アメックスセンチュリオンが最上級カードと呼ばれる4つの理由

アメックスカード

この記事では、

  • アメックスセンチュリオンカードが数あるクレジットカード中でもの最上級カードであると言われる理由について知りたい
  • アメックスの最上級カードである「センチュリオン」の概要やどんな特典やサービスを備えているかについて知りたい

と疑問に思っている方の悩みを解決できます。

>>「アメックスセンチュリオンを最短取得する4つの手順」について詳しくはこちらの記事で解説しています。

  1. アメックスの最上級カード「センチュリオン」とは
    1. 1.アメックスの最上級クレジットカード
    2. 2.アメックスを含む全クレジットカードの最上級カード
  2. 最上級のクレジットカード「ブラックカード」とは
  3. アメックスセンチュリオンが最上級カードと呼ばれる4つの理由
    1. 1.希少性が最上級
    2. 2.インビテーションの条件が最上級
      1. アメックスセンチュリオンのインビテーションの明確な審査基準は公開されていない
      2. 審査をクリアして「ウェイティングリスト」に登録される必要がある
      3. 最短でアメックスセンチュリオンのインビテーションを取得する方法と3つの必須条件とは
      4. アメックス センチュリオンを持つに相応しい人間だということを認めてもらう必要がある
        1. メインカードとしてアメックスプラチナを長期間愛用する
        2. アメックスプラチナでの年間利用金額を増やす
        3. 年収
        4. 職業、社会的地位
        5. 利用内容
        6. 最も重要なのは現在利用中のアメックスプラチナの利用実績
        7. 単純に「決済額」「社会的地位」だけでなく複数の基準を満たす人が選ばれる
    3. 3.年会費が最上級
    4. 4.特典、サービスが最上級
      1. アメックスセンチュリオンの基本スペック
      2. アメックスセンチュリオンの付帯保険
      3. アメックスセンチュリオンのポイントプログラム
      4. アメックスセンチュリオンはチタンカード
        1. セカンドセンチュリオンカードが発行可能
      5. アメックスセンチュリオンの特典
        1. センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ
        2. 国内航空券アッパーシートプログラム
        3. インターナショナル・エアライン・プログラム
        4. ファイン・ショッピング
        5. ファイン・ホテル・アンド・リゾート
        6. エアポート送迎サービス
      6. アメックスセンチュリオンその他の特典
      7. アメックスセンチュリオンとアメックスプラチナとの比較・違い
  4. アメックスの最上級クレジットカードがおすすめな人
    1. 「旅と余暇」に特化したクレジットカード・アメリカン エキスプレス
    2. アメックスカードの特典の本質にマッチする人とカードを保有し続けられる人の属性は「豊かなお金の使い方」ができること
  5. アメックス以外の最上級クレジットカードを紹介
    1. Dinersclub最上級カード:ダイナースプレミアムカード
    2. Mastercard最上級カード:LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)ブラック
    3. VISA最上級カード:スルガ VISA インフィニットカード
    4. JCB最上級カード:JCBザ・クラス
  6. 【最短】アメックスの最上級カード「センチュリオン」を取得する方法
    1. 最短でアメックスプラチナを取得する2つの方法とルート
    2. アメックスの紹介プログラムとは?
    3. アメックスプラチナの「紹介プログラム」経由での申し込み方法の2つの手順
      1. 手順1:メール登録して「紹介専用URL」を獲得する
      2. 手順2:アメックスプラチナを紹介プログラム経由で申し込む
  7. アメックス最上級カード「センチュリオン」のまとめ

アメックスの最上級カード「センチュリオン」とは

ブラックカードの代表格であるアメリカン エキスプレス センチュリオンカード。

いわゆる「アメックスセンチュリオン」ですが、最上級のクレジットカードと言われるのには

  • アメックスの最上級クレジットカード
  • アメックスを含む全クレジットカードの最上級カード

2つの意味があります。

クリックで開く

<「センチュリオン」の名前の由来>

センチュリオン:「ローマ軍団のケントゥリオ(ラテン語: centurio、百人隊長)の英語読み」とあります。

ケントゥリオ:古代ローマ軍の基幹戦闘単位であるケントゥリア(百人隊)の指揮官のこと。日本語では一般的に『百人隊長』『百卒長』と訳されます。兵の指揮統制をはじめ非戦闘時における隊の管理など、軍の中核を担う極めて重要な役割を果たし『ローマ軍団の背骨』と称えられた。このため、ケントゥリオは市民社会からも大きな敬意をもって遇される名誉ある地位でした。

アメックスが「センチュリオン」を券面に採用している理由:センチュリオンのように『大切なものをお守りする』『信頼される』『尊敬される』という想いが込められています。

1.アメックスの最上級クレジットカード

アメックス社が発行しているクレジットカードには全16種類がありますが、その中でも最上級ランクのクレジットカードがアメックスセンチュリオンです。

カードランク プロパーカード 年会費 上位カードへのアップグレード(切り替え)申し込み 上位カードへのインビテーション
一般 アメックスグリーン 12,000円+税 可能 あり
ゴールド アメックスゴールド 29,000円+税 可能 あり
プラチナ プラチナカード 13万円+税 不可能 あり
ブラック センチュリオンカード 35万円+税
※別途、入会金50万円+税

もちろん、全てのアメックスのクレジットカードの中で唯一のブラックカードランクのクレジットカードであり、

  • 年会費
  • 特典、サービス
  • 唯一、完全インビテーション(招待)制

において、最上位に位置するカードです。

2.アメックスを含む全クレジットカードの最上級カード

アメックスの他のクレジットカードの国際ブランドとしては、

su_note note_color=”#faf5fd”]

