0.6%)
交換手数料 無料 無料
交換可能数上限 なし なし

オリコカード・ザ・ポイント公式サイト

4.JCB CARD W(年会費:無料)

JCB CARD Wのポイント還元率は1%です。

1,000円=2ポイントが貯まります。(1ポイント5円相当)

ポイント有効期限:2年間

JAL ANA
交換レート 500ポイント=1,500マイル(0.6%) 500ポイント=1,500マイル(0.6%)
交換手数料 無料 無料
交換可能数上限 なし なし

JCB CARD W公式サイト

5.ラグジュアリーカード(年会費:50,000円+税)

ラグジュアリーカードのポイント還元率は0.5%です。

1,000円=1ポイントが貯まります。(1ポイント5円相当)

ポイント有効期限:年間

JAL ANA
交換レート 1ポイント=3マイル(0.3%)
最大0.45%
1ポイント=3マイル(0.3%)
最大0.45%
交換手数料 無料 無料
交換可能数上限 なし なし

通常のカード利用1,000円ごとに1ポイント(還元率0.5%)が付与されますが、海外での利用は還元率が2倍の1%になります。

さらに、年間100万円以上のカード利用で、国内利用時のポイント還元率は最大0.75%にアップ(海外利用分のポイントアップはなし)します。

ラグジュアリーカード公式サイト

6.セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費:初年度無料、2年目以降1,000円+税)

セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカードのポイント還元率は0.5%です。

1,000円=1ポイントが貯まります。(1ポイント5円相当)

ポイント有効期限:年間

JAL ANA
交換レート 200ポイント=500マイル(0.25% 200ポイント=600マイル(0.3%)
交換手数料 無料 無料
交換可能数上限 なし なし

通常のカード利用1,000円ごとに1ポイント(永久不滅ポイント)が付与されますが、海外でのカード利用はポイント2倍、ショッピングサイト「セゾンポイントモール」経由のネットショッピングでは、ポイント最大30倍になります。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード公式サイト

番外編:DCカード Jizile(年会費:無料)

DCカード Jizileを番外編とした理由は、ポイントをJALマイルには交換できますが、ANAマイルには直接交換できないからです。

ANAマイルに交換する場合には、TOKYU POINT(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)を経由する必要があり、クレジットカードがもう1枚必要になります。

DCカード Jizileのポイント還元率は1.5%です。

1,000円=3ポイントが貯まります。(ポイント円相当)

ポイント有効期限:3年間

JAL ANA(TOKYU POINT経由)
交換レート 500ポイント=1,250マイル(0.75%) 500ポイント=1,875マイル(1.125%)
交換手数料 無料 初年度年会費無料、2年目以降751円+税(ANA東急カード年会費)
交換可能数上限 なし TOKYUポイント→ANAマイル:月75,00マイル

DCカード Jizileはリボ払い専用の年会費無料のカードです。

通常ポイント還元率が1.5%、JALマイル0.75%、ANAマイ0.1.125%のマイル還元率となっています。(ただし、ANAマイルへはANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを経由する必要あり)

  1. DCカード DCハッピープレゼント 500 pt → TOKYU POINT 2,500 pt
  2. TOKYU POINT 2,500 pt → ANAマイル 1,875 mile

つまり、Jizileカードで貯めた1.5%のポイントを、75%の1.125%のANAマイルに交換可能です。

>>「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会キャンペーン」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【2020年6月最新】ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会キャンペーンとポイントサイトの比較!初年度年会費無料で最大マイルを獲得する一番お得な申し込み方法
この記事では、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの新規入会キャンペーンで最大マイルを獲得する一番お得な申し込み方法と、年会費を最小にしてお得になる使い方を紹介しています。

DCカード Jizileはリボ払い専用カードという点がデメリットに感じてしまうかも知れませんが、カスタマーセンターへの電話で一括払いのカードと同じように利用することができます。

