ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナ特典の違いを徹底比較!2枚持ちも可能!

アメックスカード

この記事では、

  • ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードとアメックスプラチナの特典の違いを比較したい
  • ヒルトンの特典やポイントが貯まるクレジットカードの中から自分に合ったクレジットカードを選びたい

と思っている方の疑問を解決できる記事になっています。

記事前半では、ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムとアメックスプラチナ特典の違いを項目別に比較しています。

記事後半では、アメックスのカードを2枚持ちするメリットとルールについて紹介しています。

この記事を読み終えることで、より自分に合ったカードを選択できるようになり、コストを抑えつつ快適なホテル滞在が実現できるようになります。

 

結論からお伝えすると、

  • ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムがおすすめな人:ホテル滞在はヒルトンだけに特化していて、コストを抑えつつコンパクトにアメックスのカードを使いこなしたい人
  • アメックスプラチナがおすすめな人:家族全員でヒルトンやマリオットのホテルの上級会員を楽しみたい人。エアラインのマイル利用予定があり、アメックスのブランド力に価値を感じていてレストラン、レジャーなどの豊富な特典を楽しみたい人

ということになります。

 

>>「ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの最もお得な入会キャンペーン」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【2021年4月】ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム紹介プログラム経由で75,000ポイント獲得する2つの手順
この記事では、 と疑問を抱える方の悩みを解決できる記事になっています。

 

なお、アメックスにはマリオットの宿泊に特化したクレジットカードであるSPGアメックスもあります。

<「上級会員資格の維持」という点だけで比較したとき>

  • 自分だけヒルトン「ゴールド」、マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」があればいい(家族に上級会員は必要ない)場合:アメックスプラチナ1枚を持つよりも、ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード/プレミアム)+SPGアメックスの2枚持ちの方がコスト削減になる
  • 家族にも上級会員資格が欲しい場合:アメックスプラチナ1枚だけでOK(家族会員カードにもヒルトン「ゴールド」、マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」が付帯)

となります。

また、

<「朝食無料」という点だけで比較したとき>

  • SPGアメックスよりもヒルトン・オナーズアメックス(一般カード/プレミアム)が圧倒的にお得

となります。

なぜなら、付帯するヒルトン「ゴールド」には朝食無料の特典があるからです。(SPGアメックス付帯のマリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」に朝食無料特典はなし)

カード名 付帯する上級会員資格 家族会員カードへの上級会員資格付帯 朝食無料特典
SPGアメックス マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」 なし なし
ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン「ゴールド」 なし あり(会員本人と同伴者)
ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム ヒルトン「ゴールド」 なし あり(会員本人と同伴者)
アメックスプラチナ ヒルトン「ゴールド」

マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」

ラディソンリワーズ「ゴールド

あり あり(ヒルトン「ゴールド」に付帯する特典会員本人と同伴者)

>>「ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsSPGアメックス特典の違いを比較!2枚持ちも可能」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsSPGアメックス特典の違いを徹底比較!2枚持ちも可能!
この記事では、 と疑問を抱える方の悩みを解決できる記事になっています。

また、「withコロナ時代でもクレジットカードの特典を十分に活用できるか?」という点も、重要な比較ポイントになります。

なぜなら、海外旅行や飛行機を使った国内旅行を控える雰囲気のある現在の情勢下では、アメックスプラチナの強力な

  • 空港ラウンジ特典
  • 海外旅行保険

などが十分に活躍できない可能性があるからです。

その点では、国内のホテル滞在に特化したヒルトン・オナーズアメックスは、コンパクトに絞られた年会費と特典のカードであると言えます。

  1. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナの決定的な違いと比較のコツ
    1. withコロナ時代でも特典を十分に利用できるか
    2. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナ比較の決定的な6つの違い
      1. 1.カード入会ボーナス特典で貯まるポイント
        1. ヒルトン・オナーズアメックス
        2. アメックスプラチナ
      2. 2.貯まるポイントと還元率
      3. 3.ウィークエンド無料宿泊特典or無料宿泊特典
        1. ヒルトン・オナーズアメックス
        2. アメックスプラチナ
      4. 4.ヒルトン上級会員「ゴールド」が付帯する範囲
        1. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム
        2. アメックスプラチナ
      5. 5.家族会員カードの特典と年会費
        1. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム
        2. アメックスプラチナ
      6. 6.センチュリオンカードへの招待
  2. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナ基本スペックを一覧表で比較
  3. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナ徹底比較
    1. 入会キャンペーン特典で比較
      1. ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード)の入会キャンペーン特典
      2. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの入会キャンペーン特典
      3. アメックスプラチナの入会キャンペーン特典
    2. 年会費で比較
      1. アメックスプラチナの家族会員カード年会費と付帯特典
    3. 付帯するホテル上級会員ステータスで比較
      1. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの上級会員ステータス
        1. ヒルトン・オナーズ「ゴールド」会員の特典
          1. 客室アップグレード
          2. 朝食無料
      2. アメックスプラチナの上級会員ステータス
        1. マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」会員の特典
          1. 客室アップグレード
          2. 14時までのレイトチェックアウト
        2. ラディソンリワード「ゴールド」エリート会員の特典
    4. 無料宿泊特典(ウィークエンド無料宿泊特典orフリー・ステイ・ギフト)で比較
      1. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのウィークエンド無料宿泊特典
      2. アメックスプラチナの無料宿泊特典
    5. ポイント還元率とマイル還元率で比較
      1. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのポイント還元率とマイル還元率
      2. アメックスプラチナのポイント還元率とマイル還元率
    6. マイル交換可能な航空会社で比較
      1. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのマイル交換可能な航空会社
      2. アメックスプラチナのマイル交換可能な航空会社
    7. 空港ラウンジ特典の比較
      1. アメックスプラチナの空港ラウンジ特典
        1. アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
        2. プライオリティ・パス(プレステージ会員)
    8. コンシェルジュ特典の比較
    9. ホテル宿泊特典の比較
      1. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのホテル特典
        1. ヒルトン・プレミアム・クラブ・ジャパン(HPCJ)
      2. アメックスプラチナのホテル宿泊特典
        1. ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)
    10. レストラン特典の比較
      1. アメックスプラチナのレストラン特典
        1. 2 for 1 ダイニングby招待日和
    11. ステータス性の比較
    12. 旅行傷害保険で比較
      1. 海外旅行傷害保険で比較
      2. 国内旅行傷害保険で比較
    13. ショッピング保険で比較
      1. ショッピング・プロテクション
      2. オンライン・プロテクション
      3. リターン・プロテクション
      4. スマートフォン・プロテクション
      5. キャンセル・プロテクション
      6. アメックスプラチナのショッピング保険
    14. 付帯サービスで比較
    15. 紹介ボーナスポイントで比較
      1. ヒルトン・オナーズアメックスの紹介ボーナスポイント
      2. アメックスプラチナの紹介ボーナスポイント
    16. 上位カードへのインビテーションで比較
  4. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム&アメックスプラチナの最もお得な入会方法
    1. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの最もお得な入会方法
      1. アメックスの紹介プログラムとは?
      2. ヒルトン・オナーズアメックスの「紹介プログラム」経由での申し込み方法の2つの手順
        1. 手順1:メール登録して「紹介専用URL」を獲得する
        2. 手順2:ヒルトン・オナーズアメックスを紹介プログラム経由で申し込む
    2. アメックスプラチナの最もお得な入会方法
  5. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム&アメックスプラチナは2枚持ちが可能!
    1. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム&アメックスプラチナ2枚持ちが可能な理由
      1. 個人カードと個人カードの組み合わせは可能
      2. プロパーカードと提携カードの2枚持ちは可能
    2. 2枚持ちの最大のメリットは特典のいいとこ取りができること
    3. プロパーカードと提携カードの組み合わせでメリットが最大化される理由
    4. 重要なのはそれぞれのカードの得意分野を知ること
    5. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム&アメックスプラチナの2枚持ちの5つのデメリット
    6. 1.特典の重複
    7. 2.ポイントを集中できない
    8. 3.年会費の増額
    9. 4.管理が面倒
    10. 5.盗難や紛失の恐れ
  6. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム&アメックスプラチナの2枚持ちがオススメな人
    1. 様々な体験にお金を使うことに喜びを感じる人
    2. 成人の家族が複数いて年に数回海外旅行に行く、年に数回高級ホテルチェーンに宿泊する人
    3. ヒルトン以外のたくさんのホテルに宿泊してみたい人
    4. 国内旅行保険・海外旅行保険やショッピング保険を充実させたい人
    5. 大切な人とレストランでの食事の時間を充実させたい人
    6. 旅行中の空港ラウンジでの時間を快適にしたい人
  7. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム&アメックスプラチナの2枚持ちがオススメでない人
    1. 日常のお買い物にしか使わない人、節約したい人
    2. 空港ラウンジを利用しない、国内旅行中心ならヒルトン・オナーズアメックスだけでもOK
    3. ヒルトンにしか宿泊しない人はヒルトン・オナーズアメックスだけでもOK
  8. ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナ特典の比較と違いまとめ

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナの決定的な違いと比較のコツ

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムとアメックスプラチナの入会や比較で悩む原因としては、どちらにも共通する豊富な特典や機能が挙げられます。

クレジットカードとしての全体像を比較しやすくするための考え方のコツとして、

  • ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム:ヒルトンのホテル宿泊やポイント機能に特化した特典
  • アメックスプラチナ:ヒルトン含む多ブランドのホテルや旅館優待特典、空港、レストランなど旅行やライフスタイルに幅広く対応した機能や特典

と、大まかに全体像を捉えることをオススメします。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
発行会社 アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス
プロパー/提携 提携カード 提携カード プロパーカード
カードランク 一般 プレミアム プレミアム
年会費 16,500円(税込) 66,000円(税込) 143,000円(税込)
貯まるポイント ヒルトン・オナーズポイント ヒルトン・オナーズポイント メンバーシップ・リワード・ポイント
特徴 ヒルトン宿泊やポイントに特化した特典や機能 ヒルトン宿泊やポイントに特化した特典や機能 ホテル宿泊、マイル交換、空港ラウンジ、レストラン特典 など
旅行やエンターテイメントに幅広い特典や機能

ヒルトン滞在に特化して年会費も特典もコンパクトに使いこなしたい場合にはヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの選択になるでしょう。

