【改善・改悪】アメックスのお友達紹介に年間上限!アンバサダー プログラムが陸マイラーのマイル活動にもたらす2つの変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

この記事では、2018年10月に行われたアメックスの「お友達紹介プログラム」の大幅な制度変更と、同時に設定された「アンバサダー・プログラム」の詳細に関して、また、これらの変更を受けて陸マイラーがこれから取るべき戦略について指針を示しています。

アメックスカードの大きなメリットとして、「お友達紹介プログラム」があります。

この制度を利用することで、紹介する側も紹介される側もボーナスポイントやボーナスマイルを得られるというアメックスファンには嬉しい仕組みです。

この度2018年10月に、この「お友達紹介プログラム」の制度に改悪と改善がありました。

アメックスのカードを紹介時にプレゼントされるポイント数に年間での上限が設定されたのです。

上限が年20万ポイント(SPGアメックスのポイントは年60万ポイント)となります。

その一方で改善点もあります。

新しく「アンバサダー・プログラム」が開始して、このプログラムに登録することで、これまで通り年間の上限がなく無制限にポイントを獲得でき、記念品の贈答などの特別な特典を享受することが可能になりました。

偶然にも、私はアンバサダー プログラムに登録することができました。

目次

2018年10月改善と改悪!アメックスの招待制度が激変

2018年10月25日より、アメックスの「お友達紹介プログラム」で獲得できるボーナスポイントとマイルに年間の上限が設定されます。

アメックスには既存カード会員が新しくカード会員を紹介した時にボーナスポイントやマイルを獲得できる「お友達紹介プログラム」という制度があります。

 

【関連記事】

※「アメリカン エキスプレスのお友達紹介プログラムともらえるボーナスポイント」の詳細に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

【2019年3月保存版】アメックスのお友達紹介プログラムの特典一覧と新規入会キャンペーンで最大ポイントを獲得する方法まとめ。

獲得できるボーナスポイント数やマイル数は、紹介するカードによって異なります。

アメックスのお友達紹介プログラムで獲得できるボーナスポイント一覧

以下に、アメックスのお友達紹介プログラムを利用して、あなたの知り合いの方がアメックスのクレジットカードに入会したときにあなたが獲得できるボーナスポイントを一覧にしてみました。

カード名 獲得ボーナスポイント
アメリカン エキスプレス カード 7,500ボーナスポイント
アメリカン エキスプレス ゴールド カード 15,000ボーナスポイント
アメリカン エキスプレス ビジネス ゴールド カード 15,000ボーナスポイント
ANAアメリカン エキスプレス カード 3,000ボーナスポイント
ANAアメリカン エキスプレス ゴールド カード 15,000ボーナスポイント
デルタ スカイマイル アメリカン エキスプレス カード 3,000ボーナスポイント
デルタ スカイマイル アメリカン エキスプレス ゴールド カード 15,000ボーナスポイント
アメリカン エキスプレス スカイ トラベラー カード 7,500ボーナスポイント
アメリカン エキスプレス スカイ トラベラー プレミア カード 15,000ボーナスポイント
スターウッド プリファードゲスト アメリカン キスプレス カード 10,000(30,000)ボーナスポイント

獲得可能ボーナスポイント/マイルに年間上限が設定された

この度改悪となった内容は、以下の通りです。

紹介時のボーナスポイントが、1年間(1月1日~12月31日)で最大200,000ポイント。

SPGアメックスは最大60万ポイント。

・アメックスのメンバーシップ・リワードのポイント:年間上限20万ポイント

・デルタ・アメックスのスカイマイル:年間上限20万マイル

・SPGアメックスのSPGとマリオットのポイント:年間上限60万ポイント

・アメックスの基本カード毎に上限が設定

有効期限間際に再び案内が届いた場合は、再登録することが可能です。

一度登録できたら永久に「アンバサダー」の資格を維持できるわけではありません。

また、アメックスのカードを複数持っている場合には、基本カード毎に上限が設定されます。

例えば、アメックス プラチナとANAアメックス カードを持っている場合には、年間40万ポイントが獲得上限となります。

紹介を受ける側にとっては特に改悪事項はなく、これまで通りとなります。

しかし、アメックスのお友達紹介プログラムを利用してマイルを大量に貯めていた陸マイラーにとっては、獲得可能ボーナスポイントに「年間上限」が設定されたことは、マイラー活動の大きな見直しをしなければならない可能性が出てきます。

