ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをメインカードにするの7つのメリット、5つのデメリット

アメックスカード

この記事では、

  • ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをメインカードにしてマイルやポイントをたくさん貯めたい
  • ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムへの入会や切り替えを考えておりメインカードとしてのメリットを知りたい

と疑問を抱える方の悩みを解決できる記事になっています。

記事前半では、旅好きやマイラーがヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをメインカードにする●つのメリットについて紹介しています。

記事後半では、ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのデメリットとそれを補うサブカードの使い方について紹介しています。

この記事を読み終えることで、ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムを最大限フル活用して旅行をさらに充実したものに変えることができるようになります。

 

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムは、あなたの旅行スタイルを強力にサポートしてくれます。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをメインのクレジットカードカードに選ぶことで、

  • 旅行や日常でのカード決済が楽しくなる
  • 旅行スタイルがワンランク上質なものに変わる
  • 次の旅行が楽しみになる

というメリットがあります。

>>「ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの最もお得な入会キャンペーン」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

>>「ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsSPGアメックス特典を徹底比較!2枚持ちも可能」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

>>「ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナ特典を徹底比較!2枚持ちも可能」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

  1. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをメインカードにする●つのメリット
    1. 1.withコロナ時代でも特典を十分に利用できる
      1. withコロナ時代に、もはやアメックスプラチナは不要?
    2. 2.アフターコロナの海外旅行解禁に向けて準備ができる
    3. 3.爆発的に開業する国内のヒルトン系列のホテルでの利用機会が増える
    4. 修行不要で1泊目からヒルトン上級会員として宿泊を楽しむことができる
      1. ヒルトン・オナーズ「ゴールド」会員の特典
          1. 客室アップグレード
          2. 朝食無料
    5. カード継続二年目以降、週末(ウィークエンド)宿泊券がもらえる
      1. 週末(ウィークエンド)宿泊券で無料宿泊が可能なホテル
    6. 爆発的にマリオットボンヴォイのポイントを貯められる
    7. 初年度から年会費の元が取れる
  2. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをメインカードにする3つのデメリット
    1. 家族会員カードにはヒルトン「ゴールド」が付帯しない
    2. 空港ラウンジ特典が貧弱
  3. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの保有がメリットになる人/デメリットになる人
    1. そもそも旅が嫌いな人
    2. 外資系ホテルが嫌いな人
    3. ホテル滞在はヒルトン系がメインな人
    4. 家族カードに期待する人
    5. SPGアメックスの特約店に期待する人
  4. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのメリットを最大限に引き出してお得に旅行する方法
  5. SPGアメックスをメインカードにする条件と使い方
    1. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム以外のサブカードを持つ
      1. アメックスブランドで2枚持ちする
      2. アメックス以外の国際ブランドを持つ
    2. サブカードの特典で補う
      1. サブカードの海外旅行保険で弱点を補う
      2. サブカードの空港ラウンジ特典で弱点を補う
    3. プラチナチャレンジを行う
  6. 旅行好きが旅系クレジットカード選びにこだわる3つのメリット
    1. 1.旅行や日常決済で無駄なくポイント/マイルを高還元率で貯めることができる
    2. 2.旅行に関する多種多様なサービスでの優待や割引を受けることができる
    3. 3.保有枚数をなるべく少なくしたい
  7. ヒルトン・オナーズアメックス入会は「紹介プログラム」経由が最もお得

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをメインカードにする●つのメリット

旅行には三大費用というものがあります。

  1. 飛行機代
  2. ホテル代
  3. レストラン代

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムを上手に利用することで、上記の「旅の三大費用」に関して無料や割引などにしてもらうことができ、旅行費用が格安になります。

さらに、格安になると同時に、上記3つの質を上げることができます。

つまり、

  • 旅の三大費用が無料/格安になる
  • 利用する飛行機/ホテル/レストランの質が上がる

の2つを同時に実現できるメリットがあります。

1.withコロナ時代でも特典を十分に利用できる

withコロナの現在、旅行系クレジットカードは特典の見直しを迫られています。

平常時ならば「欲しい特典があるかどうか」だけで考えればいいのですが、withコロナ時代のクレジットカード申し込みにおいて真っ先に考えなければならないのは、「そもそも特典が使えるかどうか」です。