スペックや特典の違いについてひとつひとつ細かく確認する前に、上記のように全体像をイメージすることで、両者の比較がしやすくなります。

withコロナ時代でも特典を十分に利用できるか

withコロナの現在、旅行系クレジットカードは特典の見直しを迫られています。

平常時ならば「欲しい特典があるかどうか」だけで考えればいいのですが、withコロナ時代のクレジットカード申し込みにおいて真っ先に考えなければならないのは、「そもそも特典が使えるかどうか」です。

コロナ感染症の影響で旅行業界は大ダメージを受けており、旅行系クレジットカード、特にアメックス系のカードへの影響は大きくなっています。

特典は付いているが、外的要因でそもそも使えない(使いづらい)ということになっているのです。

影響を受けるアメックスプラチナの特典の代表例として、

  • 空港ラウンジ特典(センチュリオンラウンジ、デルタスカイクラブ、プライオリティ・パス):そもそも旅行に行かない、国内、ましてや海外の空港ラウンジなど使わない
  • 高額な海外旅行保険(自動付帯):そもそも海外旅行に行かない
  • コンサート・イベント関連チケットの優先予約枠:そもそもイベントが開催されない
  • ポイントの交換先が航空会社のマイル交換に有利:旅行に行かない
  • 航空券やホテル予約に有利な特典(ファイン・ホテル・アンド・リゾート、プレミアムプラン):旅行に行かない
  • 海外決済でポイントが有利になる(外貨建て決済で3%):海外旅行に行かない
  • レストラン割引優待(2for1ダイニングby招待日和):人が集まる場所での食事はなるべく避けたい

などが挙げられます。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード/プレミアムカード)の特典の中にも、海外旅行保険や空港ラウンジ特典が含まれています。

しかし、メインの特典や機能はヒルトン・オナーズ関連、つまり「ホテル宿泊」に関連するものとなっておりwithコロナ時代でも十分に利用可能であるどころか、年会費をペイするのも簡単です。

また、近年では「ワーケーション」「おこもりステイ」「ステイケーション」といったホテル滞在メインでの旅行やライフスタイルが定着してきており、ヒルトン・オナーズアメックスのホテル特典は不特定多数の人との接触を避けながら旅行や非日常を楽しむのに最適です。

withコロナ時代に海外旅行をしばらくの期間控えようという人にとっては、もはやアメックスプラチナは不要なのかもしれません。

上記の点から考える場合には、

  • アメックスプラチナ1枚だけ

よりも、

  • ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード/プレミアムカード)+SPGアメックスの2枚持ち

の方が、年会費も抑えられ、欲しい特典だけ得られるので賢い選択かもしれません。

>>「ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsSPGアメックス特典の違いを比較!2枚持ちも可能」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsSPGアメックス特典の違いを徹底比較!2枚持ちも可能!
この記事では、 と疑問を抱える方の悩みを解決できる記事になっています。

>>「ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをメインカードにするメリットとデメリット」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをメインカードにするの7つのメリット、5つのデメリット
この記事では、 と疑問を抱える方の悩みを解決できる記事になっています。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナ比較の決定的な6つの違い

2つのカードにはどちらも似たような特典もあれば、異なる特典もあります。

ヒルトン・オナーズアメックスだけの特典・機能 アメックスプラチナだけの特典・機能 2枚に共通する特典・機能
貯まるポイント:ヒルトン・オナーズポイント

ウィークエンド無料宿泊特典

HPCJ(ヒルトン・プレミアム・クラブ・ジャパン)会員

家族カードが3枚まで無料(4枚目13,500円)

など

貯まるポイント:メンバーシップ・リワード・ポイント

フリー・ステイ・ギフト

ファイン・ホテル・アンド・リゾート

ホテル・メンバーシップ

プライオリティ・パス

チタンカード

センチュリオンカードへの招待

家族カードが4枚まで無料

など

ヒルトン上級会員「ゴールド」(ヒルトンアメックスは本会員のみ、アメックスプラチナは家族カード4枚まで無料で付帯)

旅行保険、空港ラウンジなど、アメックスカード共通の特典・サービス

など

※アメックスカード共通の特典・サービスはカードランクに応じた違いがあります。

 

上記の違いで特に重要な違いになるのが、

  1. カード入会ボーナス特典で貯まるポイント
  2. 貯まるポイントと還元率
  3. ウィークエンド無料宿泊特典or無料宿泊特典
  4. ヒルトン上級会員「ゴールド」が付帯する範囲
  5. 家族会員カードの特典と年会費
  6. センチュリオンカードへの招待

です。

1.カード入会ボーナス特典で貯まるポイント

カード入会ボーナス特典で貯まるポイントが違います。

  • ヒルトン・オナーズアメックス:ヒルトン・オナーズポイント
  • アメックスプラチナ:アメックスのメンバーシップ・リワード・ポイント

スタートダッシュでヒルトン・オナーズポイントをより多く貯めたいのであれば、ヒルトンアメックスが選択肢になります。

ヒルトン・オナーズアメックス

ヒルトン・オナーズポイントが貯まります。

  • ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード):入会後、3ヶ月以内に75万円の決済で合計35,200(ヒルトン・オナーズ)ポイント
  • ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム:入会後、3ヶ月以内に150万円の決済で合計120,000(ヒルトン・オナーズ)ポイント

貯めたポイントは、

  • ヒルトングループホテルの宿泊やレストラン、スパなど
  • 航空会社41社のマイル
  • 多彩なアイテムや商品券
  • 世界各地で行われるイベント体験

などに交換することができます。

アメックスプラチナ

アメリカン・エキスプレス・カードの「メンバーシップ・リワード・ポイント」が貯まります。

  • 入会後、3ヶ月以内に100万円の決済で合計70,000(メンバーシップ・リワード・)ポイント

貯まります。

  • 航空会社17社のマイル
  • マリオットボンヴォイ、ヒルトン・オナーズのポイント
  • 多彩なアイテムや商品券
  • アメックスオリジナルのイベント体験

などに交換することができます。

2.貯まるポイントと還元率

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムとアメックスプラチナでは貯まるポイントが違います。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
貯まるポイント ヒルトン・オナーズポイント ヒルトン・オナーズポイント メンバーシップ・リワード・ポイント
通常還元率 100円=2ポイント 100円=3ポイント 100円=1ポイント
ヒルトン利用時の還元率 100円=3ポイント 100円=7ポイント 100円=1ポイント
ヒルトン・オナーズポイントへの交換率 2,000ポイント→1,250ポイント
ヒルトン・オナーズポイントへの交換率(メンバーシップ・リワード・プラス登録時) 1,000ポイント→1,250ポイント

3.ウィークエンド無料宿泊特典or無料宿泊特典

カードの2年目以降の継続で無料宿泊特典がもらえます。

  • ヒルトン・オナーズアメックス:ウィークエンド無料宿泊特典、前年の年間決済額の条件あり
  • アメックスプラチナ:無料宿泊券(フリー・ステイ・ギフト)、無条件

どちらも2年目以降の継続特典というのは同じですが、ヒルトン・オナーズアメックスは前年の年間決済額の条件を満たす必要がありますが、アメックスプラチナは無条件でもらえます。

ヒルトン・オナーズアメックス

定められた年間決済額以上を決済することで、ヒルトン・オナーズのホテルに一泊することができる宿泊券(ウィークエンド無料宿泊特典)がもらえます。

  • ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード):カード継続+前年の決済額が年間150万円以上でウィークエンド無料宿泊特典付与
  • ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム:カード継続でウィークエンド無料宿泊特典付与+前年の決済額が年間300万円以上でさらにもう1泊分付与

世界各国の6,000以上のヒルトン系列ホテル(コンラッド、ウオルドーフ・アストリアなどの高級ホテル含む)が対象で、選ぶホテルによっては1泊10万円するホテルの宿泊にも使うことができ、年会費の元を取りやすい特典です。

使い方次第では、可能性とコスパの最も高いカード特典と言えます。

アメックスプラチナ

「フリー・ステイ・ギフト」という無料宿泊特典です。

カード継続2年目の年会費支払い後、約2ヵ月後にもらえます。

国内の幅広い地域の有名ホテルのスタンダードルームに2名1室、1泊することができます。

ただし、

  • 電話予約が必要
  • 利用対象外の日がある

など、実際のところ、あまり使い勝手がよくないのが難点です。

4.ヒルトン上級会員「ゴールド」が付帯する範囲

ヒルトン上級会員「ゴールド」が付帯する範囲が違います。

  • ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード/プレミアム):家族会員カードには付帯なし
  • アメックスプラチナ:家族会員カード(4枚まで発行可能)にも自動付帯付帯

となります。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
年会費 16,500円(税込) 66,000円(税込) 143,000円(税込)
家族カード年会費 1枚目無料
2枚目6,600円(税込)
3枚無料
4枚目13,200円(税込)
無料、最大4枚まで
家族カードへのヒルトン「ゴールド」の付帯 なし なし あり

なお、2020年10月、ヒルトンは新型コロナ特別対応を発表しました。

Hilton’s COVID-19 Response & Policies | Hotels by Hilton
We are committed to providing you a safe & relaxing hotel stay. Find the latest information regarding coronavirus (COVID-19) travel flexibility, safety & more.