そして、同時に設定された「アンバサダー プログラム」が大きな意味を持つことになります。

2018年に上限を超えて獲得できたアメックスの紹介ポイント

以下は、2018年(1月〜12月)に上限を超えて獲得できたアメックスの紹介ポイントです。

・今年の獲得合計:302,500ボーナスポイント

・今年の合計ご紹介人数:22名様

となっています。

200,000ポイントを超えていますが、アンバサダープログラムに登録しているため、上限オーバーしている分の102,500ポイントはしっかり獲得できていました。

アメックスのアンバサダー プログラムとは

お友達紹介プログラムで獲得可能なボーナスポイントとマイルに年間上限が設定されたのと同時に、2018年10月からは「アンバサダー プログラム」が開始されました。

アンバサダー プログラムとは、

「ご紹介プログラム」を深くご愛願いただいているカード会員様にのみご案内差し上げる特別なプログラム

となっています。

その内容は、

登録することで紹介で得られる年間の上限ボーナスポイントがなくなる

・SPGアメックスは60万/その他のカードは20万を越えるボーナスポイントも加算される

・記念品の贈呈などの特別な特典もあり

・アンバサダープログラムには、アメックスから連絡の手紙が郵送された方が登録することが可能

・カード毎の登録となっており、上限が撤廃されるのは登録したカードのみ

・アンバサダープログラムの有効期限は、登録した翌年の12月31日まで

・どれくらいの紹介人数や紹介ボーナスポイントになれば「アンバサダー プログラム」の案内が来るのかはわからない

つまり、アメックスのお友達紹介制度でたくさんの紹介者を出している上位者だけに許される特別制度で、その制度に登録することでボーナスポイントやマイルを年間上限なく獲得することが可能になるということです。

SPGアメックスは60万/その他は20万を越えるボーナスポイントも加算が可能になります。

有効期限間際に再び案内が届いた場合は、再登録することが可能です。

一度登録できたらずっと更新できるわけではありません。

登録できたのは一度だけで更新拒否されて、次の年からは登録できない場合もあります。

紹介プログラムにおける「ご紹介に関する重要事項」に違反する行為、通常の紹介から逸脱した行為があったとアメックスが判断した場合には、ペナルティが生じる場合があります。

具体的には、アンバサダープログラムへの登録が事前の通告なく解除されて以降の再登録が不可能となることがあります。

また、アンバサダープログラムにおいて加算されたボーナスポイントが、過去に遡って取り消される場合があります。

「通常の紹介から逸脱した行為」とは、カード利用の意思が薄い方に対して過度に申込を推奨する行為や、カード会員自身からの対価提供を条件に申し込みを促す行為等です。

アンバサダープログラムには、アメックスから連絡の手紙が郵送された方が登録することが可能です。

私はアンバサダー プログラムに登録することができました。

こちらがアメックスから送られてきた書類です。

【「ご紹介プログラム」ご利用に関する重要なお知らせ】となっています。

もう一枚書類が入っています。

【「アンバサダー・プログラム」ご利用案内】となっています。

この通知が送られてきた時点で、「アンバサダー・プログラム」に登録可能ということだそうです。

このあと、アメックスの指定の連絡先に電話して「アンバサダー・プログラム」に登録してもらいました。

相変わらず、アメックスのコールセンターの方の対応は丁寧でわかりやすいです。

いつも、電話するのが楽しみです。

アンバサダーの意味とは

ここで、聞きなれない「アンバサダー」の意味を調べてみました。

アンバサダーを日本語に直訳すると「大使」「使節」「代表」といった意味。

日本語では、英語に準ずる意味合い、あるいは「筆頭」「第一人者」「その分野を代表する存在」といった意味合いで用いられることがあるようです。

そして、アメックスにおける「アンバサダー 」の意味とは、カードの一般利用者・顧客でありながら、同時に他のカード利用者・顧客にも大きな影響力を持つ人、という意味になるのではないでしょうか。

