デルタアメックスにプラチナカードは誕生するのか?【2020日本版】

アメックスカード

この記事では、

  • 日本版「デルタアメックスプラチナカード」の誕生の可能性はあるのか
  • 仮に誕生する場合、特典やスペックはどのようになるのか
  • 「プラチナメダリオン」は付帯するのか

と考える方のための記事になっています。

  1. 日本版デルタアメックスのプラチナカードは存在しない
    1. 日本版デルタアメックスゴールドとデルタアメックス(クラシックカード)のスペックと特典一覧
  2. 米国にはデルタアメックスプラチナカード(Delta SkyMiles Plutinum Card)が存在する
    1. 米国版デルタアメックスプラチナカード(Delta SkyMiles Platinum Card)のスペック、特典
  3. 日本版デルタアメックスのプラチナカードが誕生するとしたら?
    1. 日本版「デルタアメックスプラチナカード」の誕生が期待される最大の理由
      1. カード入会だけで「ゴールドメダリオン」が自動付帯するのは日本のデルタアメックスゴールドだけ
      2. 日本版「デルタアメックスプラチナカード」が誕生すれば「プラチナメダリオン」が自動付帯する?
    2. 日本版「デルタアメックスプラチナカード」はデルタアメックスゴールド利用者だけのインビテーション制度のカードになる?
      1. アメックスのインビテーション制度とは
        1. アメックスプラチナのインビテーション制度
  4. 日本版デルタアメックスゴールドのメリットと特徴
    1. デルタアメックスゴールドカードの基本情報と特徴
    2. デルタ アメックス ゴールド カードの年会費
    3. デルタ アメックス ゴールドの利用可能枠
    4. デルタ アメックス ゴールドの決済方法と口座振替可能な金融機関
    5. デルタ アメックス ゴールドのポイントプログラム
      1. 海外でのショッピング利用で還元率1.25%に!
      2. デルタ航空グループへの支払いでマイル還元率3%!
      3. マイルの移行手数料なし・有効期限が無期限!
  5. デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードのメリットを活用して特典を使い倒す方法
    1. 最大の魅力は自動で「ゴールドメダリオン」「エリートプラス」が取得できる!
      1. 2018年6月よりゴールドメダリオン会員が150万円の「利用条件付き」に
      2. ゴールドメダリオンの付与条件
      3. 主なゴールドメダリオン特典1:スカイチーム・ラウンジ
      4. 主なゴールドメダリオン特典2:優先チェックイン&優先搭乗
      5. 主なゴールドメダリオン特典3:SKY PRIORITY
      6. 主なゴールドメダリオン特典4:デルタ・コンフォートクラスへの無料アップグレードが可能!
      7. 主なゴールドメダリオン特典5:優先手荷物扱いで預けた荷物をいち早く受け取ることができる!
      8. 主なゴールドメダリオン特典6:他航空会社、有名ホテルグループの上級会員へのステータスマッチが可能!
      9. 一部のスカイチーム利用時、ボーナスで80%のマイルが別に貰える
      10. 米国との比較!デルタアメックス ゴールドでゴールドメダリオンになれる日本在住者はお得!
    2. スカイチーム「エリートプラス」も同時に獲得!
      1. スカイチームエリートプラス会員の特典
      2. 主なスカイチーム加盟航空会社
      3. スカイチーム加盟航空会社
    3. 入会・継続時のボーナスマイルがもらえる!
    4. 入会時だけでなく、ファーストフライトボーナスマイルがもらえる!
    5. 年間利用額に応じてカード利用ボーナスマイルがプレゼント
    6. スカイマイルを特典航空券に交換可能
      1. 特典航空券の区間とマイル数
      2. スカイマイルの特典航空券で利用可能な航空会社一覧
      3. スカイマークの特典航空券に交換
    7. 羽田空港国際線のラウンジを利用可能(2017年10月31日まで)
    8. 4つの日米路線で新たに導入される「デルタ・ワン スイート」
      1. デルタ・ワン スイートが導入される新しい路線
      2. デルタ・ワン スイートとは
    9. デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードはアメックスの特典も使える
      1. 空港ラウンジは同伴者1名まで無料
        1. 国内で利用できる空港
        2. 国外で利用できる空港
      2. 空港からの手荷物無料宅配サービスで帰りもラクラク
      3. 海外旅行中も24時間日本語で無料電話サポートしてくれるミニ・コンシェルジュ付き
      4. ショッピング・プロテクション
      5. リターン・プロテクション
      6. キャンセル・プロテクション
      7. オンライン・プロテクション
      8. 海外旅行保険
      9. 国内旅行損害保険
      10. エアポート・ミール(国内線)
      11. 空港クロークサービス
      12. オーバーシーズ・アシスト
      13. ゴールド・ワインクラブ
      14. コットンクラブ
      15. 新国立劇場
      16. チケット・アクセス
      17. アメリカン・エキスプレス・セレクト
      18. 京都観光ラウンジ
    10. カード盗難・紛失の場合の緊急再発行
    11. ICチップ搭載で海外でも安心に!
  6. デルタ アメックス ゴールド カードに紹介プログラムを利用して新規入会するための必須審査条件と審査期間
    1. クレジットカードの過去利用実績
    2. 年収の目安は300万円
  7. デルタアメックスゴールドへの入会は「紹介プログラム」経由が最もお得
    1. アメックスの紹介プログラムとは?
    2. デルタアメックスゴールドの「紹介プログラム」経由での申し込み方法の2つの手順
      1. 手順1:メール登録して「紹介専用URL」を獲得する
      2. 手順2:デルタアメックスゴールドを紹介プログラム経由で申し込む
  8. まとめ

日本版デルタアメックスのプラチナカードは存在しない

結論から言うと、日本版のデルタアメックスのプラチナ級のクレジットカードカードは存在しません。

また、いわゆる「デルタアメックスプラチナカード」の誕生も予定されていませんし、誕生の可能性も低いでしょう。

現在の、日本版のデルタ航空提携のアメックスカードは

  • デルタアメックスゴールド
  • デルタアメックスカード

の2枚だけとなっています。

日本版デルタアメックスゴールドとデルタアメックス(クラシックカード)のスペックと特典一覧

クリックで開く

日本版のデルタアメックスゴールドとデルタアメックス(クラシックカード)の違いを比較すると下表のとおりです。

項目 デルタアメックスゴールド デルタアメックス
年会費(税込) 28,080 12,960
マイル移行費用(税込)
年会費+マイル移行費用 28,080 12,960
家族会員年会費(税込) 12,960 6,480
ポイント有効期限 無期限 無期限(直接マイル付与)
マイル付与率 国内1%/海外1.5% 国内1%/海外1.3%
マイル付与率(デルタ航空) 3.00% 2.00%
継続ボーナス 3,000マイル 2,000マイル
上級会員資格 ゴールドメダリオン特典 シルバーメダリオン
フライトボーナス 100ドル8マイル 100ドル7マイル
旅行傷害保険 最高1億円 最高5000万円
ショッピング保険 最高500万 最高500万
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
空港ラウンジ
海外旅行先での日本語サポート オーバーシーズ・アシスト グローバル・ホットライン
手荷物無料宅配 片道 片道
空港クローク
空港パーキング
エアポート送迎
エアポート・ミール
(2018年5月末終了)
無料ポーター
海外用レンタル携帯電話特別割引
エクスペディア・一休.com・日本旅行優待
レンタカー・カーシェアリング優待
カード盗難・紛失の場合の緊急再発行
チケット・アクセス
アメリカン・エキスプレス・コネクト
コットンクラブ
新国立劇場
ゴールド・ワインクラブ
京都観光ラウンジ
情報誌(IMPRESSION GOLD)
プリファード・ゴルフ
死亡・後遺障害(国内旅行保険) 5,000万円 5,000万円
死亡・後遺障害(海外) 利用:1億円
自動:5,000万円
5,000万円
傷害治療(海外) 利用:300万円
自動:200万円
100万円
疾病治療(海外) 利用:300万円
自動:200万円
100万円
救援者費用(海外) 利用:400万円
自動:300万円
200万円
賠償費用(海外) 4,000万円 3,000万円
携行品損害(海外) 1旅行50万円/年100万円 1旅行30万円/年100万円
航空便遅延費用補償(海外)