  • ポイントの有効期限が2022年12月まで延長される
  • 現在保有しているステータス、2020年に取得したステータスは2022年3月31まで適用される
  • 2021年の上級会員の資格取得条件(ポイント/泊数/滞在数)が通常の半分に
  • マイルストーンボーナス獲得条件の緩和
  • 上級会員資格の譲渡条件の緩和

特に上級会員の資格取得条件が通常の半分になったのは大きく、

会員ステータス 通常の条件 コロナ特別対応の条件(2021年限定)
ブルー
  • 会員登録のみ
シルバー
  • 1年間に4回の滞在

または

  • 1年間に10泊の宿泊
  • 1年間に2回の滞在

または

  • 1年間に5泊の宿泊

または

  •  1暦年間に12,500ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
ゴールド
  • 1年間に20回の滞在

または

  • 1年間に40泊の宿泊

または

  •  1暦年間に75,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
  • 1年間に10回の滞在

または

  • 1年間に20泊の宿泊

または

  •  1暦年間に37,500ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
ダイヤモンド
  • 1年間に30回の滞在

または

  • 1年間に60泊の宿泊

または

  • 1暦年間に120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
  • 1年間に15回の滞在

または

  • 1年間に30泊の宿泊

または

  • 1暦年間に60,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

特にダイヤモンドステータスを目指す人にとってはこれ以上ないチャンスになります。

ダイヤモンドでは

  • 朝食無料
  • クラブラウンジ利用

が可能になります。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム

ヒルトン「ゴールド」が自動付帯するのは本会員カードのみです(家族会員カードには付帯なし)。

アメックスプラチナ

家族会員カードを4枚まで無料で発行でき、その全てにヒルトン上級会員「ゴールド」が付帯します。

成人の家族が複数人いて、それぞれ本会員とは別々に旅行をする場合に役に立ちます。

5.家族会員カードの特典と年会費

家族カードの特典と年会費が違います。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム
  • ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード):1枚目無料、2枚目以降6,600円(税込)/枚
  • ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム:3枚まで無料、4枚目以降13,200円(税込)/枚
アメックスプラチナ

アメックスプラチナの高額な年会費の元を取るコツは家族カードの使い方にあります。

本会員カードとほぼ同等の特典が付帯する家族カードを最大4枚まで無料で発行できます。

年会費143,000円(税込)で最大5枚のアメックスプラチナを発行できることになるので、できるだけ多く発行した方が、1枚あたりの年会費が下がります。

6.センチュリオンカードへの招待

アメックスの最上位カード、センチュリオンカードへのインビテーションがもらえるのはアメックスプラチナだけです。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナ基本スペックを一覧表で比較

以下で、2枚のスペックを比較します。

上記でもお伝えしたように、基本的にはヒルトンのホテル滞在に特化した特典を持つのがヒルトン・オナーズアメックスプレミアム。

一方で、アメックスプラチナは国内はもとより海外旅行やレストラン特典、レジャー特典など、ライフスタイ全般を上質なものにしてくれる特典が備わっています。

項目 ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
発行会社 アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス
プロパー/提携 提携カード 提携カード プロパーカード
カードランク 一般 プレミアム プレミアム
年会費 16,500円(税込) 66,000円(税込) 143,000円(税込)
家族会員カード年会費 1枚目無料
2枚目以降6,600円(税込)
3枚無料
4枚目以降13,200円(税込)
無料、最大4枚まで
家族会員カードへのヒルトン上級会員ステータス付帯 なし なし ヒルトン「ゴールド」
マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート
ラディソンリワーズ「ゴールド」
ETC年会費 年会費:無料
新規発行手数料:935円(税込)/1枚
年会費:無料
新規発行手数料:935円(税込)/1枚
年会費:無料
新規発行手数料:935円(税込)/1枚
チタンカード あり
センチュリオンカードへの招待 あり
貯まるポイント ヒルトン・オナーズポイント メンバーシップ・リワード・ポイント
通常還元率 100円=2ポイント 100円=3ポイント 100円=1ポイント
ヒルトン利用時の還元率 100円=3ポイント 100円=7ポイント 100円=1ポイント
ヒルトン・オナーズポイントへの交換率 2,000ポイント→1,250ポイント
ヒルトン・オナーズポイントへの交換率(メンバーシップ・リワード・プラス登録時) 1,000ポイント→1,250ポイント
 マイル還元率 0.2〜0.3% 0.3〜0.7% 0.4〜1.0%
 マイル交換可能な航空会社 ANA/JALを含む40社 ANA/JALを含む40社 ANA/JALを含む17社
特徴 ヒルトン宿泊やポイントに特化した特典や機能 ヒルトン宿泊やポイントに特化した特典や機能 ホテル宿泊、マイル交換、空港ラウンジ、レストラン特典 など
旅行やエンターテイメントに幅広い特典や機能
付帯する上級会員資格 ヒルトン「ゴールド」 ヒルトン「ゴールド」 ホテル・メンバーシップ

  • ヒルトン「ゴールド」
  • マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」
  • ラディソンリワーズ「ゴールド」
ヒルトンの朝食無料 あり(会員本人と同伴者) あり(会員本人と同伴者) あり(会員本人と同伴者)
2年目以降のヒルトンステータス維持条件 なし なし なし
ヒルトンステータスランクアップ条件 なし 1月から12月の1年間で合計200万円以上ご利用いただいた基本カード会員様に、達成年の翌年末までダイヤモンド なし
無料宿泊特典(継続特典) ウィークエンド無料宿泊特典(世界中のヒルトン参加ホテル)
条件:入会日・切替日から1年間で150万円以上利用してカード継続
ウィークエンド無料宿泊特典(世界中のヒルトン参加ホテル)
条件:カードの継続
追加条件:カードの入会日・切替日から毎年1年間にカードを合計300万円以上ご利用のうえ、カードを継続されると、ウィークエンド無料宿泊特典をさらにもう1泊プレゼント
フリー・ステイ・ギフト(国内の有名ホテル)
条件:カードの継続
ホテル宿泊特典 HPCJ(10,000円、2年目以降10,000円) HPCJ(初年度無料、2年目以降10,000円) FHR
空港ラウンジ 国内28空港・海外2空港 国内28空港・海外2空港 国内28空港・海外2空港
プライオリティ・パス(プレステージ会員)
センチュリオンラウンジ
デルタ スカイクラブ など
コンシェルジュ オーバーシーズ・アシスト オーバーシーズ・アシスト プラチナ・コンッシェルジェ
レストラン特典 2for1 ダイニングby招待日和
日本の極 KIWAMI 50
海外旅行傷害保険 利用付帯(最高3,000万円) 利用付帯(最高1億円) 自動付帯(最高1億円)
国内旅行傷害保険 利用付帯(最高2,000万円) 利用付帯(最高5,000万円) 利用付帯(最高1億円)
航空便遅延補償
個人賠償責任保険
ショッピング・プロテクション
オンライン・プロテクション
リターン・プロテクション
スマートフォン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
ホームウェア・プロテクション
ワランティープラス
手荷物無料宅配
京都特別観光ラウンジ
チケット・アクセス
ゴールド・ワインクラブ
アメリカン・エキスプレス・コネクト
Expedia 8%オフ
紹介ボーナスポイント 15,000メンバーシップ・リワード・ポイント

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナ徹底比較

ヒルトン・オナーズアメックスもアメックスプラチナも特典やサービスが大変に多く、すべてを把握しようとすると、かえって全体像が見えにくくなってしまいます。

ですので、以下では代表的なもの、よく使う特典や機能に的を絞って違いを比較していきます。

入会キャンペーン特典で比較

入会ボーナス特典を重視する場合には、両方のカードも既存アメックス会員からの「紹介プログラム」経由での入会の方がお得になっています。

対象カード ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
紹介プログラム経由での入会ボーナス特典     【合計70,000ボーナスポイント】

  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計50万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計100万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • さらに100万円のご利用で通常ポイント10,000ポイント

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード)の入会キャンペーン特典

  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計●●万円以上ご利用で●●ボーナスポイント
  • ●万円の利用で0,000ポイント(通常獲得ポイント)

【合計00,000ボーナスポイント】

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード)は既存アメックス会員からの紹介が最もお得です。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード)紹介プログラム希望の場合は、以下のフォームからメール登録をしてください。

30秒以内に、「ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード)」を紹介プログラム経由で申し込むためのURLリンクをメールでお送りします。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの入会キャンペーン特典

  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計●●万円以上ご利用で●●ボーナスポイント
  • ●万円の利用で0,000ポイント(通常獲得ポイント)

【合計00,000ボーナスポイント】

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムは既存アメックス会員からの紹介が最もお得です。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム紹介プログラム希望の場合は、以下のフォームからメール登録をしてください。

30秒以内に、「ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム」を紹介プログラム経由で申し込むためのURLリンクをメールでお送りします。

アメックスプラチナの入会キャンペーン特典

  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計50万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計100万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • さらに100万円のご利用で通常ポイント10,000ポイント

【合計70,000ボーナスポイント】

アメックスプラチナは既存アメックス会員からの紹介が最もお得です。

アメックスプラチナの紹介を希望の場合は、以下のフォームからメール登録をしてください。

30秒以内に、「アメックスプラチナ」を紹介プログラム経由で申し込むためのURLリンクをメールでお送りします。

年会費で比較

年会費、家族カード年会費の比較です。

アメックスの家族カードの対象範囲は2親等以内の親族です。

しかし、条件付きで上記以外の内縁の妻、婚約者などにも発行することができます。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
年会費 16,500円(税込) 66,000円(税込) 143,000円(税込)
家族カード年会費 1枚目無料
2枚目6,600円(税込)
3枚無料
4枚目13,200円(税込)
無料、最大4枚まで
家族カードへのヒルトン「ゴールド」の付帯 なし なし あり
ETC年会費 年会費:無料
新規発行手数料:935円(税込)/1枚
年会費:無料
新規発行手数料:935円(税込)/1枚
年会費:無料
新規発行手数料:935円(税込)/1枚

>>「ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの年会費を初年度から実質無料にする使い方」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム年会費を初年度から実質無料にする5つの使い方
この記事では、ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム年会費を初年度から実質無料にする使い方を具体的に5つ紹介しています。

ヒルトン・オナーズアメックスは家族カードを発行するメリットはあまりありません。

なぜなら、ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード/プレミアム)の家族会員カードにはヒルトン「ゴールド」は付帯しないからです。

アメックスプラチナの家族会員カード年会費と付帯特典

アメックスプラチナの年会費の元を取るヒントは「家族会員カード」の使い方にあります。

アメックスプラチナの家族カードは、

  • 最大4枚まで無料
  • 家族カード会員も本会員とほぼ同等の特典を利用可能

という待遇です。

特筆すべきは、4枚の家族会員カードにも、本会員と同じように、ホテル特典や空港ラウンジなどほぼ全ての特典が付帯することです。

逆に、本会員カードにはあって家族会員カードに付帯しない特典を挙げると、

  • 新規入会ギフト
  • バースデイギフト
  • メタルカード、追加カード(ACカード、ETCカード)
  • フリー・ステイ・ギフト
  • 海外旅行保険が利用付帯

だけとなります。

以下で、家族カードの発行枚数と1枚あたりの年会費を確認します。

合計発行枚数 内訳 1枚あたりの年会費
1枚 本会員のみ 143,000円(税込)
2枚 本会員+家族会員1枚 71,500円(税込)
3枚 本会員+家族会員2枚 47,666円(税込)
4枚 本会員+家族会員3枚 35,750円(税込)
5枚 本会員+家族会員4枚 28,600円(税込)