コロナ感染症の影響で旅行業界は大ダメージを受けており、旅行系クレジットカード、特にアメックス系のカードへの影響は大きくなっています。

特典は付いているが、外的要因でそもそも使えない(使いづらい)ということになっているのです。

影響を受ける特典の代表例として、例えばアメックスプラチナの特典で考えると

  • 空港ラウンジ特典:そもそも旅行に行かない、国内、ましてや海外の空港ラウンジなど使わない
  • 海外旅行保険:そもそも海外旅行に行かない
  • コンサート・イベント関連チケットの優先予約枠:そもそもイベントが開催されない
  • ポイントの交換先が航空会社のマイル交換に有利:旅行に行かない
  • 航空券やホテル予約に有利な特典:旅行に行かない
  • 海外決済でポイントが有利になる:海外旅行に行けない
  • レストラン割引優待:人が集まる場所での食事はなるべく避けたい

などとなっています。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの特典の中にも、海外旅行保険や空港ラウンジ特典が含まれています。

しかし、メインの特典や機能はヒルトン関連、つまり「ホテル宿泊」に関連するものとなっておりwithコロナ時代でも十分に利用可能であるどころか、年会費をペイするのも簡単です。

また、近年では「ワーケーション」「おこもりステイ」「ステイケーション」といったホテル滞在メインでの旅行やライフスタイルが定着してきており、ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのホテル特典は不特定多数の人との接触を避けながら旅行や非日常を楽しむのに最適です。

withコロナ時代に、もはやアメックスプラチナは不要?

しばらくの間、海外旅行を控えようという人にとって、もはやアメックスプラチナ不要なのかもしれません。

>>「ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナ特典を徹底比較!2枚持ちも可能」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ヒルトンアメックスプレミアムvsアメックスプラチナ特典の違いを徹底比較!2枚持ちも可能!
この記事では、 と思っている方の疑問を解決できる記事になっています。

代わりに、「ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード/プレミアムカード)+SPGアメックス」という2枚持ちの方が、年会費や無駄な特典を削減でき、賢い選択なのかもしれません。

>>「ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsSPGアメックス特典を徹底比較!2枚持ちも可能」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ヒルトンアメックスプレミアムvsSPGアメックス特典の違いを徹底比較!2枚持ちも可能!
この記事では、 と疑問を抱える方の悩みを解決できる記事になっています。

2.アフターコロナの海外旅行解禁に向けて準備ができる

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムは、

  • 旅行は好きだけれども、現在は旅行は我慢・自粛している
  • アフターコロナの旅行解禁に向けて準備している

という人にぴったりです。

なぜなら、日常決済でメインカードとして使っているだけで、アメックス「メンバーシップ・リワード・ポイント」が貯まっていくからです。

アメックスのポイントは

  • 飛行機のチケット代やホテル代として
  • 航空会社のマイルに交換して

など、旅行や特別な体験に利用することができます。

仮に現在、旅行を我慢しているとしても、今のうちからポイントをコツコツ貯めておくことで、いざ旅行解禁になった時に存分に楽しむことができます。

つまり、withコロナ時代の「時間」と「努力」を無駄にすることなくアフターコロナへとつなげることができるのです。

3.爆発的に開業する国内のヒルトン系列のホテルでの利用機会が増える

外資系ということもあり、これまで国内のヒルトン系列のホテルはそれほど多くはありませんでした。

しかし2021年以降、ヒルトン系列のホテルは爆発的に増えていきます。

<2021年以降のヒルトン・オナーズ参加ホテル>

 

今まで縁のなかった人にも、ヒルトン系列のホテルへの宿泊機会は、今後数年間で確実に増えるでしょう

修行不要で1泊目からヒルトン上級会員として宿泊を楽しむことができる

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをメインカードにすることで、ホテル滞在が上質なものに変わります。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムにはヒルトン「ゴールド」会員資格が付帯します。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム
付帯する上級会員資格 ヒルトン「ゴールド」 ヒルトン「ゴールド」
追加条件 200万円決済で3ヵ月後ダイヤモンド
2年目以降のステータス維持条件 なし なし

なお、2020年10月、ヒルトンは新型コロナ特別対応を発表しました。

Hilton’s COVID-19 Response & Policies | Hotels by Hilton
We are committed to providing you a safe & relaxing hotel stay. Find the latest information regarding coronavirus (COVID-19) travel flexibility, safety & more.