ゴールドカードとクラシックカードを比較すると、以下の点はゴールドカードが上回っています。

  • マイル付与率(デルタ航空)が+1%
  • 海外利用時のマイル付与率が+0.2%
  • ゴールドメダリオン特典
  • 継続ボーナス・フライトボーナス
  • 旅行傷害保険
  • キャンセルプロテクション
  • 海外旅行時のサポートが安心のオーバーシーズ・アシスト
  • その他、京都観光ラウンジ等の諸特典

年会費の差と上記の特典の差を比較して、どちらがよいかを決めることになります。

米国にはデルタアメックスプラチナカード(Delta SkyMiles Plutinum Card)が存在する

一方で、アメリカにはデルタ航空提携アメックスのプラチナ級カードが存在します。

デルタアメックスプラチナカード(Delta SkyMiles Platinum Card)です。

アメリカには以下の4つのデルタ航空提携のアメックスのカードがあります

  • Delta SkyMiles Blue Card:年会費無料
  • Delta SkyMiles Gold Card:初年度年会費無料、二年目以降99ドル
  • Delta SkyMiles Platinum Card:年会費250ドル
  • Delta SkyMiles Reserve Card:年会費550ドル

米国版デルタアメックスプラチナカード(Delta SkyMiles Platinum Card)のスペック、特典

以下では、アメリカ版デルタアメックスプラチナカード(Delta SkyMiles Platinum Card)のスペック、特典について簡単に紹介します。

まず、券面の特徴としては、

  • メタルカードであること
  • カード番号が表面のデザインから消えたこと

が挙げられます。

  • カードの特典としては、
  • ポイント還元率は通常1%
  • スーパーやレストランでマイルの還元率が2倍
  • ホテルやデルタ航空でのマイルの還元率は3倍
  • TSAプレチェックやGlobal Entryで利用できる100ドル分のクレジット
  • デルタ航空のラウンジが利用可能(一人39ドル)
  • 年間25,000ドル利用で1万MQMを付与

ですが、日本のデルタアメックスゴールドとの最大の違いは、デルタ航空上級会員「ゴールドメダリオン」が付帯しないことでしょう。

日本版デルタアメックスのプラチナカードが誕生するとしたら?

冒頭に紹介した通り、現在のところ日本での「デルタアメックスプラチナカード」は存在しないし、誕生の予定もありません。

では、仮に日本で「デルタアメックスプラチナカード」が誕生するとしたら、どのような形になるのでしょうか。

予想や希望を含めて考えてみます。

日本版「デルタアメックスプラチナカード」の誕生が期待される最大の理由

日本版「デルタアメックスプラチナカード」の誕生が期待されるのには理由があります。

なぜなら、日本版のデルタアメックスカードにはデルタ航空上級会員資格が初年度自動付帯するからです。

  • デルタアメックス(クラシック):「シルバーメダリオン」が初年度自動付帯
  • デルタアメックスゴールド:「ゴールドメダリオン」が初年度自動付帯

入会するだけで、航空会社のマイレージプログラムの上級資格を獲得できるクレジットカードは、世界のどこにもありません。

>>「フライト0でもデルタ航空の上級会員になれる方法とクレジットカード2選」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【最短】フライト0でもデルタ航空の上級会員になれる方法とクレジットカード2選!
この記事では、最短でデルタ航空の上級会員になれる方法とクレジットカードを2枚紹介しています。

  • デルタアメックスプラチナ:「プラチナメダリオン」が初年度自動付帯?

つまり、日本版の「デルタアメックスプラチナカード」が誕生すれば、デルタ航空上級会員「プラチナメダリオン」が自動付帯するのではないか、と考えてしまうからではないでしょうか。

カード入会だけで「ゴールドメダリオン」が自動付帯するのは日本のデルタアメックスゴールドだけ

デルタ航空には、搭乗回数やチケットの購入金額の実績に応じて5つの会員ランクがあります。

さらに、上級会員(メダリオン会員)の取得条件は、年間のメダリオン会員資格取得必要マイル・またはメダリオン会員資格取得必要区間の積算数で変わります。

  • MQM:メダリオン会員資格取得必要マイル数
  • MQS:メダリオン会員資格取得必要区間(デルタ航空の搭乗回数)

の実績を積んだ「シルバー」以上の上級会員のことをメダリオン会員と呼びます。

MQMは通常のデルタスカイマイルとは違い、メダリオン会員資格取得のためにのみ必要なマイルです。

上級会員になると、下表のようにマイル加算率がアップします。

会員ランク 運賃額1ドルあたりにもらえるマイル数 判定基準
一般会員 5マイル 25,000MQM未満、30MQS未満
メダリオン・シルバー 7マイル 25,000MQMまたは30MQS
メダリオン・ゴールド 8マイル 50,000MQMまたは50MQS
メダリオン・プラチナ 9マイル 75,000MQMまたは100MQS
メダリオン・ダイヤモンド 11マイル 125,000MQMまたは140MQS

同様に、ゴールドメダリオン取得には、有料のフライトで前年1年間(1/1〜12/31)に、50,000マイル(MQM)もしくは対象60区間の登場(MQS)が必要です。

仮に、短距離路線で往復3万円、30往復で達成と仮定すると、

  • ゴールドメダリオンの現金価値=90万円

と言えます。

「ゴールドメダリオン」の具体的なメリットは、下表の通りです。

区分 項目 シルバー ゴールド
フライト特典 ファーストクラスへの無制限無償アップグレード(Yクラス正規運賃) 予約(空席状況による)
ファーストクラスへの無制限無償アップグレード(Eクラスを除く割引運賃) 24時間前 72時間前
デルタ・コンフォートプラスへの無制限無償アップグレード – 米国およびカナダ 24時間前 72時間前
デルタ・コンフォートプラス座席の無制限無償でのご利用 – 国際線 24時間前 72時間前
ファーストクラスへの無制限無償アップグレード – 特典航空券
デルタ・コンフォートプラスへの無制限無償アップグレード – 特典航空券(米国・カナダ)
デルタ・コンフォートプラス座席の無制限無償でのご利用 – 国際線
ファーストクラスおよびデルタ・コンフォートプラスへの無制限無償アップグレード – 「Pay with Miles」で購入された航空券
同伴者のファーストクラスおよびデルタ・コンフォートプラスへの無制限無償アップグレード
プリファードシートの無償でのご利用
優先空席待ち
プログラムの特典 正規運賃のファースト / ビジネスクラス MQM ボーナス(F、J 運賃) 100% 100%
割引のファースト / ビジネス / プレミアム メインキャビン MQM ボーナス(P、A、G、C、D、I、Z、Y、B 運賃) 50% 50%
メダリオン会員資格取得必要マイルの繰り越し 無制限 無制限
メダリオン ボーナスマイル 1 ドルにつき追加で 2 マイル 1 ドルにつき追加で 3 マイル
手数料免除 手荷物手数料免除
搭乗日当日の時間変更手数料免除
搭乗日当日スタンバイ(空席待ち)手数料免除
直接発券手数料の免除
特典航空券のマイル返却手数料/ 再発行手数料免除
空港 デルタ スカイクラブ個人会員資格
優先チェックイン
優先搭乗 スカイ プライオリティ
セキュリティライン優先アクセス
お手荷物の優先受け取り
プレミアム・サービス 専用電話番号 優先 より優先
チョイスベネフィット 以下のオプションから選択:
アップグレード証書
グローバルエントリーお申し込みバウチャー
ボーナスマイル
メダリオン会員資格の譲渡
デルタ スカイクラブ エグゼクティブ メンバーシップへのアップグレード
ギフトカード
スカイチーム特典(国際線) スカイチーム・ステータス エリート エリートプラス
お手荷物の優先的お取扱い
スカイチーム ラウンジ利用

