【2019年12月最新】ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会キャンペーンとポイントサイトの比較!初年度年会費無料で最大マイルを獲得する一番お得な申し込み方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

この記事では、

  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会で、一番お得にボーナスマイルを獲得できるキャンペーンを知りたい
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会キャンペーンで、一番お得にボーナスポイントを獲得する手順を知りたい
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会メリットと特典、お得な使い方について知りたい

と疑問を抱えるマイラーさんの悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら、当サイトを通じて毎月多くの方がANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードにお得に入会されているからです。

その中には、今回ANAカードを初めて作成される方も含まれています。

記事前半では、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの各種入会キャンペーンの比較と最もお得にボーナスマイルを獲得できる入会手順を紹介します。

記事後半では、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会メリットと特典、お得な使い方について紹介しています。

この記事を読み終えることで、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードへの一番お得な入会キャンペーンと入会手順」がわかるだけでなく、カード発行後もスムーズに利用できポイントやマイルをお得に貯められる状態になります。

全ての入会キャンペーンについて、一つ一つ順番に解説していきますので、あなたが最大限にポイントやマイルを獲得できるように入会手続きを進めていきましょう。

目次

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会キャンペーンで最大32,500マイル!申し込みは本サイトが一番お得な理由

結論からお伝えすると、、

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会キャンペーンで貯まるマイルは最大で32,500マイル

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード入会申し込みで特典のポイントやマイルをもらうことができるチャンスは、全部で10回あります。

  1. マイ友プログラム
  2. ポイントサイト
  3. 通常入会ボーナス(ANA主催)
  4. キャンペーン参加登録(ANA主催)
  5. ANAグループ航空便搭乗(ANA主催)
  6. ANAカードマイルプラス加盟店利用(ANA主催)
  7. リボ払い利用(三井住友カード主催)
  8. 家族カード利用(三井住友カード主催)
  9. ANA銀聯カード利用(三井住友カード主催)
  10. ANA銀聯カード利用(三井住友カード主催)

以上の10回です。

表にすると、以下のようになります。

キャンペーン名 獲得可能ポイント・マイル
入会前 マイ友プログラム 500マイル
ポイントサイト 1,500円相当
入会後 通常入会ボーナス(ANA主催) 1,000マイル
キャンペーン参加登録(ANA主催) 1,000マイル
ANAグループ航空便搭乗(ANA主催) ・国内線:500マイル

・国際線:1,500マイル

ANAカードマイルプラス加盟店利用(ANA主催) ・10,000円〜49,999円(税込):500マイル

・50,000円以上(税込):3,000マイル

リボ払い利用(三井住友カード主催) ・10万円以上(税込):500ポイント(5,000マイル相当)

・50万円以上(税込):1,000ポイント(10,000マイル相当)

・100万円以上(税込):1,500ポイント(15,000マイル相当)

家族カード利用(三井住友カード主催) ・3万円以上(税込):400ポイント(4,000マイル相当)
ANA銀聯カード利用(三井住友カード主催) ・5万円以上(税込):600ポイント(6,000マイル相当)
ANA銀聯カード利用(三井住友カード主催) ・日本国内で利用:ポイント5倍

・海外で利用:ポイント2倍

合計 最大32,500マイル相当

以下では、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会前に利用することのできるキャンペーン全ての入会キャンペーンについて、一つ一つ順番に解説していきます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの新規入会キャンペーンでお得なポイントサイトを比較

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードへの入会申し込み手続きをするときに、どこから入会すれば最も多くのマイルを貯められるのでしょうか。

クレジットカードを作成するときに「ポイントサイト経由」でクレジットカードの新規入会申し込みをすることは、マイルを貯めている人にとって常識だと思います。

 

では、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、どのポイントサイトから申し込みをするのが一番お得になるのでしょうか?

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの新規入会でもらえるポイントサイトの比較!(2019年11月版)

公式サイトが実施しているキャンペーンの他にも、ポイントサイトを経由で申し込みをすると、ポイントサイト独自のポイントが付与されます。

2019年10月の各ポイントサイトの状況は、

ポイントサイト 還元率
ちょびリッチ 1,500円相当
ECナビ 1,500円相当
モッピー 1,200円相当
ハピタス 1,000円相当
Gポイント 1,000円相当

となっています。

現在は、ちょびリッチ経由で入会するルートが最もお得にポイントをもらえます。

さらに!ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードをマイ友プログラムから申し込むと今ならANA500マイルが貯められる!

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、あなたが「初めて作るANAカード」ですか?

もしそうならば、一番最初に「マイ友プログラム」に登録してから、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会手続きを行なってください。

以下で紹介するキャンペーンに登録してからANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会申し込みをすることで、あなたは

  • 500マイル

ボーナスマイルとして獲得することができます!

そして、ANAの通常ボーナスマイルと合わせると、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードに入会するだけで、

  • 1,500マイル

を何の苦労をすることもなく手に入れることができるのです。

その方法とは、

  1. マイ友プログラムに登録する
  2. ポイントサイト経由でANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードに申し込む

たったこの2ステップだけなのです。

それでは、これからその具体的な方法を解説していきますね。

ANAマイ友プログラム

なぜなら、こんな簡単な登録をするだけで、あなたはANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードに新規入会後、「マイ友プログラム入会ボーナスマイル」としてもれなく「500マイル」をもらうことができるからです。

「マイ友プログラムとは?」

マイ友プログラムとは、既にANAカードに入会している会員から紹介を受ける形で、ANAカードに初めて入会すると、「マイ友プログラム入会ボーナスマイル」がプレゼントされる仕組みです。

 

【関連記事】

※「マイ友プログラム」の詳細に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

>>知らずに大損!ANAマイ友プログラムの紹介者番号登録制度の徹底活用法!入会キャンペーンでマイルを二重取り!