一般の利用者でありながら、あるいはそれ以上にアメックスのカードのメリットデメリットを知り尽くし、ライフスタイルに合わせたカード利用ができる人。

また同時に、SNSやWEB上でカード自体やカードの利用法などを提案、情報発信することで一人で数万人、数十万人に影響を与え、アメックスのカード会員獲得やアメックスに大きなメリットをもたらすことができる人、ということになるでしょうか。

この一つの目安として、アメックスのお友達紹介プログラムで紹介した人数がどれだけ多いのか、というのが計測されるのだと思います。

アンバサダー プログラムがもたらす変化

「アンバサダー プログラム」というのは、アメックスだけで行なっているものではありません。

テレビCMや新聞広告の効果が下がってきていると言われている現在、企業は一般人の影響力の可能性に着目し始めています。

広告の代わりに見込顧客に商品やサービスの魅力を伝える手段として、独自のメディアを持つ影響力のある一般人の力を借りて新しい顧客にアプローチする手法を、最近ではたくさんの企業が取り入れ始めています。

アメックス側でも、カード情報やイベント情報などを自らの力だけで広告活動を行おうとするのではなく、影響力を持った「アンバサダー」の力を借りることで、これまで手の届かなかった新しい顧客層の開拓に力を入れようとしているのでしょう。

そして考えられるのは、「アンバサダー プログラム」に登録できたアメックスユーザーと「アンバサダー プログラム」に登録できなかったアメックス ユーザーの持つ影響力が二極化することです。

「アンバサダー プログラム」に登録できたアメックスユーザーは、それを公表することで今まで以上にメディアなどでの発信力が大きくなり、他のアメックス ユーザーや、非アメックス会員への影響力が増すことが考えられます。

一方で、「アンバサダー プログラム」に登録できなかったアメックスユーザーは、「アンバサダー プログラム」というお墨付きをもらえなかったことになります。

その発信力や影響力は限定的と言えます。

その結果、両者の発信力や影響力には格差が生じ、次第にその差が開いていくものと思われます。

この差は「お友達紹介プログラム」によって獲得できる新しいアメックス会員の数の差にも現れていくことになるでしょう。

また、「アンバサダー プログラム」の登録には、毎年の実績が重要となるので、ふるい落とされないように継続的に頑張り続ける必要があります。

ただし、紹介で得られるポイント数は通常の紹介と同一水準となっています。

アンバサダーだからといって優遇されるわけではありません。

年20万/60万の上限を超えて特別に付与されるボーナスポイントについては、紹介した方が入会してから2ヶ月程度付与に時間がかかります。

カード番号に紐付いているので、紛失・再発行、上位カードへのアップコンバージョンなどでカード番号が変わった場合は、再び連絡する必要があります。

陸マイラーにとってのこれまでのアメックスカードのお友達紹介プログラムの使い方

これまで、マイルをたくさん貯めたいマイラーにとって、アメックスの「お友達紹介プログラム」は、最も簡単にたくさんのマイルを獲得できる手段の一つでした。

なぜなら、「お友達紹介プログラム」を利用することで

・一枚のカード紹介で7,500〜30,000ポイント(マイル)を獲得可能

・獲得したポイントはマイルに交換可能(ANAマイルは年間の交換上限あり)

・情報発信の方法次第では、マイラーによっては一度に数十万〜数百万マイル獲得可能

となります。

これは、その他のポイントサイトやクレジットカード決済などで貯める方法などのどの方法よりも効率的で最もマイルを貯めることが可能な手法となっています。

陸マイラーにとってのこれからのアメックスカードのお友達紹介プログラムの使い方

しかし、今回の獲得可能なボーナスポイントに年間上限が設定されたことで、アメックスのお友達紹介プログラムを利用したマイルの貯め方に若干の習性が必要となります。

お友達紹介プログラムを利用して、たくさんの非カード紹介者を獲得するのが、マイルが一番貯めやすい戦略であることは間違いありません。

しかし、一枚のカード毎に年間に獲得できるボーナスポイントやマイルに上限ができたことで、年間20万ポイント程度あるいはそれ以上のボーナスポイントを貯めていたアメックス利用のマイラーは2つの選択を迫られることになります。