  • Diners
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB

[/su_note]

がありますが、アメックスを含む全国際ブランド、全クレジットカードの中でも最上位に位置するのがアメックスセンチュリオンです。

カード名 発行会社 年会費
センチュリオンカード アメリカン・エキスプレス 35万円+税
※別途、入会金50万円+税
Mastercard Gold Card ラグジュアリーカード 20万円+税
ダイナースクラブ プレミアムカード 三井住友トラストクラブ 13万円+税
JCBザ・クラス ジェーシービー 5万円+税
楽天ブラックカード 楽天カード 3万円+税

最上級のクレジットカード「ブラックカード」とは

クリックで開く

ブラックカードとは、

クレジットカード中で、最高レベルのランクのカード

のことを言います。

クレジットカードの券面がブラックを基調とするデザインである場合が多いため、このように呼ばれるようになりましたが、提携カードなどは必ずしも券面の色が黒であるとは限りません。

クレジットカードのランクは、一般的に

  • ブラックカード
  • プラチナカード(プロパーカード)
  • プラチナカード(提携カード)
  • ゴールドカード(プロパーカード)
  • ゴールドカード(提携カード)
  • 一般カード(プロパーカード)
  • 一般カード(提携カード)

という形でランクづけされており、

ランクが高いカードほど

  • ステータス性が高い
  • サービスレベルが高い
  • 年会費が高い
  • 審査が厳しい

傾向にあります。

ブラックカードと通称された最初のクレジットカードは、アメリカン・エキスプレスがアメリカ合衆国では1999年から、日本では2002年から発行している「センチュリオン・カード」でです。

このカードの券面がブラック(黒)を基調とするデザインであるため、ブラックカードと通称されることとなりました。

その後、他社もこれを模倣し、「プラチナカード」より上位の券種のクレジットカードに黒を基調とするデザインを採用するようになりました。

なお、ブラックカードは、限度額無しで無制限で使えるとの誤解があるが、実際は上限が存在します。

アメックスセンチュリオンが最上級カードと呼ばれる4つの理由

アメックスセンチュリオンが最上級クレジットカードと呼ばれるのには、以下の4つの理由があります。

1.希少性が最上級

まずは、その希少性です。

発行会社のアメリカン・エキスプレスの公式ページにも掲載されておらず、取得者の体験談としてしか情報を得ることができません。

さらに、センチュリオンカードの保有者数は一定人数(一説には5,000人程度と言われています。)で決まっていて、保有者が増えることはないと言われています。

保有者の人数が埋まってしまうと、退会者がいない限りそれ以上の入会者を受け入れることはできません。

ですので、センチュリオンカードの保有者が退会しない状態が続けば、新しくインビテーションが送られることはないと言うことになります。

アメックスセンチュリオンの保有者数が決まっているのには、

  • ステータス維持のため
  • サービスの質を保つため

の2つの目的があると考えられます。

保有する人数が増えれば増えるだけ、センチュリオンカードのステータス性と希少性が下がり、さらに新たな上位カードを作らなければならなくなります。

また、センチュリオンカードのコンシェルジェはセンチュリオンカード会員のみを担当すると言われています。

保有者が増えれば増えるだけ、担当者も増やさなければならないことになります。

しかし、コンシェルジェとしての質を下げずに担当者を増やすのは、難しいと考えられます。

上記の理由からアメックスセンチュリオンは保有者数を一定数に保ち、ステータスと質を維持しているのでしょう。

「属性を良くする」「利用額を上げる」というのは自分の努力で変えられる部分です。

しかし、「限られた人数枠」という、利用者の努力で変えることのできない要素も含んでいる点も、センチュリオンカードの希少性を上げている一因でしょう。

2.インビテーションの条件が最上級

アメックスを含めた各国際ブランドには、

  • インビテーションなしで申し込めるブラックカード
  • インビテーションがなければ申し込めないブラックカード

があり、アメックスセンチュリオンは完全インビテーション制度のクレジットカードです。

つまり、まずはアメックスプラチナ会員として利用実績を積み重ね、アメックス側から「この人はアメックスセンチュリオンを取得するにふさわしい」と認められることでインビテーションを受け、それから初めてアメックスセンチュリオンに入会することができるのです。

さらに、他のアメックスのカードのように、既存の有力なセンチュリオン会員からも「紹介」を受けることはできません。

アメックスセンチュリオンのインビテーションの明確な審査基準は公開されていない

アメックスセンチュリオンの審査難易度は10段階で言うと最高ランクの10で、最も審査難易度の高いカードとなっています。

また、アメックスセンチュリオンのインビテーションの明確な基準は公開されていません。

このことも当カードの取得を難しくしている一因でもあります。

職業や年収といった基本的な審査は当然ありますが、利用実績に加えて利用店舗も加味されるため、単純にアメックスプラチナでで頻繁に高額な支払いをしていればインビテーションをもらえるという訳でもありません。