知らずに大損!ANAマイ友プログラムの紹介者番号登録制度の徹底活用法!入会キャンペーンでマイルを二重取り!(2019年保存版)

 

どれくらい「マイ友プログラム入会ボーナスマイル」がもらえるかというと、以下のようになります。

マイ友プログラムでもらえるANAマイル

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは「ANA一般カード」にあたるので、「500マイル」になります。

1分もかからない登録手続きでこんなにもたくさんのマイルを獲得できますので、使わない手はありません。

私も最初にANAカードを作成したときには、ANAカードを持っている友人から紹介を受けてカード作成しました。

登録するだけでたくさんのマイルをゲットすることができたので、とても嬉しかったのを覚えています。

ですので、あなたも最初に「マイ友プログラム」に登録して500マイルGETしてくださいね。

 

※「マイ友プログラム」で500マイル獲得のボーナスを受け取るには、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会ページに行く前に登録が必要です。

 

このサイトからマイ友プログラムに登録して、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードに入会するだけで、あなたは

  • 通常入会ボーナスマイル:1,000マイル
  • マイ友プログラムボーナスマイル500マイル

合計1,500マイルを獲得することができます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの一番お得な入会申し込み手順

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードへの一番お得な入会申し込みの手順は以下のようになっています。

マイ友プログラムへの登録:画像をクリックする

マイ友プログラムの利用手順

https://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/mgm/regist/

上の画像をクリックすると、以下のようなANAのページに飛びます。↓

ANAマイ友プログラム

マイ友プログラムへの登録:登録用ページをクリックする

ページを下にスクロールすると、「登録用ページ」のボタンがありますので、そちらをクリックします。

ANAマイ友プログラム登録ページ

マイ友プログラムへの登録:紹介者と申し込み者の情報を記入する

紹介者(私)と申込者(あなた)の情報を登録する画面になりますので、

紹介者氏名:サイトウ ジユンジ
紹介番号:00027014

を必ず入力してください。

その次は、あなたのお名前と生年月日を入力して、「次へ」をクリックします。

ANAマイ友プログラム登録ページ

マイ友プログラムへの登録:登録する

最後に、入力内容が間違っていないか確認してから、「登録する」をクリックします。

これで、「マイ友プログラム」への登録は完了です!

ANAマイ友プログラム登録ページ

これで、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードに申し込みをするだけで、あなたはもれなく1,500マイルを獲得することができます。

注意:既にANAカードをお持ちの方へ。

※ここで一つ、注意してほしいのが、既にANAカードをお持ちの方は、「マイ友プログラム」の対象外となってしまいます。

また、ソラチカカードを持っている方も対象外になってしまいます。

ただし、以下の場合だけは対象になるので確認してみてください。

マイ友プログラム対象のANAカード

  • ANAカード会員が、ANAプリペイドカードまたはANAマイレージクラブ Financial Pass Visa デビットカードに入会した場合
  • ANAプリペイドカード会員がANAカードまたはANAマイレージクラブFinancial Pass Visa デビットカードに入会した場合
  • ANAマイレージクラブFinancial Pass Visa デビットカード会員がANAカードまたはANAプリペイドカードに入会した場合

(ANA一般カード会員が、紹介によりANAゴールド会員に入会しても、同じ「ANAカード」への入会のため、対象外となります)

もしあなたが「マイ友プログラム」の対象外となっても、以下のキャンペーンに参加することでたくさんのマイルを獲得することができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ポイントサイト経由でANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードへ入会申し込みをする

次に、ポイントサイト経由でANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードに申し込みをします。

一番お得なポイントサイトへ登録する

まずは、一番お得なポイントサイトへ登録します。

今回は、ちょびリッチ経由で入会するルートが最もお得にポイントかもらえます。

 

ちょびリッチに登録後、トップ画面の左上の検索欄に「ANA TOKYU」もしくは「ANA VISA」と入力します。

検索結果が表示されます。

クリックすると以下の画面になります。

ここで注意したいのは、「表示されているのはANA VISA SuicaもしくはANA VISA nimocaだけじゃん!」と言いたくなります。

確かに、表示されているのはANA VISA SuicaもしくはANA VISA nimocaですが、画面の下にスクロールしてよく見てください。

【ポイント対象】として「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」も含まれています。

つまり、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」もポイント付与の対象になりますので広告案件として利用してもOKということになります。

上記のページから「サイトへ行く」ボタンを押すと以下のANA公式ページに飛びます。

 

画面右下にANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが表示されているのがわかります。

この画面からANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードに申し込み手続きをしてください。

 

 

ANA入会キャンペーンに登録してさらにボーナスマイルを貯める

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが手元に届いたら、ANA入会キャンペーンに参加登録しましょう。

様々な条件をクリアすることで、あなたはさらにマイルを獲得することができます。

http://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/cpn/anacard2018/

上記のURLをクリックすると、ANA主催の新規入会キャンペーンのページに移動します。

新規入会キャンペーンのページに移動したら、ページを下へスクロールしてください。

下の方に行くと「参加登録はこちら」ボタンがあります。それをクリックして、必要事項を記入して登録完了です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの新規入会キャンペーンの全てを解説!

実は、、

カードの入会特典は上記でお伝えした「マイ友プログラム」登録で獲得できる500マイルだけではありません。

カードに入会した後にキャンペーン参加+条件達成で数万マイル獲得できます。

まさにマイルを「二重取り」できるということですね。

 

以下では、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードに入会した後の、カード利用キャンペーンを活用したお得なマイル獲得方法について解説していきます。

簡単な手続きと一手間をかけるだけで、一度に大量のマイルをもらえてしまいますので、しっかり調べて最大限のマイルと獲得できるようにしたいですね。

これから紹介する入会キャンペーンの注意点は、キャンペーンが「エントリー制」であることです。

カードの申し込みをするだけではダメです。

カードが手元に届いてから、キャンペーン登録をする必要があります

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード発行後に参加できるキャンペーン特典は全部で8種類!