ただし、「ゴールドメダリオン」はあくまでも「資格」です。

「資格」は使わなければ持っていても価値が発揮されません。

以下で、年会費の元を取れるような価値のある使い方を考えていきます。

「ゴールドメダリオン」資格で特にメリットの大きな特典は

  • 座席アップグレード
  • 空港ラウンジアクセス
  • スカイチーム「エリート・プラス」
  • 上級会員を利用したステータスマッチ

です。

日本版「デルタアメックスプラチナカード」が誕生すれば「プラチナメダリオン」が自動付帯する?

さらに、デルタ航空上級会員「プラチナメダリオン」の特典は以下のようになります。

区分 項目 シルバー ゴールド プラチナ ダイヤモンド
フライト特典 ファーストクラスへの無制限無償アップグレード(Yクラス正規運賃) 予約(空席状況による)
ファーストクラスへの無制限無償アップグレード(Eクラスを除く割引運賃) 24時間前 72時間前 5日前 5日前優先
デルタ・コンフォートプラスへの無制限無償アップグレード – 米国およびカナダ 24時間前 72時間前 発券直後 発券直後
デルタ・コンフォートプラス座席の無制限無償でのご利用 – 国際線 24時間前 72時間前 無料で利用可能 無料で利用可能
ファーストクラスへの無制限無償アップグレード – 特典航空券
デルタ・コンフォートプラスへの無制限無償アップグレード – 特典航空券(米国・カナダ)
デルタ・コンフォートプラス座席の無制限無償でのご利用 – 国際線
ファーストクラスおよびデルタ・コンフォートプラスへの無制限無償アップグレード – 「Pay with Miles」で購入された航空券
同伴者のファーストクラスおよびデルタ・コンフォートプラスへの無制限無償アップグレード
プリファードシートの無償でのご利用
優先空席待ち
プログラムの特典 正規運賃のファースト / ビジネスクラス MQM ボーナス(F、J 運賃) 100% 100% 100% 100%
割引のファースト / ビジネス / プレミアム メインキャビン MQM ボーナス(P、A、G、C、D、I、Z、Y、B 運賃) 50% 50% 50% 50%
メダリオン会員資格取得必要マイルの繰り越し 無制限 無制限 無制限 無制限
メダリオン ボーナスマイル 1 ドルにつき追加で 2 マイル 1 ドルにつき追加で 3 マイル 1 ドルにつき追加で 4 マイル 1 ドルにつき追加で 6 マイル
手数料免除 手荷物手数料免除
搭乗日当日の時間変更手数料免除
搭乗日当日スタンバイ(空席待ち)手数料免除
直接発券手数料の免除
特典航空券のマイル返却手数料/ 再発行手数料免除
空港 デルタ スカイクラブ個人会員資格
優先チェックイン
優先搭乗 スカイ プライオリティ スカイ プライオリティ プレミアム
セキュリティライン優先アクセス
お手荷物の優先受け取り
プレミアム・サービス 専用電話番号 優先 より優先 さらに優先 VIP ライン
チョイスベネフィット 以下のオプションから選択: 1 つ選択 2 つ選択
アップグレード証書 リージョナル 4 枚 グローバル4枚または
リージョナル8枚または
グローバル2枚とリージョナル4枚
グローバルエントリーお申し込みバウチャー 1 2
ボーナスマイル 20,000 25,000
メダリオン会員資格の譲渡 シルバー ゴールド
デルタ スカイクラブ エグゼクティブ メンバーシップへのアップグレード
ギフトカード
スカイチーム特典(国際線) スカイチーム・ステータス エリート エリートプラス
お手荷物の優先的お取扱い
スカイチーム ラウンジ利用

また、デルタ航空スカイマイルの上級会員ステータスを持つメリットは特典そのものだけでなく、他航空会社やホテルグループのステータス会員へのステータスマッチに利用できるというメリットもあります。

「ステータスマッチ」とは、マイレージプログラムやホテルの上級会員資格がある場合、他の航空会社やホテルグループの会員制度の上級会員資格を得られる制度です。

本来的にはハードルが高い上級会員資格を簡単な申請だけで獲得できるので、旅行好きには非常にメリットのある制度です。

例えば、デルタ航空「ゴールドメダリオン」を活かしたステータスマッチには以下のような例があります。

  • デルタ航空「ゴールドメダリオン」→トルコ航空のエリート→スターアライアンス「ゴールド」
  • デルタ航空「ゴールドメダリオン」→ユナイテッド航空「プレミアゴールド」→マリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」、ベストウェスタン「ダイヤモンド」、ヒルトン「ゴールド」

「プラチナメダリオン」を利用すれば、他航空会社やホテルグループのさらに上位のステータス会員へのステータスマッチが可能になるかもしれません。

日本版「デルタアメックスプラチナカード」はデルタアメックスゴールド利用者だけのインビテーション制度のカードになる?

仮に日本版「デルタアメックスプラチナカード」が誕生することを考えた場合、利用実績に応じて限られた会員だけがアップグレードすることができる「インビテーション制」のカードになる可能性が考えられます。

プロパーアメックス デルタ航空提携アメックス
一般 アメックスグリーン デルタアメックス
ゴールド アメックスゴールド デルタアメックスゴールド
プラチナ アメックスプラチナ (デルタアメックスプラチナ?)
ブラック アメックスセンチュリオン

なぜなら、クレジットカードの保有だけで航空会社の上級会員資格を得られること自体、通常ではあり得ない仕組みなのに、「ゴールドメダリオン」のさらに上の「プラチナメダリオン」までもが簡単に保持できるようになってしまってはデルタ航空の上級会員制度の稀少生が薄れてしまうからです。

アメックスのインビテーション制度とは

クリックで開く

そもそも、アメックスのクレジットカードはインビテーション(招待制)のカードとして有名です。

ランクが下のアメックスのカードの所有から始まり、一定のカード利用の実績を積んでいくというものです。

そして、利用実績を積むことで、その実績が認められた人にアメックスの上位カードのインビテーションが届きます。

この、ステップアップ形式の招待の仕組みは今でも健在です。

招待こそ上位カード取得の王道の取得方法と言えるでしょう。

アメックスプラチナのインビテーション制度
クリックで開く

日本版デルタアメックスゴールドのメリットと特徴

クリックで開く

それでは以下に、デルタ アメックス ゴールドの特徴とメリットを紹介していきます。

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードは、デルタ航空とアメックスが提携して発行している航空系カードです。

上級会員であるゴールドメダリオンの資格を無条件で得られたり、世界490以上のスカイチームのラウンジを搭乗クラスに関わらず無料で使用できたり、デルタ航空の優先搭乗、優先チェックイン、無料アップグレードなど、空マイラーにはヨダレモノの特典がギュッと凝縮された一枚になります。