ちなみに、他のアメックスカードの年会費と比較すると、

  • アメックスゴールド:31,900円(税込)
  • SPGアメックス:34,100円(税込)
  • ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム:66,000円(税込)
  • ANAアメックスゴールド:34,100円(税込)
  • デルタアメックスゴールド:28,600円(税込)
  • スカイトラベラー プレミアカード:38,500円(税込)

となっています。

また、アメックスプラチナの本会員カード、家族カードにはプライオリティ・パス(プレステージ会員、年会費1,995USドル)がそれぞれ1枚付帯します。

プライオリティ・パス合計発行枚数 内訳 個別に発行した場合のプライオリティ・パス年会費合計(1USドル=105円で計算) アメックスプラチナ1枚あたりの年会費
1枚 本会員のみ 429USドル(約45,045円) 143,000円(税込)
2枚 本会員+家族会員1枚 858USドル(約90,090円) 71,500円(税込)
3枚 本会員+家族会員2枚 1,287USドル(約135,135円) 47,666円(税込)
4枚 本会員+家族会員3枚 1,716USドル(約180,180円) 35,750円(税込)
5枚 本会員+家族会員4枚 2,145USドル(約225,225円) 28,600円(税込)

なお、アメックスプラチナ付帯のプライオリティ・パスは

<プレステージ会員>

  • 同伴者1名も無料で対象の空港ラウンジ利用可能

となっています。

つまり、最大で同時に10名まで空港ラウンジを利用することができます。

さらに、アメックスプラチナ本会員カード、家族カードには以下のホテルの上級会員資格がそれぞれ付帯します。

付帯するホテル上級会員資格 取得条件 宿泊費合計(1泊2万円で計算) 個別に取得した場合の宿泊費合計 アメックスプラチナの年会費
マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」 25泊 50万円 200万円 143,000円(税込)
ヒルトン「ゴールド」 40泊 80万円
ラディソンリワード「ゴールド」 35泊 70万円

上記費用を、家族カード1枚あたりの年会費と比較すると、

合計発行枚数 内訳 付帯するホテル上級会員資格 個別に発行した場合の宿泊費合計(1泊2万円で計算) アメックスプラチナ1枚あたりの年会費
1枚 本会員のみ それぞれに、

マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」
ヒルトン「ゴールド」
ラディソンリワード「ゴールド」

200万円 143,000円(税込)
2枚 本会員+家族会員1枚 400万円 71,500円(税込)
3枚 本会員+家族会員2枚 600万円 47,666円(税込
4枚 本会員+家族会員3枚 800万円 35,750円(税込)
5枚 本会員+家族会員4枚 1,000万円 28,600円(税込)

のようになります。

他にも、レストランでのコース料理2名分予約で1名分が無料になる2 for 1ダイニングby招待日和があります。

付帯する特典 通常年会費
2 for 1ダイニングby招待日和 33,000円(税込)

上記費用を、家族カード1枚あたりの年会費と比較すると、

合計発行枚数 内訳 付帯する特典 個別に入会した場合の年会費合計 アメックスプラチナ1枚あたりの年会費
1枚 本会員のみ それぞれに、

2 for 1ダイニングby招待日和

33,000円(税込) 143,000円(税込)
2枚 本会員+家族会員1枚 66,000円(税込) 71,500円(税込)
3枚 本会員+家族会員2枚 99,000円(税込) 47,666円(税込)
4枚 本会員+家族会員3枚 132,000円(税込) 35,750円(税込)
5枚 本会員+家族会員4枚 165,000円(税込) 28,600円(税込)

上記以外にも、アメックスプラチナの家族会員カードには

  • ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)
  • プラチナコンシェルジェ
  • 手荷物宅配サービス

などの豊富な特典が付帯します。

付帯するホテル上級会員ステータスで比較

以下では、付帯する上級会員ステータスで比較します。

  ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックス アメックスプラチナ
上級会員ステータス ヒルトン「ゴールド」 ヒルトン「ゴールド」 ホテル・メンバーシップ

マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」
ヒルトン「ゴールド」
ラディソンリワード「ゴールド」

2年目以降のステータス維持条件 なし なし なし
ステータスランクアップ条件 なし 1月から12月の1年間で合計200万円以上ご利用いただいた基本カード会員様に、達成年の翌年末までダイヤモンド なし

アメックスプラチナには「ホテル・メンバーシップ」という名称で、3つのホテルプログラムの上級会員ステータスが付帯します。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの上級会員ステータス

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムに入会するとヒルトン「ゴールド」が自動付帯します。

さらに、1月から12月の1年間で合計200万円以上ご利用いただいた基本カード会員様に、達成年の翌年末までヒルトン「ダイヤモンド」にランクアップできる特別条件が付いています。

同じヒルトン「ゴールド」ですが、アメックスプラチナと違う点です。

ヒルトン・オナーズ「ゴールド」会員の特典
クリックで開く

ヒルトン・オナーズでは入会後、参加ホテル/リゾートのいずれかでの対象となるご宿泊日数が一定数に達すると、上級会員資格を獲得できます。

会員ステータス 必要条件
メンバー 入会(無料)
シルバー
  • 1年間に4回のご滞在、または
  • 1年間に10泊のご宿泊
  • 1暦年間に25,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
ゴールド
  • 1年間に20回のご滞在、または
  • 1年間に40泊のご宿泊
  • 1暦年間に75,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
ダイヤモンド
  • 1年間に30回のご滞在、または
  • 1年間に60泊のご宿泊
  • 1暦年間に120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

ヒルトン「ゴールド」は、

  • 1年間に20回のご滞在、または
  • 1年間に40泊のご宿泊
  • 1暦年間に75,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

のいずれかの条件を満たすことで得られる上級会員ステータスです。

ヒルトン・オナーズ「ゴールド」会員の特に嬉しい特典は以下の通りです。

「ゴールド」会員は、1つ下のランクの「シルバー」会員とは雲泥の差の高待遇になり、1回あたりの宿泊の快適度と満足度が圧倒的にアップします。

特典 メンバー シルバー ゴールド ダイヤモンド
会員様向け割引保証
無料宿泊につながるポイントとエリートランク・ボーナスポイントの加算 +20% +80% +100%
特典滞在時のリゾート料金不要
デジタルチェックイン&客室の洗濯
Digital Key(デジタルキー)
客室内およびロビーでのWi-Fi スタンダード スタンダード スタンダード プレミアム
2人目のお客様ご宿泊無料
レイト・チェックアウト
ポイント譲渡およびポイントプール無料
スタンダードルーム特典により、5泊目無料
ボトルウォーター2本
エリート会員様の繰越特典
お部屋のアップグレード(空室状況によります) 客室タイプ
エグゼクティブまで
客室タイプ
1ベッドルームスイートまで
すべてのホテルでの朝食無料サービス
無制限のマイルストーンボーナス
エグゼクティブラウンジのご利用
ダイヤモンド会員資格の延長
48時間客室保証
エリート会員資格の贈呈

ヒルトン公式サイトより

ゴールド会員の特に嬉しい特典が

  • 80%ボーナスポイント加算
  • 空室状況による客室アップグレード(エグゼクティブまで)
  • 全てのホテルでの朝食無料サービス
  • レイトチェックアウト

です。

中でも嬉しいのが客室アップグレード、朝食無料サービスです。

客室アップグレード

空室状況による客室アップグレードがあります。

ただし、エグゼクティブランクのお部屋までで、スイートルームは含まれません。

朝食無料

全てのヒルトン・オナーズ参加ホテルで2名分の朝食が無料になります。

アメックスプラチナの上級会員ステータス

アメックスプラチナには「ホテル・メンバーシップ」としてヒルトン「ゴールド」に加えて2つのホテルブランドの上級会員ステータスが付帯します。

マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」会員の特典
クリックで開く

Marriott Bonvoyでは入会後、参加ホテル/リゾートのいずれかでの対象となるご宿泊日数が一定数に達すると、エリート会員資格を獲得できます。

会員ステータス 必要宿泊日数
メンバー -
シルバー 対象となるご宿泊10〜24泊
ゴールド 対象となるご宿泊25〜49泊
プラチナ 対象となるご宿泊50〜74泊
チタン 対象となるご宿泊75泊以上
アンバサダー 対象となる宿泊100泊および滞在で獲得した対象となる料金に基づく対象となる年間ご利用額20,000米ドル

「ゴールドエリート」会員は、1つ下のランクの「シルバーエリート」会員とは雲泥の差の高待遇になり、1回あたりの宿泊の快適度と満足度が圧倒的にアップします。

特典 Marriott Bonboy
会員
0~9泊/年
Marriott Bonboy
シルバーエリート
10~24泊/年
Marriott Bonboy
ゴールドエリート
25~49泊/年
Marriott Bonboy
プラチナエリート
50~74泊/年
Marriott Bonboy
チタンエリート
75~99泊/年
Marriott Bonboy
アンバサダーエリート
年間100泊滞在+対象となるご利用金額年間20,000米ドル
客室内無料
インターネットアクセス
※より早いインターネット
会員料金
モバイル チェックイン/サービス
完全予約保証
ポイントボーナス
10%ボーナス

25%ボーナス

50%ボーナス

75%ボーナス

75%ボーナス
優先レイトチェックアウト
※客室状況にろちご利用いただけない場合もあります

午後2時

午後4時

午後4時

午後4時
エリート会員専用サポート
ホテルのウェルカムギフト
※ブランドにより異なります

ポイント

ポイント、朝食
オファーまたはアメニティ

ポイント、朝食
オファーまたはアメニティ

ポイント、朝食
オファーまたはアメニティ
より望ましい客室へのアップグレード
客室状況によりご利用いただけない場合もあります

一部スイートを含む

一部スイートを含む

一部スイートを含む
ラウンジへのアクセス
客室タイプの保証
年間チョイス特典
(スイートナイトアワード5泊分またはギフトオプション)
対象となる宿泊日数50泊の特典
年間チョイス特典
(スイートナイトアワード5泊分またはギフトオプション)
対象となる宿泊日数75泊の特典
48時間前予約保証
アンバサダーサービス
Your 24