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード申し込み後に参加できるキャンペーンは、全部で8種類あります。

それぞれに条件が設定されていてその条件を満たせばマイルをもらうことができます。

それでは、以下に詳しく解説していきます。

8種類ありますので、それぞれの条件をよく把握して、できるだけ多くのマイルをもらうようにしましょう。

1.ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード新規入会で1,000マイル!(通常特典)

ANAカードに新規に入会するだけでもらえる特典です。

エントリー登録や申請をする必要はありません。

つまり、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードに申し込んでから、カードが発行されれば自動的にもらえるマイルということになります。

2.キャンペーンに参加登録で1,000マイル貯まる!(ANA主催)

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードに入会後、キャンペーンに参加登録で1,000マイルがもれなくもらえます。

  • 対象期間:2018年4月30日までにWEBで入会・申込書カード会社到着分
  • 参加登録期間:2018年5月31日23時59分まで

キャンペーン参加はコチラから

3.ANAグループ航空便搭乗で最大2,000マイル貯まる!(ANA主催)

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード入会後に、ANA便に1回以上の搭乗でキャンペーンマイルがもらえます。

期間中、複数回搭乗しても、キャンペーンマイルの積算は一人1回になります。

キャンペーンボーナスマイル数

  • 国内線:500マイル
  • 国際線:15,00マイル

対象期間:2018年5月31日搭乗分まで

※事後登録は2018年6月30日積算分まで

4.ANAカードマイルプラス加盟店でのカード利用で最大3,000マイル貯まる!(ANA主催)

期間中に、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを対象店舗で利用、合計金額に応じてキャンペーンマイルがもらえます。

キャンペーンボーナスマイル数

  • 10,000~49,999円(税込):500マイル
  • 50,000円(税込)以上:3,000マイル

対象期間:2018年5月31日クレジットカード決済分まで

キャンペーン対象ANAカードマイルプラス加盟店

  • セブンイレブン
  • マツモトキヨシ
  • ENEOS
  • イトーヨーカドー
  • ANA機内販売
  • 西鉄ホテルズ
  • 京急EXイン
  • 三井ガーデンホテルズ
  • ホテルモントレ
  • ニッポンレンタカー
  • ヤマダ電機LABI
  • 紳士服コナカ
  • 紳士服のフタタ
  • はるやま
  • 大丸・松坂屋
  • 阪急百貨店
  • 阪急メンズ館
  • 阪神百貨店
  • 高島屋
  • ダイソン

5.ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードリボ払いで最大15,000マイル!(三井住友カード主催)

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのリボ払いの利用金額に応じて最大で15,000マイルもらえるキャンペーンです。

入会月を含む6ヶ月の間に、

  • 利用金額の合計(消費税含む)が10万円以上:500ポイント(最大5,000マイル相当)
  • 利用金額の合計(消費税含む)が50万円以上:1,000ポイント(最大10,000マイル相当)
  • 利用金額の合計(消費税含む)が100万円以上:1,500ポイント(最大15,000マイル相当

もらうことができます。

対象は、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードへ新規入会して「マイ・ペイすリボ」に登録の上、キャンペーンにエントリー、その後、利用期間内にリボ払いにて合計10万円(消費税含む)以上を利用すればもらうことができます。

キャンペーンのエントリー方法は、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが発行された後に、Vpassにログインしてエントリーすることができます。

6.家族カード入会+利用キャンペーンに登録して最大4,000マイル!(三井住友カード主催)

入会月を含む6ヶ月の間に、ANA家族カードを発行し合計3万円(消費税含む)以上利用した場合、

  • 3万円(消費税含む)以上利用:400ポイント(最大4,000マイル相当)

をもらうことができます。

7.ANA銀聯カード入会・利用で最大6,000マイル相当!(三井住友カード主催)

ANA銀聯カード入会・利用で最大6,000マイル相当がもらえるキャンペーンです。

ANAマイレージへ移行可能なワールドプレゼント600ポイント(最大6,000マイル相当)がもらうことができます。

入会月を含む6ヶ月間の間に、ANA銀聯カードに新規入会し、エントリーし、利用期間内にANA銀聯カードを合計5万円(消費税含む)以上利用すればポイントをもらうことができます。

  • 5万円(消費税含む)以上利用:600ポイント(最大6,000マイル相当)

このキャンペーンにエントリーするためには、ANA銀聯カードを発行した後に、Vpassにログインしてからエントリーしてください。

ANA銀聯カードとは、中国のクレジットカードです。読み方は銀聯「ぎんれい」と読みます。

最初、この漢字がなかなか読めなくて苦労しました。

そして実は、日本国内で使えるお店がなかなかないんです。

お店に銀聯カード使用可能のマークがあるものの、実際は機器が対応していなくて使えない場合がほとんどです。

ですので、このキャンペーンの達成は少し難しいかもしれません。

銀聯カード使用可能なお店があったらチェックしておくことをオススメします。

8.ANA銀聯カード利用でポイント2倍・5倍!(三井住友カード主催)

対象期間中に「ANA銀聯カード」を利用するとポイントが2倍・5倍になるポイント優遇キャンペーンです。

(1)日本国内で対象カードを利用:ワールドプレゼントポイント5倍プレゼント

(2)海外で対象カードを利用:ワールドプレゼントポイント2倍プレゼント

【第1期】2017年6月1日(木)~10月31日(火)

【第2期】2017年11月1日(水)~2018年3月31日(土)

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの新規入会キャンペーンで貯まる最大ポイント・マイルのまとめ

ここまで、たくさんのキャンペーンを紹介してきました。

もう、なんだかたくさんありすぎて、わけがわからないですよね。

そこで、ポイントの撮り逃しがないように、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会キャンペーンでもらえるポイント・マイルを表にまとめてみました。

キャンペーン名 獲得可能ポイント・マイル
入会前 マイ友プログラム 500マイル
ポイントサイト 1,500円相当
入会後 通常入会ボーナス(ANA主催) 1,000マイル
キャンペーン参加登録(ANA主催) 1,000マイル
ANAグループ航空便搭乗(ANA主催) ・国内線:500マイル

・国際線:1,500マイル

ANAカードマイルプラス加盟店利用(ANA主催) ・10,000円〜49,999円(税込):500マイル

・50,000円以上(税込):3,000マイル

リボ払い利用(三井住友カード主催) ・10万円以上(税込):500ポイント(5,000マイル相当)

・50万円以上(税込):1,000ポイント(10,000マイル相当)

・100万円以上(税込):1,500ポイント(15,000マイル相当)

家族カード利用(三井住友カード主催) ・3万円以上(税込):400ポイント(4,000マイル相当)
ANA銀聯カード利用(三井住友カード主催) ・5万円以上(税込):600ポイント(6,000マイル相当)
ANA銀聯カード利用(三井住友カード主催) ・日本国内で利用:ポイント5倍

・海外で利用:ポイント2倍

合計 最大32,500マイル相当

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの新規入会でボーナスマイルが貯まるチャンスは最大で9回、最大32,500マイル相当あります。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを発行する最大の理由とメリット、お得な使い方