  • ポイントの有効期限が2022年12月まで延長される
  • 現在保有しているステータス、2020年に取得したステータスは2022年3月31まで適用される
  • 2021年の上級会員の資格取得条件(ポイント/泊数/滞在数)が通常の半分に
  • マイルストーンボーナス獲得条件の緩和
  • 上級会員資格の譲渡条件の緩和

特に上級会員の資格取得条件が通常の半分になったのは大きく、

会員ステータス 通常の条件 コロナ特別対応の条件(2021年限定)
ブルー
  • 会員登録のみ
シルバー
  • 1年間に4回の滞在

または

  • 1年間に10泊の宿泊
  • 1年間に2回の滞在

または

  • 1年間に5泊の宿泊

または

  •  1暦年間に12,500ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
ゴールド
  • 1年間に20回の滞在

または

  • 1年間に40泊の宿泊

または

  •  1暦年間に75,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
  • 1年間に10回の滞在

または

  • 1年間に20泊の宿泊

または

  •  1暦年間に37,500ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
ダイヤモンド
  • 1年間に30回の滞在

または

  • 1年間に60泊の宿泊

または

  • 1暦年間に120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
  • 1年間に15回の滞在

または

  • 1年間に30泊の宿泊

または

  • 1暦年間に60,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

特にダイヤモンドステータスを目指す人にとってはこれ以上ないチャンスになります。

ダイヤモンドでは

  • 朝食無料
  • クラブラウンジ利用

が可能になります。

ヒルトン・オナーズ「ゴールド」会員の特典

ヒルトン・オナーズでは入会後、参加ホテル/リゾートのいずれかでの対象となるご宿泊日数が一定数に達すると、上級会員資格を獲得できます。

会員ステータス 必要条件
メンバー 入会(無料)
シルバー
  • 1年間に4回のご滞在、または
  • 1年間に10泊のご宿泊
  • 1暦年間に25,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
ゴールド
  • 1年間に20回のご滞在、または
  • 1年間に40泊のご宿泊
  • 1暦年間に75,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
ダイヤモンド
  • 1年間に30回のご滞在、または
  • 1年間に60泊のご宿泊
  • 1暦年間に120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

ヒルトン「ゴールド」は、

  • 1年間に20回のご滞在、または
  • 1年間に40泊のご宿泊
  • 1暦年間に75,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

のいずれかの条件を満たすことで得られる上級会員ステータスです。

ヒルトン・オナーズ「ゴールド」会員の特に嬉しい特典は以下の通りです。

「ゴールド」会員は、1つ下のランクの「シルバー」会員とは雲泥の差の高待遇になり、1回あたりの宿泊の快適度と満足度が圧倒的にアップします。

特典 メンバー シルバー ゴールド ダイヤモンド
会員様向け割引保証
無料宿泊につながるポイントとエリートランク・ボーナスポイントの加算 +20% +80% +100%
特典滞在時のリゾート料金不要
デジタルチェックイン&客室の洗濯
Digital Key(デジタルキー)
客室内およびロビーでのWi-Fi スタンダード スタンダード スタンダード プレミアム
2人目のお客様ご宿泊無料
レイト・チェックアウト
ポイント譲渡およびポイントプール無料
スタンダードルーム特典により、5泊目無料
ボトルウォーター2本
エリート会員様の繰越特典
お部屋のアップグレード(空室状況によります) 客室タイプ
エグゼクティブまで
客室タイプ
1ベッドルームスイートまで
すべてのホテルでの朝食無料サービス
無制限のマイルストーンボーナス
エグゼクティブラウンジのご利用
ダイヤモンド会員資格の延長
48時間客室保証
エリート会員資格の贈呈