審査をクリアして「ウェイティングリスト」に登録される必要がある

では、既存センチュリオン会員の退会が出たときに、どのように新しい会員が選ばれるのでしょうか。

アメックスでは、センチュリオンカードのインビテーションを送る可能性のある候補の会員を厳選して「ウエイティングリスト」で管理しています。

「ウェイティングリスト」は単なるリストではなく、優良会員の格付けがされていて、インビテーションを送る順位も決められています。

センチュリオン会員の退会が出たときに、リストの上位にいる人にだけインビテーションが送付されるのです。

プラチナカード会員の方であれば、自分がウェイティングリストに登録されているかどうかをコンシェルジュデスクに問い合わせることができます。

残念なことに登録されている人数はほんの一握りのようで、ほとんどの方は「まだ登録されておりません」と返答されるようです。

では、退会者が発生した場合、リストに登録されている人に対してどのような手続きを経てインビテーションが送られるのでしょうか。

アメックスでは、リスト上位者はであるセンチュリオン候補者の今までの利用実績やその会員の年収や職業、勤務先などを確認して、「本当にインビテーションにふさわしい人なのか」という審査を行ったり、「ウェイティングリスト」を編集したりしています。

そして、審査で承認されると、所定の手続きを経て晴れてインビテーションが送付される仕組みになっています。

以上のように、センチュリオンカードを取得するのはハードな条件をクリアしなければなりません。

しかし、どれだけ厳しい道のりでも、まずは一歩目を踏み出さなければ始まりません。

まずはアメックスプラチナカードに入会し、利用実績を積み上げていきましょう。

最短でアメックスセンチュリオンのインビテーションを取得する方法と3つの必須条件とは

アメックスではカード使用者の属性を点数化(スコアリング)しています。

例えば、

  • 仕事
  • 年収
  • 年齢
  • 他社借入状況
  • 居住年数
  • 決済額

など多岐に渡ります。

スコアリングの基準値などの情報は社外秘として、一般人が知ることはできません。

ですので、Web上でよく見かける「年収2,000万円以上が必要」などのそれらしい条件は、必ずしも必須条件ではありません。

ただし、そんな中でもアメックスセンチュリオンのインビテーションを取得するための「必須条件」、また「絶対やってはいけないこと」というものがあります。

それは、以下の3つです。

  1. アメックスプラチナを通算1年以上保有していること
  2. 他社カードを含めて過去5年間に金融事故(異動)を起こしていないこと
  3. クレジットカードなどの延滞金がないこと

アメックス センチュリオンを持つに相応しい人間だということを認めてもらう必要がある

アメックスセンチュリオンには独自の審査があり、アメックスゴールドやアメックスプラチナのようにある程度のメンバーシンスと利用金額を継続すればインビテーションを取得できるというものではありません。

さらに、正確な審査情報は公開されておらず、年収もそれほど高くないサラリーマンが保有している場合もあり、正解は一つではないというのが実情です。

インビテーション取得の基準は諸説ありますが、おおよそ

  • プラチナカードを取得してから1年~5年
  • 年間利用金額2,000万円~3,000万円
  • 累計利用金額1億円以上

が目安となります。

当然、個人の利用状況によって例外はあり、上記の利用金額との増減があったり利用期間違いがあります。

以下では、センチュリオンカードのインビテーションを取得するためにプラスの材料となる方法を紹介します。

メインカードとしてアメックスプラチナを長期間愛用する

アメックスのカードを長期間利用するのもインビテーションを取得する近道です。

アメックスでは「メンバーシンス」(会員歴)が尊重されます。

会員歴が長ければ有利になるという単純なものではありませんが、アメックスセンチュリオンを取得された方の多くは、長い会員歴を持っていることが多いのです。

センチュリオンを目指している場合には方は少しでも早くプラチナカードを目指しましょう。

合計でのアメックス利用歴が7〜10年程度、プラチナカードを作成してから最低3年、できれば5年以上は使い続ける覚悟が必要です。

アメックスプラチナでの年間利用金額を増やす

アメックス会員としてのカードの利用金額を増やすのは効果的です。

利用金額が増えれば当然、インビテーション取得までの道のりは近くなります。

しかし、上記でも紹介したような

  • インビテーション取得には通算1億円以上必要
  • インビテーション取得には年間2,500万円以上が基準ライン

といった数値目安は必ずしも当てはまりません。

なぜなら、

  • 月平均で50万円~100万円(家族カードの利用額を含む)
  • 通算利用額1億円未満

でインビテーションが届いた方の例もあるからです。

また、一度に高額な決済をするよりも小さくても毎日コンスタントに決済していく方が有効です。

では、事業費の決済をすれば利用金額が増えるのではないかと考える場合もあるかと思います。

しかし、明らかに経費の利用である場合はアメックスのインビテーション条件には考慮されませんので注意が必要です。

年収

アメックスセンチュリオンは、プラチナカード会員の中から利用実績に応じて特別に審査をし、条件を満たす会員に対してインビテーション(招待制)で案内が届きます。

年収よりも利用実績の方が重視されるのです。

ですので、実際の年収はあまり関係ありません。

何より、アメックスのカードの入会申し込み時に記入する年収の項目は自己申告制になっています。

ただし、現在の年会費は35万円+税(初年度は入会金85万円+税)かかります。

保有しているだけでこれだけの会費が必要なわけですから、相当の年収が必要だと容易に想像がつくのではないでしょうか。

また、年収数百万円の人がブラックカードを取得した話もありますが、年収が少ないのに年会費数十万円もするブラックカードを持ったとしても、宝の持ち腐れになってしまいかねません。

ブラックカードのデスクを使い倒せるぐらいの決済額がなければ、年会費の元を取るのは難しいと思います。

以上のことから、やはり年収1,000万円以上は必要だというのが現実でしょう。

職業、社会的地位

上記の年収と同様に、職業や社会的地位も、インビテーションの審査にはあまり関係ないと言えるでしょう。

一般的な会社員の方や会社勤めではない個人投資家の方にもアメックスセンチュリオンのインビテーションが届いている事例があることからも、重視されるのは職業や社会的地位ではなく、利用額・利用状況であることがわかります。