それでは、ここからはANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを発行する理由と、そのメリットやお得な使い方について紹介していきます。

ANAマイル獲得ルート「TOKYUルート」を利用できる

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、ポイントサイト→ANAマイルへの交換ルートである「TOKYUルート」の中継カードとして活躍するカードです。

「TOKYUルート」とはANAマイルを大量に獲得するための新たな交換ルートです。

  1. 各種ポイントサイトのポイントをドットマネーに交換
  2. ドットマネーからTOKYUポイントに等価交換
  3. TOKYUポイントからANAマイルに75%の交換率で交換可能

という、たったの3ステップでポイントサイト→ANAマイルに交換することができます。

  • 各ポイントサイト⇒ドットマネー⇒TOKYUポイント⇒ANAマイル

LINEポイントを介した81%の交換ルートよりも交換率は下がります。

しかし、途中の手数料などもなく、交換に必要とする日数も1ヶ月程度とLINEルートより所要期間も短いというメリットがあります。

また、TOKYUルートはネット上ですべて交換手続きを終えることができます。

ポイント交換機が必要な「nimocaルート」と比較した場合、WEB上で手続きを完結できる手軽さは大きなメリットになります。

2019年12月27日15:00に『ソラチカルート』が終了

2019年12月27日15:00に、現在多くの陸マイラーが利用している『ソラチカルート』が終了します。

理由は、LINEポイントからメトロポイントへのポイント交換サービスの終了のためです。

終了する『ソラチカルート』に代わる、ポイントサイトからANAマイルへの高還元率ルートとして、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを経由する『TOKYUルート』が注目されます。

ソラチカルートが閉鎖された後は、ポイントサイトからANAマイルへ交換するルートは主に以下の2つの方法になります。

  • TOKYUルート:交換レート75%
  • ニモカルート:交換レート70%

おすすめなのは、交換レートが75%のTOKYUルートです。

ソラチカルートよりは交換レートが落ちるものの、交換まで約3週間ほどで、ポイント交換上限もほとんどないとメリットもあるので、ソラチカルートの代替案としては優良候補となります。

ちなみに、ニモカルートは交換までが約1週間程度と短期間でポイント交換ができるのが魅力ですが、WEB上でANAマイルまで交換が完了できず、福岡・大分・熊本・函館にあるポイント交換機で交換する必要があります

つまり、利用できる人がかなり限定されます。

そのため、ソラチカルート終了によるANAへの代替案を探している人は、TOKYUルートの利用がオススメです。

初年度年会費無料でカード発行できる

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは通常年会費2,000円(+税)のところ、初年度年会費無料で発行することができます。

無料で発行できて、しかも上記のような入会キャンペーンで大量マイルをもらえるチャンスがあるのであれば、陸マイラーとしてはむしろ発行しない理由を探す方が難しいですね。

年会費と年間継続でもらえるボーナスマイルの関係

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、年間継続のボーナスマイルとして1,000マイルをもらうことができます。

ここで、仮にビジネスクラスの特典航空券に交換することを考えた場合、4,000円~6,000円分の金銭的な価値(1,000マイル)を、年会費811円(消費税含む)の年間継続だけでもらえるということになります。

これは、陸マイラーにとってものすごい価値のあることです。

持たない理由がないカードです。

最小の年会費でボーナスマイルをもらう方法

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの年会費は、通常は2,000円(+税)です。

この年会費を811円(消費税含む)に抑えるには、以下の条件をクリアする必要があります。

年会費を2,000円から811円に減額させるためには、

  • マイ・ペイすリボへの登録とさらに年間1回以上のカード利用
  • web明細書登録

を行うことが必要になります。

カードを作った時に入会特典で1,000マイルもらえるのと、毎年カードを更新するたびにカード年間継続ボーナスで1,000マイルもらえるので、マイ・ペイすリボ登録とweb明細登録をすれば、実質年会費無料にできると考えることができます。

ただ引き出しにしまっておくだけで、毎年1,000マイルを自動発生させるカード。これは死蔵カードとして非常に価値がありますね。

カード利用でANAマイルが貯められる

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、陸マイラーにとっては死蔵カードの位置づけですので、決済カードのメインカードになることはあまりないかもしれません。

ですが、利用場面をきちんと選んで決済に使うことで、他のANAカードに劣らないほどのポイントプログラムがあります。

以下では、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのポイントプログラムを簡単に紹介します。

1,000円につき1ポイントのワールドプレゼントのポイントを貯められる

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードをショッピングや公共料金の支払いに利用することで、1,000円につき1ポイントのワールドプレゼントのポイントを貯めることができます。

これは、ANA VISAカードと同様のポイントプログラムですね。

ANAカードマイルプラス利用でポイントとマイルの二重取りができる

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを「ANAカードマイルプラス」の対象商品や店舗での支払時に決済利用することで、先ほどのワールドプレゼントのポイントとは別に、100円につき1マイルまたは200円につき1マイルが自動的に積算されます。

これにより、ポイントとマイルの二重取りが可能になります。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードはPASMOオートチャージでポイントが貯まる

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードにはPASMO機能が搭載されています。

これにより、PASMOオートチャージが使えるうえに、PASMOオートチャージでも1,000円につき1ポイントのワールドプレゼントのポイントを貯めることができます。

PASMO定期券の購入でもポイントが貯まる

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、裏面にPASMO定期券を搭載することが可能です。

定期券の発行が可能な事業者は、東京急行電鉄・京浜急行電鉄・東京地下鉄・東武鉄道、相模鉄道の5事業者です、

これらの沿線にお住いの場合には嬉しい機能ですね。

なお、PASMO定期券購入金額も、ワールドプレゼントのポイントの付与対象となります。

貯めたポイントをANAマイルに交換できる

当然ですが、カードで貯めたポイントはANAマイルに移行が可能です。

貯めたボーナスポイントとマイルへの以降手数料の関係は以下のようになります。

  • 5マイルコース(1ポイント=5マイル):無料
  • 10マイルコース(1ポイント=10マイル):6,000円/年度ごと

TOKYUポイントを貯められる

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードには、TOKYU POINT機能も付帯しています。

カードをTOKYU POINT加盟店で利用することで、ワールドプレゼントのポイントに加えて、TOKYU POINTも貯メルことができます。

ポイントの加算率は以下のようになります。

  • 東急百貨店・渋谷ヒカリエ ShinQs:(年間お買い上げ金額に応じて)3%~最大10%TOKYU POINT(食品・セール品は一律1%)
  • 東急ストア:200円(税抜)=1ポイント