DCカード Jizile公式サイト

還元率1.25%!SPGアメックスがJAL/ANA両方のマイルが貯まる最もおすすめのクレジットカードである4つの理由

上記で、たった1枚でJAL/ANA両方のマイルが貯まる4つのクレジットカードを紹介しました。

中でもダントツにおすすめなのがSPGアメックスです。

>>「SPGアメックスが旅行好きのメインカードになる9つの理由」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【最強】SPGアメックスが旅行好きのメインカードになる9つの理由
この記事では、旅行好きやマイラーががSPGアメックスをメインのクレジットカードすべき9つの理由と、具体的な使い方を紹介しています。

SPGアメックスがJALマイラーからもANAマイラーからも絶大な人気を誇る4つの理由を以下で紹介します。

理由1.JAL/ANAマイル交換レート125%

SPGアメックスのポイントプログラムは、100円=3ポイントという形でポイントが貯まります。

3ポイント=1マイルでのマイルへの交換が可能になります。

ここまでは、普通のマイル移行レートです。

なのですが、SPGアメックスの真価が発揮されるのは60,000ポイントをマイルに交換した時です。

  • 60,000ポイントをマイル移行毎に15,000ボーナスポイントが付与

されることになります。

つまり、

  • 60,000ポイントなら25,000マイル(+5,000マイル)
  • 120,000ポイントなら50,000マイル(+10,000マイル)

ということになります。

実に、交換レートは125%です。

この交換レートは、JALマイルに交換できるカードの中では最強レートです。(ANAマイルはダイナースプレミアムに軍配)

ここで一つ、注意点があります。

それは、1日の交換ポイントを最大60,000ポイントまでに抑えておくことです。

なぜなら、また、125%の交換レートを保つためです。

SPGアメックスのポイント交換の24時間の上限は79,999ポイントまで。

なので、限界の79,999ポイントまで交換してしまうと、はみ出た19,999ポイント分は100%での交換になってしまい、損をするからです。

もし1日で80,000ポイント以上マイルに変えたい場合は、80,000ポイント以上の申請はボーナスポイントが付かなくなりますが分割して申請するのがオススメです。

理由2.マイル交換可能40社以上!提携航空会社が圧倒的である

SPGアメックスでマイルを貯める利点の一つに、マイル提携している航空会社の圧倒的な数にあります。

SPGアメックスのポイントからマイル移行できる航空会社数は、なんと40社以上。

アメックスゴールドがらマイル交換できる航空会社が15社なので、その倍以上あります。

ダイナース系からマイル交換できる航空会社は6社程度なので、その圧倒的利便性がわかります。

もし1社のマイルしか貯まらないクレジットカードの場合には、その航空会社のマイレージプログラムで、必要マイル数が高めに設定されても、その高い必要マイル数を使うしかありません

しかし、同じ場所へ飛ぶ場合も、どの航空会社のマイレージを使うかによって、必要マイル数に2~3万マイル以上の差が生じるケースがたくさんあります

このように、SPGアメックスカードなら、世界中の40社以上のマイレージプログラムの中から、特典航空券で行きたいところへの必要マイル数が最も少ないところを選んでポイント交換することで、マイル数を毎回節約することができることになります

つまり、SPGアメックスカードでポイントを貯めることで、特典航空券の行き先によって、必要マイル数が一番少ないマイレージを選べるからなのです。

行き先により、航空会社によって必要マイル数が異なるので、一番少ないマイレージプログラムを選べばいいわけです

そうすれば、常に少ないマイル数で済み、マイルを効率よく使うことができるということになるからです。

理由3.ポイント購入可能!マイル不足時の救世主に!