そもそも、アメックスの登録情報変更ページにはの個人情報欄には会社名の項目がなく、唯一あるのが勤務先電話番号だけです。

このことからも、勤務先や社会的地位はそれほど重要視されていないことがわかります。

利用内容

アメックスセンチュリオンのインビテーションの審査では、カード利用内容も考慮されていると言われることがありますが、実際にはそれほど気にする必要はないでしょう。

ただし、審査に多少のプラスの影響を与える使い方はあります。

短期間でインビテーションを取得できた人の利用の仕方で共通しているのは、コンシェルジェサービス利用での頻繁な決済をしている場合が多いと言うことです。

アメックスカードはT&Eカードと呼ばれていて、トラベル&エンターテイメントのサービスに定評があります。

航空チケットや旅行代金、またレストランやイベントのチケットなどをコンシェルジュの利用での予約・決済するのは効果があるようです。

反対に公共料金や税金など生活資金を決済すると不利になるという情報もありますが、これは明らかに誤解と考えられます。

もちろん生活資金の決済だけ続けていてもインビテーションの発送とはならないでしょうが、不利になるということはありません。

センチュリオンカードはアメックスのお得意様に発送するカードなので、アメックスカードを生活の一部としている顧客を優遇することはあっても、マイナス評価することはありえません。

センチュリオンの取得を目指すのであれば、あらゆる決済をアメックスプラチナに統一することで、インビテーション発送の可能性を高めることができます。

最も重要なのは現在利用中のアメックスプラチナの利用実績

これまで、アメックスセンチュリオンのインビテーション取得の条件について様々紹介してきました。

結論をまとめると、インビテーションをうけるためにもっとも重要となるのは、対象となるカードであるアメックスプラチナでの利用実績です。

  • 年収4,000万円だけどクレジットカードを年間40万円しか利用しない方
  • 年収500万円だけどクレジットカードを年間300万円利用している方

上記の2つのタイプで比較すると、クレジットカード会社としては年収が少なくてもしっかりカードを利用している方の方が上得意客ということになります。

実際に、20代で年収400万円〜600万円程度のサラリーマンの方でも、ブラックカードホルダーは少なくありません。

ブラックカードの取得に年齢や年収は大きな障害ではなく、しっかりとした利用実績こそが一番重要なのです。

そもそも、年収は基本的に自己申告であり、収入証明書などを提示しなければ、本当にその金額の収入があるのかは本人にしかわかりません

それよりも、カード会社にとって一番困るのは、貸し倒れが起こることです。

毎月コンスタントに利用してくれて、支払期日にきちんと決められた額を支払ってくれる会員こそが、最も信用に値す顧客と言えるからです。

単純に「決済額」「社会的地位」だけでなく複数の基準を満たす人が選ばれる

アメックスセンチュリオンのインビテーションにふさわしい人として選ばれるのは、単純に「決済額」「社会的地位」だけでなく複数の基準を満たす人です。

具体的には、決済額という前提をクリアしながらも、

  • アメックスが理想とする用途で使用している人(トラベル&エンターテイメント)
  • その道のリーダーとして認められている人(著名人)
  • 次世代のリーダーとしてアメックスが期待している人(新分野でのビジネスリーダーなど)
  • たくさんのお金を使う人あるいは持っている人(金融や不動産関係など)
  • 会社のオーナー(創業者)

という人物像になります。

3.年会費が最上級

最上級クレジットカードというだけあって、年会費も他のクレジットカードとは比較になりません。

アメックスセンチュリオンの年会費は入会金と合わせると約90万円です。

  • 年会費:35万円+税
  • 別途、入会金50万円+税

となっています。

ブラックカードを年会費で比較すると以下のようになります。

カード名 年会費(税抜) 家族会員(税抜)
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード 350,000円 無料
ラグジュアリーカード ゴールド 200,000円 1名50,000円
ダイナースクラブ プレミアムカード 130,000円 無料
スルガ VISA INFINITEカード 120,000円 無料
ラグジュアリーカード ブラック 100,000円 1名25,000円
ラグジュアリーカード チタン 50,000円 1名15,000円
JCBザ・クラス 50,000円 無料
楽天ブラックカード 30,000円 無料(2枚まで)

4.特典、サービスが最上級

アメックスセンチュリオンは

  • 特典、サービスの質
  • 特典、サービスの数

共に最上級のものになっています。

アメックスセンチュリオンの基本スペック

アメックスセンチュリオンの基本スペックは以下のようになっています。

カード名 アメリカンエキスプレス
センチュリオンカード
カード発行会社 American Express International, Inc.
発行期間 招待制
国際ブランド American Express
マイル還元率 1.00%~
年会費 385,000円
入会金 550,000円
ETCカード 永年無料
家族カード 永年無料
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円
締め日・支払日 入会時にお知らせ
ショッピング保険 最高500万円

アメックスセンチュリオンの付帯保険

アメックスセンチュリオンは、旅行保険も手厚く万が一の時にも安心です。

種類 補償内容 本人補償額 家族補償額
海外旅行保険 死亡・後遺障害 1億円 1,000万円
傷害疾病費用 2,000万円 1,000万円
救援者費用 1,000万円 1,000万円
賠償責任費用 1億円 5,000万円
携行品損害 100万円 100万円
国内旅行保険 死亡・後遺障害 1億円 1,000万円
入院費用日額 10,000円 10,000円
通院費用日額 6,000円 6,000円

