ANA1マイルの価値は円換算でいくら?一番お得な交換方法と使い方の比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「1マイルは一体、いくらの価値があるのか?」「現金とどっちがお得なの?」

以下、記事作成途中。

  • 「1マイルってなに?」
  • 「1マイルっていくら?」
  • 「距離の事?」
  • 「なにに交換できる?」

 

 

何となくお得感のあるマイル。

 

マイルを貯め始めた時、誰でも持つ疑問の一つです。

私がマイルを貯めようと考えた時には、「航空券に替えて、無料で飛行機に乗れる」というくらいにしか考えていませんでした。

目次

マイルの価値を知らないと年間100万円の損失の可能性がある

マイルは飛行機に乗って貯めるものという勘違い

クレジットカードのポイントもマイルも同じ価値だという勘違い

現金とどちらがお得?1ANAマイル=1円という勘違い

実は、ANAマイルには様々な使い道があります。その交換方法によってANA1マイル

マイルの本当の価値とお得な使い方を知るとマイルを貯める理由がわかる

ANAの1マイルはいくらに相当するの?

結論1:マイルは「交換」して初めて価値がある

そもそも「マイル」って何のことなのでしょう?「マイル」とは、ポイントプログラムのことです。ポイントなので、持っているだけでは価値を発揮しません。「サービス」や「モノ」と交換してこそ、その威力を発揮するのです。そして、「どんなものと交換するのか」で

結論2:ANAマイルの価値は交換の方法で価値が変わる

これは、私もマイルのことを調べ始めてから初めてわかったのことなのですが、

そもそも、マイルは

・価値が一定ではない
・交換先、使い道次第で価値が変わる

ということが前提になります。

マイルの使い方には沢山の選択肢があり、あなたがどんな使い方をするのかによって、マイルは現金よりも何倍も価値のあるものになったり、反対に、1円以下の価値になったりします。

マイルの価値をどこまで引き上げるのか・最大化できるかは、使う人自身に委ねられているということになります。

結論3:ANAマイルの価値は最大で●円、最小で●円

マイルの価値は一定ではなく、使い方次第で大きくも小さくもなるということをお伝えしました。

逆を言えば、1マイルの価値を高める使い方ができて初めて、ANAマイルを貯めて得ができるわけです。では、円換算で具体的にいくらの価値になるのでしょうか?マイルの価値は、

・最大で●円
・最小で●円

となります。使い方によって、その差が最大で約●倍もの開きがあります。

この大きな数字の差が、マイルを最大限に有効に使う際のキモになります。

ANA1マイルの価値が最大になる使い方の優先順位トップ5

ANAマイルは使い方によって価値が変わります。ANA1マイルの価値を最大に引き出すには、使い方に優先順位をつける必要があります。優先順位の高い使い方は、上から順に

1位:国際線の特典航空券に交換する(ANA1マイル●円~●円)

2位:国内線の特典航空券に交換する(ANA1マイル●円~●円)

3位:ANAスカイコインに交換する(ANA1マイル●円~●円)

4位ANA提携サービス店で、ショッピングや食事に利用する(ANA1マイル●円~●円)

となります。

航空券以外への交換は、マイル価値を損ねるので、なるべく避けた方がいいでしょう。

ANAマイルの30種類の使い方

ここまでは、「マイルは交換する方法によってその価値が違う」こと。

そして、「ANA1マイルの価値は●円相当〜●円相当に変化する」ということをお伝えしてきました。それではここからは、ANAマイルの具体的な使い方と、それぞれの使い方での価値を比較していきましょう。ANAマイルは非常にたくさんの交換先があります。ですので、あなたがマイルを貯めてどんな使い方をしたいのかを決めていきましょう。

ANAマイルは30種類の使い方がある

では、そもそもANAマイルを貯めてどんなことができるのでしょうか?

ANAの公式サイトを見てみると、ANAマイルは非常に多くの使い道があることがわかります。

非常に多くの使い道があるから、マイルの使い方はややこしいのですが、その分だけお得なマイルの使い方というものが存在します。

ANAマイルは何に交換できるのか?を、簡単にまとめてみました。

ANA公式Webサイトのマイルを使うカテゴリーには、30種類もの交換先が紹介されています。

1.国内線特典航空券
2.国際線特典航空券
3.国際線アップグレード
4.提携航空会社特典航空券
5.スターアライアンスアップグレード特典
6.国内線機内Wi-Fiサービス
7.バニラエア特典航空券
8.ANAショッピングポイント
9.国際線超過手荷物料金お支払い
10.SKYコインへの交換
11.ANAマイレージモール1,000マイルクーポン
12.ANAグローバルセレクション
13.ANAご利用券
14.ANAセレクション商品交換
15.提携ポイントへの交換
16空港施設利用
17.ANAグローバルホテル
18.レストラン
19.ホテル
20.空港アクセス
21.自動車・車検・カー用品
22.ANAグローバルレンタカー
23.レンタカー
24.ANAシアター
25.書籍・雑誌・新聞・CD・DVD
26.寄付・支援
27.美容・健康
28.暮らし
29.ANAカード会員限定特典
30.アクティビティ・エンターテイメント

ANAマイル1つの使い方だけで、これだけの使い道があるんですね。調べていて驚きました。ANAマイルをたくさん持っていたら、それだけで生活に必要なものは全て手に入ってしまいそうですね。