1.保持するカード枚数を増やして年間の獲得可能なボーナスポイントやマイル数の合計を増やす

2.「アンバサダー プログラム」に登録する

1.保持するカード枚数を増やして年間の獲得可能なボーナスポイントやマイル数の合計を増やす

例えば、これまでアメックス ゴールド一枚を所持していて、お友達紹介プログラムで得られたボーナスポイントが年間30万ポイントだった場合。

アメックス ゴールド一枚あれば、プラチナ以外の他のアメックスカード全てを紹介可能です。

ですので、これまではお友達紹介さえすることができればいくらでも無制限にボーナスポイントを獲得することができました。

しかし、今回の制度改悪でアメックス ゴールド1枚で獲得できるボーナスポイントは20万ポイントまでです。

これまでのように年間30万ポイントを獲得しようとすれば、新たに別のアメックスカードを取得して獲得可能なボーナスポイントの年間上限枠の合計を増やさなければなりません。

2.「アンバサダー プログラム」に登録する

もう一つは、アンバサダー プログラムに登録して「年間上限制限」そのもをなくしてしまうことです。

カード毎の年間上限がなくなれば、所持するカードの数とそれに伴う獲得可能なボーナスポイントの合計枠は関係ありません。

しかし、お友達紹介プログラムでどれくらいのボーナスポイントを獲得すればいいのか、どれくらいの人数の被紹介者を集めれば「アンバサダー プログラム」の案内が送られて来るのか、その明確な基準がありません。

アンバサダー プログラムが陸マイラー活動にもたらす影響

それでは、お友達紹介プログラムで獲得できるボーナスポイントやマイルの年間上限が設定されたこととアンバサダー プログラムが設定されたことで、陸マイラーの活動にどのような影響があるのでしょうか。

ほとんどの陸マイラーには影響なし

多くの陸マイラーにとっては、それほど影響はないのではないでしょうか。

確かに、アメックスのお友達紹介プログラムをで獲得できるボーナスマイルを利用したマイルを貯める方法はマイルを貯める上で大変貴重で効率的な方法です。

しかし、マイルを貯める手段はこれだけではありません。

アメックスの「お友達紹介プログラム」だけに頼らずともたくさんのマイルを貯めることは可能です。

また、アメックスの「お友達紹介プログラム」で年間20万ポイント(マイル)以上を貯めることができているマイラーはほんの一握りだけだと考えられます。

そのため、その他大勢のマイラーにとってはこれまでの活動と同じような戦略でマイルを貯めていくものと思われます。

「お友達紹介プログラム」で年間20万ボーナスポイント以上貯めたいアメックスユーザーはマイラー活動の見直しが必要

マイラー戦略の見直しが必要になるのは、アメックスの「お友達紹介プログラム」で年間20万ポイント(マイル)以上を貯めていたアメックスユーザーです。

この「お友達紹介プログラム」で「大量ボーナスポイントを貯める→マイルに交換する」という方法は、ブログなどを利用して一度仕組みを構築してしまえば、ほぼほったらかしでマイルを貯めることができます。

ポイントサイトやカード決済などでマイルを貯める方法よりも格段に効率的で大量のマイルを貯めることが可能なのです。

ですので、これまで構築してきた仕組みをそうそう簡単に手放すわけにはいきません。

これまでの戦略を続けながらも、それに加えて若干の習性が必要です。

対策1:複数のカードを所有して紹介ボーナスポイントの年間上限枠の合計を広げる

まず、一番最初に行える確実な対策としては、所持するアメックスカードの数を増やすことです。

・基本カード毎に年間上限が20万ポイント(マイル)/60万ポイント

とありますが、これは逆に言えば、所持するカードを増やせば獲得可能な年間上限枠も増えるということです。

所持するカードを1枚増やせば20万ポイント(マイル)/60万ポイント。

所持するカードを2枚増やせば40万ポイント(マイル)/120万ポイント。

というようになります。

ただし、所持するアメックスカードを増やせばそれだけ支払う年会費の合計も増えることになりますので、メリットとコストのバランスの取れた戦略がマイラー毎に求められます。

対策2:アンバサダー プログラムに登録して無制限にボーナスポイントを貯める

「お友達紹介プログラム」を利用してボーナスポイントやマイルを貯める側として一番よいのは、「アンバサダー プログラム」に登録することです。

これにより、所持するカードの数に関係なく無制限にボーナスポイントを貯めることができます。

しかし、いつ「アンバサダー プログラム」の案内が届くのか、どれくらいの紹介者を出せば「アンバサダー プログラム」の案内が届くのか、アメックス側では公表していません。

