ヒルトンがテレワークにおすすめなホテルである4つの理由

ヒルトン

この記事では、

  • ヒルトンのホテルでテレワークをしてみたい、もしくはその予定がある
  • テレワークの環境を家ではなくホテルに変えてみたい
  • ビジネスホテルではなく高級感のあるホテルでテレワークをしてみたい

と考える方のための記事になっています。

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、急速に広がっているテレワーク。

しかし、いざ自宅で仕事をしてみると、子どもの声や来客が鳴らす呼び鈴など生活音が気になって集中できない場合も多いものです。

そんなときにホテルでのテレワークは大きなメリットがあります。

家で働くよりも集中できて仕事の効率が上がるうえ、シェアオフィスと違い不特定多数が出入りする場所を避けることができます。

>>「ヒルトンでテレワークするなら必携のクレジットカード」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

  1. ヒルトンのホテルでテレワークをする4つのメリット
    1. 1.「ヒルトン・クリーンステイ」プログラムを導入
      1. ヒルトン・クリーンステイ・ウィズ・Lysolプロテクションとは
    2. 2.ビジネスホテルと一線を画す快適な環境が整っている
      1. ヒルトン東京お台場
    3. 3.ヒルトングループのホテルが日本全国にある
    4. 4.常連になることでステータスが上がっていく
      1. ヒルトンオナーズの特典はデイユースにも適用
  2. テレワークにおすすめなヒルトンホテルのプラン
    1. ヒルトン東京お台場
      1. パノラマビューのお部屋でテレワーク・スパでリフレッシュも叶うお得なワーケーションプラン
      2. 【最大6時間利用】デイユースプラン
  3. ホテルでテレワークするならホテル特典が充実したクレジットカードは必携
    1. ホテル特典に特化したクレジットカードでテレワークをより快適にできる
  4. ヒルトンのホテルでテレワークするのにおすすめなクレジットカード2選
    1. アメックスプラチナ
      1. 1.ヒルトン上級会員「ゴールド」が自動付帯
      2. 2.家族会員カード(4枚まで無料)にもヒルトン「ゴールド」が自動付帯
        1. 家族カードを発行した場合のアメックスプラチナの年会費
      3. 3.ポイントでヒルトンのホテルに無料宿泊できる
        1. 爆発的にヒルトン・オナーズポイントを貯める方法
    2. ヒルトン・オナーズVISAカード(クラシック/ゴールド/プラチナ)
      1. 1.ヒルトン上級会員「シルバー」もしくは「ゴールド」が自動付帯
      2. 2.「ヒルトンオナーズVISAカード」を宿泊代金の決済で使うとボーナスポイントが貯まる
        1. 宿泊ボーナスポイント対象ホテル一覧
  5. アメックスプラチナへの入会は「紹介プログラム」経由が最もお得
  6. ヒルトンのホテルでのテレワークがおすすめな理由まとめ

ヒルトンのホテルでテレワークをする4つのメリット

ホテルでのテレワークは、満員電車での通勤や三密を避け、仕事に集中できる環境を手に入れるることができ一石二鳥です。

上記に加え、ヒルトンのホテルが用意する「ワケーションプラン」を利用することで、日系のビジネスホテルとは異なった上質な空間を楽しむことができます。

また、テレワークだけではなく、「おこもりステイ」「ワケーション」といった旅行感覚や非日常感を味わうのにもぴったりです。

ヒルトンのホテルは、仕事をするのがより楽しく充実したものになり、変化していく働き方を強力にサポートしてくれます。

1.「ヒルトン・クリーンステイ」プログラムを導入

新型コロナウイルスの感染が全世界で広がる中、ヒルトンは、ウィズコロナ時代を見据え、新型コロナウイルスと折り合いを付けながら営業を継続するための新衛生・消毒基準である「ヒルトン・クリーンステイ・ウィズ・Lysolプロテクション(Hilton CleanStay with Lysol Protection)」を策定し、導入します。

ヒルトン・クリーンステイ・ウィズ・Lysolプロテクションとは

このプログラムは、ライゾール(Lysol)やデトール(Dettol)などの洗浄・消毒製品メーカーRBと全米屈指の医療機関であるメイヨー・クリニック(Mayo Clinic)の協力のもとに進められるものです。

「ヒルトン・クリーンステイ」プログラムでは、客室、レストラン、フィットネスルーム、その他のパブリックスペースで、滞在中に宿泊者が接するすべてで衛生管理を徹底します。