TOKYU POINTをANAマイルに交換できる

TOKYU POINTとANAマイルは相互交換が可能となっています。

  • TOKYU POINT 1,000ポイントをANAマイルに交換の場合:750ANAマイルに交換可能
  • ANAマイル 10,000マイルをTOKYU POINTに交換の場合:10,000TOKYU POINTに交換可能

ANAグループ便搭乗時に、割り増しボーナスマイルを獲得可能

ANAグループ便に搭乗の際に、通常のフライトマイルに加え、割り増しボーナスマイルを貯めることができます。

搭乗時のボーナスマイルの加算率は以下のようになっています。

  • 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

ANA国内線・国際線機内販売が10%割引で利用できる

ANA国内線、ANA国際線およびエアージャパン便で、1,000円(税込)以上の機内販売品を購入の際にカード利用で決済金額の10%割引で利用できます。

  • ANA国際線機内販売:ANAカードでのクレジット決済の場合、1便につき200,000円まで利用可能
  • ANA国内線機内販売:ANAカードでのクレジット決済の場合、1便につき85,000円まで利用可能

ANAショッピング「A-style」で5%割引

ANAショッピング「A-style」での買物の際に、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードで決済することで、5%割引での利用が可能になります。

「A-style」はANAカードマイルプラス対象店舗です。

なので、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードでの利用で、5%割引になる上に、ワールドプレゼントとANAマイルが貯ままるという非常にお得な使い方をすることができます。

有効期限間近のANAマイルはANAショッピングポイントに即時交換して、「A-style」でのショッピングに利用するのがおすすめです。

ANAショッピングポイントの利用とANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード5%割引の併用も可能となっています。

ANA FESTAで10%割引が受けられる

空港内にあるANA FESTA(お土産ショップ、レストラン)で、1,000円(税込)以上のショッピングの際に、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを提示するとで、会計を10%割引にすることができます。

唯一のデメリット!旅行保険が貧弱!

死蔵カードとして優秀なANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードですが、唯一、弱点があります。それは、旅行保険が貧弱だということです。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの旅行保険は以下の通りです。

海外旅行保険

  • 死亡・後遺障害保険:最高1,000万円
  • 救援者治療:100万円

国内航空傷害保険

  • 最高1,000万円

飛行機に乗って海外に飛ぶことを推奨しているANAカードですが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの場合の旅行保険は非常に貧弱です。

旅行保険といえば、旅行中に病気やケガをした時にお世話になるサービスです。

ですが、海外旅行保険において、補償項目のほとんどがありません。

その上、旅行中に一番使う可能性が高い「疾病・傷害治療」や「携行品損害」の項目がないのです。

国内旅行保険においては、一つも項目がないのです。(国内航空傷害保険というのは、飛行機に乗っている間が補償対象の保険です。)

上記のことから、海外・国内旅行をする時には本カードではなく違うクレジットカードの保険をあてにするか、掛け捨ての保険商品を契約する方が良いでしょう。

これもまさに、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが死蔵カードである所以ですね。

もっと大量に、もっと楽に、もっと簡単にANAマイルを貯めたいあなたへ

この記事を読んでくださったあなたは、きっと「ANAマイルを貯めたい」「ANAマイルをたくさん貯めたい」「普段のクレジット決済をお得に活用してANAマイルを貯めたい」「効率的にANAマイルを貯めたい」「なるべくお金をかけずに無駄な支出をせずにANAマイルを貯めたい」「飛行機に乗らなくてもANAマイルを貯めたい」「もっと楽にANAマイルを貯めたい」など、そんなことを考えて読んでくださっていることと思います。

そして、「どうやったら、最小の労力と時間で、最小の出費で、最大のマイルを貯めることができるのだろうか」「マイルを貯めて、早く旅行に行きたい」と、常に考えているのではないでしょうか。

もちろん、私もその一人です。

マイルを貯めて、ビジネスクラスやファーストクラスに乗ることを考えたり、次の旅行のことを考えてりして、わくわくしています。

ANAマイルを貯める方法は一つではない

私がマイルを貯めたい理由は、「上質な旅を格安で実現するため」です。

マイルがたくさんあれば、それが実現できるので、日々マイルを貯める方法を模索しています。

実は、マイルを貯める方法は一つではないのです。

もちろん、陸マイラーにとって、ポイントサイト経由でANAマイルを貯める方法は王道です。

しかし、その方法一つだけに依存するべきでないのは、先にお伝えした通りです。

では、「マイルを貯める方法」とは、いったいどれほどあるのでしょうか?

ANAマイルを貯める6つの方法とは?

マイルを貯める方法はたくさんありますが、基本はそのどれもが「ポイントからの交換」で貯めることになります。

マイルを貯める方法は大きく分けて2通りです。

  1. 直接マイルを貯める方法
  2. 間接的にマイルを貯める方法

この2通りです。

1.直接ANAマイルを貯める方法

直接ANAマイルを貯める方法です。

この方法には、

  1. 搭乗ボーナスマイルで貯める方法
  2. ANAカードの入会・継続ボーナスマイルで貯める方法

があります。

このうち、「1.搭乗ボーナスマイルで貯める方法」は、陸マイラーにとって現実的ではありません。

出張などで日頃からたくさん飛行機に乗る「空マイラー」向けの方法です。

また、「2.ANAカードの入会・継続ボーナスマイルで貯める方法」についても、一時的なボーナスマイルなので、この方法をメインにマイルを貯めようとするのも現実的ではありません。

2.間接的にANAマイルを貯める

間接的にANAマイルを貯める方法です。

間接的にANAマイルを貯める方法には、

3.クレジットカード決済のポイントを交換して貯める
4.ポイントサイトで貯めたポイントを交換して貯める

の2つの方法があります。

この2つが、陸マイラーにとってマイルを貯めるメインの方法になっています。

陸マイラーが陸マイラーである理由とは?