実は、SPGアメックスのポイントは購入することができます。

ポイントの購入単価は

  • 1,000ポイントにつき12.5USD

となっています。

わかりやすく円換算すると、

  • 1,000ポイントにつき約6,875円(1ポイント約1.4円前後)

※1米ドル=110円換算

購入ポイント数 金額(USD) 金額(円:1ドル110円)
  1,000P   $12.50 USD   1,375円
10,000P $125.00 USD 13,750円
20,000P $250.00 USD 27,000円
30,000P $375.00 USD 41,250円
40,000P $500.00 USD 55,000円
50,000P $625.00 USD 68,750円

ポイントは、年間で最大50,000ポイントまで購入することが可能ですので、「あとちょっと足りない」という時に不足分を購入して補填することができます。

例えば、現在55,000ポイントを持っているとして。

マイルに交換するのに、あと5000ポイントあると5,000マイルのボーナスがもらえるという場合。

この場合、5,000ポイント(約6,875円)を購入してから、マイル移行する、ということをすると、何もしないでマイル交換するよりもお得にマイルを貯めることができます。

理由4.高額な年会費も初年度から実質無料にできる

SPGアメックスの入会をためらってしまう最大の理由は31,000円+税という高額な年会費です。

しかし、SPGアメックスにはお得な使い方がたくさんあるので、上手に活用することで初年度から年会費を実質無料で使うことができるのです。

>>「SPGアメックスの年会費を初年度から実質無料にする5つの方法まとめ。」について詳しくはこちらの記事で詳しく解説しています。

【保存版】SPGアメックスの年会費を実質無料にする5つの方法まとめ。
この記事では、SPGアメックスの年会費を実質無料にして使うことのできる具体的な5つの方法を紹介しています。

SPGアメックス入会は「紹介プログラム」経由が最もお得

SPGアメックスの入会はアメックス既存会員からの「紹介プログラム」経由が最もお得になっています。

公式サイトから直接申し込みをするよりも6,000ボーナスポイントを多くもらうことができます。

公式サイト 友達紹介プログラム
新規入会キャンペーン 入会後3ヶ月以内に、

・10万円以上のカード利用で「30,000」ボーナスポイント

・10万円のカード利用で「3,000」ポイント

入会後3ヶ月以内に、

・10万円以上のカード利用で「36,000」ボーナスポイント

・10万円のカード利用で「3,000」ポイント

合計 入会後3ヶ月以内に、

・10万円以上のカード利用で「33,000」ポイント

入会後3ヶ月以内に、

・10万円以上のカード利用で「39,000」ポイント

アメックスの紹介プログラムとは?

SPGアメックスの既存の会員は、知人にSPGアメックスを紹介できる「紹介専用URL」というものを発行できます。

 

>>「SPGアメックスの最もお得な入会キャンペーン」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【2020年6月最新】SPGアメックス入会キャンペーンは紹介で最大8.9万ポイント!
SPG アメリカンエキスプレス カードの新規入会キャンペーンは、紹介プログラムが最もお得に最大89,000ボーナスポイント特典が貯まる一番お得な申し込み方法です。さらに、お友達に紹介することでそれ以上のボーナスポイントを獲得できる方法も解説しています。

上記「紹介専用URL」を経由してSPGアメックスのサイトにアクセスすると、以下のような条件で入会キャンペーンが行われています。

具体的には、「紹介専用URL」を経由してSPGアメックスに入会した場合、

  • 入会後3ヶ月以内に合計10万円以上のカード利用で、紹介プログラム限定入会ボーナスとして36,000ボーナスポイント
  • 10万円の利用で3,000ポイント(通常獲得ポイント)

獲得できます。

つまり、入会後3ヶ月以内に10万円の利用で、合計39,000ポイントを獲得できます。

もし、あなたが「入会後3ヶ月以内に合計10万円以上のカード利用」ができるならば、「公式サイトからの入会」よりも「紹介専用URL」を経由して入会した方が、6,000ポイントもお得になるんですね。

入会後3ヶ月以内に合計10万円以上のカード利用」という条件は、それほどハードルが高くはないのではないでしょうか。

毎月の公共料金や食費などをカードで決済するようにすれば、簡単にクリアできると思います。

周囲に、SPGアメックスを紹介してくれる知人がおられない場合は、以下のボタンをクリックして私からの「紹介専用URL」経由でご入会ください。

 