プログラムの検討中のガイドラインは以下の通りです。

  • ヒルトンの「クリーンステイ客室」シール:客室のドアにシールを貼ることで、 客室は徹底した清掃と消毒が行われ、その後に入室者がいないことを示す。
  • 触れる機会が多い10のエリアの徹底消毒:照明スイッチ、ドアハンドル、テレビのリモコン、温度調節器など最も頻繁に触れる客室内のエリアをに対して徹底した消毒を行う。
  • 紙のアメニティの撤去:ボールペンや紙類、ゲスト・ディレクトリーを撤去し、デジタル製品で補完する。紙アメニティは希望に応じて提供。
  • フィットネスセンター:ホテル内のフィットネスセンターの消毒に関するガイドラインを改善。 一日複数回の清掃(その間は閉鎖の可能性あり)や、一度に利用できる人数を制限する。
  • 高頻度の清掃:ホテル内のパブリックスペースの清掃回数を増やす。
  • 消毒用ウェットティッシュの提供:主要なエントランスや人が密集するエリアに消毒ステーションを設置。 例えば、 利用者がエレベーターのボタンを押す前に除菌できるように、消毒ステーションを設置する。
  • コンタクトレス・チェックイン:人と接触をしない(コンタクトレス)チェックインおよび入室などを推進するため、「デジタル・キー」技術を強化。
  • 画期的な消毒技術の検討:静電気で帯電した消毒用ミストを用いる静電噴霧器や、表面や物体を除菌するためのUVライトなど新しい技術の追加も検討する。

となっています。

2.ビジネスホテルと一線を画す快適な環境が整っている

ホテルでテレワークをするには、パソコンや事務作業に必要な机や椅子、WiFiなどの通信環境などが、客室内に最低限整っていることが条件です。

しかし、ヒルトンのホテルは上記に加え、旅館や民宿のアットホーム感ではない、特別な空間や高級感溢れる空間と、美味しい食事・眺望を提供してくれます。

特に、立地やコンセプト、インテリア、サービスなど、一般的なビジネスホテルにはない特別感にあふれており、中には、レストランやバー、フィットネスジムやスパ、エステなどが充実しているホテルもあるのが特徴です。

●立地:眺望の良い場所(夜景が見える都市の中心部など)
●客室:シングル、ダブル、ツインルーム、豪華なバスルームなど幅広く、客室面積が広い(15〜25平方メートル程度)
●テナント:高級レストランやバー、フィットネスジム、プール、スパ、エステ、美容院、ブティック、花屋など
●宿泊料金:やや高い(1万円〜数万円)

ヒルトン東京お台場

例えば、テレーワーク向けのプランを提供するヒルトン東京お台場の「ヒルトンルーム」の客室設備は以下のようになっています。

窓際のソファに腰掛けながらお仕事をするのもいいですね。

クリックで開く

アメニティ

  • 石鹸
  • コンディショナー
  • シャワーキャップ
  • シェーバー
  • 歯ブラシ
  • ボディーウォッシュ
  • コットンセット
  • シェーピングジェル
  • 紅茶
  • 煎茶
  • ハーブティー
  • コーヒー
  • シャンプー
  • ボディーローション
  • くし

客室設備

  • 50インチ液晶4Kテレビ
  • デスク&デスクチェア
  • ナイトシャツ(ワンピースタイプ)
  • スリッパ
  • タオル
  • ドライヤー
  • 目覚まし機能付時計
  • 冷蔵庫
  • 湯沸かしポット
  • ウォシュレット
  • アイロン
  • アイロンボード
  • エアコン
  • ボイスメール
  • バスタオル
  • インターネット接続(有料)

無料貸し出し品

  • 加湿器
  • 花瓶
  • 変圧器
  • MD/CDラジカセ
  • シャワーチェアー
  • 毛布
  • 体温計
  • 保冷剤
  • デスクライト
  • DVDプレイヤー
  • カールドライヤー
  • 体重計
  • 空気清浄機付加湿器
  • ベッドガード
  • ベビーソファ
  • プレイマット
  • 子供用アメニティ(歯ブラシ、ナイトウェア、スリッパ)
  • 子供用踏み台
  • FAX
  • 風呂桶
  • 風呂用椅子
  • そばがら枕、パンヤ枕
  • 抱き枕
  • ナイトウェア(Lサイズ)
  • 電気スタンド
  • 拡大鏡
  • ベビーベッド(1歳未満)
  • つめきり