このプログラムに登録できるのは、おそらく年間に数百人以上の紹介者を獲得している、一部のアメックスユーザーだけであると考えられます。

ですので、ほとんどの場合には所持するカード枚数を増やすことが、「お友達紹介プログラム」を利用してボーナスポイントやマイルを貯める年間上限枠を増やすための戦略になると考えられます。

対策3:アフィリエイトBで貯めたポイントをマイルに交換する

もう一つ、効率的で大量に、かつ無制限にマイルを貯める方法があります。

それは、アフィリエイトのポイントをマイルに交換する方法です。

アフィリエイトBというASPの広告で貯めたポイントをマイルに交換することができます。

この場合、上限に設定がなくマイルに交換できますので、アメックスの紹介プログラム同様に短期間で大量のマイルを貯めたいならば、チャレンジしてみる価値がありそうです。

大量のマイルを貯めるためには一つの方法だけにこだわらないことが重要

一年間に大量のマイルを貯めたいならば、一つの方法だけに頼らないことが大切です。

何故ならば、一つの方法だけに頼ってマイルを貯めていた場合、例えその方法で効率的に大量のマイルを貯めることができていたとしても、その方法のルールが変更されてマイルが貯められなくなったり制限が設けられてしまった場合には、マイラー活動の大幅な見直しが必要になります。

一方で、いくつもの方法に分散させてマイルを貯めておけば、そのうちのどれかの方法が使えなくなったり制限がかけられてしまったとしても、他の方法でカバーすることが可能です。

これは、収益源を一つの柱だけに頼らないようにする経営の方法とも通じますね。

2018年4月ソラチカルートのルール変更で

マイラーなら誰でも知っていると思いますが、2018年4月に「ソラチカルート」の突然のルール変更で、マイラー活動の大幅な習性をしなければならなくなったり、あるいはマイラー活動自体を諦めてしまった方もたくさんおられるのではないでしょうか。

 

【関連記事】

※「2018年4月のソラチカルートの改悪・閉鎖」の詳細に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

初心者陸マイラーが知っておきたいポイントサイトからANAマイルへの交換ルートまとめ一覧(2019年保存版)

 

この時も、「ソラチカルート」以外にもマイルを貯める方法を持っていたマイラーさんは、制度改悪の影響をほとんど受けなかったはずです。

一方で、「ソラチカルート」だけに頼っていたマイラーさんは獲得可能なマイルが大幅に減ったり、ソラチカルート以外のマイルを貯める方法を模索するのに時間がかかったり、あるいはマイルを貯めること自体を辞めてしまう人も多かったことでしょう。

この時に感じた「一つの方法に頼らない」「一つのルートに頼らない」という教訓が、今回のアメックスのお友達紹介プログラムの大幅変更で思い出されたことと思います。

注意!「アンバサダー プログラム」登録後にカード番号が変更になった場合には、「再登録」が必要

アンバサダー プログラムに登録してもらっただけで安心していてはいけません。

意外と見落としがちな点があります。

仮にアンバサダー プログラムに登録できた後でも、登録後にカード番号が変更になった場合には、「再登録」必要です。

筆者は、一度アンバサダー プログラムに登録した後、カードの再発行で番号が変わっておりました。

  • 2018年に初回登録
  • 2018年12月にカード再発行

以後、2019年3月中旬まで、カード番号が変更になったことを、アメックスのアンバサダー登録事務局まで連絡するのを忘れていました。

その結果、見事に20万ポイントの上限に引っかかることに。

急いで、アンバンサダー事務局に電話して、登録してもらいました。

アメリカン エキスプレス「アンバサダー・プログラム」登録事務局

0120-040-790(9:00-21:00 土日祝休)

平日の夕方に電話したのですが、混雑していて電話対応までに1分ほど待ちました。

登録作業に関しては、

  • 名前
  • 登録している電話番号
  • 新しいカード番号

だけで、2分ほどで通話は終了でした。

なお、「初回登録後」に、「再登録」が必要なパターンとしては、以下のケースが考えられます。

  • カード紛失
  • カード再発行
  • カードのアップグレード

重要なのは、このプログラムはカード番号に紐付いているという点です。

ですので、カード番号が変わった場合には、その都度電話で再登録してもらう必要があるということですね。

これを怠ると、20万ポイントを超えてポイントを獲得することができません。

ちなみに、当プログラムに登録期間中に

アメックス ゴールドからアメックス プラチナにアップグレードした場合

の、獲得上限なしの権利は、アップグレード後のカードにも引き継がれるようです。(アメックスに確認済み)

アメックス紹介者ボーナスポイントが年間獲得上限200.000ポイントに2ヶ月で到達!上限を超えたポイントはいつ付与される?