デルタアメックスゴールドカードの基本情報と特徴

デルタスカイマイル・アメリカンエキスプレスゴールドカード
年会費 26000円(税別)
家族カード1枚12000円(税別)
※2018年6月26日より1枚目は無料となります。
ETCカード年会費 年会費無料で新規発行手数料850円(税別)
入会特典 ●30000マイルプレゼント
●ゴールドメダリオン資格(2018年6月26日より利用条件あり)
貯まるマイル デルタスカイマイル
マイルアップ スカイマイルショッピングを経由して提携先でカード利用
マイル還元率 ●基本1%(100円で1マイル)最大1.5%(年間利用額300万円まで)
●デルタ航空への支払いは還元率3%
●海外の利用で1.25%(100円で1.25マイル)
※2018年6月26日より1.5倍にアップ
マイル有効期限 無期限
国内外旅行保険(利用付帯) 海外:死亡・後遺障害1億円、傷害・疾病治療費用300万円
国内:死亡・後遺障害5000万円
国内外旅行保険(自動付帯) 海外:死亡・後遺障害5000万円、傷害・疾病治療費用200万円
国内:死亡・後遺障害5000万円
電子マネー アップルペイ(クイックペイ)、モバイルSuica、Edy、おサイフケータイ

デルタ アメックス ゴールド カードの年会費

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カード年会費は以下のようになります。

  • 本会員カード:26,000円(+税)
  • 家族カード :ひとりにつき、12,000円(+税)

年会費だけで考えると、26,000円(+税)の年会費はかなり高額な金額だと感じるのではないでしょうか。

しかし、これからご紹介するように、デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードは、年会費以上にマイルを強力に貯めることに特化した特典がたくさん得られるため、空マイラーに人気の一枚となっています。

決して安い年会費ではありませんが、このクレジットカードには、その年会費を支払うに見合うだけの魅力があると考えられます。

>>「デルタアメックスゴールドの年会費を実質無料にする4つの方法まとめ。」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【保存版】デルタアメックスゴールドの年会費を実質無料にする4つの方法まとめ。
この記事では、デルタアメックスゴールドの年会費を実質無料にして使うことのできる具体的な4つの方法を紹介しています。

デルタ アメックス ゴールドの利用可能枠

デルタ アメックス ゴールドの利用可能枠は、本会員のご利用状況や資産状況に応じて、随時カードご利用可能枠を設定できる仕組みになっています。

デルタ アメックス ゴールドの決済方法と口座振替可能な金融機関

カードご利用代金の支払いについては、あらかじめ指定した金融機関預金口座から自動振替することになっています。

また、口座振替可能な金融機関は、都市銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫、労働金庫となっています。

デルタ アメックス ゴールドのポイントプログラム

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードを利用すると、利用金額100円につき、スカイマイルが1マイルたまります。

  • 100円のクレジットカード決済=1スカイマイル=マイル還元率1%

ということになります。

海外でのショッピング利用で還元率1.25%に!

また、海外でのショッピングにカードを利用すると、獲得マイルが通常の1.25倍になります。

デルタ航空グループへの支払いでマイル還元率3%!

さらに、デルタ航空グループへの支払いにカードを利用すると、さらにマイルが貯まり、3%のマイル付与率になります。

デルタ航空を利用する機会が多い場合には、使えば使うほどマイルが貯まる仕組みになっています。

マイルの移行手数料なし・有効期限が無期限!

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードは、カード利用で直接デルタスカイマイルが貯まるので、マイル移行手数料がありません。

それに加えて、デルタスカイマイルの有効期限は無制限なので、いつでも好きな時に使用可能です。

これなら、ビジネスクラスやファーストクラスに向けてじっくりとマイルを貯めることができますね。

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードのメリットを活用して特典を使い倒す方法

クリックで開く

それではここからは、デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードの特に重要な特典について以下のように紹介していきます。

最大の魅力は自動で「ゴールドメダリオン」「エリートプラス」が取得できる!

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードに入会する最大の魅力は何と言っても、カード取得で初年度のゴールドメダリオン(上級会員)資格が自動的に保持できることです。

クレジットカードに入会するだけで、航空会社のマイレージプログラムの上級資格を獲得できるのは、とても稀なことです。

通常、マイレージプログラムの上級会員資格を獲得するためには、何十回というフライト実績が求められます。

「ゴールドメダリオン」についても、デルタ航空を頻繁に利用するスカイマイル会員だけが取得できる上級会員資格です。

しかし、この「デルタアメックス ゴールドカード」には、その必要がありません。

>>「フライト0でもデルタ航空の上級会員になれる方法とクレジットカード2選」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【最短】フライト0でもデルタ航空の上級会員になれる方法とクレジットカード2選!
この記事では、最短でデルタ航空の上級会員になれる方法とクレジットカードを2枚紹介しています。

実は、これはとてつもなくすごいことなんです。

例えば、日系の航空会社であるANAやJALの場合、たった一枚のクレジットカードへ入会するだけで、それぞれのマイレージプログラムの会員資格を獲得できるものは存在しません。

それぞれのマイレージプログラムの上級会員資格を獲得するためには何十回というフライト実績を積み上げる必要があります。

そして、そのためには膨大なお金と時間が必要になるからです。

例えば、ANAの場合、デルタ航空でいう「ゴールドメダリオン」と同等の上級会員資格である「プラチナサービスメンバー」の資格を獲得するためには、一般的に50万円以上のフライト費用が必要になります。

それと同様に、ゴールドメダリオン取得には、50,000マイル(MQM)もしくは対象60区間の登場(MQS)が必要です。

この、航空会社のハイクラスなーステータス資格を、デルタ航空に搭乗実績が全くなくても無条件で保持できるクレジットカードは、このカード以外に見当たりません。

さらに、この「ゴールドメダリオン」を獲得すると、デルタ航空が加盟しているグローバルアライアンスであるスカイチームの上記位会員資格である「エリートプラス」も同時に獲得することができます。

2018年6月よりゴールドメダリオン会員が150万円の「利用条件付き」に

これまでデルタアメックスに入会すれば自動的にゴールドメダリオン会員にランクアップされていたデルタアメックスゴールドだったのですが、2018年6月26日以降はこの条件が変更されました。

<注意>

2018年5月にデルタアメックスのサービス改定についての発表がありました。

これにより、デルタアメックスのメダリオン特典が利用金額に応じた変動制になります。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

>>【改善・改悪】デルタアメックスのゴールドメダリオン特典が利用金額制に!4つの変更点まとめ

ゴールドメダリオン保持には、2年目以降は年間150万円の利用が必要となりました。

ゴールドメダリオンの付与条件

上級会員付与の条件は、年間の利用金額です。

【初年度】

  • ゴールドメダリオン 自動付与

【2年目以降】

  • 年間150万円以上利用・・・ゴールドメダリオン
  • 年間100万円以上利用・・・シルバーメダリオン
  • それ以下・・・平会員

初年度は、無条件でゴールドメダリオンが付与されます。

2年目以降は、前年の利用実績に応じてステータスが決まるため、年間150万円以上の利用は続けたいところですね。

2年目以降は付与条件があるものの、カード利用だけでデルタ航空(スカイチーム)の上級会員が獲得できるのはすごい特典。

主なゴールドメダリオン特典1:スカイチーム・ラウンジ

スカイチーム加盟航空会社の国際線搭乗時に、「デルタスカイクラブ」ラウンジを含む世界490以上のスカイチームのラウンジを、なんと搭乗クラスに関わらず使用できます。

通常、デルタスカイクラブは、ビジネスクラス以上の利用の場合のみ使用可能ですので、驚きの特典です。

しかも嬉しいことに、同伴者1名まで無料で使用できます。フライト前や乗り継ぎの時間を快適に有効活用できますね。

主なゴールドメダリオン特典2:優先チェックイン&優先搭乗

デルタ航空を利用する場合には、専用のビジネスエリート/ビジネスクラスまたはファーストクラス用チェックインエリア「SKY PRIORITY」を利用することができます。