マリオット公式サイトより

ゴールドエリート会員の特に嬉しい特典が

  • 25%のボーナスポイント加算
  • 客室アップグレード
  • 14時までのレイトチェックアウト
  • ウェルカムギフトとしてポイント付与

です。

中でも嬉しいのが客室アップグレード、14時までのレイトチェックアウトです。

客室アップグレード

空室状況に応じた客室アップグレードが行われます。

ただし、スイートルームは除きます。

14時までのレイトチェックアウト

14時までのレイトチェックアウトでゆったりくつろげます。

ラディソンリワード「ゴールド」エリート会員の特典
クリックで開く

ラディソンリワーズには4つのランクがあり、アメックスプラチナに付帯するのは「ゴールド」です。

会員ステータス 必要条件
クラブ会員
シルバー会員 9泊 or 6滞在/年
ゴールド会員 30泊 or 20滞在/年
プラチナ会員 60泊 or 30滞在/年

通常であれば、30泊もしくは20回の滞在実績が必要なステータスです。

ラディソン リワードの「ゴールド」会員の主なメリットは以下の通りです。

  • 会員料金として最大10%割引
  • ボーナスポイント35%
  • レストランの飲食料金15%OFF
  • 部屋の無料アップグレード
  • アーリーチェックインおよびレイトチェックアウト
  • 72時間の空室保証

ラディソンリワーズの4つの会員ステータスと特典は以下のようになっています。

特典 クラブ会員 シルバー会員 ゴールド会員 プラチナ会員
条件 9泊 or 6滞在/年 30泊 or 20滞在/年 60泊 or 30滞在/年
会員料金 最大10%割引
ポイント付与 20 / $ 1 22 / $ 1 25 / $ 1 35 / $ 1
飲食割引 5% 10% 15% 20%
無料のアワードナイト
パートナー特典交換
ポイント+現金
会議とイベント
無料ウォーター
ロールオーバーナイト
部屋の無料アップグレード
アーリーチェックインおよびレイトチェックアウト
ウェルカムギフト
空室保証 72時間 48時間
朝食無料
プラチナメンバーサービスライン

無料宿泊特典(ウィークエンド無料宿泊特典orフリー・ステイ・ギフト)で比較

カード継続2年目以降でもらえる、無料宿泊特典で比較します。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム
アメックスプラチナ
無料宿泊特典  ウィークエンド無料宿泊特典  ウィークエンド無料宿泊特典 フリー・ステイ・ギフト
無料宿泊(2名1泊)
獲得条件 入会日・切替日から1年間で150万円以上利用してカード継続 カードの継続 カードの継続
追加条件 - カードの入会日・切替日から毎年1年間にカードを合計300万円以上ご利用のうえ、カードを継続されると、ウィークエンド無料宿泊特典をさらにもう1泊プレゼント -
対象ホテル 国内外6,000以上のヒルトン系列ホテル 国内外6,000以上のヒルトン系列ホテル 国内の有名ホテル(ヒルトン以外のホテルも対象)

ヒルトンの場合は、

  • ヒルトンニセコビレッジ
  • ヒルトン東京
  • ヒルトン東京ベイ
  • ヒルトン大阪
  • ヒルトン沖縄北谷リゾート
  • ヒルトン沖縄瀬底リゾート
ヒルトン系列での利用 ヒルトン「ゴールド」特典
朝食無料
週末のみ
国内外のコンラッド、ウォルドーフ・アストリアなど高級ホテル含む
ヒルトン「ゴールド」特典
朝食無料
週末のみ
国内外のコンラッド、ウォルドーフ・アストリアなど高級ホテル含む
ヒルトン「ゴールド」特典
朝食無料
平日・週末可能(除外日あり)
国内のみ(対象ホテルは上記記載)

ヒルトン・オナーズアメックスの週末無料宿泊特典は、使い方次第では10万円分もの価値になる、非常に可能性の秘められた特典です。

国内ホテルのスタンダードルームという枠内で使わなければならないアメックスプラチナの「フリー・ステイ・ギフト」と比較して、世界6000軒以上のヒルトン系列ホテルで利用可能(高級ホテル含む)なヒルトン・オナーズアメックスの「ウィークエンド無料宿泊特典」は利用範囲が広く、年会費の元が取りやすい特典です。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのウィークエンド無料宿泊特典

一般カードとプレミアムカードでは、ウィークエンド無料宿泊特典のプレゼント条件が違います。

  • ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード):入会日・切替日から1年間で150万円以上利用してカード継続で1泊プレゼント
  • ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム:カード継続でウィークエンド無料宿泊特典+年間300万円以上決済でもう1泊プレゼント

ウィークエンド無料宿泊特典はヒルトン・ポートフォリオ内のホテルやリゾートに無料宿泊することができます。

<ウィークエンド無料宿泊特典利用の条件>

  • アメリカン・エキスプレスとヒルトン・オナーズとのお客様登録情報の照合が完了していない場合、本特典は適用されません。
  • ウィークエンド無料宿泊特典は、基本カード会員様のみご利用いただけます。
  • ウィークエンド無料宿泊特典は特典発行から1年間有効とし、金、土もしくは日曜日の夜、いずれか1泊にご利用いただけます。(月-木曜日のご宿泊にはご利用いただけません。)
  • ヒルトン・オナーズエリートステータスならびにその特典はヒルトン・オナーズ会員規約が適用されます。詳細はhttps://hiltonhonors3.hilton.com/ja_JP/terms/index.htmlよりご確認ください。

ウィークエンド無料宿泊特典は、国内外の高級からスタンダードまでの世界6000軒以上の幅広いヒルトン系列ホテルで利用可能です。

例えば国内なら「コンラッド東京」や「コンラッド大阪」、海外なら平日でも最低料金が8万円を超える「グランド・ワイレア・ウォルドーフ・アストリア・リゾート(ハワイ、マウイ島)」なども対象になります。

ですので、使い方次第では、ヒルトン・オナーズアメックスの特典の中で、可能性とコスパが最も高い特典と言えそうです。

アメックスプラチナの無料宿泊特典

アメックスプラチナの無料宿泊特典は「フリー・ステイ・ギフト」です。

[フリー・ステイ・ギフトのご利用に関するご注意]

※1泊食事なしのプランです。

※お食事など追加でサービスをご利用された場合、カード会員様ご自身で追加料金をお支払いください。

※記載の客室タイプが無料宿泊の対象です。アップグレードをご希望の方は、差額をお支払いいただく事によりご宿泊いただける場合がございます。詳細は各ホテルにお問い合わせください。

※基本カード会員様、または家族カード/追加カード会員様ご本人を含む宿泊のみにご利用いただけます。宿泊券は転売したり、第三者(サービス対象の家族カード/追加カード会員様を除く)へ譲渡することはできません。

※ご予約の取消・変更は各ホテルが指定する期限内にお手続きください。ご連絡なき場合、宿泊券はご利用済みとしてホテルにご送付いただくか所定のキャンセル料をお支払いいただきます。

※ご宿泊当日時点で対象カードを解約されていた場合、宿泊券はご利用いただけませんのでご注意ください。

※宿泊券のご呈示がない場合、ご到着日の一般販売料金にて宿泊代を頂戴いたします。

※宿泊券は有効期限を過ぎますとご利用いただけません。必ず有効期限内に完了するご宿泊にご利用ください。

※宿泊券の再発行はいたしかねます。また宿泊券の複写はご利用いただけません。

※宿泊券の紛失、盗難または滅失などに対して、特典対象ホテルおよび弊社は責任を負いかねますのでご了承ください。

※宿泊券を通して提供されたサービスについて問題が生じた場合は、カード会員様と各対象ホテルとの間で解決するものとし、弊社は責任を負いかねます。

※ご利用いただける客室には限りがございます。空室状況や除外などの理由により、ご希望に沿えない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※他の特典との併用はできません。

※休前日とは、祝日の前日を指します。※対象となるホテル、サービスの内容、対象外日などは予告なく変更・中止となる場合がございます。

[ホテルクレジットに関するご注意 ]

※「フリー・ステイ・ギフト」をご利用の際、掲載の対象ホテルの予約窓口にて、2泊目以降をご予約いただいた場合に適用となります。オンライン旅行会社をはじめとする第三者販売経由による料金で予約された場合は対象外となります。

※連泊の際は、1泊目の宿泊料金に「フリー・ステイ・ギフト」を適用いたします。

※本プログラムは、ほかの宿泊プランやサービスとの併用はできません。

※ホテルクレジットは、ホテル直営のレストランなどでご利用いただけます。2泊目以降の宿泊料金・お部屋のアップグレード料金に充当することや、チェックアウト後のご利用はできません。

※対象のアメリカン・エキスプレスのカードで決済いただいた場合に対象となります。ご利用金額が5,000円に満たない場合、差額分は返金されません。

※ご滞在中に連泊のご予約をキャンセルした場合、ホテルクレジットのご利用分をお支払いいただきます。

※プログラム期間中、緊急事態宣言が発令され、ホテル館内のレストランなどが閉鎖、もしくは時短営業した場合のホテルクレジットのご利用は、その制限範囲に準じます。

※「フリー・ステイ・ギフト」をご利用いただいた場合にのみ対象となります。

アメリカン・エキスプレス公式ページより

2021年4月からは、

  • ヒルトン「ゴールド」含むホテル・メンバーシップの上級会員資格との併用可能=ヒルトン系列の場合朝食無料
  • 対象ホテルの変更・増加
  • 対象除外日の減少
  • 2連泊でホテルクレジット5,000円
  • 土曜日、休前日の追加料金は不要に

など、使い勝手がよくなっています。

ただし、ホテルによっては対象除外日の設定があり、主にゴールデンウィーク、夏休み、年末年始などの繁忙期に多くなっています。

ホテル料金が高く設定されがちな週末にも利用可能になったことで、特典の価値が以前よりも高まっています。

ポイント還元率とマイル還元率で比較

以下では、ポイント還元率とマイル還元率で比較します。

当然ながら、ヒルトンアメックスはヒルトンでの利用で還元率が大幅にアップします。

また、はっきり言ってアメックスプラチナは「決済でポイントを貯めるためのクレジットカード」ではないので、ポイント還元率は普通のカードレベルです。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックス アメックスプラチナ
貯められるポイント ヒルトン・オナーズポイント ヒルトン・オナーズポイント メンバーシップ・リワード・ポイント
通常還元率 100円=2ポイント(2%) 100円=3ポイント(3%) 100円=1ポイント(1%)
ヒルトン・ポートフォリオ内のホテルやリゾート利用での還元率
100円=3ポイント(3%) 100円=7ポイント(7%)
外貨建決済 100円=2ポイント(2%) 100円=3ポイント(3%) 100円=3ポイント(3%)

 

 

Yahoo! JAPAN、iTunes Store/App Store、JAL、HIS、アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン
公共料金等(電気・ガス・水道、税金等) 200円=2ポイント(1%) 200円=3ポイント(1.5%) 200円=1ポイント(0.5%)