ヒルトン公式サイトより

ゴールド会員の特に嬉しい特典が

  • 80%ボーナスポイント加算
  • 空室状況による客室アップグレード(エグゼクティブまで)
  • 全てのホテルでの朝食無料サービス
  • レイトチェックアウト

です。

中でも嬉しいのが客室アップグレード、朝食無料サービスです。

客室アップグレード
朝食無料

カード継続二年目以降、週末(ウィークエンド)宿泊券がもらえる

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをメインカードにすることで、旅の三大費用のうちの一つ、「ホテル代」を無料にすることができます。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムはカードの2年目以降、カードの継続をするとヒルトン・オナーズ参加ホテルで利用可能な「週末(ウィークエンド)宿泊券」がもらえます。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの週末宿泊券の概要は以下の通りです。

  • 特典内容:
  • 対象客室のクラス:
  • 対象ホテル:
  • 利用除外日:
  • 有効期限:1年間
  • ヒルトン「ゴールド」特典の併用:

特に、

 

よりコストパフォーマンスがお得になるように特典を使うコツとしては、

  • ゴールデンウィークや年末年始などの繁忙期
  • 都市部に位置する客室料金が高額のホテル

というポイントを考慮して利用するのがオススメです。

週末(ウィークエンド)宿泊券で無料宿泊が可能なホテル

爆発的にマリオットボンヴォイのポイントを貯められる

SPGアメックスは、ホテル決済のメインカードとして使うことでマリオットボンヴォイのポイントが爆発的に貯まります。

つまり、SPGアメックスをメインカードにすることで、旅の三大費用のうちの一つ、「ホテル代」を無料にすることができます。

マリオットボンヴォイ参加ホテル宿泊時に、SPGアメックスで決済した時に貯まるポイントの積算率は、

  • 100円=3ポイント+ゴールドエリート特典で1米ドル=12.5ポイント

です。

以下は、爆発的にマリオットボンヴォイのポイント貯める9つの方法です。

  1. マリオットボンヴォイ参加ホテルの利用でポイントを貯める方法
  2. SPGアメックスのクレジットカードカード利用でポイントを貯める方法
  3. マリオットボンヴォイのポイント購入で貯める方法
  4. マリオットボンヴォイポイント共有(譲渡・受け取り)でポイントを貯める方法
  5. マリオットボンヴォイのお友達紹介でポイントを貯める方法
  6. マリオットボンヴォイに移行可能なクレジットカードのポイント移行で貯める方法
  7. ポイントサイトからのポイント移行で貯める方法
  8. ユナイテッド航空のマイレージプラスからの移行で貯める方法
  9. 国際レンタカーなどの利用でポイントを貯める方法

特に、SPGアメックスの「紹介」で貯めるポイントは驚異的です。

SPGアメックスの「紹介プログラム」を利用すると、

  • SPGアメックス1枚の紹介者につき30,000ボーナスポイント

獲得可能です。

2019年10月25日〜11月6日のたった2週間に、「ご紹介特典」として90,000ポイント貯まっています。

これは、リッツ・カールトン(カテゴリー8)に無料で1宿泊できるだけのポイントです。

初年度から年会費の元が取れる

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをメインカードにする3つのデメリット

家族会員カードにはヒルトン「ゴールド」が付帯しない

家族会員カードにもヒルトン「ゴールド」が付帯するクレジットカードはアメックスプラチナ

空港ラウンジ特典が貧弱

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの保有がメリットになる人/デメリットになる人

以下は、SPGアメックスをメインカードにするべき人、するべきでない人の特徴について紹介します。

ただ、PSGアメックスは万能カードなので、旅好きであればほとんどの人にとって所有するメリットがあります。

ですので、SPGアメックスを所有するべきでない人の特徴にフォーカスして解説します。

そもそも旅が嫌いな人

そもそも旅が嫌いな人は、SPGアメックスを持つべきではありません。

なぜなら、

  • 高額な年会費:34,100(税込)
  • 付帯するアメックスの特殊な特典

という理由があるからです。

お金の使い方がSPGアメックスというクレジットカードの特性にマッチしていなければ、非常にコスパの悪いカードになってしまいます。

アメックスの世界観や使い方には、他のクレジットカードにはない独特の感覚があります。

その理由は、アメックスはトラベル&エンターテイメントに特化したサービスを数多く提供することによるものです。

特に、海外旅行に関する付帯サービスが手厚くなっていたり、ポイントをマイルに変えて利用したり、高級なホテルで優雅な滞在をお得にできたりなど、旅を通じて様々な体験を提供するためのサービスが非常に充実しています。