その他サービス

  • 両替
  • ランドリーサービス
  • ルームサービス

全室のプライベートバルコニーからは心地よい潮風を感じるオーシャンビューを楽しめます。

宿泊の場合、フィットネスが無料で使用できます。

お仕事の合間の気分転換にも最適です。

3.ヒルトングループのホテルが日本全国にある

ヒルトングループのホテルは、上記に挙げたヒルトンだけでなく様々なブランド・価格帯のホテルが全国にあり、お気に入りのホテルを見つけることができます。

ヒルトングループは、17のホテルブランドを114の国や地域で6,000ヵ所以上に展開する巨大ホテルグループです。

クリックで開く
  • ウォルドルフ=アストリア(Waldorf-Astria):当社のブランドで最上級に位置付けられるホテルブランド。
  • LXR:ラグジュアリーホテルブランド
  • コンラッド・ホテル(Conrad Hotels):最上級ホテルブランド
  • キャノピーbyヒルトン:高級デザイナーズホテルブランド
  • シグニア・ヒルトン:高級ホテルコレクション
  • ヒルトン・ホテル(Hilton Hotels):高級ホテルブランドにして、基幹ブランド。
  • ダブルツリー、ダブルツリー・ゲスト・スイーツ(Doubletree Guest Suites)、ダブルツリー・クラブ・ホテル(Doubletree Club Hotel):中級~高級ホテルブランド。モーテルからシティホテル、長期滞在型まで展開する。
  • キュリオ・コレクション:高級ホテルコレクション。2016年に設立。
  • タペストリー・コレクション:高級ホテルコレクション
  • エンバシー・スイーツ・ホテル(Embassy Suites Hotels):長期滞在型の高級ホテルブランド
  • テンポbyヒルトン(Tempo by Hilton):2020年設立。[5]
  • モットーbyヒルトン(Motto by Hilton):2018年設立。
  • ヒルトン・ガーデン・イン (Hilton Garden Inn):中級ホテルブランド
  • ハンプトン・バイ・ヒルトン、ハンプトン・イン&スイーツ(Hampton Inn & Suites):エコノミーブランド
  • トゥルーbyヒルトン:中級ホテルブランド。2016年に誕生。
  • ホームウッド・スイーツ・バイ・ヒルトン:長期滞在型の中級ホテルブランド
  • ホーム・ツー・スイーツ・バイ・ヒルトン:長期滞在型の中級ホテルブランド。2009年に誕生。
  • ヒルトン・グランド・バケーション:長期滞在向けのタイムシェア型ホテルブランド

日本国内にも20近くのホテルがあり、上質な滞在時間を楽しむことができます。

クリックで開く
ホテル名 必要ポイント(最小~最大)
ヒルトン小田原
リゾート&スパ
43,000~95,000
コンラッド東京 95,000~95,000
コンラッド大阪 84,000~95,000
旧軽井沢KIKYO
キュリオ・コレクション
66,000~95,000
ヒルトン東京ベイ 34,000~80,000
ヒルトン沖縄北谷リゾート 49,000~80,000
ダブルツリーby
ヒルトン沖縄北谷リゾート
72,000~80,000
ヒルトン東京お台場 47,000~70,000
ヒルトン東京 XXXXX~70,000
ヒルトン大阪 52,000~70,000
ヒルトンニセコビレッジ 32,000~70,000
ヒルトン名古屋 42,000~60,000
ヒルトン福岡シーホーク 32,000~50,000
ダブルツリーby
ヒルトン那覇首里城
24,000~40,000
ダブルツリーby
ヒルトン那覇
28,000~35,000
ヒルトン成田 20,000~20,000