非常に手厚い旅行傷害保険が付帯されています。

特筆すべきは、海外旅行保険の障害疾病治療費用と国内旅行傷害保険の入院及び通院費用日額です。

これは他のブラックカードと比べて非常に手厚くなっています。

利用頻度が高いものなので使い勝手が良いと言えます。

また、家族特約付きで家族がいる方も安心の保険となっています。

アメックスセンチュリオンのポイントプログラム

アメックスには還元率1%の「メンバーシップ・リワード」というポイントプログラムがあります。

アメックスセンチュリオンもメンバーシップ・リワードで、100円のカード利用につき1円分のポイントが付与されます。

貯まったポイントは商品と交換可能で、アメックスが用意する個性的な商品やサービスの受け取ることが可能です。

アメックスセンチュリオンはチタンカード

アメックスセンチュリオンはチタン製のカードです。

通常のプラスチック製のものよりもチタン製の方が耐久性と高級感がありますので、待ってでも欲しいという人は多いのです。

チタン製カードの重厚感はブラックカードのステータスをさらに引き上げてくれるでしょう

セカンドセンチュリオンカードが発行可能

センチュリオンカードは、アディショナルカード(AC)として2枚目の本カードを発行することができます。

カード番号が変わりますので、固定の支払いなど支払いによって使い分けることができます。

アメックスセンチュリオンの特典

アメックスセンチュリオンには数え切れないほどの豊富な特典が付帯してきます。

以下では、代表的なものを紹介します。

センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ

センチュリオンホルダーにはは専属のコンシェルジェが付きます。

専属のコンシェルジェには旅行関係の予約や道に迷った時の案内、万一のケガの場合の医師の手配など、また、お店を探したり予約をお願いできる他、お祝いの送付を依頼するなど、生活に密着したことがらを手助けしてくれます。