なぜなら、「アメックスらしさ」というのものは、日常を特別なものにするためのサービスを使いこなしてこそ、感じられるからなのです。

例えば、海外旅行先でカードを紛失してしまってもすぐに再発行してくれるとか、24時間日本語でトラブル時のサポートをしてくれるとか、高級ホテルの優待特典や手荷物の無料配送があったりなど。

非日常で味わえる上質な空間や時間のアシストや、カードホルダーが困ったときに全力でサポートしてくれる体制をとっているのがアメックスです。

もし、こうしたアメックスの得意分野であるトラベル&エンターテイメントに縁遠いライフスタイルをしている人がアメックスを持ったらどう感じるでしょうか。

年会費が高いだけのカードだと感じるはずです。

外資系ホテルが嫌いな人

SPGアメックスは、外資系ホテルチェーンの「マリオットボンヴォイ」参加ホテルの利用に特化したカードです。

日系のビジネスホテルやシティホテルなどの利用が多い場合、ほとんど役に立たないでしょう。

ホテル滞在はヒルトン系がメインな人

世界のホテルチェーンの2大ブランドに

  • マリオットボンヴォイ
  • ヒルトン

があります。

上記のうち、「ヒルトン」系列のホテルに宿泊することが多い場合、ほとんど役に立たないでしょう。

家族カードに期待する人

SPGアメックスの家族会員カードは、

  • 本会員カード:34,100(税込)
  • 家族カード :17,050(税込)

となっています。

しかし、マリオットボンヴォイのホテル利用をお得にする目的で、SPGアメックスの家族カードを発行するのはオススメできません。

なぜなら、SPGアメックスの家族会員カードには

  • マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」
  • 無料宿泊特典

は付帯しないからです。

つまり、家族会員カードではホテル滞在も、レストラン割引もお得にはならないのです。

もし、夫婦二人などで上級会員特典を楽しみたいならば、本会員カードを2枚発行することをおすすめします。

SPGアメックスの特約店に期待する人

SPGアメックスにはカード決済でお得になる特約店がありません。

<SPGアメックス決済時の獲得可能ポイント数>

  • 通常決済時:100円=3ポイント
  • マリオットボンヴォイ参加ホテルでの決済時:100円=3ポイント+ゴールドエリート特典で1米ドル=12.5ポイント
  • 公共料金など一部の加盟店での支払い:200円=3ポイント

カード決済時にお得に感じられることは少なくなります。

しかし、上記で紹介したように、ポイント→マイル交換時に交換率が上がる仕組みがあります。

結果的に、特約店ありのクレジットカードに比べ、広い範囲のあらゆる決済でマイル還元率が上がることになり、特約店なしのデメリットを補うことができます。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのメリットを最大限に引き出してお得に旅行する方法

SPGアメックスをメインカードにする条件と使い方

上記では、SPGアメックスを旅行や生活決済のメインカードにするメリットを紹介してきました。

ですが、SPGアメックスも決して、完璧ではありません。

以下では、弱点を補いながらSPGアメックスをメインカードにする条件や使い方を紹介します。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム以外のサブカードを持つ