これによって、待ち時間のない、専用チェックインエリアで快適・スムーズな手続きが可能になります。

国際線を利用したことがあるならわかるかと思いますが、エコノミークラスの場合、チェックインに数十分の待ち時間がもかかる場合があります。

それを、待ち時間なしで利用できるので、空港での時間を快適に有効活用することができます。

また、優先搭乗でいち早く機内に搭乗できるので、荷物をスムーズに入用可能です。

主なゴールドメダリオン特典3:SKY PRIORITY

ゴールドメダリオン会員は、デルタ航空、スカイチーム加盟の航空会社を利用する際には、専用のセキュリティ荷物検査レーンを利用することができます。

こちらも「SKY PRIORITY」という名前になっています。

このセキュリティレーンは、出国審査まで一番近い場所に設置されているので、とても便利です。

エコノミークラスのうんざりする大混雑に巻き込まれずにチェックインが可能になります。

また、ゴールドメダリオン会員は、デルタ航空、スカイチーム加盟の航空会社を利用時の手荷物を預ける際には、専用のプライオリティタグ「SKY PRIORITY」をつけてくれます。

これによって、空港到着時には優先的に荷物を受け取ることができるようになります。

時間が限られている海外出張や海外旅行時には絶大なメリットになります。

主なゴールドメダリオン特典4:デルタ・コンフォートクラスへの無料アップグレードが可能!

デルタ航空の一部国際線路線では「デルタ・コンフォートクラス」という座席が利用可能です。

この座席は、エコノミークラスに比べ足元が広く、リクライニング角度も大きな座席なので、飛行機の中でもゆっくり快適に過ごすことができます。

また、頭上の荷物棚の専用スペース、及び「デルタスタジオ」のプレミアムエンターテイメントを使い料金なしで利用できます。

ゴールドメダリオン会員は、出発の72時間前に空席があれば無料でアップグレードできます。

主なゴールドメダリオン特典5:優先手荷物扱いで預けた荷物をいち早く受け取ることができる!

デルタ航空(及びスカイチーム便)を利用の場合、チェックインカウンターで荷物を預ける際に「プライオリティタグ」がつけられます。

これにより、受託手荷物受取所にて優先的に荷物を受け取ることができます。

このサービスにより、空港到着から市街地への移動の時間を大幅に短縮できます。

主なゴールドメダリオン特典6:他航空会社、有名ホテルグループの上級会員へのステータスマッチが可能!

デルタ航空の上級会員である「ゴールドメダリオン」の資格は、ステータスマッチの宝庫です。

他のアライアンスや有名ホテルグループの上級会員へのステータスマッチを行うときの絶大なメリットになります。

このカードを持つことで、他社での上級会員に簡単になれるチャンスが広がります。

代表的なステータスマッチの例:

  • ユナイテッド航空プレミアゴールド
  • マリオットゴールドエリート
  • SPGゴールド
  • ヒルトン・オナーズゴールド
  • ベストウェスタンホテルダイヤモンド

ゴールドメダリオンはデルタ航空やスカイチームの航空会社の搭乗、ステータスマッチで絶大な威力を発揮してくれ流、卓越した上級会員資格です。

一部のスカイチーム利用時、ボーナスで80%のマイルが別に貰える

ゴールドメダリオンだと、デルタ航空だけでなく一部スカイチームはボーナスマイルだと80%のマイルを貯めることができます。

  • 中国東方航空
  • アリタリア航空
  • KLMオランダ航空
  • エア・フランス
  • アエロメヒコ

など

日本を発着している航空会社だと上記の航空会社は80%のボーナスマイルが貰えます。

詳細は公式ページに記載しています。

米国との比較!デルタアメックス ゴールドでゴールドメダリオンになれる日本在住者はお得!

実は、アメリカにも同じデザインのデルタ・スカイマイル アメックスゴールドがあります。

しかも年会費95ドルと日本に比べるとかなりお手頃です。

そこで「日本人は割高なのか」と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

アメリカ発行のデルタ・スカイマイル アメックス ゴールドは券面がゴールドでも、ゴールドメダリオンやシルバーメダリオンの資格はついてきません。

ですので、日本在住者で日本のアメックスカードを発行できる人だけの特典となります。

またお隣の韓国でもこのようなデルタ・スカイマイル アメックスカードは存在しないので日本在住者はクレジットカード発行だけで航空会社のステータスをもらうことができ非常にお得だということです。

海外にお住まいの方で日本のクレジットカードを発行できる方は日本のデルタ・スカイマイル アメックス ゴールドを発行することをおすすめします。

スカイチーム「エリートプラス」も同時に獲得!

デルタアメックス ゴールドカードに入会すると、デルタ航空の上級会員資格である「ゴールドメダリオン」を獲得できることは、上記でご紹介しました。

そして実は、このカードに入会することで得られる上級会員資格があるんです。

それは、デルタ航空が加盟しているグローバルアライアンスであるスカイチームの上級会員資格である「エリートプラス」です。

スカイチームエリートプラス会員の特典

ゴールドメダリオンになりますとスカイチームのエリートプラス会員が付与されることになります。

  • 予約時の優先空席待ち(運賃に応じて)
  • お座席の優先指定
  • 優先チェックインカウンター
  • 優先搭乗またはご都合に合わせた搭乗
  • 手荷物制限の追加

これに加えてエリートプラス会員になると下記特典がプラスされます。

  • ご出発24時間前までの長距離便満席時の正規運賃でのエコノミークラスのお座席の確保
  • ご搭乗クラスに関係なく、航空券をお持ちの会員様の世界中の空港ラウンジのご利用(ご同伴者1名含む)
  • ご搭乗クラスに関係なく、ご到着時の優先的なお荷物の取扱い
  • 手荷物制限の追加

この特典が付与されるのはかなり大きいですよ。

主なスカイチーム加盟航空会社

  • アエロフロート ロシア航空
  • アエロメヒコ航空
  • アリタリア航空
  • エールフランス航空
  • ガルーダ インドネシア航空
  • KLMオランダ航空
  • 上海航空
  • 大韓航空
  • チャイナエアライン航空
  • 中国東方航空
  • 中国南方航空
  • デルタ航空
  • ベトナム航空

スカイチーム加盟航空会社

スカイチーム加盟航空会社

入会・継続時のボーナスマイルがもらえる!

入会時にもれなく8,000ボーナスマイルとしてプレゼントされます。

またそれに加えて、毎年カードを継続するたびに3,000マイルをもらうことができます。

入会時にマイルがもらえるのはもちろん嬉しいことですが、継続のたびにマイルが獲得できるのも、カード継続のモチベーションが上がる嬉しい特典ですね。

入会時だけでなく、ファーストフライトボーナスマイルがもらえる!