以下は、アメックスの紹介者が獲得できるボーナスポイントの直近の実績です。

 

上記画像は、2019年1月1日〜3月4日までの2ヶ月間で獲得したアメックスの紹介ボーナスポイントです。

2ヶ月間で合計200,000ポイントに到達しました。

  • 1月に5枚=75,000ポイント
  • 2月に8枚=120,000ポイント
  • 3月に1枚=5,000ポイント
  • 合計200,000ポイント

通常、アメックスの紹介プログラム利用で紹介者が獲得できるポイントは年間上限が20万ポイントと設定されています。

ただし、アンバサダー・プログラムに登録することで、年間上限が無くなります。

つまり、筆者の場合はアンバサダー・プログラムに登録しているので年間上限はないはずです。

しかしここで注目していただきたいのは、2019年3月4日に付与された紹介ボーナスポイントの「5,000ポイント」です。

アメックスのクレジットカード紹介で獲得できるボーナスポイントに「5,000ポイント」というカードは存在しません。

「3,000ポイント」「7,500ポイント」獲得できるカードはありますが、紹介ポイントが「5,000ポイント」というカードはないのです。

これがどういうことを意味するかというと、「年間上限に達したのでポイント獲得に制限がかけられた」ということだと推測します。

おそらく、本来ならば「7,500ポイント」または「10,000ポイント」または「15,000ポイント」獲得できるカードを紹介したけれども、年間上限の200,000ポイントを超えた分のポイントはカットされた、ということでしょう。

通常、紹介ボーナスポイントの獲得は、被紹介者がカードに入会してから約2週間で付与されることになっています。

しかし、年間上限を超えた分の紹介ボーナスポイントの付与の時期などについて、アメックスは詳細を明らかにしていません。

ですので、現在獲得している200,000ポイント以上のポイントがいつ付与されるのか不明な状況です。

これからいつ上限を超えた分のボーナスポイントが付与されるのかをチェックしていきたいと思います。

最も効率的!ブログ運営でアメックスカードを紹介して安定的・爆発的にポイントを貯める方法

上記で、

  • アメックスカードを紹介してポイントを貯める方法

を紹介しました。

実は、筆者は主にこの方法に加えて「ブログ運営」を行うことで安定的・爆発的にアメックスのポイントを貯めることに成功しております。

つまり、

・アメックスカードを紹介

+

・ブログ運営

ということになります。

そして、

  • 紹介で貯めたアメックスのボーナスポイントはマイルに交換可能

という仕組みを利用します。

この制度を上手に活用することで、爆発的に航空会社のマイルを貯めることができるのです。

ブログ運営でアメックスのポイントを貯める6つのメリット

ブログ運営でアメックスのポイントを貯めるのには6つのメリットがあります。

それは、

  1. 安定的、継続的にマイルを貯められる
  2. クレジットカード入会キャンペーンよりも爆発的にマイルを貯められる
  3. ほとんど出費が必要ない
  4. ポイントサイト案件探しや申し込みの煩わしさがない
  5. ほったらかしでもマイルが貯まる
  6. 陸マイラー・空マイラーどちらにも相性がいい

というものです。

以下で、その理由をお伝えします。

1.安定的、継続的にマイルを貯められる

なかなかマイルが貯まらない、目標としていたファーストクラスやハワイ・欧州などの長距離路線の往復が実現できない、家族全員揃ってのマイル旅行が実現できない理由に、安定的・継続的にマイルを貯めることができないというものがあります。

例えば、エアライン提携クレジットカードの入会キャンペーンでは一度に多くのマイルを貯めることが可能ですが、一度きりです。

また、飛行機に乗ってマイルを貯める方法は王道ですが、よほどの出張族や旅人でない限り、時間とお金が必要なので、この方法で貯められるのは一時的です。

ポイントサイトからマイルを交換する方法は、ポイントサイトや中継クレジットカードの「交換ルール」「交換レート」が突然変更・改悪される場合があるので、依存するべきではありません。