入会後3ヶ月以内に10万円の利用で、合計39,000ポイントを獲得できます。

SPGアメックスの「紹介プログラム」経由での申し込み方法の2つの手順

以下では、SPGアメックスの友達紹介キャンペーンを利用して最大ボーナスポイントを獲得できる申し込み手順を解説していきます。

順番に手続きをして確実に入会申し込みを行いましょう。

手順1:メール登録して「紹介専用URL」を獲得する

以下のボタンからお名前とメールアドレスを登録してください。

 

登録後すぐに、お友達紹介専用のURLが記載されたメールが届きます。

手順2:SPGアメックスを紹介プログラム経由で申し込む

次に、SPGアメックスをお友達紹介キャンペーンを利用して申し込みます。

メール内の紹介用URLをクリックすると、下記のようなSPGアメックスの新規入会ページに切り替わります。

「お申し込みはこちら」のボタンをクリックしてSPGアメックスの新規入会手続きを開始してください。

SPGアメックスの紹介プログラム申し込み画面

なお、SPGアメックスは初年度から年会費を実質無料で使うことができます。

>>「SPGアメックスの年会費を初年度から実質無料にする5つの方法まとめ。」について詳しくはこちらの記事で詳しく解説しています。

【保存版】SPGアメックスの年会費を実質無料にする5つの方法まとめ。
この記事では、SPGアメックスの年会費を実質無料にして使うことのできる具体的な5つの方法を紹介しています。

番外編:JAL/ANA両方の航空券購入で5倍マイルが貯まるクレジットカード

上記では、JAL/ANA両方のマイルが貯まるクレジットカードについて紹介してきました。

以下では、JAL/ANA両方の航空券を購入して5倍マイルが貯まるクレジットカードを紹介します。

ただし、

  • JAL/ANA両方の航空券を購入して5倍マイルが貯まる

のであって、

  • JAL/ANA両方のマイルに交換できるわけではない(JALマイル交換不可)

ので、注意が必要です。

アメックス スカイトラベラー プレミアカードならJAL/ANA両方の航空券の購入で5倍ポイントが貯まる

JAL/ANA両方の航空券を購入して5倍マイルが貯まるクレジットカードはアメックス スカイトラベラー プレミアカードです。

スカイトラベラー プレミア カードの5%のマイル付与率は日本最高です。

JALカード プラチナやANA プレミアムカードをも凌駕しています。

カード名 マイル付与率
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード 1.5%
MileagePlusセゾンカード/ゴールド/プラチナ 1.5%
MileagePlus JCBゴールドカード 1.5%
MileagePlusダイナースクラブ ファースト 1.5%
ANA一般カード(JCB/VISA/Mastercard)
ANAワイドカード(JCB/VISA/Mastercard)
ANAワイドゴールドカード(JCB/VISA/Mastercard)
2.0%
JALカード 普通カード(JCB/VISA/Mastercard)
JAL CLUB-Aカード(JCB/VISA/Mastercard)
JAL CLUB-Aゴールドカード(JCB/VISA/Mastercard)
2.0%
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード 2.0%
ANAダイナースカード 2.0%
JALダイナースカード 2.0%
ANA VISAカード / ANA Mastercard(マイ・ペイすリボ) 2.3%
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 2.5%
デルタ スカイマイル JCB一般カード 2.6%
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 3.0%
JAL アメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールド 3.0%
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 3.0%
デルタ スカイマイルJCBゴールドカード 3.0%
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 3.0%
ANA JCBカード プレミアム 3.3%
ANA VISAプラチナ プレミアムカード 3.5-3.8%
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ 4.0%
JAL・JCBカード プラチナ 4.0%
ANAダイナース プレミアムカード 4.0%
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 4.5%
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 5.0%