ここで、陸マイラーが「陸マイラー」と呼ばれている理由を考えてみます。

本来、マイルとは飛行機に乗るためのポイントプログラムなので、飛行機に乗って貯めるのが本来のやり方なはずです。

ところが、「陸マイラー」は、陸にいながらにしてマイルを貯めるスタイルの人のことを言います。

その基本スタイルは、普段は飛行機に乗らない、できるだけお金をかけない、日常決済の範囲で工夫してマイルを貯めるというものです。

これは、非常に合理的なスタイルだと思います。

日常の無理のない範囲で工夫して最大限のマイルを貯めるやり方は、私も日々勉強させてもらっています。

しかし、よりたくさんのマイルを貯めてビジネスクラスやファーストクラスを狙いたいと考えた時に、この陸マイラーの基本スタイルには、やはり限界があると感じざるを得ません。

なぜなら、いくらクレジットカード決済でのマイル還元率を工夫したところで、工夫できる範囲はせいぜい1%〜2%程度。

また、ポイントサイトの案件をたくさんこなしてマイルに交換しようと思っても、案件の数には限りがあるし、案件をこなす労力もバカにならないものです。

こうして、時間と労力を切り詰めてANAマイルを貯めていてはやがて疲弊していく可能性があります。

そこで私は考えました。

もっと楽に、お得に、たくさんのマイルを貯める方法はないものか、と。

陸マイラーが一番楽にANAマイルを貯められるオススメの方法とは?

いろいろと遠回りした結果、私がたどり着いたのは以下で紹介する2つの方法でした。

以下の方法なら、案件申し込みで労力を使わなくてもしいし、たかだか数%のマイル還元率で頭を悩ませなくてもいい、より楽にマイラー活動を継続できる方法だと。

その方法が、

5.ポイントサイトを紹介してANAマイルを貯める方法
6.ANAカードを紹介してANAマイルを貯める方法

この2つです。

ポイントサイトを紹介してANAマイルを貯める!

この方法は、「ポイントサイトで貯めたポイントを交換して貯める」方法と似ています。間接的にマイルを貯める方法です。

ポイントサイトには「お友達紹介制度」というものがあります。

このお友達紹介制度を通してポイントサイトに登録してもらい、その人が貯めたポイントの何割かを、自分のポイントとして貯めることができるというものです。

ハピ友紹介プログラム

例えば、上の図はポイントサイトの「ハピタス」のお友達紹介制度の画面です。

ポイントサイトを紹介すると、その紹介人数に応じた割合で、友達が貯めたポイントの何割かが自動的に自分のポイントになります。

私の場合は、2018年3月6日時点で203人紹介していることになります。

ハピ友紹介プログラム

例えば、2017年7月5日に紹介ポイントが「ハピ友ポイント」として49,920ポイント入ってきています。

これを90%の交換レートで交換すれば44,928ANAマイルに、81%の交換レートで交換すれば40,435ANAマイルになります。

ハピ友紹介プログラム

同じように、2018年1月5日に紹介ポイントが「ハピ友ポイント」として17,759ポイント入ってきています。

これを90%の交換レートで交換すれば15,983ANAマイルに、81%の交換レートで交換すれば14,384ANAマイルになります。

このように、「ポイントサイト紹介」でのポイントが毎月のように入ってくるので、このポイントをANAマイルに交換しています。

このポイントのいいところは、自分で案件探しや案件申し込みなどの労力をを使わなくても、毎月のようにポイントが入ってくることです。

もちろん、飛行機に乗る必要もないし、クレジットカード決済も必要ないので、完全無料で手に入るマイルです。

陸マイラー向けのマイルの貯め方と言えるのではないでしょうか。

 

【関連記事】

※「ポイントサイトからANAマイルに移行・交換するお得なルート」の詳細に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

>>初心者陸マイラーが知っておきたいポイントサイトからANAマイルへの交換ルートまとめ一覧(保存版)

初心者陸マイラーが知っておきたいポイントサイトからANAマイルへの交換ルートまとめ一覧(2019年保存版)

ANAのクレジットカードを紹介してマイルを貯める!

もっと楽な方法に、「ANAのクレジットカードを紹介してマイルを貯める」という方法があります。

この方法は、直接ANAマイルが貯まるので最も手間が少ない方法です。

ANAカードには「マイ友プログラム」という紹介プログラムがあります。

この制度を活用してマイルを貯めることができます。

ANAマイ友プログラムで獲得できるボーナスマイル

2018年2月14日〜2018年3月2日までの約半月の間に、6,000ANAマイルが貯まっています。

ANAのゴールドカーを3枚紹介しただけで、6,000マイルもらうことができました。

ANAマイ友プログラムで獲得できるボーナスマイル

また、2018年5月15〜2018年5月16日の間に、ANAプリペイドカードとANAプラチナカードをそれぞれ1枚ずつ紹介して5,600のボーナスマイルをもらうことができました。

プラチナカードの紹介にあたっては、なんと1枚紹介しただけで5,500マイルものボーナスマイルをもらうことができるのです。

ANAマイルに直接貯まるので、交換や登録などの手間がなく、ましてや案件申し込みなどの煩わしい作業も必要ないので、最もオススメできる方法です。

知り合いや周りの人にANAカードをオススメするだけで、こんなに簡単にマイルを貯めることができてしまいます。

「マイ友プログラム」は、ANAカードを持っていれば、誰でも利用できる制度です。

ANAカードの年会費はかかるものの、飛行機に乗って貯める方法やクレジットカード決済で貯める方法に比べたら、その費用は微々たるものだと考えることができるでしょう。

これらのことから、陸マイラーがもっと楽に、もっと早く、もっとたくさんのにオススメしたいのは、

5.ポイントサイトを紹介してANAマイルを貯める方法
6.ANAカードを紹介してANAマイルを貯める方法

となります。

私は、「ポイントサイト」「ANAカード」を、ブログ運営を利用してて紹介することでたくさんのマイルを貯めています。。

ぜひあなたも、このやり方でたくさんのマイルを楽に貯めてください。

 

ブログ運営でマイ友プログラムを利用して安定的・爆発的にANAマイルを貯める方法

上記で、

5.ポイントサイトを紹介してANAマイルを貯める方法
6.ANAカードを紹介してANAマイルを貯める方法

を紹介しました。

実は、筆者は主にこの方法に加えて「ブログ運営」を行うことで安定的・爆発的にマイルを貯めることに成功しております。

つまり、

・ポイントサイトを紹介

・ANAカードを紹介

+

・ブログ運営

ということになります。

 

【関連記事】

「ブログ運営が世界中の無料旅行を可能にする4つの理由」の詳細に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

 ↓ ↓

>>【保存版】ブログ運営が世界中の無料旅行を可能にする4つの理由

【保存版】ブログ運営が世界中の無料旅行を可能にする4つの理由

【関連記事】

※「陸マイラーの失敗しないブログ運営の始め方」の詳細に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

 ↓ ↓

>>陸マイラーの失敗しないブログ運営の始め方を3ステップで解説!