また、申し込みに適した案件がなくなってしまう恐れもあります。

クレジットカードの決済ポイントをマイルに交換する方法は継続的にマイルを貯める方法として有効です。

しかし、利用額のせいぜい1〜5%程度の還元率なので、日常の決済額で貯まるマイルはたかが知れています。

その反面、ブログ運営でマイルを貯めることができると、安定的・継続的にマイルを貯めることができます。

ブログにアクセスがある限り、毎月一定の数のマイルを貯めることができるのです。

ブログ運営を適切に行なっていれば、月間アクセス数はおおよそ一定です。

月間アクセス数に比して一定の割合で毎月毎月継続的にマイルを貯めることができるのです。

ポイントサイトやマイル交換率の「交換ルール」「交換レート」に大きく左右されることがありません。

2.クレジットカード入会キャンペーンよりも爆発的にマイルを貯められる

クレジットカード入会キャンペーンに依存してマイルを貯めようとするのには限界があります。

確かに、アメックスのクレジットカード入会キャンペーンでは、一度で数万単位のマイルを貯めることが可能です。

中には、一度で10万マイル近く貯めることも可能なカードもあるでしょう。

ただし、10万マイル程度が上限です。

しかし、ブログ運営でマイルを貯める方法には上限がありません。

工夫次第で爆発的にマイルを貯めることができます。

ブログ運営でマイルを貯める方法は「てこの原理」を使います。

一度仕組みを作ってしまえば、その仕組みを横展開していくだけで、掛け算のようにマイルを増やすチャンスを生み出していくことができるのです。

たとえあなたが月に一枚もクレジットカード入会をすることがなくとも、数万マイル、数十万マイルを貯めることが可能になります。

3.ほとんど出費が必要ない

マイルを貯めるのを諦めてしまう大きな理由として、「出費がかさむ」というのがあるのではないでしょうか。

例えば、クレジットカード決済ポイントをマイルに交換する方法。

例えば、飛行機に乗ってフライトマイルを貯める方法。

例えば、クレジットカード入会キャンペーンでマイルを貯める方法。

上記のどれもが「決済」を必要とします。

つまり、「決済額」が多くなればなるほど、マイルが貯まる仕組みです。

無料で飛行機に乗りたいのに、逆に出費が多くなる状況。

矛盾していませんか?

ほとんどの場合、普段の出費を増やすことなく、日常生活も変えることなく、それでいて、いつもの旅行の延長上に、ご褒美としてファーストクラスや長距離国際線の上質な空の移動を無料で味わいたいと考えているはずです。