※上記の表は、提携航空会社の航空券を公式サイト等で購入した場合のマイル付与率です。

いずれもマイル付与率が上がるプランの場合です。

ただし、航空券を購入して5%のポイントを貯めるのには条件があります。

  • ANAやJALを含む28社の航空券を航空会社の公式サイトから直接購入すること
  • スカイトラベラー5倍ボーナスは、通常ポイントと合わせて年間(1月~12月)100,000ポイントが上限
  • 200万円カード利用までが対象

JALはマイルに交換はできませんが、航空券購入時のボーナスは対象です。

他のクレジットカードに比べても、ここまで高還元率なカードは稀です。

100円=5ポイント(5マイル相当)となります。

これが、スカイトラベラー カードの最大のメリットでしょう。

かつては5倍となるのは、事前登録した希望の航空会社1社のみでしたが、現在は1社に限らず以下の28の対象航空会社が全てボーナスポイントの対象となっています。

特典航空券利用時の、燃油サーチャージ、空港施設使用料、旅客保安サービス料なども5倍の対象です。

 

周囲に、アメックス スカイトラベラー プレミア カードを紹介してくれる知人がおられない場合は、以下のボタンをクリックして私からの「紹介専用URL」経由でご入会ください。

 

入会後3ヶ月以内に15万円の利用で、合計21,500ポイントを獲得できます。

>>「アメックス スカイトラベラー プレミアカードの最もお得な入会キャンペーン」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【2020年6月最新】アメックス スカイトラベラー プレミアの入会キャンペーンは紹介プログラムが一番お得!一撃で最大21,500ポイント貯める2つの手順
この記事では、アメリカン エキスプレス スカイトラベラー プレミア カードの新規入会キャンペーンで一番お得にボーナスポイントがが貯まる方法を紹介しています。また、獲得手順や入会メリット、お得な使い方もわかるようになっています。

ポイント5倍の対象外について

よく間違われやすいのことなのですが、以下の場合は「5倍ボーナス」の対象外となります。

  • パッケージツアー、機内販売、通信販売、空港売店、貨物などのでの購入の場合。
    ※仮に航空会社から直接購入した場合であっても対象外となります。
  • 他の航空会社に空港カウンター業務が委託されている航空券の購入の場合。
  • 楽天トラベル、Yahoo!トラベル、じゃらんなど、代理業・特約店経由での宿泊代金の支払いの場合。
  • 宿泊料金の現地決済の場合。
  • Paypalなどの決済代行会社を通した購入の場合。

事前に決済方法を確認して、「5倍ボーナス」が確実に適用される方法でカードを使用したいですね。

アメックス スカイトラベラー プレミアカードでJAL/ANAの航空券の購入で5倍速でマイルを貯める方法

スカイトラベラー プレミアカードでJAL/ANA両方のマイルを5%で貯める手順は以下のようになります。

日本旅行でチケットを購入する

JAL/ANAの航空券の購入で5%(100円=5ポイント)のポイントを貯めることができます。

例として、JAL/ANAの航空券を日本旅行のWEBサイトから購入することで、5%のマイルが貯まります。

日本旅行公式サイト

日本旅行関連の予約はポイントサイトを経由することでポイントの二重取りも可能

また、日本旅行関連の予約は、ポイントサイトを経由することでポイントの二重取りも可能になります。

以下に、日本旅行を利用する場合の、各ポイントサイトからもらえるポイントを調べてみました。

主なポイントサイトの比較表

ポイント還元率でポイントの計算をしているポイントサイトは以下の通りです。

ポイントサイト 還元率 条件
ECナビ   1.8% 日本旅行
ポイントタウン   1.5% 日本旅行「ビジネスプラン&出張パック
ちょびリッチ   1% 日本旅行
すぐたま   0.95% 日本旅行バスぷらざ
Gポイント   0.5% 日本旅行「海外」

ポイント数でポイントの計算をしているポイントサイトは以下の通りです。

ポイントサイト 還元率 条件
ハピタス   600円 日本旅行(海外ツアー・国内宿泊・国内ツアー)
ポイントタウン   570円 日本旅行(海外ツアー・国内宿泊・国内ツアー)
colleee   500円 日本旅行
モッピー   400円 日本旅行赤い風船」
Gポイント   200円 日本旅行「国内」