陸マイラーの失敗しないブログ運営の始め方を3ステップで解説!

ブログ運営でマイルを貯める6つのメリット

ブログ運営でマイルを貯めるのには6つのメリットがあります。

それは、

  1. 安定的、継続的にマイルを貯められる
  2. クレジットカード入会キャンペーンよりも爆発的にマイルを貯められる
  3. ほとんど出費が必要ない
  4. ポイントサイト案件探しや申し込みの煩わしさがない
  5. ほったらかしでもマイルが貯まる
  6. 陸マイラー・空マイラーどちらにも相性がいい

というものです。

以下で、その理由をお伝えします。

1.安定的、継続的にマイルを貯められる

なかなかマイルが貯まらない、目標としていたファーストクラスやハワイ・欧州などの長距離路線の往復が実現できない、家族全員揃ってのマイル旅行が実現できない理由に、安定的・継続的にマイルを貯めることができないというものがあります。

例えば、エアライン提携クレジットカードの入会キャンペーンでは一度に多くのマイルを貯めることが可能ですが、一度きりです。

また、飛行機に乗ってマイルを貯める方法は王道ですが、よほどの出張族や旅人でない限り、時間とお金が必要なので、この方法で貯められるのは一時的です。

ポイントサイトからマイルを交換する方法は、ポイントサイトや中継クレジットカードの「交換ルール」「交換レート」が突然変更・改悪される場合があるので、依存するべきではありません。

また、申し込みに適した案件がなくなってしまう恐れもあります。

クレジットカードの決済ポイントをマイルに交換する方法は継続的にマイルを貯める方法として有効です。

しかし、利用額のせいぜい1〜5%程度の還元率なので、日常のの決済額で貯まるマイルはたかが知れています。

その反面、ブログ運営でマイルを貯めることができると、安定的・継続的にマイルを貯めることができます。

ブログにアクセスがある限り、毎月一定の数のマイルを貯めることができるのです。

ブログ運営を適切に行なっていれば、月間アクセス数はおおよそ一定です。

月間アクセス数に比して一定の割合で毎月毎月継続的にマイルを貯めることができるのです。

ポイントサイトやマイル交換率の「交換ルール」「交換レート」に大きく左右されることがありません。

2.クレジットカード入会キャンペーンよりも爆発的にマイルを貯められる

クレジットカード入会キャンペーンに依存してマイルを貯めようとするのには限界があります。

確かに、クレジットカード入会キャンペーンでは、一度で数万単位のマイルを貯めることが可能です。

中には、一度で10万マイル近く貯めることも可能なカードもあるでしょう。

ただし、10万マイル程度が上限です。

しかし、ブログ運営でマイルを貯める方法には上限がありません。

工夫次第で爆発的にマイルを貯めることができます。

ブログ運営でマイルを貯める方法は「てこの原理」を使います。

一度仕組みを作ってしまえば、その仕組みを横展開していくだけで、掛け算のようにマイルを増やすチャンスを生み出していくことができるのです。

たとえあなたが月に一枚もクレジットカード入会をすることがなくとも、数万マイル、数十万マイルを貯めることが可能になります。

3.ほとんど出費が必要ない

マイルを貯めるのを諦めてしまう大きな理由として、「出費がかさむ」というのがあるのではないでしょうか。

例えば、クレジットカード決済ポイントをマイルに交換する方法。

例えば、飛行機に乗ってフライトマイルを貯める方法。

例えば、クレジットカード入会キャンペーンでマイルを貯める方法。

上記のどれもが「決済」を必要とします。

つまり、「決済額」が多くなればなるほど、マイルが貯まる仕組みです。

無料で飛行機に乗りたいのに、逆に出費が多くなる状況。

矛盾していませんか?

ほとんどの場合、普段の出費を増やすことなく、日常生活も変えることなく、それでいて、いつもの旅行の延長上に、ご褒美としてファーストクラスや長距離国際線の上質な空の移動を無料で味わいたいと考えているはずです。