上記以外も2020年以降、続々とオープン予定のホテルが控えており、より身近な存在になっていくことでしょう。

4.常連になることでステータスが上がっていく

ヒルトンにはお得意様用の会員制ロイヤリティプログラムがあります。

プログラムに参加し、ヒルトンの上級ステータス会員になると、世界中にあるヒルトン系列のホテルの滞在中に多くの嬉しい特典を受けることができます。

クリックで開く
シルバー シルバー ゴールド ダイヤモンド
割引保証
スタンダードWi-Fi無料
アプリチェックイン・部屋の選択
レイト・チェックアウト
エクスプレス・チェックアウト
2人目無料
ベースポイント
(米ドル1ドル=10pt)
ホーム2スイーツbyヒルトンおよびトゥルーbyヒルトンでは5ヒルトン・オナーズ・ベースポイント
エリートステータス・ボーナス × 15% 25% 50%
ベースポイントを元に計算されたボーナスポイントが付与されます。
特典滞在5泊目無料 ×
ポイントのみで支払われた特典滞在を連泊で5泊以上する場合は5泊目が無料になります。
無料ボトルウォーター2本 ×
もともと料金に含まれているホテルもあり
プレミアムWi-Fi × × ×
48時間客室保証 × × ×
到着48時間前までの予約で、客室を保証。
エグゼクティブフロア・ラウンジの利用 × ×
会員および同室にご宿泊の1名まで無料で利用できる。ゴールド会員の場合はエグゼクティブフロアの客室またはエグゼクティブフロア・ラウンジのご利用特典を備えた客室タイプへアップグレードした場合のみ。ダイヤモンドは常にエグゼクティブフロア・ラウンジを無料で利用可能。
My Way特典
客室アップグレード等
× ×
ホテルによって内容が異なるので別途記載します。
My Wayゴールド会員・ダイヤモンド会員ホテル特典

ヒルトン・オナーズのステータス獲得条件は以下のようになります。

ブルー 会員登録のみ
シルバー ・1年間に4回のご滞在、または ・1年間に10泊のご宿泊
ゴールド ・1年間に20回のご滞在、または ・1年間に40泊のご宿泊 ・1暦年間に75,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得
ダイヤモンド ・1年間に30回のご滞在、または ・1年間に60泊のご宿泊 ・1暦年間に120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

ヒルトンオナーズの特典はデイユースにも適用

ヒルトンには日中のみ利用できる「デイユース」のプランもあります。

日帰りでホテルステイを楽しめるのがメリットです。

デイユース時もヒルトンオナーズの以下の特典を利用できます。

  • 客室アップグレード
  • 2名分の朝食(朝食時間帯にチェックインした場合)
  • ジム・プール・サウナなどの利用
  • Wi-Fi
  • ウェルカムドリンクなど(ホテルによる)
  • レストワン割引(ホテルによる)
  • 駐車料金の割引

さらに、デイユースでの滞在も、ヒルトンオナーズの上級会員資格取得のための宿泊・滞在数にカウントされます。

テレワークにおすすめなヒルトンホテルのプラン

新型コロナウイルスの感染拡大や外出自粛要請などを受けて、テレワークやリモートワーク、在宅勤務といった働き方が増えています。

それに合わせてホテル各社では「ワケーション」や「デイユース」の宿泊プランを展開する動きが出ています。

以下では、ヒルトンで開催されているテレワークにおすすめなプランの一例を紹介します。

※時期により、開催ホテル・プラン内容・料金は変更されます。

上記で紹介したように、ヒルトンのデイユースプラン利用時にもヒルトン・オナーズの特典が利用できたり、上級会員資格取得のための宿泊・滞在数にカウントされます。

ヒルトン東京お台場

ヒルトン東京お台場は、東京湾のウォーターフロントに位置し、パノラマビューを一望できる絶景が特徴的なホテルです。

それぞれの客室に設けられたプライベートバルコニーからは、息をのむような東京の街並みのスカイラインやレインボーブリッジ、東京タワー、東京スカイツリーなどを一望することができます。

また、ホテルからは、エンターテインメントスポットや大型商業施設がほんの数分の距離にあり、主要なビジネス街や商業施設へのアクセスも便利です。

絶景を望みながらスパでリフレッシュする新しい働き方ができます。

パノラマビューのお部屋でテレワーク・スパでリフレッシュも叶うお得なワーケーションプラン

客室には、無料Wi-Fiが完備されており、リゾートを思わせるパノラマビューのお部屋は、テレワークの利用にも最適です。開放的で広々としたお部屋からは窓を開けると心地よい潮風が吹き、日没後は目の前に広がる絶景を楽しむことができます。

また当プランでは、キャプテンズバーでのワンドリンクサービスや、オーシャンビューが自慢の庵スパTOKYO内アクアゾーン利用特別割引をご用意いたしました。

ご希望のお客様へは有料のルームサービスなど、ホテルならではのおもてなしで、お仕事の合間や週末にリフレッシュをすることも可能なため、快適なプライベート空間でお仕事に集中することができます。

  • 期間:2020年5月31日(日)まで
  • 料金:1室 7日間 ¥70,000~(最大2名様まで同一料金にてご利用可能 3名様でのご利用の場合別途6,000円/日)
  • ※料金には税・サービス料が別途加算されます。

【特典】

  • ご滞在期間中、駐車場無料
  • スタンダードWi-Fi無料
  • 館内レストラン朝食特別ご優待料金 お一人様1,000円(税金・サービス料別)
  • 館内レストラン特別割引 30%OFF(朝食を除く)
  • フィットネスセンターご利用無料
  • スパ 室内プール特別割引 50%OFF
  • キャプテンズバーにて、ご注文いただいた際にワンドリンクサービス