貯めたポイントは「1,000ポイント=1,000マイル」でANAを含む15の航空会社のマイルと交換可能

スカイトラベラー カードからマイル交換できるエアライン

スカイトラベラープレミアカードは、貯めたポイントを高還元率でかつたくさんの航空会社のマイルに交換することができます。

スカイトラベラー プレミアカードで貯めたポイントは、「メンバーシップリワード・プラス(登録無料)」に登録することで

  • 1,000ポイント=1,000マイル
  • 15の航空会社のマイルに交換可能(ANA含む)

となっています。

また、マイル移行手数料も無料でかつ、無制限に移行できます。

ただし、

  • JALマイルには交換できない
  • ANAマイルは年間上限40,000マイル、5,400円(税込)の手数料が必要

というデメリットがあります。

ブリティッシュ・エアウェイズのマイル(Avios)に交換することで少ないマイルでJALに搭乗可能

スカイトラベラー プレミアカードのポイントはJALマイルに交換することはできません。

しかし、同じワンワールドの仲間であるブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のマイル(Avios)のマイルに交換することで、JALのフライト便に乗ることができます。

BAのマイルはJALにも乗れる特典航空券に交換することができるからです。

上記方法を使うメリットは、BAのWebサイトから、BAのマイルを使って、JALの特典航空券を予約できることです。

【注意】ブリティッシュ・エアウェイズは、ロイヤリティプログラム「エグゼクティブ・クラブ」の提携航空会社特典航空券の交換に必要なマイル数を、2019年5月30日新規発券・予約変更分より変更します。

これに伴い、BAのマイルAviosでJAL国内線特典航空券を予約するのに必要なマイル数も変更になります。

具体的には、国内の大部分の片道の特典航空券の発券に必要なAviosは、

  • 片道4,500Avios→6,000Avios(距離1-650マイル区間)
  • 片道7,500Avios→9,000Avios(距離1150マイル区間)

となります。

JALよりも必要マイル数は少ないですが、その差が小さくなってしまいました。

>>「アメックスポイントをBAのマイルに移行してJAL国内特典航空券をお得に発券する方法」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

アメックスポイントをBAのマイルに移行!JAL国内特典航空券をお得に発券する3つのメリットと2つの手順
この記事では、アメックスのポイントをBAのマイルに移行しJALの国内線航空券をお得に手配する手順・方法や、そのメリットについて紹介しています。

1枚のクレジットカードでJAL/ANA両方のマイルを貯める3つのメリット

1枚のクレジットカードでJAL/ANA両方のマイルを貯めるメリットは以下のようになります。

より多くの就航路線を網羅できる

JALだけに就航している路線、ANAだけに就航している路線があり、両方のマイルを貯めることで、より多くの路線を網羅できるようになります。

2つの異なるアラインスを利用できる

JALはワンワールド、ANAはスターアライアンスと、それぞれ異なったアライアンスに属しています。

両方のマイルを貯めることで、2つのアライアンスの提携便を利用することができるようになります。

必要マイル数の少ないマイルを選べる

同じ目的地でも、航空会社により必要マイル数が異なる場合があります。

両方のマイルを貯めることで、必要マイル数が少ないマイルを選ぶことができお得に旅行ができるようになります。

JAL/ANA両方の必要マイル数を比較!どれくらいのマイルが貯まれば飛行機に無料で乗れる?