その反面、ブログ運営でマイルを貯める方法には、ほとんど出費が必要ありません。

必要なのは、月々のレンタルサーバー代くらい。

しかも数千円程度。

完全無料で使うことのできるブログもあります。

あとは、適切な運営を行うことで、「決済額」に関係なくマイルが貯まって行きます。

誤解を恐れずに言えば、月に一円も「決済」することなくマイルを貯めることも可能です。

4.ポイントサイト案件探しや申し込みの煩わしさがない

ポイントサイト案件で貯まったポイントをマイルに交換する方法はかなり有効な手段だと言えます。

無料で行える案件も存在し、その割には貯まる額も比較的大きな額です。

しかし、悩みがあります。

お得な案件探しと、案件申し込みの「手間」がかかることです。

しかも、ほとんどの場合、利用できるのは一度きりです。

企業の広告を利用しているので、登録すれば多くの勧誘メールが届きます。

また、毎月何件かの案件を継続しても仕込みし続けなければ、ポイントは貯まりません。

やればやっただけポイントは貯まりますが、本人が忙しかったりして案件申し込みをする時間がなくなったりと、継続性にも問題があります。

いわゆる、「時給仕事」になりやすいのです。

その点、ブログ運営でマイルを貯める方法には、そういった煩わしさがありません。

ブログ運営が軌道に乗れば、案件探しや案件登録を一切せずとも、今まで以上のマイルを手間をかけずに貯めることができるようになります。

5.ほったらかしでもマイルが貯まる

上記4つでお伝えしたこと全てと関係がありますが、マイルの本質は、本人のなんらかの「経済活動」や「案件登録」などに付随して貯まる「ポイント」です。

つまり、上記の方法は、本人が物理的に行動を起こすことでしかマイルは貯まりません。

良くも悪くも、マイルの貯まる量は、本人の心理的・物理的行動に左右されやすいということです。

その反面、ブログ運営でマイルを貯める方法は、軌道に乗ってしまえば心理的・物理的行動にほとんど影響を受けずにマイルを貯めることが可能になります。

仕事をしていても、寝ていてもマイルが貯まっていきます。

これは、ファーストクラスや国際線の長距離線などでたくさんのマイルを貯めることを目標としている人にとっては朗報です。

なぜなら、大量のマイルを貯めるにはそれなりの時間が必要です。

マイルが貯まるまでの長い生活時間の中には、冠婚葬祭や予期せぬ出来事などでマイル活動を中断せざるを得ない時期もあるはずです。

そういった時期でしばらくマイル活動に関わることができない場合には、ブログ運営でマイルを貯める方法は大きな助けになります。

月に一定のアクセスがある限り、しばらく放置していてもマイルは継続して貯まり続けるからです。

前もってブログ運営を軌道に乗せておくことで、目標を諦めることなくマイルを貯め続けることが可能になるのです。

6.陸マイラー・空マイラーどちらにも相性がいい

ブログ運営でマイルを貯める方法は、陸マイラーであっても、空マイラーであっても、両者が活用できる方法です。

陸マイラーのメリットは、普段の日常生活を変えることなくマイルを貯めることができる点です。

例え一度も飛行機に乗る機会がなくとも、大きな出費をすることがなくとも、コツコツ継続することで、たくさんのマイルを貯めることができます。

会社員や家族を持っている方に適している方法と言えます。

空マイラーのメリットは、飛行機に乗る機会を利用して爆発的にマイルを貯めることができるという点です。

フライトマイルで貯まるマイルの率は大きいので、飛行機への搭乗回数が多ければ目に見えてマイルが加算されていきます。

そのスピードは、陸マイラーよりも早いでしょう。

そして、ブログ運営でマイルを貯める方法は両者にオススメです。

日常生活の空いた時間を使ってブログ運営をすることで、陸マイラーまたは空マイラーのどちらの方法とも相性良く活動を継続することができます。

ブログ運営でマイルを貯める方法をメール講座で読むことができる

上記で、ブログ運営でマイルを貯める6つのメリットをお伝えしてきました。

私は上記のブログ運営でマイルを貯める方法を、他の無限にあるマイルを貯める方法と並行して活用することをオススメします。

なぜなら、どれか一つの方法に依存すると、その方法が使えなくなった時に、マイルが全く貯まらなくなってしまうからです。

そして、「ブログ運営でマイルを貯める方法」がメール講座になりました。

また、この方法の鍵となるのは、「いかに数多くのアメックスカードを紹介できるか?」という部分になります。

この方法は、他のマイラーさんの記事ではあまり紹介されていないやり方です。

ですが、少しコツを掴めば誰でも可能な手法です。

もしこれを読んでいるあなたが

  • 国内線の飛行機代を無料にしたい
  • もっとたくさん飛行機での快適な旅行をしてみたい
  • ヨーロッパやアメリカへファーストクラス・ビジネスクラスで旅してみたい

と思うならば、以下のボタンから無料のメール講座に登録してみてください。

メール講座では、

  • マイルが貯まるブログの運営方法
  • マイルが貯まる案件の選び方
  • マイルが貯まるキーワードの選び方
  • マイルが貯まる美しい記事設計
  • 爆発的にマイルが貯まる8つの方法

など、具体的な方法を紹介しています。

毎日1通ずつ、1つのテーマに絞ってお伝えしているので、初心者マイラーさんやブログ初心者の方でも理解しやすいようになっています。

 

 

毎日1通ずつ、ほったらかしでマイルを貯めるコツをお伝えしています。

今後一生、あなたの飛行機代を無料にできる可能性が開かれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営方法
飛行機代が一生無料になるブログ運営方法
ほったらかしで月10万マイル
飛行機代が一生無料になる
秘密のブログ運営方法