【注意事項】

  • ご予約は1名様・7泊からのご宿泊より承ります。
  • ご予約は「事前カード決済」のみにて承ります。ご宿泊代金はご予約時に請求されます。
  • ご予約完了後の返金、予約のキャンセルおよび変更は一切できませんのでご注意ください。
  • 本プランによる割引は、その他割引やプロモーションとの併用はできません。
  • 特別プランにつき、ヒルトン・オナーズ特典のアップグレードは対象外となります。

宿泊者全員フィットネスジムが無料でご利用いただけます。

フィットネスジム営業時間 24時間(プール・ロッカー・シャワーは別途料金がかかります。23:00~10:00の間のスタッフは常駐しておりません。)

※新型コロナウイルスの感染拡大・防止に伴う、館内の運営は変更になることがあります。

【最大6時間利用】デイユースプラン

10:00~16:00のお好きな時間帯で最大6時間の滞在ができる、お得なデイユースプランです。

空港に向かう前のお時間や、お台場でのショッピングや観光でちょっと疲れたときなど、優雅でゆったりとした客室を
利用できるプランです。

  • ご利用可能時間:10:00~16:00間の最大6時間

※当日の空室状況によりご利用可能時間が変更の場合もございます。

<宿泊者特典>

宿泊者全員フィットネスジムが無料でご利用いただけます。

フィットネスジム営業時間 24時間(プール・ロッカー・シャワーは別途料金がかかります。23:00~10:00の間のスタッフは常駐しておりません。)

ホテルでテレワークするならホテル特典が充実したクレジットカードは必携

テレワークで仕事をする環境や時間によりこだわりを持ちたいのであれば、ホテル特典が充実したクレジットカードがおすすめです。

ホテルをお得に利用できるクレジットカードには、

  • ポイント付与率が高いクレジットカード
  • 宿泊予定のホテルが発行しているホテル系クレジットカード

の2種類があります。

クレジットカードは、もともとホテル利用と相性が良く、海外のホテルでは、身分証代わりにクレジットカード提示を求められることがあります。

また、多くのクレジットカードにはホテル優待がついており、宿泊料金が割引になるなどお得なサービスが利用できます。

また、ワンランク上のクレジットカードなら、何万円もする宿泊料金が無料になることもあります。

ホテルでテレワークをするならホテル特典が充実したクレジットカードが必要である理由としては、

  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • カード会社の旅行予約サービスや提携企業会社経由の予約でホテル優待やポイントの上乗せがある
  • 上級会員ステータス特典が付帯するものもある

などのメリットがあり、決済やポイント還元だけでなく、実際にホテルで仕事をこなす時間や環境を快適にサポートしてくれます。

ホテル特典に特化したクレジットカードでテレワークをより快適にできる

ほとんどのクレジットカードでは、ホテル優待は数多くある付帯サービスの一つにすぎません。

しかし中には、ホテル利用に特化したクレジットカードもあります。

その極め付けが、世界的なホテルグループとタイアップして作られたクレジットカードです。

最初からホテル利用が前提の仕様なので、その特典内容のレベルは相当なもの。

中でも、海外に拠点を置くホテルグループのカードは、国内だけでなく海外でも大変重宝します。

国内でのテレワークやリモートワークだけでなく、海外旅行をしながらのワケーションといった変化していく働き方を強力にサポートしてくれます。

ヒルトンのホテルでテレワークするのにおすすめなクレジットカード2選

これから宿泊もしくは滞在予定のホテルがヒルトンのホテルであれば、ヒルトンのポイントが貯まるクレジットカードを持つことで、テレワークや仕事の環境をより上質で快適なものに変えることができます。

ヒルトンのホテルでテレワークをするのにおすすめなクレジットカードは、以下の3つです。

  • アメックスプラチナ
  • ヒルトン・オナーズVISAカード(クラシック/ゴールド/プラチナ)

アメックスプラチナもしくはヒルトン・オナーズVISAカード(ゴールド/プラチナ)をメインカードにすることで、ホテル滞在が1泊目から上質なものに変わります。

>>「ヒルトンでテレワークするなら必携のクレジットカード」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ヒルトンでテレワークするなら必携のクレジットカードはこれ!
この記事では、ヒルトンのホテルでテレワークやリモートワーク、ワケーションをするならアメックスプラチナがおすすめである4つの理由を紹介しています。