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードなら、ボーナスマイルは入会時だけの特典ではありません。

なんと、入会後6ヶ月以内に、デルタ航空を購入航空券で利用すると、初回フライトに対して通常フライトマイルに加え、さらにファーストフライトボーナスがプレゼントされます。

  • 初回フライトがデルタ航空ビジネスクラスの場合:25,000マイルプレゼント
  • 初回フライトがデルタ航空エコノミークラスの場合:10,000マイルプレゼント

さらにゴールドメダリオンなので、フライトマイル×100%のボーナスマイルも付与されますし、海外決済やデルタ航空券購入でのカード利用マイルも優遇されます。

年間利用額に応じてカード利用ボーナスマイルがプレゼント

さらに、一年間のカード利用金額の合計が100万円を超えた場合、100万円ごとに5,000ボーナスマイルがプレゼントされます。

ボーナスマイルの獲得には、毎年最大3回という制限があります。

ですが、これはクレジットカードでたくさんの金額を決済する場合には嬉しい特典ですね。

スカイマイルを特典航空券に交換可能

デルタアメックスゴールドで貯めたマイルをデルタ航空の特典航空券に交換すると、米国48州とアラスカ間のフライトなどに片道10,000マイルより交換ができます。

なんと、嬉しいことに2016年7月21日よりスカイマイル会員は、同一の往復航空券で片道ずつ異なる搭乗クラスを予約できるようになりました。

たとえば、行きはコンフォートプラス、帰りはデルタワンなどが可能です。

デルタ航空の特典航空券は、デルタ航空はもちろん、スカイチーム加盟航空会社、スカイマイル提携航空会社運行便のフライトにマイルを利用可能です。

特典航空券の区間とマイル数

デルタアメックスゴールドで貯めたスカイマイルは、米国本土、アラスカ、カナダの各都市やいずれかの2地域間を片道10,000マイルから特典航空券に交換ができます。

別途、税金や手数料が必要になります。

スカイマイルの特典航空券で利用可能な航空会社一覧

  • デルタ航空
  • デルタ・コネクション航空会社のコンパス航空
  • エンデバー航空
  • エクスプレスジェット航空
  • ゴージェット・エアラインズ
  • シャトルアメリカおよびスカイウェスト
  • アエロフロート・ロシア航空
  • アルゼンチン航空
  • アエロメヒコ航空
  • エアヨーロッパ
  • エールフランス航空
  • エア タヒチ ヌイ
  • アラスカ航空
  • アリタリア航空
  • チャイナ エアライン
  • 中国東方航空
  • 中国南方航空
  • チェコ航空
  • ガルーダ・インドネシア航空
  • ゴル航空
  • グレイトレイクス航空
  • ハワイアン航空
  • ケニア航空
  • KLMオランダ航空
  • 大韓航空
  • マンダリン航空
  • ミドル・イースト航空
  • サウジ航空
  • 上海航空
  • タロム航空
  • ベトナム航空
  • ヴァージンアトランティック航空
  • ヴァージンオーストラリア航空
  • 厦門航空ハワイアン航空はハワイ諸島間のフライト限定

唯一残念なところは、日本の航空会社でスカイチームに属している航空会社がないことです。

ただし、スカイマークとはマイルで提携をしていて、日本在住の方であればスカイマークの特典航空券に交換することができます。

スカイマークの特典航空券に交換

日本在住のスカイマイル提携クレジットカードの本会員またはメダリオン会員の方はスカイマイル特典旅行として、スカイマークの国内線を利用できます。

必要マイル数:15,000マイル

区間:
福岡 (FUK) – 那覇 ( 沖縄、OKA)
羽田 (HND) – 神戸 (UKB)
神戸 (UKB) – 茨城 (IBR)
神戸 (UKB) – 鹿児島 (KOJ)
神戸 (UKB) – 長崎 (NGS)
神戸 (UKB) – 那覇 ( 沖縄、OKA)

必要マイル数:20,000マイル

区間:
中部国際空港セントレア ( 名古屋、NGO) – 那覇 ( 沖縄、OKA)
中部国際空港セントレア ( 名古屋、NGO) – 新千歳 ( 札幌、CTS)
羽田 (HND) – 福岡 (FUK)
羽田 (HND) – 鹿児島 (KOJ)
羽田 (HND) – 長崎 (NGS)
羽田 (HND) – 那覇 ( 沖縄、OKA)
羽田 (HND) – 新千歳 ( 札幌、CTS)
茨城 (IBR) – 新千歳 ( 札幌、CTS)
神戸 (UKB) – 新千歳 ( 札幌、CTS)

羽田空港国際線のラウンジを利用可能(2017年10月31日まで)

現在はサービスが終了してしまいましたが、2017年10月31日までは、ゴールドメダリオン以上のスカイマイル上級会員は、羽田空港でデルタ航空搭乗時にTIAT LOUNGE、TIAT LOUNGE ANNEXを利用することができました。

実は、このラウンジはゴールドカードに広く開放されているわけではなく、一部の限定されたカード会員のみが利用できる空港ラウンジです。

ラウンジ使用可能なカード会員は、

  • ラグジュアリーカード
  • エムアイカード ゴールド
  • レクサスのオーナー限定のレクサスカード
  • ポルシェの保有者限定のポルシェカード
  • TS CUBIC CARD
  • マンチェスターユナイテッドカードGOLD
  • ドルトムントカードGOLD

となっています。

この特典の嬉しい点は、同伴者1名まで無料で使えることです。

また、一般的なゴールドカードで利用できるラウンジは手荷物検査前にあることが多く、飛行機出発よりもかなり時間に余裕を持ってラウンジを出る必要があります。

しかし、TIAT LOUNGE、TIAT LOUNGE ANNEXは、手荷物検査後のゾーンにあるのが絶大なメリットです。

飛行機の出発直前までゆっくりとくつろぐことができます。

4つの日米路線で新たに導入される「デルタ・ワン スイート」

この度、2018年11月から2019年3月にかけて新たに4つの日米路線に個室タイプのビジネスクラスが導入されます。

導入されるのは

  • デルタ・ワン スイート
  • デルタ・プレミアムセレクト

「デルタ・プレミアムセレクト」に関しては、プレミアムエコノミーの個室タイプになります。

デルタ・ワン スイートが導入される新しい路線

導入される路線は、以下のようになっています。

  1. 東京‐羽田 (HND) – ミネアポリス/セントポール(MSP)
    機材:777-200ER
    運航日:2018年11月17日
  2. 東京‐成田(NRT)- アトランタ(ATL)
    機材:777-200ER
    運航日:2019年3月2日
  3. 東京‐成田(NRT)- シアトル(SEA)
    機材:A350-900
    運航日:2019年3月2日
  4. 東京‐羽田(HND)- ロスアンゼルス(LAX)
    機材:A350-900
    運航日:2019年4月1日

デルタ・ワン スイートとは

「デルタ・ワン スイート」とは、デルタ航空の長距離国際線およびアメリカ大陸横断路線の最上位クラスである「デルタ・ワン」を、「快適性」「プライバシー」の2点において重点的に進化させた個室です。

その空間は、スライド式ドアで仕切られよりプライベートなスペースとなっています。

さらに、最新の機内エンターテインメントシステムと高級感あふれる内装を施したことにより、まるで居住空間のようなビジネスクラスを体験できるようになりました。

そもそも、「デルタ・ワン」においては8年前からフルフラットベッドシートが採用されていて、通路へのダイレクトアクセスが可能となっていました。

そしてさらに「デルタ・ワン スイート」では、新たに以下のような内装を施すことでよりラグジュアリー感溢れる空間に仕上げています。

  • 個室に十分な高さのスライド式ドア
  • 中央席の2席間にプライバシー保護の可動式仕切り
  • 照明は各スイートごとに個別に調整が可能
  • パソコンやヘッドフォンが収納できる専用スペース
  • 形状記憶があるクッション
  • 米国航空会社最大の18インチ型モニター
  • ユニバーサル電源と高性能USBポート完備

など、地上にいるのと変わらないようなこれ以上ない快適な移動空間を楽しむことができるようになっています。

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードはアメックスの特典も使える

ここまで紹介しただけでも、十分に入会価値のあるクレジットカードですが、デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードには、さらにアメックスカード共通の特典も利用可能です。