その反面、ブログ運営でマイルを貯める方法には、ほとんど出費が必要ありません。

必要なのは、月々のレンタルサーバー代くらい。

しかも数千円程度。

完全無料で使うことのできるブログもあります。

あとは、適切な運営を行うことで、「決済額」に関係なくマイルが貯まって行きます。

誤解を恐れずに言えば、月に一円も「決済」することなくマイルを貯めることも可能です。

4.ポイントサイト案件探しや申し込みの煩わしさがない

ポイントサイト案件で貯まったポイントをマイルに交換する方法はかなり有効な手段だと言えます。

無料で行える案件も存在し、その割には貯まる額も比較的大きな額です。

しかし、悩みがあります。

お得な案件探しと、案件申し込みの「手間」がかかることです。

しかも、ほとんどの場合、利用できるのは一度きりです。

企業の広告を利用しているので、登録すれば多くの勧誘メールが届きます。

また、毎月何件かの案件を継続しても仕込みし続けなければ、ポイントは貯まりません。

やればやっただけポイントは貯まりますが、本人が忙しかったりして案件申し込みをする時間がなくなったりと、継続性にも問題があります。

いわゆる、「時給仕事」になりやすいのです。

その点、ブログ運営でマイルを貯める方法には、そういった煩わしさがありません。

ブログ運営が軌道に乗れば、案件探しや案件登録を一切せずとも、今まで以上のマイルを手間をかけずに貯めることができるようになります。

5.ほったらかしでもマイルが貯まる

上記4つでお伝えしたこと全てと関係がありますが、マイルの本質は、本人のなんらかの「経済活動」や「案件登録」などに付随して貯まる「ポイント」です。

つまり、上記の方法は、本人が物理的に行動を起こすことでしかマイルは貯まりません。

良くも悪くも、マイルの貯まる量は、本人の心理的・物理的行動に左右されやすいということです。

その反面、ブログ運営でマイルを貯める方法は、軌道に乗ってしまえば心理的・物理的行動にほとんど影響を受けずにマイルを貯めることが可能になります。

仕事をしていても、寝ていてもマイルが貯まっていきます。

これは、ファーストクラスや国際線の長距離線などでたくさんのマイルを貯めることを目標としている人にとっては朗報です。

なぜなら、大量のマイルを貯めるにはそれなりの時間が必要です。

マイルが貯まるまでの長い生活時間の中には、冠婚葬祭や予期せぬ出来事などでマイル活動を中断せざるを得ない時期もあるはずです。

そういった時期でしばらくマイル活動に関わることができない場合には、ブログ運営でマイルを貯める方法は大きな助けになります。

月に一定のアクセスがある限り、しばらく放置していてもマイルは継続して貯まり続けるからです。

前もってブログ運営を軌道に乗せておくことで、目標を諦めることなくマイルを貯め続けることが可能になるのです。

6.陸マイラー・空マイラーどちらにも相性がいい

ブログ運営でマイルを貯める方法は、陸マイラーであっても、空マイラーであっても、両者が活用できる方法です。

陸マイラーのメリットは、普段の日常生活を変えることなくマイルを貯めることができる点です。

例え一度も飛行機に乗る機会がなくとも、大きな出費をすることがなくとも、コツコツ継続することで、たくさんのマイルを貯めることができます。

会社員や家族を持っている方に適している方法と言えます。

空マイラーのメリットは、飛行機に乗る機会を利用して爆発的にマイルを貯めることができるという点です。

フライトマイルで貯まるマイルの率は大きいので、飛行機への搭乗回数が多ければ目に見えてマイルが加算されていきます。

そのスピードは、陸マイラーよりも早いでしょう。

そして、ブログ運営でマイルを貯める方法は両者にオススメです。

日常生活の空いた時間を使ってブログ運営をすることで、陸マイラーまたは空マイラーのどちらの方法とも相性良く活動を継続することができます。

ブログ運営でマイルを貯める方法をメール講座で読むことができる

上記で、ブログ運営でマイルを貯める6つのメリットをお伝えしてきました。

私は上記のブログ運営でマイルを貯める方法を、他の無限にあるマイルを貯める方法と並行して活用することをオススメします。

なぜなら、どれか一つの方法に依存すると、その方法が使えなくなった時に、マイルが全く貯まらなくなってしまうからです。

そして、「ブログ運営でマイルを貯める方法」がメール講座になりました。

この方法は、他のマイラーさんの記事ではあまり紹介されていないやり方です。

ですが、少しコツを掴めば誰でも可能な手法です。

もしこれを読んでいるあなたが

  • 国内線の飛行機代を無料にしたい
  • もっとたくさん飛行機での快適な旅行をしてみたい
  • ヨーロッパやアメリカへファーストクラス・ビジネスクラスで旅してみたい

と思うならば、以下のボタンから無料のメール講座に登録してみてください。

メール講座では、

  • マイルが貯まるブログの運営方法
  • マイルが貯まる案件の選び方
  • マイルが貯まるキーワードの選び方
  • マイルが貯まる美しい記事設計
  • 爆発的にマイルが貯まる8つの方法

など、具体的な方法を紹介しています。

毎日1通ずつ、1つのテーマに絞ってお伝えしているので、初心者マイラーさんやブログ初心者の方でも理解しやすいようになっています。

 

 

毎日1通ずつ、ほったらかしでマイルを貯めるコツをお伝えしています。

今後一生、あなたの飛行機代を無料にできる可能性が開かれます。

まとめ

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは陸マイラーにとって、非常に優秀なカードです。

マイ友プログラムと新規入会キャンペーンではマイルを獲得できます。

また、継続ボーナスマイルをGETしながらも年会費を最小に抑えることができます。

これらのチャンスを最大限活用して、マイラー活動に役立てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料PDF:マイルが気になりだしたらいちばん最初に読む本

Pocket

飛行機代が一生無料になる

そう聞いてどんなイメージを持つでしょうか?

 

・家族みんなをハワイ旅行に連れて行きたい
・LCCではなく一流の航空会社でラグジュアリーな移動時間を楽しみたい
・憧れのヨーロッパへ一人旅をしてみたい
・ビジネスクラスで世界一周をしてみたい
・出張で月に何度も乗るエコノミークラスをビジネスクラスに変えたい

そう考えた時にまず第一に思い浮かぶのが、
「飛行機代」「ホテル代」「レストラン代」の、
いわゆる「旅の三大費用」をどう捻出するか、です。

 

ただ、
旅の予算は決まっています。

おおよそ、限られた予算の中で
この三大費用をやりくりしながら、
なんとか目的地へたどり着き、
返ってくるというのが
いつものパターンかと思います。

 

しかし、
節約を前提に計画された旅行は、
果たして心から満足できるものなのでしょうか。

果たして遠足前夜のように
心からワクワクできるものなのでしょうか。

いつもの日常から離れて、
普段とは違ったや空間や時間や体験で心を満たすのが、
本来の旅行の目的なのだと思います。

それを、
節約を前提に計画してしまってはもったいない。

 

そんな時に、マイルがあれば
節約どころか、今までよりもワンランク上の
上質な旅を無料で楽しむことが可能になります。

エコノミーからビジネスクラスに。
国内から海外旅行に。
ビジネスホテルからラグジュアリーなホテルに。

 

爆発的にマイルを貯める方法は無限にあります。

・クレジットカードの入会キャンペーンや決済で貯める方法
・飛行機に乗って貯める方法
・ポイントサイトから交換する方法

などが代表的な方法として思い浮かぶかもしれません。

しかし、さらにその中でも
「無料で」「継続的に」貯められる方法となると、
ごく限られています。

 

当サイトが採用している方法は、

一時的でなく年間を通じて安定的に、
しかも日常生活の中でほとんど出費をすることなく、
ほぼほったらかしで
たくさんのマイルを獲得する方法です。

これにより、年に数回、
ヨーロッパや北米などの長距離路線を
ビジネスやファーストクラスで移動することが
視野に入ってきます。

 

当メール講座では、ブログ運営を通じて
長期的・安定的にたくさんのマイルを獲得するための、
いわゆる“勘所”をお伝えしています。


PDFダウンロードはコチラ

SNSでもご購読できます。

飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座