アメックスプラチナ

年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
130,000円(税別) 130,000円(税別) 1% メンバーシップ・リワード・ポイント
発行スピード 家族カード マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短5日 4枚まで無料 1% 無料

ヒルトンでテレワークをするのにアメックスプラチナがおすすめな理由は以下の3点です。

  1. ヒルトン上級会員「ゴールド」が自動付帯
  2. 家族会員カード(4枚まで無料)にもヒルトン「ゴールド」が自動付帯
  3. アメックスのポイントをヒルトン・オナーズポイントに交換可能

>>「ヒルトン上級会員『ゴールド』取得はアメックスプラチナがおすすめな5つの理由」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ヒルトン上級会員「ゴールド」取得はアメックスプラチナがオススメな5つの理由
この記事では、ヒルトン上級会員「ゴールド」特典一覧と、アメックスプラチナで手に入れる5つのメリットを紹介しています。

1.ヒルトン上級会員「ゴールド」が自動付帯

アメックスプラチナにはヒルトン上級会員「ゴールド」が自動付帯します。

ですので、1泊目からヒルトンでの宿泊を楽しむことができます。

ヒルトン・オナーズの「ゴールド」会員の主なメリットは以下の通りです。

ヒルトン「ゴールド」会員特典内容
会員様向け割引保証
無料宿泊につながるポイントとエリートランク・ボーナスポイントの加算
特典滞在時のリゾート料金不要
デジタルチェックイン&客室の選択
デジタルキー
客室内およびロビーでのWi-Fi
2人目のお客様ご宿泊無料
レイト・チェックアウト
ポイント譲渡およびポイントプール無料
スタンダードルーム特典により、5泊目無料
ボトルウォーター2本
エリート会員様の繰越特典
お部屋のアップグレード(客室状況による)
全てのホテルでの朝食無料サービス
無制限のマイルストーンボーナス

>>「ヒルトン上級会員「ゴールド」取得はアメックスプラチナがオススメな5つの理由」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ヒルトン上級会員「ゴールド」取得はアメックスプラチナがオススメな5つの理由
この記事では、ヒルトン上級会員「ゴールド」特典一覧と、アメックスプラチナで手に入れる5つのメリットを紹介しています。

2.家族会員カード(4枚まで無料)にもヒルトン「ゴールド」が自動付帯

アメックスプラチナの年会費の元を取る一番のコツは、家族カードを発行することです。

>>「アメックスプラチナの年会費を実質無料にする10の方法」については以下の記事で詳しく解説しています。

【保存版】アメックスプラチナの年会費を実質無料にする10の方法まとめ。
この記事では、アメックスプラチナの年会費を実質無料にして使うことのできる具体的な10の方法を紹介しています。

アメックスプラチナには、ヒルトン・オナーズ「ゴールド」が付帯します。

しかも、本会員だけでなく家族カード(4枚まで永年無料)にもヒルトン・オナーズ「ゴールド」が付帯します。

<アメックスプラチナの「家族カード」>

カード所有者の本人が持つ「基本カード」に対して、カード所有者の配偶者、両親、18歳以上の子供に対して発行されるカードを「家族カード」と言います。

家族カードを発行した場合のアメックスプラチナの年会費
クリックで開く

アメックスプラチナの年会費を家族カードの発行枚数で、1枚あたりの年会費を算出しました。

発行枚数 1枚あたりの年会費 1枚あたりの月会費換算
本会員 1枚 130,000円 10,800円
本会員+家族カード1枚 2枚 65,000円 5,400円
本会員+家族カード2枚 3枚 43,300円 3,600円
本会員+家族カード3枚 4枚 32,500円 2,700円
本会員+家族カード4枚 5枚 26,000円 2,100円

当然ながら、家族カード発行枚数が増えるほどに、1枚あたりの年会費が下がっていきます。

3.ポイントでヒルトンのホテルに無料宿泊できる

アメックスプラチナの利用で貯まるポイント「メンバーシップ・リワード・ポイント」は、ヒルトン・オナーズポイントに交換し無料宿泊することができます。

爆発的にヒルトン・オナーズポイントを貯める方法
クリックで開く

さらに、ポイントアップグレードプログラムである「メンバーシップ・リワード・プラス」年間参加費:3,000円+消費税/2年目以降自動更新)に登録することで、ヒルトンのポイントへの交換レートを引き上げることができます。