コンシェルジェにお願いすることで全ての要望を叶えてくれるとの評価を受けており、このサービスだけでもブラックカードにした甲斐があったという人が多いとのことです。

  • パーソナルコンシェルジェ担当者対応時間:10:00~18:30
  • 電話対応:24時間365日

アメックスのコンシェルジェサービスはあらゆるカード会社の中でもトップ水準にあると言われています。

レストラン・ホテル・航空券の予約や普段なかなか予約を取ることが難しい一見さんお断りの料亭やコンサートチケットの取得を依頼することも可能です。

アメックスは独自のルートで席を保有していることがありますので、ダメ元でも相談してみると良いと思います。

国内航空券アッパーシートプログラム

アメックスセンチュリオンのコンシェルジュサービスを利用して、宿泊予約と国内航空券を購入した場合に座席の無料アップグレードを受けられる特典です。

ただし、国内航空券アッパーシートプログラムの対象となるのは、JALまたはANAの国内航空券を購入した場合のみです。

JALの場合はエコノミークラスがファーストクラスに、ANAの場合はエコノミークラスがプレミアムクラスにアップグレードします。

インターナショナル・エアライン・プログラム

インターナショナル・エアライン・プログラムは日本発着の航空便のビジネスクラス航空券を優待価格で購入できる特典サービスです。

ただし、対象となる航空便はアメックスと提携している航空会社(USエアウェイズ・ヴァージンアトランティック・デルタ・ノースウェストなど)のみです。

また、年間4回という回数限定で同伴者の飛行機料金が無料となる驚きの特典です。

ファイン・ショッピング

通常のルートではなかなか手に入らないような限定のアイテムの優先販売権利など、レアな特典もあります。

対象ブランドにはバーバリーなどの人気ブランドも多数存在しています。

ファイン・ホテル・アンド・リゾート

ファイン・ホテル・アンド・リゾートとはアメックスセンチュリオンの会員だけが利用することのできる、ホテルの優待になります。

世界900か所以上のラグジュアリーなホテルで上級会員かそれ以上の待遇を受けることが可能になります。。

対象のホテルには、グランドハイアット、リッツカールトンなどの世界中の豪華なホテルが顔をそろえています。

特典内容としては、

  • 部屋のアップグレード
  • チェックアウト時間の延長
  • 2名まで朝食サービス
  • 無料Wi-Fi
  • ホテルごとのオリジナル特典

というものになります。

エアポート送迎サービス

その名の通り空港とホテル(または自宅)間を送迎してくれるサービスです。

プラチナでは片道のみの送迎でしたがセンチュリオンは往復で送迎してくれます。

また海外出張の際にも、ホテルの場所もいちいち確認しなくてもこのサービスを利用すれば楽にホテルまで費用も掛からずに移動することが可能になります。

アメックスセンチュリオンその他の特典

アメックスセンチュリオンの特典豊富で、紹介するだけで本一冊がかけるほどです。

以下で簡単に紹介します。

  • 希少なチタンカードの発行
  • 秀逸なセンチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ
  • 有名ホテル・グループの上級会員の資格
  • エミレーツ・スカイワーズ・ゴールドのステータス
  • JAL/ANAのファーストクラス/プレミアムクラスへのアップグレード
  • 営業時間終了後に貸し切りでショッピング
  • センチュリオン・ファイン・ホテル・アンド・リゾート
  • フリー・ステイ・ギフト(年1回の無料宿泊2名分)
  • プライオリティ・パス無料
  • 高級レストランのコース料理が1名分無料(ダイニング・アクセス)
  • 「一見さんお断り」の高級料亭・レストランにアクセス可能
  • 国内旅館の優待、国内旅館から手荷物無料宅配
  • エアポート送迎、プライベート・クルーズ、ラグジュアリー・フライト、プレミア・ゴルフ・アクセス
  • デルタスカイクラブ、アメリカンエキスプレス・エアポートラウンジを利用可能
  • 最上級の付帯保険
  • ファイン・ダイニング 50、ダイニング・イベント、フランス大使館でのカクテルレセプションなど限定イベント
  • 阪急メンズ東京 プレミアム サービス、パーソナル・インポート・サービス
  • 高級スポーツクラブを都度料金で利用可能(スポーツクラブ・アクセス)
  • メンバーシップ・リワードプラスのボーナスポイント(Amazon・Yahoo!ショッピング・JAL・HIS・iTunes等が3%還元)
  • セカンド・センチュリオン・カード
  • センチュリオン・カード限定のボーナスポイント・パートナーズ
  • セカンドオピニオン・優秀な専門医の紹介
  • 海外旅行先での24時間日本語サポート
  • 国内外の手荷物無料宅配サービス(往復)
  • 無料の空港までの送迎
  • てぶらチェックイン
  • センチュリオン会員限定のラグジュアリーな特典・イベント
  • ポイントの有効期間が無期限(マイルも無期限で貯められる)

アメックスセンチュリオンとアメックスプラチナとの比較・違い

以下では、アメックスセンチュリオンと下位カードであるアメックスプラチナカードとの比較表を作成しました。

センチュリオン プラチナ
券面 amexcenturion アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
審査難易度 100/100 70/100
入会金 550,000円 0円
年会費 385,000円 143,000円
コンシェルジェ センチュリオンコンシェルジェ(専任) プラチナコンシェルジェ
海外旅行保険 最高1億円 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円 最高1億円
通貨盗難補償 ×
個人賠償責任保険
ゴルフ・テニス・スキー保険 ×
海外レンタカー保険 ×

大きく異なるのは年会費の違いです。

センチュリオンカードは海外&国内旅行保険の補償内容が充実しています。

例えば、海外旅行保険の傷害疾病治療費用が最高2,000万円、賠償責任保険最高1億円とそれぞれ倍額となっています。

また、国内旅行傷害保険は入院費用日額10,000円、通院日額6,000円と高額な補償となっています

その他、通過盗難保険や海外レンタカー保険など補償面が充実しています。

アメックスの最上級クレジットカードがおすすめな人

上記でお伝えしてきたように、最上級カードであるアメックスセンチュリオンには数え切れないくらいの特典があります。

しかし、アメリカン・エキスプレスという会社のクレジットカードの特性ゆえに使う人を選びます。

結論から言えば、

  • 特別な体験や非日常を楽しみたい人にはおすすめのクレジットカード
  • 普段のお買い物で節約や得をしたい人には不向きなクレジットカード

ということになります。

「旅と余暇」に特化したクレジットカード・アメリカン エキスプレス

アメックスの世界観や使い方には、他のクレジットカードにはない独特の感覚があります。

その理由は、アメックスはトラベル&エンターテイメントに特化したサービスを数多く提供することによるものです。

特に、海外旅行に関する付帯サービスが手厚くなっていたり、ポイントをマイルに変えて利用したり、高級なホテルで優雅な滞在をお得にできたりなど、旅を通じて様々な体験を提供するためのサービスが非常に充実しています。

その一方で、アメックスはクレジットカードですから毎日のお買い物で利用するだけでもポイントは貯まります。

ただし、アメックスのカードを使って日常のお買い物でポイントを貯めてマイルに交換してもお得感を感じる事はあまりできないでしょう。

なぜなら、「アメックスらしさ」というのものは、日常を特別なものにするためのサービスを使いこなしてこそ、感じられるからなのです。

例えば、海外旅行先でカードを紛失してしまってもすぐに再発行してくれるとか、24時間日本語でトラブル時のサポートをしてくれるとか、高級ホテルの優待特典や手荷物の無料配送があったりなど。

非日常で味わえる上質な空間や時間のアシストや、カードホルダーが困ったときに全力でサポートしてくれる体制をとっているのがアメックスです。

もし、こうしたアメックスの得意分野であるトラベル&エンターテイメントに縁遠いライフスタイルをしている人がアメックスを持ったらどう感じるでしょうか。

年会費が高いだけでポイント還元率も大したことないカードだと感じるはずです。

つまり、お金の使い方がアメックスというクレジットカードの特性にマッチしていなければ、非常にコスパの悪いカードになってしまいます。

アメックスカードの特典の本質にマッチする人とカードを保有し続けられる人の属性は「豊かなお金の使い方」ができること

これまでお伝えしてきたように、アメックスの付帯サービスは、ホテルや飛行機・演劇など旅行や余暇を楽しむものが中心となっています。

という事は、アメックスの付帯サービスを活用するにはお金がかかるということになります。

この傾向はアメックス グリーンでも、アメックス ゴールドでも、アメックス プラチナでも、アメックスセンチュリオンにおいても共通していることです。

つまり、大きなお金を動かせる人がより多くのアメックスの特典を得られるようになっているのです。

そして、日常でトラベル&エンターテイメントにお金を使い続けることができる人である事も重要となります。

正直なところ、アメックスに入会してみたけど、「お得だと感じたのは最初の1年目だけ」という人も少なからずいることでしょう。

新規入会の場合はキャンペーンの効果もあってお得感を感じる事もできるでしょう。

しかし、2年目になるとライフスタイルに合わない人は解約してしまうのではないでしょうか。

逆に、長年使い続けている人は年会費を何度も支払って付帯サービスを十分に活用しています。

費用対効果の部分にも満足しているわけです。

つまり、そういう人はそれなりに旅行や体験などにお金を使い続けているということですよね。

こうしたことを踏まえれば、アメックスの特典にマッチしたお金の使い方ができる属性であるかというのは、カードの種類を選ぶこと以上に大切だということがわかります。

アメックス以外の最上級クレジットカードを紹介

以下では、国内で取得可能な最上級クレジットカードを紹介します。

  • Dinersclub最上級カード:ダイナースプレミアムカード
  • Mastercard最上級カード:LUXURY CARD(ラグジュアリーカード) ブラック
  • VISA最上級カード:スルガ VISA インフィニットカード
  • JCB最上級カード:JCBザ・クラス