一方、貯めたポイントの使い方は、

  • ヒルトン・オナーズポイント:ヒルトン宿泊に使うのがベスト
  • メンバーシップ・リワード・ポイント:マイル交換に使うのがベスト

マイル還元率で比較すると、アメックスプラチナの圧勝です。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックス アメックスプラチナ
貯められるポイント ヒルトン・オナーズポイント ヒルトン・オナーズポイント メンバーシップ・リワード・ポイント
マイル交換率 10ポイント=1マイル 10ポイント=1マイル メンバーシップ・リワード参加無料

1,250ポイント=1,000マイル
2,500ポイント=1,000マイル(JAL)
1,000ポイント=1,000マイル(ANA:ANAコース参加)

マイル還元率 通常時100円=0.2マイル(0.2%)

ヒルトン利用時100円=0.3マイル(0.3%)

通常時100円=0.3マイル(0.3%)

ヒルトン利用時100円=0.7マイル(0.7%)

100円=0.4マイル(0.4%)JAL

100円=1マイル(1%)ANA

100円=0.8マイル(0.8%)その他航空会社

 

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのポイント還元率とマイル還元率

結論からお伝えすると、ヒルトン・オナーズポイントはヒルトン宿泊に使うのが最も価値のある使い方になります。

ヒルトン・オナーズアメックスは、ヒルトン提携のクレジットカードなので、当然ヒルトンでのカード利用時には高還元率になります。

しかし、ヒルトン・オナーズアメックスは航空会社のマイルを貯めるメインカードにはならないということになります。

ヒルトン・オナーズポイントの代表的な使い方は、

  • ホテルでの無料宿泊:5,000ポイント~ヒルトンのホテルの宿泊に利用可能
  • 航空会社のマイル交換(ANA/JAL含む40社以上):10ポイント=1マイルで交換可能

となります。

まず、ヒルトン・オナーズポイントをヒルトンのホテルに宿泊する場合で考えてみます。

ヒルトン・オナーズポイントを貯めることで、ヒルトングループのホテルに無料宿泊することができます。

ヒルトンのポイントプログラムは変動性になっていて、ホテルや予約日によって宿泊に必要なポイント数が変わります。

使い方は、

  • 1,000ポイントずつ単位で5,000ポイント以上から利用可能
  • ポイント+現金での利用が可能
  • 特典除外日がない
  • 5連泊以上すると5泊ごとに5泊目が無料になる

となります。

ポイントのお得な使い方は5連泊で利用することです。

ヒルトンの日本国内ホテルの必要ポイント数は以下のとおりです。

クリックで開く
ホテル名 必要ポイント数
最小 最大
ヒルトン小田原リゾート&スパ 95,000
コンラッド東京 95,000 95,000
コンラッド大阪 91,000 95,000
旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクション 49,000 95,000
ヒルトン東京ベイ 35,000 80,000
ヒルトン沖縄北谷リゾート 36,000 80,000
ヒルトン東京お台場 70,000
ヒルトン東京 70,000
ヒルトン大阪 70,000
ヒルトンニセコビレッジ 70,000
ヒルトン名古屋 39,000 60,000
ヒルトン福岡シーホーク 34,000 50,000
ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城 17,000 40,000
ダブルツリーbyヒルトン那覇 19,000 35,000
ヒルトン成田 20,000 20,000
ヒルトン沖縄瀬底リゾート 48,000 80,000
ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts
ヒルトン長崎
ヒルトン広島

仮に、平日にコンラッド東京にポイント宿泊する場合、

  • ツインルーム35,000程度
  • 必要ポイント数89,000ポイント
  • 1ポイントあたりの価値:0.39%

となっており、他のホテルの場合で計算してみても、1ポイント=0.3〜0.6%程度の価値で利用できます。

カードの還元率で計算してみると、

  • ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード):100円=2ポイント=0.6~1.2円程度の価値
  • ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム:100円=3ポイント=0.9円~1.8円程度の価値

となります。

次に、ヒルトン・オナーズポイントを航空会社のマイルに交換する場合で考えます。

ヒルトン・オナーズポイントのマイル交換率は10ポイント=1マイルです。

1マイルあたりの価値は一般的に2円程度のパフォーマンスを発揮するので、

  • ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード):100円=0.2マイル=0.4円程度の価値
  • ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム:100円=0.3マイル=0.6円程度の価値

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムをマイル交換する場合、最大でも0.7%(1.4円程度の価値)の還元率にしかなりません。

アメックスプラチナのポイント還元率とマイル還元率

アメックスプラチナは、通常、

  • 100円=1ポイント

ということになります。

ただし、

  • ボーナスポイントパートナーズ加盟店:2〜10%
  • メンバーシップ・リワード・プラスのボーナスポイントプログラム利用時:3倍〜4倍
  • 海外ボーナスポイントプログラム利用時:3倍

となります。

マイル交換可能な航空会社で比較

以下では、マイル交換可能な航空会社で比較します。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
貯まるポイント ヒルトン・オナーズポイント ヒルトン・オナーズポイント メンバーシップ・リワード・ポイント
交換できるマイル ANA/JALを含む40社 ANA/JALを含む40社 ANA/JALを含む17社

ヒルトン・オナーズポイントの方が、メンバーシップ・リワード・ポイントよりも交換できる航空会社の数がはるかに多いですが、上記で紹介したように、ヒルトンのポイントは航空会社のマイルに交換するメリットはほぼありません。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのマイル交換可能な航空会社

以下は、ヒルトン・オナーズポイントから交換可能な航空会社です。

ほとんどのマイルで10,000ポイント単位の交換となります。

航空会社名 交換率
アエロメヒコ航空 25,000ヒルトン・オナーズポイント=6,500プレミアポイント
交換は25,000ポイント単位
デルタ航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000デルタマイル
ユナイテッド航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000マイレージプラス・マイル
アエロプラン(エア・カナダ) 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000アエロプランマイル
フロンティア航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,500 EarlyReturnsマイル
ラン航空 25,000ヒルトン・オナーズポイント=6,500ランパス・キロメートル
交換は25,000ポイント単位
アラスカ航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000マイレージプラン・マイル
アビアンカ航空/TACA 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000ライフマイル
ハワイアン航空 10,000ヒルトン・オナーズポイントを1,500 HawaiianMiles
アエロフロート・ロシア航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,500アエロフロート・ボーナスマイル
エールフランス航空/KLMオランダ航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000フライングブルー・アワードマイル
交換には、20,000ポイント以上が必要
エティハド航空 10,000ヒルトン・オナーズポイントを1,000エティハド・ゲストマイル
サウジアラビア航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000アルフルサン・リワードマイル
ブリティッシュ・エアウェイズ 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000アビオス
南アフリカ航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,500ボイジャー・ボーナスマイル
フィンランド航空 5,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000フィンエアープラスポイント
エチオピア航空 10,000ヒルトン・オナーズポイントを1,000エチオピア航空
エミレーツ航空 10,000ヒルトン・オナーズポイントを1,000エミレーツ・スカイワーズマイル
トルコ航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000ターキッシュ エアラインズのMiles&Smilesマイル
カタール航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000プリビレッジクラブQマイル
ヴァージンアトランティック航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,500フライングクラブ・マイル
ユーロウィングス 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000ユーロウイングスのマイル
SASスカンジナビア航空 8,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000ユーロボーナスのエクストラポイント
キャセイパシフィック航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000アジア・マイル
日本航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000 JALマイレージバンク・マイル
マレーシア航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,200マレーシア航空のマイル
エアアジア BIG 10,000ヒルトン・オナーズポイント=2,000エアアジア BIGポイント
アシアナ航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000アシアナマイレージ
ニュージーランド航空 5,000ヒルトン・オナーズポイント=10エアポインツドル
ジェットエアウェイズ 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000ジェットプリビレッジJPマイル
カンタス航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,500カンタス・フリークエントフライヤーポイント
ヴァージン・オーストラリア航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,500 Velocityポイント
ガルーダ・インドネシア航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000ガルーダマイル
エバー航空 1,000ヒルトン・オナーズポイント=100エバーボーナスマイル
ANA-全日本空輸 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000マイレージクラブ・マイル
海南航空 25,000ヒルトン・オナーズポイント=10,000フォーチュンウイングクラブ・マイル
シンガポール航空 4,000ヒルトン・オナーズポイント=500クリスフライヤー・マイル
フィリピン航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000マブハイ・マイル
中国東方航空 10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000中国東方航空のマイル

なお、アメリカン航空マイルへの交換は2020年4月1日に終了しました。

アメックスプラチナのマイル交換可能な航空会社

アメックスプラチナからは、ANAをはじめ、17の航空会社のマイルに交換することができます。

さらに、アメックスプラチナの場合、「メンバーシップ・リワード・プラス」への登録が無料なので、

【ANAの場合】

  • 1ポイント=1ANAマイルに交換可能(5,500円/年の手数料、上限4万マイル/年)
  • 交換率は1.0%。

【JALの場合】

  • 1ポイント=0.4マイルに交換可能
  • 交換率は0.4%。

【その他のエアラインの場合】

  • 1ポイント=0.8マイルに交換可能
  • 交換率は0.8%。

となります。

航空会社名 交換率
ANA「ANAマイレージクラブ」 1,000ポイント=1,000マイル(最少1,000ポイントからのご利用)
メンバーシップ・リワード ANAコースへの登録が必要
JAL「JALマイレージバンク」 2,500ポイント=1,000マイル(最少2,500ポイントからのご利用)
デルタ航空「スカイマイル」 1,250ポイント=1,000マイル(最少1,250ポイントからのご利用)
ヴァージン アトランティック航空「フライングクラブ」
タイ国際航空「ロイヤルオーキッドプラス」
キャセイパシフィック航空「アジア・マイル」
シンガポール航空「クリスフライヤー」
ブリティッシュ・エアウェイズ「エグゼクティブ・クラブ」
スカンジナビア航空「SAS ユーロボーナス」
アリタリア-イタリア航空「クラブ・ミッレミリア」
フィンランド航空「フィンエアー・プラス」
エティハド航空「エティハド ゲスト」
エミレーツ航空「エミレーツ・スカイワーズ」
カタール航空「プリビレッジクラブ」
エールフランス/KLM航空「フライングブルー」
チャイナエアライン「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」
カンタス航空「カンタス・フリークエントフライヤー」