※プラチナ・カード会員は無料で登録可能です。

メンバーシップ・リワード・プラス未登録の場合
ヒルトン・オナーズポイントへ移行(最少2,000ポイントからのご利用) 2,000ポイント=1,250ヒルトン・オナーズポイント
マリオットボンヴォイのポイントへ移行(最少2,000ポイントからのご利用) 2,000ポイント=マリオットボンヴォイ990ポイント

「メンバーシップ・リワード・プラス」登録で

メンバーシップ・リワード・プラス登録(年間3,000円+消費税、2年目以降自動更新の場合)済みの場合
ヒルトン・オナーズポイントへ移行(最少1,000ポイントからのご利用) 1,000ポイント=1,250ヒルトン・オナーズポイント
マリオットボンヴォイのポイントへ移行(最少1,000ポイントからのご利用) 1,000ポイント=マリオットボンヴォイ990ポイント

となります。

>>「爆発的にヒルトン・オナーズポイントを貯める9つの方法」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【保存版】爆発的にヒルトン・オナーズポイントを貯める9つの方法とクレジットカードまとめ。
この記事では、最短最速でヒルトン・オナーズポイントを貯めるための具体的な9つの方法と効率的にポイントが貯まるクレジットカードを紹介しています。

アメックス・プラチナの最もお得な入会方法は、既存アメックス会員からの「紹介プログラム」経由で入会する方法です。

公式サイトから直接申し込みをするよりも20,000ボーナスポイントを多くもらうことができます。

周囲にアメックスプラチナを紹介してくれる知人がおられない場合、以下のボタンをクリックして紹介プログラム専用のURLを獲得してください。

 

折り返しのメールに詳細を記載しております。

ヒルトン・オナーズVISAカード(クラシック/ゴールド/プラチナ)

ヒルトンでテレワークをするのにおすすめなカードはヒルトン・オナーズVISAカードです。

日常決済や対象ホテルへの宿泊でヒルトン・オナーズポイントが貯まります。

  • ヒルトン・オナーズVISAカード(クラシック)
  • ヒルトン・オナーズVISAカード ゴールド
  • ヒルトン・オナーズVISAカード プラチナ

クラシック ゴールド プラチナ
年会費 3,195円 13,950円 66,500円

ヒルトンでテレワークをするのにヒルトン・オナーズVISAカードがおすすめな理由は以下の2点です。

  1. ヒルトン上級会員「シルバー」もしくは「ゴールド」が自動付帯
  2. 「ヒルトンオナーズVISAカード」を宿泊代金の決済で使うとボーナスポイントが貯まる

1.ヒルトン上級会員「シルバー」もしくは「ゴールド」が自動付帯

ヒルトンオナーズVISAカードには、ヒルトンの上級会員が自動付帯するため、1泊目の宿泊から快適な時間を楽しむことができます。

  • クラシックカード:カード会員で有る限り、ヒルトン・オナーズのシルバーステータスが維持されます。
  • ゴールドカード:ヒルトン・オナーズのゴールドステータスが維持されます。
  • プラチナカード:ゴールドステータスが維持され、10滞在でダイヤモンドステータスを獲得することができます。また、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの会員資格(ホテルやレストランが20%offで利用できるなどの特典がある年会費25,000円の有料会員)が得られます。

2.「ヒルトンオナーズVISAカード」を宿泊代金の決済で使うとボーナスポイントが貯まる

ヒルトン・オナーズVISAカードで宿泊代金を全額決済することで、宿泊のたびにクレジットカード利用分とは別にボーナスポイントを貯めることができます。

クラシック ゴールド
宿泊ボーナスポイント 対象ホテルご利用で1,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントを差し上げます。 対象ホテルご利用で2,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントを差し上げます。

宿泊ボーナスポイントは、ヒルトンの公式ウェブサイトから直接ご予約し、かつ宿泊費を含むすべてのお支払いをヒルトン・オナーズVISAカードでお支払いいただいた場合のみ加算されます。(割引券の併用など、加算対象にならない場合がございますのであらかじめご了承ください。)

対象ホテルは予告なく変更になることがございます。

対象ホテルは当ページの「宿泊ボーナスポイント対象ホテル一覧」をご確認ください。

※すべてのホテルでつくわけではありません。

宿泊ボーナスポイント対象ホテル一覧

宿泊ボーナスポイント対象ホテル一覧はこちらをご覧ください。

アメックスプラチナへの入会は「紹介プログラム」経由が最もお得

アメックス・プラチナの最もお得な入会方法は、既存アメックス会員からの「紹介プログラム」経由で入会する方法です。

公式サイトから直接申し込みをするよりも20,000ボーナスポイントを多くもらうことができます。

対象カード 公式サイト 紹介プログラム
アメリカン エキスプレス プラチナ カード

【合計50,000ボーナスポイント】

  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計50万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計100万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • さらに100万円のご利用で通常ポイント10,000ポイント