アメックスカード共通の特典は以下のようになります。

空港ラウンジは同伴者1名まで無料

アメリカン エキスプレスが提携する空港ラウンジを無料で利用できます。

国内外の空港ラウンジを、同伴の方1名と共に無料で利用することができます。(国内28空港、海外2空港)

飛行機に乗るときには、保安検査やチェックインなどのために早めに空港へ行かれることと思います。

その後フライトまでの間のちょっとした空き時間にラウンジが利用できれば、余った時間をストレスなく快適に過ごすことができますよね。

国内で利用できる空港

北海道:新千歳、函館
東北:青森、秋田、仙台
関東:成田、羽田
中部:新潟、富山、小松、中部
近畿:伊丹、関西、神戸
中国:岡山、広島、米子、山口宇部
四国:徳島、高松、松山
九州:福岡、北九州、長崎、大分、熊本、鹿児島
沖縄:那覇

国外で利用できる空港

ハワイ:ホノルル国際空港
韓国:仁川国際空港

空港からの手荷物無料宅配サービスで帰りもラクラク

海外旅行の帰国時に、カード会員1名につき、スーツケース1個を無料で配送できます。(自宅~空港間)

通常のゴールドカードの場合、この特典は500円程度の有料であることが多いので、無料になるのはとても嬉しい特典です。

成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港の国際線利用のみ。

海外旅行中も24時間日本語で無料電話サポートしてくれるミニ・コンシェルジュ付き

「オーバーシーズ・アシスト」として、レストランの予約・医療機関の紹介、緊急時の支援などの日本語のサポートを受けることができます。

このサポートは非常に使い勝手が良く、その理由は、世界中のほとんどの国から24時間、通話無料またはコレクトコールで連絡できる点です。

普通のクレジットカードの海外旅行の電話サポートは、対応時間は平日の昼間のみというものが多い中、デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードの場合、24時間365日日本語で電話相談ができるのは海外旅行における絶大な安心感がありますね。

緊急時の手続き、ホテル、航空券、レストラン、エンターテイメントチケットの予約など幅広い範囲で相談できる、いわばミニ・コンシェルジュと言えそうです。

ショッピング・プロテクション

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードで購入した商品の損害を補償してくれる「ショッピング・プロテクション」が付帯しています。

補償額は年間500万円までです。年間500万円もあれば大抵の買い物はカバーできますよね。

補償対象になるのは、購入日及び購入日の翌日から90日間です。

一括払い、リボ払いや分割払い全ての購入で適用になります。

 

この補償の嬉しい点は、スマホやパソコンも補償の対象であることです。

他のクレジットカードのショッピング保険では、スマホ・ノートパソコンは対象外というものが多いです。これなら、安心してショッピングを楽しめますね。

リターン・プロテクション

これは、なかなか他のカードには付帯されていない補償です。

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードを利用して購入した商品を返品する場合、店側がその返品を受け付けてくれないこともあります。その際に、補償されるサービスです。

返品を断られた商品をアメリカン・エキスプレスに送ると、後日、本人の口座にその商品の代金が振り込まれることになっています。

キャンセル・プロテクション

急なトラブルや用事などで、行くことができなくなった旅行やコンサートのキャンセル料を10万円まで補償してくれるサービスです。

旅行のキャンセル料は高く付いてしまうことが多いですから、この補償は嬉しいですね。

オンライン・プロテクション

ネットショッピングなどで不正が発覚した場合、その損害額を補償してくれるサービスです。

不正利用を恐れてネットショッピングをためらってしまう人にとっても、とても安心のサービスです。

私も、何度か不正使用の被害にあいましたが、この補償のおかげで被害を最小限に止めることができています。

海外旅行保険

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードの海外旅行保険は非常に優れていて、特に優れている点がカードを持っていない家族も保険の対象になることです。

また、自動付帯なので、旅行代金をカードで支払わなくても海外旅行保険が付いてくるのも嬉しいところです。

保険の種類 保険金額(自動付帯) 保険金額(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害 5000万円 1億円
傷害治療費用 200万円 300万円
疾病治療費用 200万円 300万円
賠償責任 4000万円 4000万円
救援者費用 300万円 400万円
携行品損害(免責金額3000円) 50万円(年限度額100万円) 50万円(年限度額100万円)

国内旅行損害保険

保険の種類 保険金額(自動付帯) 保険金額(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害 なし 5000万円

エアポート・ミール(国内線)

羽田/伊丹空港内の店舗で使えるエアポート・ミール・クーポンをもらえる優待特典です。

エアポート・ミール・クーポンを獲得するには、デルタ スカイマイル アメックス ゴールド カードを利用してH.I.S.アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで対象の国内線航空券を購入することが条件です。

空港クロークサービス

空港での航空機の待ち時間などに空港手荷物預かり所で荷物を2個まで無料で預けることができます。

オーバーシーズ・アシスト

アメックスの強みは海外旅行先での日本語サポートです。

海外旅行中、言葉の壁があっても日本語サポートが受けられるのは心強いですね。

ゴールド・ワインクラブ

入手困難な希少価値の高い銘柄の紹介や予算においじたワイン選びの相談アドバイス、ワインに関する様々なサービスを受けることができます。

コットンクラブ

ジャズやソウルなどの一流アーティストが出演する東京・丸の内のエンターテイメントクラブ「COTTN CLUB」で、カード会員限定の特典があります。

新国立劇場

本格オペラを始め、バレエ、現代舞踊、演劇といった現代舞台芸術を高い水準で上演し続ける新国立劇場にて、様々な特典があります。

チケット・アクセス

チケットのインターネット販売を手がける「イープラス」と提携し、厳選したエンターテイメントを一般発売に先駆けて案内します。

各種イベントのチケットを購入可能です。

アメリカン・エキスプレス・セレクト

ショッピング、旅行、食事など、国内外の優待・特典があります。

京都観光ラウンジ

デルタアメックス・ゴールド会員は、高台寺の塔頭の一つ「圓徳院」にある「京都特別観光ラウンジ」を利用できます。

ペット同伴での入場はできません。

圓徳院の拝観券売場でカードを提示すると、同伴者3名まで以下のサービスが受けられます。

  • 圓徳院書院・知客寮にてお茶のご接待(宇治茶、梅湯、昆布茶、香煎茶など日によって変更)
  • 冷たい麦茶、冷やし飴(夏季期間中)
  • 圓徳院の拝観無料
  • 高台寺・掌美術館の拝観割引
  • 高台寺駐車場1時間無料サービス

カード盗難・紛失の場合の緊急再発行

カードの盗難や紛失にあった時には、国内外問わず新しいカードを無料で再発行してもらうことができます。

これで、万一の場合も安心してカード利用ができますね。

ICチップ搭載で海外でも安心に!