いずれも各ブランドの最上級ブラックカードです。

Dinersclub最上級カード:ダイナースプレミアムカード

クリックで開く

国際ブランド 年会費 カード色
ダイナースクラブ 13万円+税 ブラック

Diners(ダイナース)は、150年以上の歴史があるアメックスと並ぶステータス性のあるクレジットカード。

その最上位「ダイナース・プレミアムカード」がブラックカードです。

主な特典内容は以下の通りです。

  • 世界750ヶ所の空港ラウンジ無料
  • プレミアム専用デスク(24時間無料)
  • エギゼクティブダイニング
  • ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジが無料
  • 最大1億円の国内外旅行保険
  • 最大20万円までの購入商品を補償する「キャンセル・プロテクション」
  • TECカード5枚まで年会費無料
  • プレミアムボーナスポイント

Mastercard最上級カード:LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)ブラック

クリックで開く

国際ブランド 年会費 カード色
Mastercard 10万円+税 金属製ブラック

ラグジュアリーカードは、2016年に発行がスタートしたMasterカードの最上級クラスである「ワールドエリートマスターカード」です。

新生銀行グループのアプラスが発行しており、高級感ある金属製のカードが特徴。

ブラックカードでありながらインビテーションがなくても申し込みできるのも特徴です。

  • 世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジ無料
  • 最大1億2千万円の国内外旅行保険
  • 24時間のコンシェルジュサービス
  • ラグジュアリーリムジン
  • TOHOシネマズ優待

VISA最上級カード:スルガ VISA インフィニットカード

クリックで開く

国際ブランド 年会費 カード色
VISA 12万円+税 ブラック

スルガ VISA インフィニットカードは、するが銀行が発行する、VISA最上級のブラックカードです。

取得するためには、スルガ銀行のお得意様になる必要があり、高額なローンを組んだり、資産運用を任せることで、スルガ銀行からインビテーションが届きます。

スルガ銀行でローンを組んでいる方には、大きなメリットのあるカードです。

  • プレミアム返済アシスト
  • プレミアムICキャッシュカード
  • プレミアム普通預金
  • プレミアムトラベルアシスト
  • プレミアムチャンスアシスト

JCB最上級カード:JCBザ・クラス

クリックで開く

国際ブランド 年会費 カード色
JCB 5万円+税 ブラック

JCBザ・クラスは、日本の決済ブランド「JCB」が発行する最上級カードで、特に旅行に関する特典が充実しているブラックカードです。

インビテーション制なので、JCBから選ばれた人のみが申し込みすることができます。

  • 24時間対応コンシェルジュサービス
  • メンバーズセレクション(年1回のプレゼント)
  • 東京ディスニーランドの会員専用ラウンジ
  • プライオリティ・パス
  • USJ、京都駅のJCBラウンジ

【最短】アメックスの最上級カード「センチュリオン」を取得する方法

最短でアメックスセンチュリオンを取得する方法は以下の4つの手順になります。

  1. アメックスプラチナをオンラインで最短取得する
  2. アメックスプラチナで利用実績を積み重ねる
  3. アメックスセンチュリオンのインビテーションを取得する
  4. アメックスセンチュリオンを取得する

>>「アメックスセンチュリオンを取得する4つの手順」について詳しくはこちらの記事で解説しています。

【2020年】アメックスセンチュリオンの最短取得方法を4つの手順にまとめてみた
この記事では、インビテーション制のクレジットカードであるアメックスセンチュリオンを最短で取得する方法を具体的な4つの手順にまとめ、審査・時期・利用金額などの条件の項目について紹介しています。

簡単に言うと、アメックスプラチナでの利用実績をひたすら積み上げることです。

最短でアメックスプラチナを取得する2つの方法とルート

アメックスセンチュリオンのインビテーションは、アメックスプラチナの既存会員にしか届かないことは上記でお伝えしました。

では、アメックスセンチュリオンのインビテーションを受け取るためのカード、アメックスプラチナを最短で取得するにはどうしたらいいのでしょうか。

結論から言うと、

  • 紹介プログラム経由で入会申し込みをする
  • 公式サイトから直接入会申し込みする

の2つの方法があります。

そして、入会時の最大ボーナスポイントがより大きいのは「紹介プログラム経由で入会申し込みをする」方法です。

対象カード 公式サイト 紹介プログラム
アメリカン エキスプレス プラチナ カード 【合計50,000ボーナスポイント】

  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計50万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計100万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • さらに100万円のご利用で通常ポイント10,000ポイント

 

【合計70,000ボーナスポイント】

  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計50万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計100万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • さらに100万円のご利用で通常ポイント10,000ポイント

入会で最大70,000ボーナスポイントを獲得できるという、非常にお得なキャンペーンです。

アメックスの紹介プログラムとは?