空港ラウンジ特典の比較

以下では、利用可能な空港ラウンジで比較します。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード)  ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
空港ラウンジ 国内28空港・海外2空港 国内28空港・海外2空港 国内28空港・海外2空港
プライオリティ・パス - - プレステージ会員
アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション - - センチュリオンラウンジ
デルタ スカイクラブ など

ヒルトンアメックスとアメックスプラチナ共に、国内主要空港のラウンジを利用できるラウンジ特典(同伴者も1名まで無料)が付帯しています。

<国内で利用できる空港>

  • 北海道:新千歳、函館
  • 東北:青森、秋田、仙台
  • 関東:成田、羽田
  • 中部:新潟、富山、小松、
  • 近畿:伊丹、関西、神戸
  • 中国:岡山、広島、米子、山口宇部
  • 四国:徳島、高松、松山
  • 九州:福岡、北九州、長崎、大分、熊本、鹿児島
  • 沖縄:那覇

<国外で利用できる空港>

  • ハワイ:ホノルル国際空港
  • 韓国:仁川国際空港

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの大きな弱点として、空港ラウンジの特典が貧弱であるということが挙げられます。

その点、アメックスプラチナを持つことで、一挙に世界中の快適な空港ラウンジで過ごすことができるようになります。

アメックスプラチナはセンチュリオンラウンジやデルタ航空ビジネスクラスラウンジ「デルタスカイクラブ」が利用できます。

アメックスプラチナの空港ラウンジ特典

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

アメックスプラチナには強力な空港ラウンジ特典が付帯しており、世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用可能になります。

アメックスプラチナ保有者が利用できる空港ラウンジは「アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション」としてまとめられています。

  • The Centurion Lounge(センチュリオン・ラウンジ)
  • International American Express Lounges(インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ)
  • Delta Sky Club(デルタ スカイクラブ)
  • Airspace(エアスペース)
  • Escape Lounge US(エスケープ・ラウンジUS
  • Plaza Premium Airport Lounges(プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ)
  • Lufthansa Lounges(ルフトハンザドイツ航空ラウンジ)
  • Priority Pass(プライオリティ・パス)
  • Japan Domestic Airport Lounge(日本国内空港ラウンジ)

プライオリティ・パス(プレステージ会員)

上記に加えて、

  • プライオリティ・パス

のプレステージ会員(通常年会費399米ドル)が付帯します。

国内外の700ヶ所以上のラウンジを回数無制限で利用可能(同伴者1名無料)となります。

コンシェルジュ特典の比較

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード)  ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
コンシェルジュ特典 オーバーシーズ・アシスト オーバーシーズ・アシスト プラチナコンジェルジェ

アメックスプラチナのコンシェルジュは「プラチナコンシェルジェ」。

24時間365日対応可能です。

ホテル宿泊特典の比較

ヒルトンアメックスにはヒルトン専用のホテル特典が付帯。

アメックスプラチナには、ヒルトンブランド以外でも宿泊できるホテル宿泊特典が充実しています。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード)  ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
ホテル特典 HPCJ(10,000円、2年目以降10,000円) HPCJ(初年度無料、2年目以降10,000円) FHR

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのホテル特典

ヒルトン・プレミアム・クラブ・ジャパン(HPCJ)

ヒルトン・オナーズアメックスには、ヒルトン・プレミアム・クラブ・ジャパン(HPCJ)の会員特典が付帯しています。

  • ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード):HPCJ(10,000円、2年目以降10,000円)
  • ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム:HPCJ(初年度無料、2年目以降10,000円)

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(以下HPCJ)は日本国内17ホテルと韓国2ホテルで、割引などのご優待が受けられる特典プログラムです。

  • 宿泊は25%割引、レストランは最大20%割引で利用可能
  • 基本カード会員様ならびに家族カード会員様は、通常25,000円(税込)のHPCJ年会費を初年度は無料で利用可能。
  • 2年目以降もHPCJ会員資格の有効期限までに手続きすると、HPCJ年会費は10,000円(税込)で更新可能
  • HPCJ年会費のお支払い後に、国内HPCJ対象ホテルで使える5,000円割引券を2枚(計10,000円分)プレゼント

最初に入会費が必要ですが、5,000円割引券2枚もらえるので、実質無料です。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムは初年度無料で5,000円割引券を2枚(計10,000円分)もらえるので、実質10,000円のお得になる計算です。

アメックスプラチナのホテル宿泊特典

ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)

「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」は、アメックスオリジナルの目玉特典です。

ホテルグループに縛りがなく、アメックスが独自に提携している世界中のラグジュアリーホテルで上級会員資格またはそれ以上の待遇を受けることができます。

その内容は、

  • 朝食無料(2名まで)
  • Wi-Fi無料
  • 部屋のアップグレード(空室状況による)
  • 12時からのアーリーチェックイン(空室状況による)
  • 16時までのレイトチェックアウト
  • ホテルのオリジナル特典(ホテル内で使用できる100US$クーポンなど)

となります。

国内対象ホテルは、

  • コンラッド東京
  • ペニンシュラ東京
  • リッツカールトン東京/大阪/京都
  • 帝国ホテル
  • パークハイアット東京

などとなっています。

レストラン特典の比較

ヒルトン・オナーズアメックスにはレストラン特典は付帯していません。

アメックスプラチナのレストラン特典

2 for 1 ダイニングby招待日和

ステータス性の比較

旅行傷害保険で比較

大きく異なるのは、

  • 自動付帯か、利用付帯か

という点です。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
海外旅行傷害保険 利用付帯 利用付帯 自動付帯
国内旅行傷害保険 利用付帯 利用付帯 利用付帯

海外旅行傷害保険で比較

保険の種類  ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
傷害死亡・後遺傷害保険 最高3,000万円 最高1億円 最高1億円
(5,000万円)
傷害治療費用保険金 最高100万円 最高300万円 最高1,000万円
(1,000万円)
疾病治療費用保険金 最高100万円 最高300万円 最高1,000万円
(1,000万円)
賠償責任保険 最高3,000万円 最高4,000万円 最高5,000万円
(5,000万円)
携帯品損害保険金 1旅行中最高30万円 1旅行中最高50万円 1旅行中最高100万円
(100万円)
救援車費用保険金 最高200万円 最高400万円 最高1,000万円
(1,000万円)
乗継遅延費用保険金  - 最高20,000円 最高30,000円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用保険  - 最高20,000円 最高30,000円
受託手荷物遅延費用保険金  - 最高20,000円 最高30,000円
受託手荷物紛失費用保険金  - 最高40,000円 最高60,000円

※記載は利用付帯。()内は自動付帯

国内旅行傷害保険で比較

保険の種類 ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード)  ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
傷害死亡・後遺傷害保険 最高2,000万円
(なし)
最高5,000万円
(なし)
最高1億円
(なし)
入院保険金  - - 日額5,000円
(なし)
手術保険金  - - 最高20万円
(なし)
通院保険金  - - 日額3,000円
(なし)

※記載は利用付帯。()内は自動付帯

ショッピング保険で比較

以下では、ショッピングの際に安心して買い物ができるように付帯されている保険の比較をします。

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
ショッピング・プロテクション
オンライン・プロテクション
リターン・プロテクション -
スマートフォン・プロテクション - ◯(2021年4月より)
キャンセル・プロテクション -
ホームウェア・プロテクション - -
ワランティープラス - -

ショッピング・プロテクション

オンライン・プロテクション

リターン・プロテクション

スマートフォン・プロテクション

キャンセル・プロテクション

アメックスプラチナのショッピング保険

「ホームウェアプロテクション」「ワランティープラス」が挙げられます。

付帯サービスで比較

ヒルトン・オナーズアメックス(一般カード) ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
手荷物無料宅配
京都特別観光ラウンジ -
チケット・アクセス
ゴールド・ワインクラブ - -
アメリカン・エキスプレス・コネクト
Expedia 8%オフ

紹介ボーナスポイントで比較

以下では、紹介者としてアメックスの「紹介プログラム」を利用したときの、獲得可能なボーナスポイントを比較します。

アメックスのカードにはカードの「紹介」でポイントを貯めることができる「お友達紹介プログラム」という仕組みがあります。

実は、アメックスのポイントを貯めるには「紹介プログラム」でポイントを貯める方法を利用することが、最も効率よく多くのポイントを貯めることができます。

あなたが持っているカードによって、獲得できる獲得できるボーナスポイント数は異なります。

  ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム アメックスプラチナ
紹介して貰えるポイント     メンバーシップ・リワード・ポイント
15,000ポイント
年間上限     20万ポイント

年間で獲得できる紹介ボーナスポイントの上限は、ヒルトン・オナーズアメックスは

アメックスプラチナは20

ただし、「アンバサダー・プログラム」に登録することで、獲得上限がなくなり、年間上限以上の獲得が可能になります。

ヒルトン・オナーズアメックスの紹介ボーナスポイント

1枚のカード紹介につき、ヒルトン・オナーズアメックスは

 

 

年間で獲得できる紹介ボーナスポイントの上限は、ヒルトン・オナーズアメックスは

万ポイントです。

アメックスプラチナの紹介ボーナスポイント

アメックスプラチナはメンバーシップ・リワード・ポイントがもらえます。

上位カードへのインビテーションで比較

アメックスプラチナは、最上級カードであるアメックスセンチュリオンへと続く、アメックスのプロパーカードです。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム&アメックスプラチナの最もお得な入会方法

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムの最もお得な入会方法

ヒルトン・オナーズアメックスの入会はアメックス既存会員からの「紹介プログラム」経由が最もお得になっています。

公式サイトから直接申し込みをするよりも00,000ボーナスポイントを多くもらうことができます。

公式サイト 友達紹介プログラム
新規入会キャンペーン 入会後3ヶ月以内に、

・0万円以上のカード利用で「」ボーナスポイント

・0万円のカード利用で「」ポイント

入会後3ヶ月以内に、

・万円以上のカード利用で「000」ボーナスポイント

・10万円のカード利用で「,000」ポイント

合計 入会後3ヶ月以内に、

・10万円以上のカード利用で「,000」ポイント

入会後3ヶ月以内に、

・10万円以上のカード利用で「,000」ポイント

アメックスの紹介プログラムとは?