プロパーのアメック同様、デルタアメックスのカードもICチップ搭載のカードに生まれ変わりました。

ICチップ搭載のメリットは、海外の使用時のスキミングに対して効果を発揮してくれることですね。

これにより、よりセキュリティが強化されたクレジットカードとして、海外旅行でも活躍してくれることになりそうです。

デルタ アメックス ゴールド カードに紹介プログラムを利用して新規入会するための必須審査条件と審査期間

クリックで開く

アメックスは世界中で富裕層のカードとして認知されているステータス・シンボルカードです。

それゆえに、審査が厳しいイメージがあるようです。

しかし、現在はアメックスはカードの支払いさえしっかりとできそうであれば、年収や収入の安定性がよくなくても審査が通過する可能性が高いです。

収入が不安定でクレジットカードの審査では不利になりがちの自営業者でも、余裕で審査を通過する方が多数います。

また、年収300万円でも通過する場合が多いです。

アメックスには、一律の限度額は設定されていません。

これは、ユーザー一人一人の状況に応じてフレキシブルに利用に際しての目安額が設定されているからです。

この設定は、上限にはもちろん、下限にも柔軟なのが特徴です。

10万円や20万円といった極めて僅少な利用限度額が設定されるので、万が一の貸し倒れの際に被る打撃も極小化できることが審査に考慮されています。

契約社員・派遣社員でも問題ありませんし、専業主婦でも配偶者などの世帯主に収入があれば問題ありません。

支払い遅延がない場合は消費者金融の借り入れ残高があっても審査に通過した事例があります。

もっとも重要なのはクレジット・ヒストリー(クレヒス)です。

支払い遅延なしでクレジットカードの支払実績を一定程度残していれば、審査を通過する可能性が高いと言えます。

クレジットカードの過去利用実績

まず最初に確認したいのは、過去1年以内に他社を含むクレジットカードの引き落としの遅延がないこと。

これは必須条件となります。

もし、銀行口座の残高不足などが理由で、クレジットカードの利用代金の引き落としの遅延履歴がある場合には、アメックス カード発行の審査通過は非常に厳しくなります。

もしこれに該当する場合には、最低でも遅延を解消した日から14ヶ月以上の期間を空けてから、アメックス カードの入会申し込みをすることをオススメします。

年収の目安は300万円

プラチナカードを除く、アメックス カードの年収の目安は300万円以上と考えていただくのが間違いないです。

ちなみに、プラチナカードの年収の目安は500万円〜600万円となります。

私がアメックス カードに入会した時の場合を紹介しますと、入会申し込み時の年収の申告については、【年収欄】に自己申告で記載するだけでした。

特に電話による確認や源泉徴収票の提出などは求められませんでした。

アメッックスの年収チェックについては、基本的には、申し込み時の自己申告だけになるようです。

また申し込み時の【年収欄】に記載する金額については、税金などの控除前の金額を記入するようにしてください。

下記の源泉徴収票の【支払金額】の部分です。

【給与所得控除後の金額】を記入すると、年収額が少なくなるので審査が不利になってしまいます。

給与所得の源泉徴収票

また、申し込み時に記載する年収は、世帯年収でも問題ありません。

世帯年収は夫婦合算の年収です。

例えばご本人(夫)の年収が300万円ギリギリの場合でも、配偶者の年収を加算して年収額を記載することで、審査がより有利になります。

アメックスの入会審査は、基本的に自己申告制なので、おおよそでも問題ありません。

ただし、あまりにも実年収と乖離した虚偽の申告はなさらないようにしてください。

デルタアメックスゴールドへの入会は「紹介プログラム」経由が最もお得

デルタアメックスゴールドへの入会はアメックス既存会員からの「紹介プログラム」経由が最もお得になっています。

紹介プログラム
新規入会キャンペーン
  • ご入会ボーナスマイル:8,000ボーナスマイル
  • ご入会後3ヶ月以内に合計40万円以上のご利用で、さらに10,000ボーナスマイル
  • 合計40万円のご利用で、通常マイル4,000マイル獲得
合計
  • 40万円のご利用で、合計22,000ボーナスマイル

アメックスの紹介プログラムとは?

デルタアメックスゴールドの既存の会員は、知人にデルタアメックスゴールドを紹介できる「紹介専用URL」というものを発行できます。

 

>>「デルタアメックスゴールドの最もお得な入会キャンペーン」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【2020年8月最新】デルタアメックス ゴールドの入会キャンペーンは紹介プログラムが一番お得!一撃で最大6.2万マイル貯める2つの手順+いきなりゴールドメダリオン特典
この記事を読めば、あなたがデルタ スカイマイル アメリカン エキスプレス ゴールド カードの入会キャンペーンにおいて、紹介プログラムを活用して、公式サイトよりもお得に最大ボーナスマイル特典を貯めることのできる一番お得な申し込み方法がわかります。

紹介専用URL」を経由してデルタアメックスゴールドのサイトにアクセスすると、上記のような条件で入会キャンペーンが行われています。

デルタアメックスゴールドの「紹介プログラム」経由での申し込み方法の2つの手順

以下では、デルタアメックスゴールドの友達紹介キャンペーンを利用して最大ボーナスポイントを獲得できる申し込み手順を解説していきます。

順番に手続きをして確実に入会申し込みを行いましょう。

手順1:メール登録して「紹介専用URL」を獲得する

まずは、紹介専用URLを獲得します。

手順2:デルタアメックスゴールドを紹介プログラム経由で申し込む

次に、デルタアメックスゴールドをお友達紹介キャンペーンを利用して申し込みます。

紹介用URLをクリックすると、下記のようなデルタアメックスゴールドの新規入会ページに切り替わります。

「お申し込みはこちら」のボタンをクリックしてデルタアメックスゴールドの新規入会手続きを開始してください。

まとめ

日本にはデルタ航空提携のアメックス「デルタアメックスプラチナカード」は存在しませんし、誕生の予定もありません。

ただし、「ゴールドメダリオン」が自動付帯する現状の「デルタアメックスゴールド」だけでも非常にお得なクレジットカードになっています。

なぜなら、航空会社の上級会員ステータスが無条件で付帯するクレジットカードは世界的にも日本にしか存在しないからです。

メール講座:飛行機代が一生無料になるブログ運営方法

「飛行機代が一生無料になる」
そう聞いてどんなイメージを持つでしょうか?
 
・家族みんなをハワイ旅行に連れて行きたい

LCCではなく一流の航空会社でラグジュアリーな移動時間を楽しみたい

・憧れのヨーロッパへ一人旅をしてみたい

・ビジネスクラスで世界一周をしてみたい

・出張で月に何度も乗るエコノミークラスをビジネスクラスに変えたい

そう考えた時にまず第一に思い浮かぶのが、
「飛行機代」「ホテル代」「レストラン代」の、
いわゆる「旅の三大費用」をどう捻出するか、です。
 
ただ、
旅の予算は決まっています。
おおよそ、限られた予算の中で
この三大費用をやりくりしながら、
なんとか目的地へたどり着き、
返ってくるというのが
いつものパターンかと思います。
 
しかし、
節約を前提に計画された旅行は、
果たして心から満足できるものなのでしょうか。
果たして遠足前夜のように
心からワクワクできるものなのでしょうか。
いつもの日常から離れて、
普段とは違ったや空間や時間や体験で心を満たすのが、
本来の旅行の目的なのだと思います。
それを、
節約を前提に計画してしまってはもったいない。
 
そんな時に、マイルがあれば
節約どころか、今までよりもワンランク上の
上質な旅を無料で楽しむことが可能になります。

エコノミーからビジネスクラスに。

国内から海外旅行に。

ビジネスホテルからラグジュアリーなホテルに。
 
爆発的にマイルを貯める方法は無限にあります。

・クレジットカードの入会キャンペーンや決済で貯める方法

・飛行機に乗って貯める方法
・ポイントサイトから交換する方法

などが代表的な方法として思い浮かぶかもしれません。
しかし、さらにその中でも
「無料で」「継続的に」貯められる方法となると、
ごく限られています。
 
当サイトが採用している方法は、
一時的でなく年間を通じて安定的に、
しかも日常生活の中でほとんど出費をすることなく、
ほぼほったらかしで
たくさんのマイルを獲得する方法です。
これにより、年に数回、
ヨーロッパや北米などの長距離路線を
ビジネスやファーストクラスで移動することが
視野に入ってきます。
 
当メール講座では、ブログ運営を通じて
長期的・安定的にたくさんのマイルを獲得するための、
いわゆる“勘所”をお伝えしています。

アメックスカード
samiritireをフォローする
マイルの教室
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
タイトルとURLをコピーしました