また、これだけ多くの種類の使い道があることで、逆にどれに交換したらいいかが迷ってしまいます。そこで、ANAマイルの代表的なオススメの使い方を紹介していきます。

価値に大きな差が出るマイルの2つの使い方

上記の30種類のマイルの使い方は大きく以下の2つに分けることができます。

  1. 航空券に交換する
  2. 航空券以外に交換する

実は、航空券に交換するのと、航空券以外に交換するのとでは、マイルの価値に大きな差が出てきます。

マイルは、航空券に交換することで一番価値が発揮されます。

もちろん、時期や航空券の行き先などによっては多少前後します。

また、同じ国際線でも、搭乗クラスによって1マイルの価値が変わってきます。
安いところで1マイル=2円前後〜、高いところではなんと1マイル=20円まで価値が上がることもあります。

搭乗クラスのなかでもさらに優先順位でランキングをつけると、

1.ファーストクラスの特典航空券
2.ビジネスクラスの特典航空券
3.エコノミークラスの特典航空券

となります。

マイルの価値を最大限にするキモ!使い方には優先順位がある!

ここまでは、ANAマイルにはたくさんの使い道があって、何に交換するかで円換算の価値が違ってくるということを紹介してきました。せっかく苦労して貯めたマイル。できれば、同じ1マイルでも価値が高くなる使い方をしたいですよね。ということで、ここからは、マイルの価値を高める使い方を紹介していきます。

 

ANA1マイルの価値は、交換する先によって違います。下手な使い方をすると1ANAマイル=1円以下で使ってしまうこともあります。

そして、1マイルあたりの価値を高めるには、より高額な商品、サービスへの交換で達成されます。ですので、できるだけ最大限に有効活用するには、マイルの使い方に優先順位をつける必要があるのです。

 

ANA1マイルの価値を最大化するお得な交換方法の優先順位トップ5とは?

マイルの価値は、使い方次第で大きく変わります。

お得にマイルを使う方法を確認して、計画的に利用しましょう。

できるだけ高い価値でマイルを使うためのマイルの交換方法の優先順位を紹介します。1マイルあたりの価値を高めるには、より高額な商品、サービスへの交換で達成されます。

1マイルの価値が高くなる順に並べると、

1位:国際線ファーストクラスの特典航空券に交換する(ANA1マイル●円~●円)

2位:国際線ビジネスクラスの特典航空券に交換する(ANA1マイル●円~●円)

3位:国際線エコノミークラスの特典航空券に交換する(ANA1マイル●円~●円)

4位:国内線の特典航空券に交換する(ANA1マイル●円~●円)

5位:ANA SKYコインに交換する(ANA1マイル●円~●円)

このようになります。

以下に、詳しく比較しながら解説していきます。

1位:国際線ファーストクラスの特典航空券に交換する(ANA1マイル●円~●円)

 

2位:国際線ビジネスクラスの特典航空券に交換する(ANA1マイル●円~●円)

3位:国際線エコノミークラスの特典航空券に交換する(ANA1マイル●円~●円)

4位:国内線の特典航空券に交換する(ANA1マイル●円~●円)

5位:ANA SKYコインに交換する(ANA1マイル●円~●円)

 

【アップグレードで出来ること】

  • エコノミークラス → ビジネスクラス
  • プレミアムエコノミー → ビジネスクラス
  • ビジネスクラス → ファーストクラス

ANAの場合、以下はアップグレードが出来ません。

  • 日本の国内線
  • パッケージツアーでの申し込み
  • エコノミークラスからファーストクラスへのアップグレード

その他:ANA提携サービス店で、ショッピングや食事に利用する(ANA1マイル●円~●円)

マイルは航空券以外にも使い道があります。

・他ポイントに交換する
・ショッピングに利用する
・食事に利用する
・ホテル予約に利用する

など、様々な使い道があります。

 ここまで読まれたらわかると思いますが、航空券にした方がマイルは圧倒的にお得なんです。航空券以外に交換すると、どう頑張っても1マイルの価値は1円以下にしかならないからです。どうしても飛行機に乗る時間が取れないとか、マイルの有効期限が切れてしまうという場合にだけ、他の使い道を考えた方がいいです。

の例

など

その差●円!ANAマイルの価値は0.1円〜●円まで様々

ここまで紹介してきたマイルの使い方を表にしてみました。

驚くべきことはマイルの交換先によって●円〜●円までと大きな差があるということです。

中には、ANA1マイル=1円以下となる場合があるということです。これでは、せっかく貯めたマイルを使わずに現金で買った方がお得ということになります。

「ANA1マイルが何円に相当するのか?」をよく考えないで使わないと、損をする場合があるということがわかります。

 

まとめ

1マイルが何円の価値に相当するかは、これまで見てきたように、交換先次第で実に0.9〜16.14円と、あまりにばらつきが大きいことがわかります。そのために、少なくとも、国際線航空券使用を前提に考えた場合、一般的な「1マイル=2円」説をはるかに上回る価値となることがわかりました。

そして大事なことは、貯めるとき、また特典と交換するときに、「マイル単価はいくらになるのか」をしっかりと把握することです。

もっと詳しいマイルの貯め方は、メール講座を参照していただけると幸いです。

初心者でもわかるようにメール形式で、毎日1通ずつ順番に情報をお届けします。

→メール講座に登録してマイルを貯める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ほったらかし」で1ヶ月で10万マイル貯めるマイルの教室のノウハウが無料で読める

Pocket

下記のボタンからメール講座にご登録いただくと、
「ほったらかしで1ヶ月で10万マイル貯める」
マイルの教室のノウハウが無料で読めます。


お申し込みはコチラ

SNSでもご購読できます。