ヒルトン・オナーズアメックスの既存の会員は、知人にSPGアメックスを紹介できる「紹介専用URL」というものを発行できます。

 

紹介専用URL」を経由してヒルトン・オナーズアメックスのサイトにアクセスすると、以下のような条件で入会キャンペーンが行われています。

具体的には、「紹介専用URL」を経由してヒルトン・オナーズアメックスに入会した場合、

  • 入会後3ヶ月以内に合計0000万円以上のカード利用で、紹介プログラム限定入会ボーナスとして00,000ボーナスポイント
  • 000万円の利用で00,000ポイント(通常獲得ポイント)

獲得できます。

つまり、入会後3ヶ月以内に00万円の利用で、合計000,000ポイントを獲得できます。

もし、あなたが「入会後3ヶ月以内に合計0000万円以上のカード利用」ができるならば、「公式サイトからの入会」よりも「紹介専用URL」を経由して入会した方が、000,000ポイントもお得になるんですね。

入会後3ヶ月以内に合計000万円以上のカード利用」という条件は、それほどハードルが高くはないのではないでしょうか。

毎月の公共料金や食費などをカードで決済するようにすれば、簡単にクリアできると思います。

ヒルトン・オナーズアメックスの「紹介プログラム」経由での申し込み方法の2つの手順

以下では、ヒルトン・オナーズアメックスの友達紹介キャンペーンを利用して最大ボーナスポイントを獲得できる申し込み手順を解説していきます。

順番に手続きをして確実に入会申し込みを行いましょう。

手順1:メール登録して「紹介専用URL」を獲得する

まずは、紹介専用URLを獲得します。

以下のフォームからメール登録をしてください。

30秒以内に、「ヒルトン・オナーズアメックス」を紹介プログラム経由で申し込むためのURLリンクをメールでお送りします。

※アメックス紹介プログラムのURLをWEB上に直接公開することは禁止されていますので、メールアドレスを介して個別にお伝えしています。

手順2:ヒルトン・オナーズアメックスを紹介プログラム経由で申し込む

次に、ヒルトン・オナーズアメックスをお友達紹介キャンペーンを利用して申し込みます。

紹介用URLをクリックすると、下記のようなヒルトン・オナーズアメックスの新規入会ページに切り替わります。

「お申し込みはこちら」のボタンをクリックしてヒルトン・オナーズアメックスの新規入会手続きを開始してください。

 

 

ヒルトン・オナーズアメックスの最もお得な入会方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

>>「ヒルトン・オナーズアメックス紹介プログラム経由で,000ポイント獲得する2つの手順」

【2021年4月】ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム紹介プログラム経由で75,000ポイント獲得する2つの手順
この記事では、 と疑問を抱える方の悩みを解決できる記事になっています。

アメックスプラチナの最もお得な入会方法

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム&アメックスプラチナは2枚持ちが可能!

上記では、「ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムとアメックスプラチナのどちらを選ぶか」について紹介してきました。

しかし実は、ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムとアメックスプラチナは2枚持ちが可能です。

アメックスカードは、基本的にはどの組み合わせでも2枚目を発行することはできます。

同じ種類でもない限り、アメックス発行のカードを複数持つことは可能です。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム&アメックスプラチナ2枚持ちが可能な理由

アメックスのカードを複数所持する場合、以下のようなルールがあります。

個人カードと個人カードの組み合わせは可能

全く同じ券種でない限り問題ありません。

カード毎に付帯サービスも違うので、複数持ちたい場合もありますよね。

プロパーカードと提携カードの2枚持ちは可能

アメリカン・エキスプレス社が発行するプロパーカードと提携カードを2枚保有することも可能です。

アメリカン・エキスプレス社は、プロパーカードと提携カードの同時保有枚数を定めていません。

そのため、プロパーカードと提携カードの2枚持ちは問題ありません。

それどころか、プロパーカードと提携カードはお互いの弱点を補ってくれるので非常にメリットのある方法だと言えます。

2枚持ちの最大のメリットは特典のいいとこ取りができること

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムとアメックスプラチナの2枚持ちのメリットを以下に簡潔に紹介します。

<ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムのメリット>

<アメックスプラチナのメリット>

  1. ホテルメンバーシップ
  2. ファイン・ホテル・アンドリゾート
  3. 空港ラウンジ特典が充実
  4. 自動付帯保険の内容が充実
  5. 家族カード(最大4人分)が無料
  6. ダイニング特典が充実

2枚持ちすることで、それぞれの異なる特典の長所をいいとこ取りで享受できる点にメリットがあります。

プロパーカードと提携カードの組み合わせでメリットが最大化される理由

クレジットカードの2枚持ちがオススメである理由に、

  1. カードごとに付帯する異なる特典
  2. 使い分けることでより多くの特典を効率的に受けることができる

が挙げられます。

そもそもクレジットカードには、大きく分けて2種類のカードがあります。

  • クレジットカード会社が発行している「プロパーカード」
  • 企業などと提携して発行している「提携カード」

です。

「プロパーカード」と「提携カード」。

どちらかをメインカード、どちらかをサブカードとして2枚を組み合わせることで、最も効率よくクレジットカードを活用することができます。

優先したい項目を選択して目的に応じてクレジットカードを使うことで、生活の中でお得な特典を得ることができます。

クレジットカードの2枚持ちは、上級者向けの持ち方です。

重要なのはそれぞれのカードの得意分野を知ること

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム&アメックスプラチナの2枚持ちの5つのデメリット

ヒルトン・オナーズアメックスとアメックスプラチナを2枚持ちすることのデメリットは、具体的に以下の5つになります。

1.特典の重複

ヒルトン・オナーズアメックスとアメックスプラチナは特典が重複する点があります。

ヒルトン上級会員や空港ラウンジやショッピング補償などです。

このことは、同じアメックスのカードを2枚持つという性質上、避けられないものかもしれません。

2.ポイントを集中できない

3.年会費の増額

当然ながら、カードの枚数分だけ年会費がかさむことになります。

  • ヒルトン・オナーズアメックスの年会費は  円(税込)
  • アメックスプラチナの年会費は143,000円(税込)

合計で   (税込)となります。

旅行好きの方であれば、十分に年会費を回収できる特典内容ですが、旅行好きでない方には、割に合わない金額になります。。

自身のライフスタイルに合ったカード選びを行わないと、コストばかりが増えることになります。

4.管理が面倒

5.盗難や紛失の恐れ

複数のカードを管理するのは大変です。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム&アメックスプラチナの2枚持ちがオススメな人

以下のような人はヒルトン・オナーズアメックスプレミアムとアメックスプラチナを2枚持ちするのがオススメです。

様々な体験にお金を使うことに喜びを感じる人

成人の家族が複数いて年に数回海外旅行に行く、年に数回高級ホテルチェーンに宿泊する人

ヒルトン以外のたくさんのホテルに宿泊してみたい人

国内旅行保険・海外旅行保険やショッピング保険を充実させたい人

大切な人とレストランでの食事の時間を充実させたい人

旅行中の空港ラウンジでの時間を快適にしたい人

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアム&アメックスプラチナの2枚持ちがオススメでない人

以下のような人はヒルトン・オナーズアメックスとアメックスプラチナを2枚持ちするのがオススメではありません。

日常のお買い物にしか使わない人、節約したい人

空港ラウンジを利用しない、国内旅行中心ならヒルトン・オナーズアメックスだけでもOK

例えばプライオリパスやファインホテルアンドリゾートなど、アメックスプラチナの特典は海外旅行に行く機会が多いほど、より恩恵を受けることのできる特典です。

一方でヒルトン・オナーズアメックスはヒルトンの利用に特化しているとはいえ、日本国内でも十分にメリットを享受できます。

あまり旅行に行かない、もしくは旅行は国内中心だという場合にはヒルトン・オナーズアメックスだけでも間に合うでしょう。

ヒルトンにしか宿泊しない人はヒルトン・オナーズアメックスだけでもOK

アメックスプラチナカードでもヒルトンのポイントに交換することができますが、交換率があまりよくありません。

アメックスプラチナが唯一ヒルトン・オナーズアメックスに劣る点はここにあります。

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムvsアメックスプラチナ特典の比較と違いまとめ

ヒルトン・オナーズアメックスプレミアムもアメックスプラチナも特典の数が多すぎて把握するのは容易ではありません。

両者の違いを比較するときには、

という点が、大きな判断材料になるでしょう。

メール講座:飛行機代が一生無料になるブログ運営方法

「飛行機代が一生無料になる」
そう聞いてどんなイメージを持つでしょうか?
 
・家族みんなをハワイ旅行に連れて行きたい

LCCではなく一流の航空会社でラグジュアリーな移動時間を楽しみたい

・憧れのヨーロッパへ一人旅をしてみたい

・ビジネスクラスで世界一周をしてみたい

・出張で月に何度も乗るエコノミークラスをビジネスクラスに変えたい

そう考えた時にまず第一に思い浮かぶのが、
「飛行機代」「ホテル代」「レストラン代」の、
いわゆる「旅の三大費用」をどう捻出するか、です。
 
ただ、
旅の予算は決まっています。
おおよそ、限られた予算の中で
この三大費用をやりくりしながら、
なんとか目的地へたどり着き、
返ってくるというのが
いつものパターンかと思います。
 
しかし、
節約を前提に計画された旅行は、
果たして心から満足できるものなのでしょうか。
果たして遠足前夜のように
心からワクワクできるものなのでしょうか。
いつもの日常から離れて、
普段とは違ったや空間や時間や体験で心を満たすのが、
本来の旅行の目的なのだと思います。
それを、
節約を前提に計画してしまってはもったいない。
 
そんな時に、マイルがあれば
節約どころか、今までよりもワンランク上の
上質な旅を無料で楽しむことが可能になります。

エコノミーからビジネスクラスに。

国内から海外旅行に。

ビジネスホテルからラグジュアリーなホテルに。
 
爆発的にマイルを貯める方法は無限にあります。

・クレジットカードの入会キャンペーンや決済で貯める方法

・飛行機に乗って貯める方法
・ポイントサイトから交換する方法

などが代表的な方法として思い浮かぶかもしれません。
しかし、さらにその中でも
「無料で」「継続的に」貯められる方法となると、
ごく限られています。
 
当サイトが採用している方法は、
一時的でなく年間を通じて安定的に、
しかも日常生活の中でほとんど出費をすることなく、
ほぼほったらかしで
たくさんのマイルを獲得する方法です。
これにより、年に数回、
ヨーロッパや北米などの長距離路線を
ビジネスやファーストクラスで移動することが
視野に入ってきます。
 
当メール講座では、ブログ運営を通じて
長期的・安定的にたくさんのマイルを獲得するための、
いわゆる“勘所”をお伝えしています。

アメックスカード
samiritireをフォローする
マイルの教室
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
タイトルとURLをコピーしました