ヒルトンアメックス以外のカードをサブカードとして所有することで、ヒルトンアメックスのデメリットや弱点を補うことができます。

以下では、SPGアメックスをメインカードとして、サブカードを所有するすることのメリットを紹介します。

アメックスブランドで2枚持ちする

  • メインカード:SPGアメックス
  • サブカード:アメックスブランドの他のカード

とし、2枚持ちする方法です。

アメックス以外の国際ブランドを持つ

  • メインカード:SPGアメックス
  • サブカード:アメックス以外の国際ブランドの他のカード

とし、2枚持ちする方法です。

アメックスのクレジットカードは世界中で利用可能ですが、特に海外ではアメックスのカードで決済できない場合も多いのです。

そうした時に、VISAやMastercard、など別の国際ブランドのカードをもう一枚お財布に入れておくことで、海外旅行の不安をなくすことができます。

サブカードの特典で補う

サブカードの特典でSPGアメックスの弱点を補う方法です。

サブカードの海外旅行保険で弱点を補う

例えば、年会費無料のクレジットカードをサブカードに持つことで、海外旅行保険の金額を上乗せすることができます。

年会費が永年無料で、しかも付帯している海外旅行傷害保険の保証内容が充実しているクレジットカードとして「エポスカード」が有名です。

エポスカードの自動付帯の海外旅行傷害保険は以下のようになっています。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

上の表で重要なのは、「傷害治療費用」と「疾病治療費用」です。

この2つの項目は、他のクレジットカード付帯の金額と合算することが可能です。

そして、この項目の合算金額は多ければ多いほど安心であるのはいうまでもありません。

上記の表のように、クレジットカードの旅行傷害保険には様々な項目があります。

ですが、その中でも一番注目すべき項目は、「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の項目です。

なぜなら、旅先で一番遭遇する率が最も高いのは、ちょっとしたかぜや病気・怪我などで現地の病院で診てもらうことだからです。

そうした際の入院費などをカバーしてくれるのが、この2つの項目です。

旅好きならわかると思いますが、海外旅行に出かけるには国内での旅行よりも、よりトラブルに遭遇する確率が上がることが考えられます。

また、当然ながら海外では健康保険の対象外であり、何かあった際の医療費は日本とは比べ物にならないほど高額であるケースが多いのです。

ですので、少の病気や軽いけがなどによる入院でも数百万円の治療費を請求されたというケースもあります。

その際に大きな安心となってくれるのが、上記の「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の項目です。

「傷害治療費用」と「疾病治療費用」は、他のクレジットカードと合算することも可能ですから、他に何枚クレジットカードを持っていようとも、さらに上乗せで、上記の補償が受けられるということになります。

しかも自動付帯であるので、海外旅行に行くたびに掛け捨ての保険に入らなくてよくなるので、今後の旅行の保険金の節約にも繋がります。

ちなみに、SPGアメックスの海外旅行保険はと合算すると以下のようになります。

傷害治療費用(1事故の限度額) 疾病治療費用(1疾病の限度額)
SPGアメックス 200万円(300万円) 200万円(300万円)
エポスカード 200万円 270万円
合計 400万円(500万円) 470万円(570万円)

※()内は利用付帯。

サブカードの空港ラウンジ特典で弱点を補う

SPGアメックスには、ゴールドカード各種と同等の国内主要空港ラウンジを利用可能な特典があります。

しかし、海外旅行で空港ラウンジを利用したい方にとっては、もの足りない設定となっています。

そこで、「プライオリティ・パス」の特典が付帯するクレジットカードをサブカードで持つことで、世界中の国際空港でラウンジ利用ができるようになります。

プラチナチャレンジを行う

マリオットボンヴォイのホテルをよく利用する方にとっては、「ゴールドエリート」の特典は少々物足りないかもしれません。

そこで、「プラチナチャレンジ」を行うことで、「プラチナエリート」の特典を最短最安で手に入れることができます。

プラチナエリートの特典では、空室状況により

  • クラブラウンジへのアクセス
  • スイートルームへのアップグレードの可能性
  • 朝食無料が選択できる
  • 16時までのレイトチェックアウト

などを楽しむことができます。

旅行好きが旅系クレジットカード選びにこだわる3つのメリット

クレジットカードはあなたのライフスタイルを強力にサポートしてくれます。

ただし、自分の旅行スタイルやライフスタイルに合ったクレジットカードを持たなければ、様々な機能や特典も宝の持ち腐れになってしまいます。

以下では、マイラーや旅行好きにとってメインのクレジットカード選びにこだわる3つの理由を解説します。

1.旅行や日常決済で無駄なくポイント/マイルを高還元率で貯めることができる

クレジットカードのポイント制度には多種多様なものがあり、旅好きには嬉しい

  • ホテルのポイント
  • 航空会社のマイル

が高還元率で貯まるものがあります。

最も利用額が大きくなるメインのクレジットカードに上記のようなものを選ぶことで、無駄なくポイントやマイルが貯まるというメリットがあります。

自分の旅行スタイルにとって必要なポイントやマイルが高還元率で貯まるものを選ぶことで、使うたびに次の旅行に近づくことができるので、カードを使うのが楽しみになってきます。