 

【合計70,000ボーナスポイント】

  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計50万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計100万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • さらに100万円のご利用で通常ポイント10,000ポイント

以下のボタンをクリックして紹介プログラム専用のURLを獲得してください。

 

折り返しのメールに詳細を記載しております。

>>「アメックス プラチナ紹介キャンペーンからの入会で7万ポイント!」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【2020年5月最新】アメックス プラチナ紹介キャンペーンからの入会で7万ポイント獲得の2つの手順!即オンライン申し込み可能な制度
この記事では、アメリカン エキスプレス プラチナカードの新規入会で、紹介キャンペーンを利用した一番簡単なオンライン申し込み方法の流れと7万ポイントの豪華特典について解説しています。また、申込制度、獲得手順や入会メリット、お得な使い方もわかるようになっています。

>>「アメックス・プラチナの申し込み手順」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【完全図解】どこから一番お得?アメックスプラチナの最短作り方6つの手順と審査落ちしないための注意点/申込み方法〜発行〜受け取りまでの流れ
この記事では、最短でアメックスプラチナを発行するまでの最もオススメの作り方、どこから申し込めばいいのかなど具体的な手順と審査に落ちないための注意点を図解入りで解説しています。また、審査基準と審査日数や入会メリット、お得な使い方もわかるようになっています。

ヒルトンのホテルでのテレワークがおすすめな理由まとめ

三密を避けての働き方の変化で、テレワークやリモートワーク、ワケーションといった会社に出社しない形での働き方が注目されています。

上記のような新しい働き方には、ホテルでの快適な空間がおすすめです。

特に、ヒルトンのホテルでは、日系のビジネスホテルにはない非日常感と上質なサービスでの滞在を楽しむことができます。

メール講座:飛行機代が一生無料になるブログ運営方法

「飛行機代が一生無料になる」
そう聞いてどんなイメージを持つでしょうか?
 
・家族みんなをハワイ旅行に連れて行きたい

LCCではなく一流の航空会社でラグジュアリーな移動時間を楽しみたい

・憧れのヨーロッパへ一人旅をしてみたい

・ビジネスクラスで世界一周をしてみたい

・出張で月に何度も乗るエコノミークラスをビジネスクラスに変えたい

そう考えた時にまず第一に思い浮かぶのが、
「飛行機代」「ホテル代」「レストラン代」の、
いわゆる「旅の三大費用」をどう捻出するか、です。
 
ただ、
旅の予算は決まっています。
おおよそ、限られた予算の中で
この三大費用をやりくりしながら、
なんとか目的地へたどり着き、
返ってくるというのが
いつものパターンかと思います。
 
しかし、
節約を前提に計画された旅行は、
果たして心から満足できるものなのでしょうか。
果たして遠足前夜のように
心からワクワクできるものなのでしょうか。
いつもの日常から離れて、
普段とは違ったや空間や時間や体験で心を満たすのが、
本来の旅行の目的なのだと思います。
それを、
節約を前提に計画してしまってはもったいない。
 
そんな時に、マイルがあれば
節約どころか、今までよりもワンランク上の
上質な旅を無料で楽しむことが可能になります。

エコノミーからビジネスクラスに。

国内から海外旅行に。

ビジネスホテルからラグジュアリーなホテルに。
 
爆発的にマイルを貯める方法は無限にあります。

・クレジットカードの入会キャンペーンや決済で貯める方法

・飛行機に乗って貯める方法
・ポイントサイトから交換する方法

などが代表的な方法として思い浮かぶかもしれません。
しかし、さらにその中でも
「無料で」「継続的に」貯められる方法となると、
ごく限られています。
 
当サイトが採用している方法は、
一時的でなく年間を通じて安定的に、
しかも日常生活の中でほとんど出費をすることなく、
ほぼほったらかしで
たくさんのマイルを獲得する方法です。
これにより、年に数回、
ヨーロッパや北米などの長距離路線を
ビジネスやファーストクラスで移動することが
視野に入ってきます。
 
当メール講座では、ブログ運営を通じて
長期的・安定的にたくさんのマイルを獲得するための、
いわゆる“勘所”をお伝えしています。

ヒルトン
samiritireをフォローする
マイルの教室
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
タイトルとURLをコピーしました