アメックスの既存の会員は、知人にアメックスのクレジットカードを紹介できる「紹介専用URL」というものを発行できます。

 

>>「アメックスプラチナの最もお得な入会キャンペーン」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【2020年10月】アメックス プラチナ紹介キャンペーンからの入会で7万ポイント獲得の2つの手順!即オンライン申し込み可能な制度
この記事では、アメリカン エキスプレス プラチナカードの新規入会で、紹介キャンペーンを利用した一番簡単なオンライン申し込み方法の流れと7万ポイントの豪華特典について解説しています。また、申込制度、獲得手順や入会メリット、お得な使い方もわかるようになっています。

紹介専用URL」を経由してアメックスプラチナのサイトにアクセスすると、以下のような条件で入会キャンペーンが行われています。

具体的には、「紹介専用URL」を経由してアメックスプラチナに入会した場合、

  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計50万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内にカードを合計100万円以上ご利用で20,000ボーナスポイント
  • さらに100万円のご利用で通常ポイント10,000ポイント

【合計:最大で70,000ボーナスポイント】

獲得できます。

つまり、入会後3ヶ月以内に10万円の利用で、合計70,000ポイントを獲得できます。

もし、あなたが「入会後3ヶ月以内に合計100万円以上のカード利用」ができるならば、「公式サイトからの入会」よりも「紹介専用URL」を経由して入会した方が、20,000ポイントもお得になるんですね。

毎月の公共料金や食費などをカードで決済するようにすれば、簡単にクリアできると思います。

アメックスプラチナの「紹介プログラム」経由での申し込み方法の2つの手順

以下では、アメックスプラチナの友達紹介キャンペーンを利用して最大ボーナスポイントを獲得できる申し込み手順を解説していきます。

順番に手続きをして確実に入会申し込みを行いましょう。

>>「アメックスプラチナの紹介プログラム2種類の利用方法」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

アメックスプラチナ紹介プログラムは2種類の使い方でポイント爆発!利用全手順まとめ。
この記事では、アメックスプラチナの紹介プログラムについて「入会者」「紹介者」の2つの立場での異なる使い方を紹介しています。また、具体的な申し込方法やルール、メリットについても解説しています。

手順1:メール登録して「紹介専用URL」を獲得する

まずは、紹介専用URLを獲得します。

以下のフォームからメール登録をしてください。

30秒以内に、「アメックスプラチナ」を紹介プログラム経由で申し込むためのURLリンクをメールでお送りします。

※アメックス紹介プログラムのURLをWEB上に直接公開することは禁止されていますので、メールアドレスを介して個別にお伝えしています。

 

手順2:アメックスプラチナを紹介プログラム経由で申し込む

次に、アメックスプラチナをお友達紹介キャンペーンを利用して申し込みます。

紹介用URLをクリックすると、下記のようなアメックスプラチナの新規入会ページに切り替わります。

「お申し込みはこちら」のボタンをクリックしてアメックスプラチナの新規入会手続きを開始してください。

アメックス最上級カード「センチュリオン」のまとめ

アメックスセンチュリオンカードが最上級カードであると言われる理由には、

  • 希少性
  • インビテーションの条件
  • 年会費
  • 特典、サービス内容

が全クレジットカードの中でも最高ランクに位置付けられていることが挙げられます。

メール講座:飛行機代が一生無料になるブログ運営方法

「飛行機代が一生無料になる」
そう聞いてどんなイメージを持つでしょうか?
 
・家族みんなをハワイ旅行に連れて行きたい

LCCではなく一流の航空会社でラグジュアリーな移動時間を楽しみたい

・憧れのヨーロッパへ一人旅をしてみたい

・ビジネスクラスで世界一周をしてみたい

・出張で月に何度も乗るエコノミークラスをビジネスクラスに変えたい

そう考えた時にまず第一に思い浮かぶのが、
「飛行機代」「ホテル代」「レストラン代」の、
いわゆる「旅の三大費用」をどう捻出するか、です。
 
ただ、
旅の予算は決まっています。
おおよそ、限られた予算の中で
この三大費用をやりくりしながら、
なんとか目的地へたどり着き、
返ってくるというのが
いつものパターンかと思います。
 
しかし、
節約を前提に計画された旅行は、
果たして心から満足できるものなのでしょうか。
果たして遠足前夜のように
心からワクワクできるものなのでしょうか。
いつもの日常から離れて、
普段とは違ったや空間や時間や体験で心を満たすのが、
本来の旅行の目的なのだと思います。
それを、
節約を前提に計画してしまってはもったいない。
 
そんな時に、マイルがあれば
節約どころか、今までよりもワンランク上の
上質な旅を無料で楽しむことが可能になります。

エコノミーからビジネスクラスに。

国内から海外旅行に。

ビジネスホテルからラグジュアリーなホテルに。
 
爆発的にマイルを貯める方法は無限にあります。

・クレジットカードの入会キャンペーンや決済で貯める方法

・飛行機に乗って貯める方法
・ポイントサイトから交換する方法

などが代表的な方法として思い浮かぶかもしれません。
しかし、さらにその中でも
「無料で」「継続的に」貯められる方法となると、
ごく限られています。
 
当サイトが採用している方法は、
一時的でなく年間を通じて安定的に、
しかも日常生活の中でほとんど出費をすることなく、
ほぼほったらかしで
たくさんのマイルを獲得する方法です。
これにより、年に数回、
ヨーロッパや北米などの長距離路線を
ビジネスやファーストクラスで移動することが
視野に入ってきます。
 
当メール講座では、ブログ運営を通じて
長期的・安定的にたくさんのマイルを獲得するための、
いわゆる“勘所”をお伝えしています。

アメックスカード
samiritireをフォローする
マイルの教室
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営講座
タイトルとURLをコピーしました