以下では、どれくらいのマイルを貯めればマイルを特典航空券に交換できるのかJAL/ANAマイルを簡単に比較してみます。

JAL/ANAの特典航空券の必要マイル数(往復、エコノミークラス)

JALマイル ANAマイル
東京-札幌 12,000〜15,000 12,000〜18,000
東京-大阪 10,000〜12,000 10,000〜15,000
東京-福岡 12,000〜15,000 12,000〜18,000
東京-沖縄 12,000〜15,000 14,000〜21,000
東京-ハワイ 37,000〜40,000 35,000〜43,000
東京-アメリカ 40,000〜50,000 40,000〜55,000
東京-ヨーロッパ 45,000〜55,000 45,000〜60,000

ハイシーズンでも交換に必要なマイル数の変化が少ないのはJAL

JALはシーズンによる変動はわずかで、季節を問わずお得に交換しやすい設定になっています。

一方で、ANAはクリスマス期間、年末年始、春休み期間、ゴールデンウイーク、お盆といったハイシーズンに必要マイル数が急増します。

マイルを余すことなく使いやすいのはANA

JALマイルは3,000マイルからPontaポイントや、三越伊勢丹グループなどで使えるエムアイポイントに交換できます(事前に会員登録が必要)。

2,000マイルであれば、「ディノス」のeクーポンやファミリーマートの買い物券に交換できます

しかし、1,000マイルになるとほとんど使い道がなく、JMB旅プラスのツアー代金に充当するしかありません。

一方、ANAマイルは1マイル=1ポイントに交換し、オンラインショッピングの「ANAショッピング A-style」での買い物代金として利用可能です。

数百円の少額の商品もあるので、最後の1マイルまで使い切ルことができます。

少ないマイルの利用オプションを考えると、1マイルから利用できるANAがお得です。

参考:クレジットカード発行でJAL/ANA両方のマイルが貯まるおすすめのポイントサイト

陸マイラーなら、JAL/ANAマイル共にポイントサイト経由でマイルを貯めることができるのはご存知かと思います。

ポイントサイトでマイルを貯めようとする場合、数ある案件の中でも特にポイントを貯めやすいのは「クレジットカード案件」です。

しかし、両方のマイルを大量に、確実に貯めることができるサイトは少ないのが現状です。

クレジットカード案件でJAL/ANA両方のマイルを貯めるためには、マイルへの交換レートの良いポイントサイト選びが重要

クレジットカード案件でJAL/ANA両方のマイルを貯めるためには、マイルへの交換レートの良いポイントサイト選びが重要です。

ところが、貯めたポイントをANAマイルに81%で交換できるポイントサイトは数多くある一方で、JALマイルに80%で交換できるポイントサイトはひとつしか存在しないのです。

それがポイントサイトの「モッピー」です。

  • モッピー→JALマイル:最高80%の交換率
  • モッピー→ANAマイル:最高81%の交換率

「モッピー」以外のポイントサイトでのJALマイルへの交換レートは50%以下になっています。

つまり、クレジットカードの発行でJAL/ANA両方のマイルが高交換レートで貯まるポイントサイトを選ぶならは「モッピー」がおすすめということになります。

「モッピー」経由でJAL/ANA両方のマイルが高交換レートで貯まるクレジットカード案件(2019年12月時点)

「モッピー」経由でJAL/ANA両方のマイルが高交換レートで貯まるクレジットカード案件は以下のようになっています。

ダイナースクラブカードを発行して20,000ポイント獲得

ダイナースクラブカードを「モッピー」経由で発行すると20,000ポイント獲得できます。

  • モッピー20,000ポイント→16,000JALマイル(交換率80%)
  • モッピー20,000ポイント→16,200ANAマイル(交換率81%の場合)
  • モッピー20,000ポイント→15,000ANAマイル(交換率75%の場合)

に交換可能です。

エムアイカード ゴールドを発行して11,000ポイント獲得

エムアイカードカード ゴールドを「モッピー」経由で発行すると11,000ポイント獲得できます。

  • モッピー11,000ポイント→8,800JALマイル(交換率80%)
  • モッピー11,000ポイント→8,910ANAマイル(交換率81%の場合)
  • モッピー11,000ポイント→8,250ANAマイル(交換率75%の場合)

に交換可能です。

セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを発行して10,000ポイント獲得

セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを「モッピー」経由で発行すると10,000ポイント獲得できます。