2.旅行に関する多種多様なサービスでの優待や割引を受けることができる

クレジットカードの役割は、ポイントやマイルを貯めることだけではなく、様々な特典も付帯してきます。

  • ホテルの上級会員資格、
  • 航空会社の上級会員資格
  • 空港ラウンジサービス
  • レストラン割引
  • 国内/海外旅行保険

など、クレジットカードを保有することで、旅行に関する多種多様なサービスでの優待や割引を受けることができるメリットがあります。

自分の旅行スタイルにとって重要な特典が付帯しているクレジットカードをメインに選ぶことで、旅行がさらに楽しくなり、充実したものになります。

3.保有枚数をなるべく少なくしたい

保有するクレジットカードの枚数が多くなればなるほど、

  • 年会費の合計が高額になる
  • 管理が面倒になる
  • 特典を使いきれない、把握しきれない

といった問題にぶつかります。

「保有枚数をなるべく少なくしたい」というのが人情です。

自分の旅行スタイルに必要な機能や特典をなるべく多く備えた一枚をメインのクレジットカードに選ぶことで、保有枚数を少なく抑えることができるメリットがあります。

ヒルトン・オナーズアメックス入会は「紹介プログラム」経由が最もお得

メール講座:飛行機代が一生無料になるブログ運営方法

「飛行機代が一生無料になる」
そう聞いてどんなイメージを持つでしょうか?
 
・家族みんなをハワイ旅行に連れて行きたい

LCCではなく一流の航空会社でラグジュアリーな移動時間を楽しみたい

・憧れのヨーロッパへ一人旅をしてみたい

・ビジネスクラスで世界一周をしてみたい

・出張で月に何度も乗るエコノミークラスをビジネスクラスに変えたい

そう考えた時にまず第一に思い浮かぶのが、
「飛行機代」「ホテル代」「レストラン代」の、
いわゆる「旅の三大費用」をどう捻出するか、です。
 
ただ、
旅の予算は決まっています。
おおよそ、限られた予算の中で
この三大費用をやりくりしながら、
なんとか目的地へたどり着き、
返ってくるというのが
いつものパターンかと思います。
 
しかし、
節約を前提に計画された旅行は、
果たして心から満足できるものなのでしょうか。
果たして遠足前夜のように
心からワクワクできるものなのでしょうか。
いつもの日常から離れて、
普段とは違ったや空間や時間や体験で心を満たすのが、
本来の旅行の目的なのだと思います。
それを、
節約を前提に計画してしまってはもったいない。
 
そんな時に、マイルがあれば
節約どころか、今までよりもワンランク上の
上質な旅を無料で楽しむことが可能になります。

エコノミーからビジネスクラスに。

国内から海外旅行に。

ビジネスホテルからラグジュアリーなホテルに。
 
爆発的にマイルを貯める方法は無限にあります。

・クレジットカードの入会キャンペーンや決済で貯める方法

・飛行機に乗って貯める方法
・ポイントサイトから交換する方法

などが代表的な方法として思い浮かぶかもしれません。
しかし、さらにその中でも
「無料で」「継続的に」貯められる方法となると、
ごく限られています。
 
当サイトが採用している方法は、
一時的でなく年間を通じて安定的に、
しかも日常生活の中でほとんど出費をすることなく、
ほぼほったらかしで
たくさんのマイルを獲得する方法です。
これにより、年に数回、
ヨーロッパや北米などの長距離路線を
ビジネスやファーストクラスで移動することが
視野に入ってきます。
 
当メール講座では、ブログ運営を通じて
長期的・安定的にたくさんのマイルを獲得するための、
いわゆる“勘所”をお伝えしています。

アメックスカード
samiritireをフォローする
マイルの教室
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
タイトルとURLをコピーしました