  • モッピー10,000ポイント→8,000JALマイル(交換率80%)
  • モッピー10,000ポイント→8,00ANAマイル(交換率81%の場合)
  • モッピー10,000ポイント→7,500ANAマイル(交換率75%の場合)

に交換可能です。

楽天カードを発行して8,000ポイント獲得

楽天カードを「モッピー」経由で発行すると8,000ポイント獲得できます。

  • モッピー8,000ポイント→6,400JALマイル(交換率80%)
  • モッピー8,000ポイント→6,480ANAマイル(交換率81%の場合)
  • モッピー8,000ポイント→6,000ANAマイル(交換率75%の場合)

に交換可能です。

たった1枚でJAL/ANA両方のマイルが貯まるクレジットカード選びのまとめ

JAL/ANA両方のマイルがどちらも直接貯まるクレジットカードは存在しません。

ですので、1枚のクレジットカードでJAL/ANA両方のマイルを貯めたい場合には

  1. クレジットカードのポイントを貯める
  2. クレジットカードのポイントをJAL/ANAのマイルに交換する

という2つのステップを踏むことになります。

また、「2.クレジットカードのポイントをJAL/ANAのマイルに交換する」ときに気をつけたい点として、

  • 交換レートの違い
  • 交換上限の有無
  • 交換手数料の有無
  • ポイント有効期限の有無

を比較しながら、ご自身に合ったものを見つけることが、JAL/ANA両方のマイルを貯めるクレジットカード選びの肝となります。

メール講座:飛行機代が一生無料になるブログ運営方法

「飛行機代が一生無料になる」
そう聞いてどんなイメージを持つでしょうか?
 
・家族みんなをハワイ旅行に連れて行きたい

LCCではなく一流の航空会社でラグジュアリーな移動時間を楽しみたい

・憧れのヨーロッパへ一人旅をしてみたい

・ビジネスクラスで世界一周をしてみたい

・出張で月に何度も乗るエコノミークラスをビジネスクラスに変えたい

そう考えた時にまず第一に思い浮かぶのが、
「飛行機代」「ホテル代」「レストラン代」の、
いわゆる「旅の三大費用」をどう捻出するか、です。
 
ただ、
旅の予算は決まっています。
おおよそ、限られた予算の中で
この三大費用をやりくりしながら、
なんとか目的地へたどり着き、
返ってくるというのが
いつものパターンかと思います。
 
しかし、
節約を前提に計画された旅行は、
果たして心から満足できるものなのでしょうか。
果たして遠足前夜のように
心からワクワクできるものなのでしょうか。
いつもの日常から離れて、
普段とは違ったや空間や時間や体験で心を満たすのが、
本来の旅行の目的なのだと思います。
それを、
節約を前提に計画してしまってはもったいない。
 
そんな時に、マイルがあれば
節約どころか、今までよりもワンランク上の
上質な旅を無料で楽しむことが可能になります。

エコノミーからビジネスクラスに。

国内から海外旅行に。

ビジネスホテルからラグジュアリーなホテルに。
 
爆発的にマイルを貯める方法は無限にあります。

・クレジットカードの入会キャンペーンや決済で貯める方法

・飛行機に乗って貯める方法
・ポイントサイトから交換する方法

などが代表的な方法として思い浮かぶかもしれません。
しかし、さらにその中でも
「無料で」「継続的に」貯められる方法となると、
ごく限られています。
 
当サイトが採用している方法は、
一時的でなく年間を通じて安定的に、
しかも日常生活の中でほとんど出費をすることなく、
ほぼほったらかしで
たくさんのマイルを獲得する方法です。
これにより、年に数回、
ヨーロッパや北米などの長距離路線を
ビジネスやファーストクラスで移動することが
視野に入ってきます。
 
当メール講座では、ブログ運営を通じて
長期的・安定的にたくさんのマイルを獲得するための、
いわゆる“勘所”をお伝えしています。

ANAマイル JALマイル
samiritireをフォローする
マイルの教室
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
タイトルとURLをコピーしました